ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

パンと珈琲を味わう会

シュトレン2019 その3


会の詳細のつづき、
兼、
シュトレン2019 更新です!!



まずはこちら・・・

line_1673726719811834

前述通り、

御用意したシュトレンの反応を拝見して、

う、ヤバいヤバイ(涙)
やはりオタク好みでなく、
華やかなものを用意するべきだったのよね・・・?
と、心で泣いていたところ・・・

( 注☆ボネダンヌさんに罪はないのです )
( 個人的には、めっちゃツボでした!! )



まあ、本当に、
テンションあがりまくりの品々を
参加者さまが御持参くださいまして(嬉泣)

ほんとうに、ほんとうに、
ありがとうございました。


言いすぎるぐらい言ってますが、

この会は、みなさまのおかげで成り立っているのです。

大げさでは無く。



まずは、
御持参品その1

ブーランジェリードリアンさん(@広島)
のシュトレン!!

これは拙者も、見た瞬間

!!!!!!


まさにこんな感じで、言葉が出なかった。
嬉し過ぎて、
夢かと思いました。



まず、

開けた瞬間の香りが凄かった。

CIMG9967

ドライフルーツが漬けこまれたお酒の香り、

いや、それだけではない、

発酵!発酵!ハッコー!!!!

と、鳩時計のように叫びたくなる(どんなんだ)
発酵してますがな、じぶん!
と主張が強く強く、自己主張強すぎ~!くらい強く
( どんなんだ )


シュトレンは、発酵菓子なり、
と、訴えかけてきます。

そして、
発酵 プラス、様々な甘味。
粉だったり、ドライフルーツだったり、バターだったり。

が、あいまって、
お醤油のような香り。

シュトレンで、こういうお醤油香。

昨年のハリマヤさん以来です。
(そういう意味で、ハリマヤさんも凄い )



CIMG9969


真っ黒な見た目でお分かりの通り、
焼き込みがすご~く強いです。

なので、炭?というか焦げ?になる
一歩手前の香りがします、燻されたような。

内生地は、バターが少し少なめなのでしょうか

ほろもろっとしつつも、
少しパンっぽい、ふわモソッとした感じも。

大きめカットのフィリングたち。
くるみにしても、いちぢくにしても、
この大きさが功を奏して、生地に負けていない。

というか、
生地に負けていない、と思わせる
生地が凄い。


とにかく、
初めて食べるシュトレンでした。

おいしかった・・・!!





そして、
御持参品その2
line_1673730423636364

1576213978917

みちるパンさん(@久留米)

去年に引き続き、出会えて嬉しい!!
ラッピングの可愛さに、さすが女性店主さん、と
感心してしまいますね♪

こちらは、見た目にもまだ粉糖が馴染む前の、若い状態。
ですので、まだ食べていないのです。
少し、寝かせてみようと思っています♪

ありがとうございました^^





そして、そして

おおとり ら~ん♪ (昭和・・・)

らん らん ら~ん♪ (しつこい)

は、もちろんnaraさん。
恒例も恒例、
というか、参加者さんですが、
ある意味メインです(笑)


line_1673735570292768

しかもですね~
今年、二種類ありまして(感涙)


画像がね、
こういうのしかないので、

圧巻のボリュームと
具材の素晴らしさと、
手の込みようが伝わるかどうか・・・




line_1900765852862048




紅茶のシュトレンと・・・
line_1900769808395797




栗の渋皮煮どどどど~ん!のシュトレン(感涙)
line_1900777917349856


もうね、美味しさは間違いないのですよ。

だって、来てくれないと始まらないんですもの。
これを楽しみに、リピーターのみなさま(私も)
来ているようなものです


しかも、参加者様からの、すんばらすぃーお言葉

『今年の漢字は、衝撃、にしたいくらいの
ショウゲキテキな美味しさでした!!』

ですよ、奥さまっ!!





ちなみに、ここから先は、
おまけに付けさせて頂いたパン。

CIMG9861

ボネダンヌさんのシュトレンが、
思ったより小さめだったので、
バゲットも急きょ、お出ししました。


細身のシュッとしたルックス。

袋から出した時、
そして、
カットする時、

チーズ・・・?

