ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

パティスリー

フレジエ! フレ~ズィエ!!




6月1日にイベントを致します^^

詳細はこちら  ⇒ 

すでに、満席御礼(感涙)頂いておりますが。
キャンセル待ちでも良い、という方がいらっしゃれば
詳細のページで確認されて、メールを頂けますと
幸いです・・・^^



CIMG7004


さてさて。

暖かくなってくると、
粉オタで、普段の珈琲のお供は『粉みっちり系』の
拙者でも (スコーン、フィンシェ、クッキー・・・)

シュークリームや、生菓子に、目が行くというもの・・・



『何欲』が来たかと言いますと・・・

フレジエ欲』です


拙者のスイーツ師匠が
フランス風に、『フレーズィエ』と発音するのです、
カッコいいなァ・・・と思いつつ、真似できないので
タイトルで書いてみました(笑)



頂いたのは、
心がざわつくロールケーキを頂いたのも記憶に新しい
ミックコメルシーさん(@薬院)
CIMG7006

可愛らしい。
年甲斐もなく、キュンキュンします。
(キュキュキュキュ~ン♪ by 胸キュン刑事 )


かつ、
この『背の高さ』に、嬉しさ倍増。
というわけで、
全角度撮ります。



まわる~ま~わる~よ、フレーズィエまわる~♪
CIMG7008




よろ~こび~と(食べると無くなる)悲しみを
繰りかえ~ぇぇし~♪
CIMG7007


と言っても、3カットですね、すみません。
歌も尻切れトンボ。

コマ撮りなんてしてたら、
せっかくの珈琲が冷めてしまいますのでね。
ほどほどに。
( 勝手に自分ではじめたくせに )



そして、あらためてフレジエさんと向き合う。

まず、いちごの赤さと甘さにびっくり。
絶対これは、ひと仕事加えられているであろう!
と思って、店主さんに伺うと・・・
『いえ、生のいちごです、何もしてないよ 笑』
と言われました。

マジですか~!
ケーキのいちごって、甘酸っぱいと言いますか
甘味:酸味 = 3:7 くらい?
良くても  4:6くらいのが多い印象で、
個人的には、いちごって、ケーキに合うのか?
と思うくらい酸っぱい事多し。

ですので、いちごのケーキを個人的に選ぶ率
めっちゃ低い拙者。

でも、ミックさんのフレジエは 5:5
位の印象。やっぱり酸っぱいけど、ケーキに合う甘さ。
色も真っ赤なので、てっきり少しお酒やシロップに
漬けこんであるのかと・・・
ちょうど完熟、だったのかもしれません。

それに加えて、トップに鎮座する苺ジャム。

これがなんとも素朴。
コンフィチュールとは呼ばないで!
おいらは苺ジャムだいっ!て感じ。(どんなんだ)


この、素朴なジャムが、より『あまい苺感』を
高めてくれているのかもしれませんね。

そして、
ほどよくバター感をしっかり感じられるクリーム。
(↑↑これ重要)

ジャム + バター + 甘酸っぱい苺

で、
『 ちょうどえ~♪ 』になりました(嬉)




そして、タイムリーでない日記が仇となり(汗)
ひっじょ~に申し訳ないのですが・・・
ミックさんのフレーズィエ、本日をもって、
今季は、終了!!です・・・すみません(涙)。






そして、少し前ですが、


ルボータンさん(@早良区弥生)にも、
お久しぶりに伺って・・・
CIMG6752




ホントは、この生デコの下にある
おっきなケーキにもひかれましたが、
いやいや、ふたりで無理やろ、とストップがかかる。
CIMG6751



というわけで、
初志貫徹、フレーズィエさん。
CIMG6762

ルボータンさんは、ピスタチオ入りのバタークリーム。




CIMG6759


バターよりも、カスタード率を高く感じるクリームは
とっても軽め。

拙者のような『バターオタ』には
『もっとバターを!重さを!』ですが、
バタークリーム苦手なひとでも、全く抵抗なく
食べられる、軽いクリーム。

ですので、いちごのショートケーキっぽく
軽く食べられるフレーズィエでした。




*******************


もっとバターバターしたフレジエさんがあるなら、
食べてみたい・・・


ですが、ひとまずフレジエ欲が満たされたあと、
『なに欲』が湧きあがるのか・・・

お楽しみに・・・(笑)









正解は!カルピス発酵バターのサンドです。


越後製菓!