と紛うような香りがしました。





CIMG9862

ピキッ!と割れ目の入る、カリッカリクラスト。
分厚いわけではないけれど、
存在感抜群の香ばしさと、粉甘さ。





CIMG9863

対して、しっかりとした密度のある、
むっちり、もっちりクラム。

ややクリーム色味がかった生地、

ハムッ・・・と噛みしめると
心地よい酸味と、粉の甘味。

ふたつがあいまって、
甘酸っぱい、くらいの丁度良い酸味は、
バターにぴったりです。

それ自身も美味しく、
無塩バターの旨さも、引き立てるバゲット。

おいしかったです^^




こちらは、個人的に頼んでいた
同じくボネダンヌさんのカンパーニュ。

CIMG9868

スライスしたものしかなかったらしく、
参加者さんに配るまでは枚数が無く・・・
( すみません 汗 )


酸味をしっかり感じる香り、味。

スライスされていることもあり、
時間の経過を感じてしまうのはやむなしですが、
それでも、
きっとムチムチと水分を湛えていたであろうことが
想像に難くない食感。


灰色味がかった生地は、
食べ始め、酸味を強く感じますが、
食べ進めるごとに、旨みと甘味に変わっていきます。

クラストは、ゴリゴリハードではなく
やや薄め、焼き戻すとカリカリになります。

ワインに合わせて頂いたのですが、
酔っ払いの(笑)鈍った舌でもしっかり感じる
旨みと甘味と塩味、

ですので、
結構しっかり味のあるカンパーニュと言えるのかも。



やっぱり、ボネダンヌさん、
おいしいです。かなりツボです。

で、自分で検索したら、
美味しかったマドレーヌ、記事にしていない!?
ようなので、
近々書かせていただきたく・・・










コーヒーゼリーライス!?いや、パンですが・・・



もっと、御礼や感動を
早いうちにお伝えせねば!だったのに・・・
遅くなって申し訳ありません。


会の詳細を、
少しずつ・・・

line_1673721920248815

まずは、フッスー。
お疲れ様でした!

そして、御参加下さったみなさまへ。

開催直後は、みなさまをお待たせしてしまい、
申し訳ありませんでした(><)


試作だなんだかんだで、
お店を貸し切っての開催にすると、、
fusku coffee が赤字になりすぎてしまうので
お店も開けつつ、の開催になっておりますこと、
御容赦くださいませ・・・。




*********************


まずは、恒例の『ちょっとみなさんを驚かせたいひと品目』



line_1673678798780602


去年にひきつづき、エージさん(@大宮・平尾)の
フォカッチャを使いました。


なぜか、この人のパンがしっくりくるんです(笑)
創作意欲を掻き立てられると言いますか・・・



1575788079339

何を作ったか。

それは、コーヒーゼリーサンド進化形!です。

コーヒーゼリーサンドは、美味しいのですが
食べ難いという欠点(というより、特徴・個人的には
長所だとも思っていますが)があります。


ですので、今回。
せっかくの、出来たてが食べられる機会。
せっかくの、fusuku coffee 開催。
ですので、
フッスー自慢のカレー皿&カレースプーンを使ってもらおう!

そう、
カレーのルーは、珈琲で。
ライスはパンで。
福神漬けは、パンのミミ!!


1575788063339





もうね、
参加者のMさんのコメントが
嬉し過ぎて、要点をすごくキレイにまとめ過ぎていて
素晴らし過ぎて、
コピペします!(笑)


品目の"パンカレー"ならぬ"コーヒーパン"
これは計算しつくされたひとしな、
相当考え抜かれたと思われる絶品メニューでした。
フスクさんの二種類のコーヒーゼリー(ブラックとカフェオレ)
それぞれ違う味わいと舌触り、
アイスにかけられたエスプレッソ、
それがぱんさんのセレクトしたEijiさんのふんわりフォカッチャが纏い、
時折頂くカリッと焼いたパンの表面の塩気が
絶妙なアクセントとなり、
全てがとてもよくまとまっていました。
こんなメニュー見たことないし、食べた事もありません。
フスクさん、ぱんさん、さすがの一言です。



↑↑ これ以上、なんの説明が要りましょうか(涙)

わたしたちの言いたいことを全て書いて下さいました。
本当にありがとうございました。

フッスーのクラフト珈琲を贅沢に使ったゼリー。
しっとりモチモチのフォカッチャ。
この、クラスト部分を別焼きして、カリカリの
箸休めにしました。
(ふつうは、甘い福神漬けやラッキョウ、ですが)
(今回はル―が甘いので、塩味の箸休め、です^^)

エスプレッソを振りかけますが、
液状のままだと具材と絡まないので、
ウィンナーコーヒー状態にして、とろみを付けます。

全てが無糖、ですので、アイスクリームと和えながら
好みの甘味で召し上がって頂きました。


1575788086788

ひと品目が、結構お腹にたまるモノだったので、

ふた品目は、持ち帰っても大丈夫なパンで、
もし召し上がるとしても、
甘い系ではないもの(シュトレンの前ですので)

と、考え・・・

ベーグル!