ではなく。
( もー。くだらんっちゅうに。)


美味しすぎる、
好み過ぎるパンの正体は

エージさんのところの、パン、でした。

( ちなみに、桃は惜しまれつつも、終了してまして )
( 今はすでに、秋に向けて新作のフルーツタルトが♪ )



まわしもの?と思われそうで、
エージさんところのパンをUPするのは、
躊躇しがち(苦笑)

でも、けして、マワシモノでも、
頼まれたわけでも、ございませんので。


ただ、

ほんとに、


好みすぎるだけ!!



こちらが、
カルピス発酵バタークリームのサンド
CIMG3698


せっかくの完成品を・・・

いつも・・・


開いて、ごめん。


そして、
これはもう、ひとくち食べたら
you can't stop!!

クリームの量に『カ、カロリー・・・!?』
って、気になった貴方も、
絶対に途中でやめることはできません。





CIMG3703

むっちりとしたリュスティック。
冷蔵ケースで販売されているサンドですが、
冷蔵庫でも生地が固くなってない、嬉しい仕様。

そして、た~っぷりと挟まれたクリーム!

これがもう、悶絶モノに、好みです。


あらゆる乳製品!?の良いとこどりのような。

例えば、チーズっぽい風味とか(発酵バターならでは)
ヨーグルトっぽい柔らかい酸味とか、

そしてもちろん、バターですので
しかも、カルピスバターですので、
もとは牛乳だぞ!と、実感できる、
乳乳(にゅうにゅう)しいミルキーな風味とコク。

ミルクフランスだと、
ここに練乳の甘さが加わるのですが、
これは、あくまでも『バタークリーム』サンド。

カルピス発酵バターと、
イタリアンメレンゲと、
さすがパティシエ!的な隠し味の甘味のみ。
(隠し味、にしたのは企業秘密かも?だから 笑)





CIMG3705

柔らかさといい、ほどよき甘味といい、
バター味のソフトクリーム。
それを想像して下さい。


そして、
北海道のお土産で頂くバターサンド、
ありますよね。

あれって、まわりはクッキー生地。
なので、あんまり沢山クリームを挟めないし、
そもそも、クッキー自体の甘さもあるから、
沢山挟み過ぎると、甘さがくどくなる。

でも、
これは、
パンです。

なので、これだけたっぷり、
溢れんばかりに挟まれていてもしつこくない、
しつこくないどころか、
これだけ沢山クリーム食べられて嬉しい!
ってなっちゃいます。
トマラナイ。




これね、
ラムレーズンのバターサンド バージョンも
あるのですよ。
そちらも絶品。

後日UPします・・・!(またかい)






これまた絶品。
CIMG3681

エージさんとこのフォカッチャを食べたことがある方なら、
おわかりかもですが、

あのフォカッチャは、そのまま食べると
しっとりむっちり。
トーストすると、カリッとフワッと。
とってもエアリーになって、軽くなります。

ですので、
この、ボリューミーにも程がある!的見た目ですが、
意外といけちゃうんですよ。





また、

開いて、ごめん。

CIMG3688


さっくりと焼かれたパンには、
自家製タルタルソースがぬられていて、
この酸味がとっても良いアクセント。



CIMG3690

で、
これまた『はみだしとるやろ!』なスパニッシュオムレツが
ボリュームあって、しっとりしていて、しかも具だくさんで、
美味しいです。






そして、
続きまして、

もう、お察しの通り・・・苦笑


これまた。
CIMG3685




はがして、

CIMG3709




開いて、
ごめんね。

CIMG3714




だってだって。

いつも、おっとこ前~!な盛り盛りフィリングを
気前よく詰め込んでくれる、エージさん。

これを、めくらずに、いられようか。
( いや、無理です )



そしてこれまた、
はみだしとるやろ!ですね(笑)

開くと、小ぶりなピザまるまる一枚分のサイズ。
これまたボリューミー♪
たっぷりのキノコに、
大きなベーコン、
チーズの風味もあいまって、
オツマミにぴったり過ぎる。

そして、嬉しいのは
『パリパリ』ピザ生地、だということ。

拙者、あまりパン屋さんで『ピザ』
買わないのです。

なぜなら、生地が、『ふかふか』の
場合が多いから。

ピザを食べるなら、
もっちもちのエッジが魅力的なナポリ風
がダントツ好きなのですが、
続いて、カリカリ薄めのモノが好きです。

パンのようなフカフカ生地のピザが
昔から一番苦手だったということもあり、
パン屋さんではピザに手が伸びす。

でも、このピザ生地はカリカリ!で
嬉しかったです。




*******************



一部の方が、お察しされてます通り、
ちょっと夏バテ気味なのか?
更新が、遅かったり、
画像だけだったり・・・

もしも、こんなオタブログを
楽しみに見てくれている方がいらっしゃったら
本当に申し訳ないです。

画像だけで放置しているパンは、お店の方にも
失礼ですよね(涙)


もう少ししたら、
立ち直って(!?)頑張ります!!



Boulangerie Patissrie E-ji&co.
(ブーランジェリー パティスリー エイジ)
福岡市中央区大宮1-6-17

10時半~19時半
定休日 火曜











エージさんのところで、発見しましたよ!!!


もも!!

桃!!

もも~!!!!




CIMG3219



大きくて、
まん丸で、
あま~くて、
ぷりっぷりの、

もものタルトが出てます♪
CIMG3226

ここまで大きいと、
タルト生地との一体感なんて言う方がヤボですね(笑)

桃、は桃で食べる。
おいしいタルト生地は、タルト生地で食べる。

と言いますか、
わたくし、エージさんとこのタルト生地が大好きなので、
どの種類のタルトでも、
ひとくちは、タルトだけで食べてみたり、
してしまいます(笑)





中には、
たっぷりのクレームパティシエール~♪
CIMG3237


どうせバラバラで食べるなら!?
と、
この、もも&クレームパティシエールを
なんと、
柔らか~い食パンにのせて、

とっても贅沢なフルーツサンド、
作っちゃいました。
( 画像なし・・・ )
これまた、絶品・・・
くせになる味です。






パン部門では、
大好きフロマージュ。

CIMG2594


5種類ものチーズがたっぷりと・・・♪


焼き戻すと、縁部分はカリッカリ♪
オシリ側もカリッカリ♪



CIMG2596



もちろん、
プロセスチーズなんて、入ってません。

CIMG2599

チーズの味が濃厚です。
(クリームチーズ、チェダー、グリュイエール、パルメザン)
(あとひとつなんだっけ・・・ ←おいおい)

美味しい、良いチーズたちなので、
噛みしめると、もっちりとしてます。

黒コショウの効いた
美味しいおつまみパンです。






これは、まぼろしのバゲット。
再販希望。
でも、きっと、無いだろう・・・と言われた(苦笑)
CIMG3050



ななな、なんと!!