CIMG9897



しかも、せっかく来て下さるので、
なかなか手に入らないもので喜んで頂きたい!

というわけで、
横浜のベーグル8744(ハナヨシ)さんの
オニオンベーグルを取り寄せました。

ベーグル8744さんは、通パンをなさっていません。

ですが、実は彼女は私の友人ということで、
今回は、無理を言って、特別に送ってもらいました。
( 8744さんありがとう!涙)


CIMG9901


ムチムチ、もちもちの生地に、
たっぷりの、アメ色玉ねぎ。
その中には、チーズも絡ませてあり、焼き戻すと
とろけます♪
ブラックペッパーがしっかり効いて、
おつまみ的ベーグルでした。





CIMG9850



そして、最後のシュトレン。

毎年恒例のあのお店?
それとも、最近お気に入りのあのお店?
等々悩んだのですが、、、
『一周まわってシンプルの良さ』に気付く今日この頃。




CIMG9853


朝は食パンにバター。
スコーンはプレーン(これは元々そうでしたね(笑))
シュトレンも、生地が美味しい、と思わせてくれるものに
惹かれるようになりつつあります。


もちろん、具材の取り合わせの妙や、
個性的、具だくさん、などなど、
ぜんぶ気になる&好きは好き、なんですが。
(結局ぜんぶ好きやんかー)
昨年食べた、本場ドイツのシュトレン。

あの、生地の質感と、
粉とバターをしっかり味わえる感じが、すごく好きで。

それに近しいものはないかな?と、探しまくりまして。
で、今回白羽の矢を(勝手に)立てたのは、

ボネダンヌさん(@お江戸,三軒茶屋)
CIMG9852



以前、こちらのマドレーヌやパンを頂いて、
すごく好きだったのです。
拙者のスイーツ師匠も、かなり厳しい感想を言うひとなのですが(苦笑)

こちらの焼き菓子は、褒めていて、、、


というわけで、やっぱり通パンはしていないこちらのお店。
都内在住の友人にお願いして、送ってもらいました。
(今回は友人の力を借りまくりですね💦感謝感謝です~(涙))

CIMG9856





で、結果からいうと。めっちゃ好きだった~!
シンプルに、しっとり、ホロリ、と粉とバター。
生地を味わえる感じ。
でも、具材が少なすぎることはなく、
ドライフルーツだけでなく、
ナッツ入りなのも個人的にはツボなのです。

単純にナッツが好きなのもありますが、
ドライフルーツだけだと、
甘い印象だけが残りがちな気がします。
ナッツが入ると、香ばしさと、
味に厚みが出る気がするのです。

CIMG9857



シンプル・イズ・ベストは、
あまりにもオタク好みだったようで(苦笑)
参加者さんの反応はイマイチ、
申し訳ない感じでしたが、、、(スミマセーン(涙))


勝手に、満足しておりました。
そのぶん、珈琲は、華やかに。
シンプルな味わいのシュトレン、
珈琲に華を添えてもらって、
珈琲が主役、の〆となっております。








フードラボラトリーヤナガワ



今年のシュトレンの会は、

12月8日(日)に開催予定です^^

詳細はまだ決まっておりませんが(汗)
おそらく、11時半か、12時開始
1時間半~2時間を予定しております。

もし、現時点で
参加希望の方がいらっしゃいましたら、

pantiki1008☆ktj.biglobe.ne.jp
( ☆を@に変えて下さい)

まで、メールをお願い致します。^^
先着順となりますこと、ご了承頂けますと幸いです。

(場所は六本松 fusuku coffee さんです)



******************


ブレッド&サーカスさんのパンの感想も
書きたい!
のですが、

あまりにも日記が溜まっておりまして(汗)

例によって、カスタネット方式で、
いかせて頂きます!!

( B&C ランチ B&C スコーン B&C・・・)



***************

というわけで、

ちょっとお久しぶり?
のスコーンハンター放浪記です


いやはや、も~う、
かなり好き!なスコーンに出会えました。


ひとりで食べているのに、
くううぅ~って、言いながら、
裁判長みたいに、
テーブルをグーで叩いてますからね。
(あれは木槌使ってますよ)



それがこちら、

フードラボラトリーヤナガワ さんのスコーンです。
CIMG8981

お店のインスタグラムで、拝見したその日から
『 ぜったい美味しい・・・食べたい・・・ 』
と指を加え続け、早幾月。

お名前どおり、所在地は、柳川。

ペーパードライバーの拙者には
ハードルの高い立地です。


それがなんと!
無印良品・大名店さんに出店されるとな!!


行かねば行かねば~と馳せ参じた次第です。
( 数カ月前のハナシです・・・ )




上の画像の、見事なまでのオオカミの口!

そして、ツヤンツヤンの頭頂部~(感涙)
CIMG8988


やっぱり、まずは、プレーンです。

石臼挽き全粒粉を使用した生地からは、
お醤油のような香りが!

美味しいパンではお馴染みのこの香り、
スコーンでこの香りは、お初!?


というわけで、のっけから大興奮。

ワクワクしながら焼き戻しますと・・・

表面は、カリッカリ。
内生地は、しっとり&モソッ&ふわっ!






CIMG8990

素材の甘味のみ、という印象。

いやらしくない、べたっとしない、心地いい甘味。


じわじわ、噛むほどに広がる、
優しく、でも、確実に伝わる甘味です。




CIMG8986

何も付けなくても美味しい、
いや、
何も付けたくない!
いや、
でも、クリーム系合うよねきっと・・・


と、やきもきしちゃう(笑)ゼツミョーな
粉感と、甘味。

そっか!これを感じて欲しいので、
まずは、必ず!何も付けずに食べて下さい!




CIMG9000


あまりにも、粉甘さが印象的で、
インパクトが強過ぎて。
『乳』の印象が残っていないのですが(すみません・・・)

でも、それでもいい(なんだそりゃ)

オシリ側とか、周りぜんぶ、全粒粉のクッキーみたい。
ビーガン?じゃないのに、なんだか、ビーガンのようにも
感じる・・・
そういうナチュラルな雰囲気なのです。


内生地の、ややしっとり感強め、でも
スコーンらしいモソッと感もかなり好きで・・・


これはぜひまた、食べたいです。






緑茶・小豆・甘栗のスコーン
CIMG8975

プレーンだけしか買わない今日この頃ですが、
緑茶!
抹茶じゃなくて、緑茶!なんですね。
それが珍しいのと、

もうひとつ、こういう生地『あるある』の、
『ホワイトチョコ入り』ではない!のが
うんうん、私と同じ嗜好のひとなのかも?と
勝手に嬉しくなったので(笑)




緑茶の香りがぶわわわ~ん!スッゴく香ります。
CIMG8976

抹茶では無く、緑茶だと、はっきりわかる、素材感。

見た目通り、アメリカンなスコーン。

周りは、カリッカリのクッキーを食べているようです^^




CIMG8998

中は、しとっ&ふわっ&もほっ(モソッではない)

好みストライクはイングリッシュスコーンの拙者。
ですので、どストライクとは違いますが、
それは、見た目から、わかりきっての購入。
なので良いのです。

でも、ちゃんと口中の水分をもっていく、
スコーンならではの食感もあります^^

甘さは、周りは甘く感じますが、
全体的に、甘すぎる印象は無いです。

緑茶の風味と香りが功を奏し、

小豆と甘栗もそんなに甘くなく、
そのホコッとした食感は、スコーンらしい食感を
出すのをサポートしてくれている。

ですので、いつもは粉を流し込む役割のクリームを、
甘味をベールに包み込む感じで、付けてみました。

プレーンとは別物ですが、
これも美味しかったです。








CIMG8992


スコーンは、本当にシンプルな材料で出来ているので、
素材に拘って下さると、
美味しさが浸み渡りますね。

いつか、お店の方にも、行ってみたいです^^


ごちそうさまでした!!



food laboratory yanagawa
フードラボラトリーヤナガワ
福岡県柳川市隅町22






やっぱりオペラダルテ!