ヘーゼルナッツのバゲット。


まず、
袋を開けた時の『お醤油香』が半端ないです。
ノーマルバゲットの斜め上を行ってます。

クラストはガリッガリ。
クラムは、いつもの『おっとこ前でムッチムチ』より
軽快な感じです、ライ麦入りだからでしょうか。


CIMG3052

いつものを、『粉甘いバゲット』と呼ぶなら
これは、『旨いバゲット』。
様々な素材の『旨み』に溢れているのです。



この日含めて、二日間だけ販売されてました。

通常のバゲットと違うのは
ライ麦も配合されていること。
この、ライ麦が良いのか?
ヘーゼルナッツが良いのか?
もうもう、この味の深みたるや・・・悶絶!!

クリームチーズと、蜂蜜と一緒に食べると
スイーツ風。

くっさいチーズ(もっと違う言い方をしましょう)
とあわせると、ワインにピッタリ。

おいしかった・・・




二度と会えないならば、
もっとチビチビ食べればよかったかな(笑)





Boulangerie Patissrie E-ji&co.
(ブーランジェリー パティスリー エイジ)
福岡市中央区大宮1-6-17

10時半~19時半
定休日 火曜







QUITTERIE キトリー その2



あまりにも、クロワッサンの感想が長いので(苦笑)
書いていませんでしたが、

あの画像も
不幸中の幸い、その3 だったのです(涙)

本当は、もっとキレイな
クロワッサンの全形写真と、購入パンの集合写真が
あったのですが・・・消失


でも、
いつも、美味しくて感動したパン、もしくは
美味しくなさ過ぎて!?びっくりしたパンを
シェアしているひとに差し上げるのだ!と
半分残しておいたのです。

なので、残りの半分を撮影出来た、というわけです。
よかった~(涙)
持つべきものはパン友ですね

でも、今回は再度撮影に使ったため
(冷凍パンを解凍しちゃったのです・・・)
お渡しできなくなってしまったけれど・・・
次回必ずお渡ししますからね~☆


パンオフリュイ
CIMG2927


ドイツ産石臼挽きライ麦粉使用、だそうです。

全体像をお見せできないのが残念すぎるほど、
(しつこしようですが、画像消失・・・涙)
ゴリゴリに焼き込まれた、黒っぽいクラストです。



せめて・・・頭頂部☆
CIMG2929

こちらは、予めスライスされた状態で販売されていました。
いつも自分でカットする時より薄め。

ですので、焼き戻すと、
薄目なのも手伝って、ラスクのように!?カリッカリ~


そして、
断面でお分かりのように、ドライフルーツがたっぷり!
クランベリーと、二種のレーズンでしょうか。

なかでも、クランベリーの甘味を
際立って感じます。



CIMG2932

クラムは、ちゃんと密度があって好きなタイプです。

ドライフルーツの甘味満載のパンなので、
チーズ(塩気)とあわせたくなりますね。

次回購入できるなら、
厚めにカットして、むっちり感を確かめてみたいです♪








プチバゲット
CIMG2949

バゲットトラディションのプチサイズ。

フランス産小麦100%、
ゲランドの塩、水、微量の生イースト

低温で12時間発酵だそうです。


焼き色は、若干浅目でしょうか、
本場のバゲットは、日本のものより焼き込みが浅い、
と聞きますし、フランス産の粉ですし。

好みの予感しか、しない。





こちらも、本当は全形画像をお見せしたかった・・・
(しつこすぎる)
CIMG2948

クラストからは、粉甘い良い香り♪

拙者、個人的にバゲットはフランス産の粉が好きです。
なので、好みの予感しかしない(再)。





もっとキレイな断面なのです、
この画像しか無くて、ごめんなさ~いの断面ショ~☆
CIMG2951

茶色みがかったクラム。

焼き戻してから頂きました。

クラストは、見た目の(浅い)焼き色通り
ゴリゴリハード系に非ず。
やや薄めで、パリカリ!っとします。

でも、軽い、とは感じない。
密度が薄いわけでは無く、『しっかりと存在感のある』
クラストです。


プチバゲットですが、クラムに気泡もしっかりあって、
密度もしっかり感じる、むっちりクラム。

ひとくちめ 粉の柔らかい甘み

ふたくちめ あ、だんだん塩気がきました。

みくちめ 粉と塩気が両方合わさってくると・・・だんだん

塩味が濃い?と感じてきます。
塩味好きの私がそう思うので、結構強めだと思います。

夏だから?塩分補給?ですかね

もう少し、塩は控えめでも良いかも?なんて
思っちゃいましたが、
無塩バターをたっぷり塗って食べたくなる
美味しいバゲットでした。




*****************


全形は撮れてませんが、
なんとかこれだけ残っていただけでも、
よしとしなければ(苦笑)