ですが、
予約不要!どなたでも来て下さい!
エビバデカモ~ン!!となっております


しかし、ここでご注意を・・・

※17時位~ゆるりと開始致します。
20時~21時位までは開催予定です。
(お客様の数にも寄るかと・・・)

※アロさんの限定メニュウには、数に限りが
ありますので、遅い時間にいらっしゃった場合
売り切れている可能性もあります・・・
何卒ご容赦くださいますよう・・・


ですが、フッスーの珈琲や、姉さんのビール等は
相当数有ると思いますので、
お酒と、アロさんの雰囲気を満喫して下さい^^


いざとなったら、
ぱんフォメーションガール、又の名を
雑用係のわたくしが、
急いでおつまみの柿ピー買ってきますので!
( 何故柿ピー? )
柿 対 ピー は、何対何が良いか?
熱く語ろうではありませんか!!
( おいらは 4:6 でピー多目希望!)
(  ↑↑どうでもいい )



*******************
 


さてさて。




か~な~り前ですが
ひさ~しぶりの、オペラダルテさん。

もう、オペラダルテロス!と言っても良いくらい
間があいてしまっていたのです(涙)

行ける日が予約で埋まっていて断念・・・
を繰り返した日々(苦笑)



そんなこんなで、
ようやくありつけたシェフのランチは、
喜びプラスで、更に美味しく感じます^^

CIMG8510


いつもの前菜プレート。
もりもりお野菜にかかっているドレッシングも
美味しいです。

その周囲にグルリと前菜が♪


周囲と言いつつ・・・

CIMG8515

お野菜の下にも隠れております。
えびちゃ~ん!

甲殻類ファンのおいらとしては、
この子を主役に、ワインをチョイス




CIMG8516

赤でも白でもいけちゃう前菜ですので
いつも悩むのです。

二杯飲めばいいじゃん!
といわれそうですが、拙者、
『 飲みたがりだけど、弱い 』という可哀相なひとでして(涙)

特に、昼間の飲酒はキケンなのです。
飲んだ後、陽に当たるとぶっ倒れる危険大!! why~!!




メインのような前菜プレートのあとに、
メインがやってきます。
CIMG8517

久しぶりなので、
基本に戻って?鶏の香草パン粉焼きと・・・




CIMG8520



こちらは牛さんの煮込み
(赤ワイン煮?スミマセン失念・・・
CIMG8519


ほろほろと解けるように柔らかく煮込まれた牛さん。

そして、
これまた『裏メイン』のリゾット~!!

これが食べたくて伺う人も多いとか。
拙者もそのひとりです^^

お米の硬さとか、チーズ感とか、
好みど真ん中!なのです。



で、


あれ?
CIMG8522


少しね、少しだけ(爆)
久しぶりなんで、テンションあがりまして。




この、3~4口分くらいのパスタの量が
本当に嬉しい。
CIMG8525


何回も言ってますので
いい加減しつこい!と言われそうですが、
また言います!


オペラダルテさんの好きなところ。

※パンが無い
※スープも無い
※代わりに少量多種のお料理が頂ける
※炭水化物の量が絶妙

これ、拙者の外食時におけるキーポイント
なんですけど、
網羅して下さっているのはここだけなのです・・・感涙



で、
最後のデザートも~。

CIMG8529

美味しいんですよ!

自家製アイスは、
ヘーゼルナッツ復活を切に希望!ですが(笑)


このチーズケーキが、凄かった~。


CIMG8526

拙者、クセモノ好きですので、
クセの無いものであっても、
『 突き抜けたもの 』が好きです。

ですので、
例えばカスタードクリームも
タマゴと牛乳の丁度いいバランス!とかよりは
( もちろんそれも美味しいですが~ )

めっちゃタマゴの風味がする!
のか、
めっちゃ牛乳~乳乳してる~!

という風に、どちらかに突き抜けている方が
なんとなく、好きなんです。

特に
『拘りぬいた○○牛乳を使ってます!』とか
書いていらっしゃったりすると、
その味、感じたいですよね?
というか、せっかく拘っていらっしゃるのに、
その味が感じられないのは勿体ない。


で、今回のデザート、
チーズケーキですが
なんだかとっても、良いたまごを使われている
そうなんですよ。


でね、
それがわかるんです!
めっちゃタマゴ!感じる!

タマゴ嫌いな人食べられないチーズケーキ(笑)

見た目から、すっごく黄色、ですよね。
もちろん、チーズの風味もちゃんとあるんですよ、
でも、すご~くタマゴも感じる。

チーズプリン -(引く) 牛乳 = このケーキ

みたいな?
(余計わかりにくい)

口あたりも、
しっとり、滑らかでとても美味しかったです。 


CIMG8528

こちらは、抹茶のガトーショコラ。

これも、専門店並みの仕上がり。
しっかり抹茶を感じられます。
ほろ苦い、大人のスイーツ。




*******************



シェフとの久しぶりのお喋りも
とっても楽しかったです^^


次は、いつ行けるかなァ~♪





オペラダルテ
福岡市中央区桜坂2-7-11
定休日 火曜日










パンとワインとチーズと



新生☆トランテトロワのパンを味わう会
( と、勝手に命名 )

に参加して下さった皆さま、
本当にありがとうございました!!!




CIMG9009


とっても楽しかったです
(じぶんが一番楽しんでしまった?)

そして、
思ったこと・・・と言いますか反省点。

『パンを味わう』会にするなら、
昼間にやらねば!だったかも(苦笑)


CIMG9010

夜にやるのが悪い、という意味では無いですよ。

ただ、こんな風に、
『トランテトロワのパンを知らない皆さま』に
『初めて食べて頂く』のならば、

味覚が一番敏感な、朝。
朝は無理でも、昼間、に催して。

お酒とかお酒のお供とか、無い状態で
ひとまず『パンに向き合ってもらう』のが
良かったのかなァ・・・なんて、反省しています。


なぜなら、
その場ではチラリと味見しかしていないのですが、
そのとき、ん?
味がよくわからない(お酒弱いので)と思った為、

全部は食べずに、
持ち帰ったワンスライスの残りを
翌朝、あらためてゆっくり頂いたのですが。

めっちゃ、美味しかったんです。

あくまでも、個人的見解です。
その場に居らした方々は、拙者よりお酒もお強いし
じゅうぶん、美味しい!と言って頂けたので
ホッとしていますし、

発起人の方のメインテーマは
『 パンとワインとチーズを囲む会 with pantiki 』
がやりたい!!
ということでしたので
( ありがとうございま~す 涙 )




御用意したのは、
カンパーニュと・・・
CIMG9012




ブリオッシュ!
CIMG9018

ブリオッシュは、一本売りしかなく、
しかも1000円超えなので
( 材料を聞けば納得のお値段なのですが )
なかなか、個人で、しかも初めてのお店で
買おうと思わないかも?と思い、
今回、必ず食して頂こう、と思っておりました。




そして、
トランテトロワさんのパンは、
何かを付けたり乗せたりするよりも、
まずはそのまま食べて欲しかったので、


ディップ用にバゲットもご用意。
CIMG9023


こちらは、お食事を邪魔しないタイプで、
食感は最高!というバゲットを考えた結果。

シュガーリーフさん(@鳥飼)の
はるゆたかバゲット、にしました。

こちらのバゲットは、
『バゲットリュスティック』と呼びたくなる
しなやかなクラストと、
しっとり、もっちりのクラムを満喫できる逸品で、
個人的にも、お食事バゲットとして気に入っています。

もう1つ、違うお店のバゲットもご用意したのですが
大きさ、お値段、お味的にも
はるゆたかバゲットの圧勝!だったので
あえて店名は載せません(苦笑)



白ワイン、赤ワイン、
そしてシードルも・・・

CIMG9030

糸島の Kawakubo saketen で買ってきてくれました!!
ありがとうございます



おなじく、糸島からチーズも・・・
CIMG9034


TAK さんのチーズも♪

ラクハクは、桜坂珈琲さんのお手製ジャム
(普段はクリームティーに添えて下さってます)
と一緒に頂くと、それだけでクレメダンジュを
彷彿とさせる味わいに。もはや、スイーツ。


コハクは、そのまま食べて美味しい、
ワインに合いすぎる、コクあるスモークチーズ。


生ハムも、チラリ、見えてますね♪

他には、画像無いですが
鴨のスモークも。




マダムお手製のキャロットラペ。
CIMG9027





サラダも。
CIMG9033




これは、サーモンのパテ