キトリーさんも
エージさんの所と同じく『ブーランジェリー パティスリー』
なので、カヌレや焼き菓子も美味しそう!


やっぱり都城、
いきたいなァ・・・♪





QUITTERIE  キトリー
宮崎県都城市中町13-11
定休日 月曜
7時半~19時







Boulangerie Patissrie E-ji&co. ピスターシュ美味しすぎ編



そうなのです、
これでこそ、
ピスターシュなのです。


これは絶対、
熱く語る会で、お出ししますっ!!

CIMG2444



ちゃんと『豆豆しい』味がする。

世に蔓延する
『ピスターシュ』と言いつつ、
何も言わずに渡されたら
(みどりだから)抹茶のケーキ?
と、言われちゃうようなピスターシュに非ず!!


CIMG2454



しかも、この断面・・・

CIMG2469


わかってらっしゃる!!



そうなんです
これまた世に蔓延する(しつこい)
ピスタチオには、ベリー系のソースがIN!
しかも、たっぷりIN!
の、間違った『配分』ではないのだ。

色的にも、
味わい的にも、
ベリー系のソースが、
ピスタチオのムースに合うのはわかるのです、


でも、
ピスタチオの風味って、
優しい、ではないですか。

なので、
ベリーの酸味と甘みが、がっつ~んときちゃうと、
もう、わからないですよ。



なので、

この、
グリオットチェリーのキルシュ漬けが
この位の量、っていうのは、
ひっじょ~にわかってらっしゃる!配分なのです。


CIMG2456



上にはミルキーミルキー♪な美味しい生クリーム。
この生クリームは、
ピスタチオムースに乳製品のコクとマイルドさを加えて
『ピスタチオ版ビシソワーズ』のような印象に変え、
土台のタルト生地の甘さやしっかりしたコクを
口中でマイルドにしてくれます。




で、
下にフィヤンティーヌ(アーモンドのザクザク)
があるので、
その食感と、ピスタチオの風味があいまって、
『ピスタチオ』噛んでる?
という嬉しい錯覚さえも♪


****************


はい、
熱く語ってしまいました。


お江戸で、
フランス菓子と言えば!の有名店でも
ピスタチオのケーキを頂きましたが。

全体を食べると、やっぱり
『ベリーの味しかしなかった』ので
外側のピスタチオ部分だけを
削り取って食べた経験あり。

生ケーキ(特にムース系)を
あまり好んで食べなくなった理由は
ここにあります。

POPには、
『○○のムースと、△△のジュレ、
そこへ■■のホニャララをトッピング』
と、書いてあっても、
全部一緒に食べると、なんか良くわからん・・・
とりあえず、甘いね。


というパターンに陥ることが多く。

だったら、もういっそのことシンプルに
シュークリームとか、チーズケーキとか
『何を食べてるかわかるもの』を食べる。
ようになりました。
(あとは焼き込み系)

でも、ようやく会えたよ。
ちゃんと、ピスタチオ味のピスターシュ。


上から下まで、フォークを入れて食べても、
ちゃんとピスタチオの味がする。


・・・ありがとう!!!



Boulangerie Patissrie E-ji&co.
(ブーランジェリー パティスリー エイジ)
福岡市中央区大宮1-6-17
4月7日 OPEN!!
10時半~19時半
定休日 火曜




記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC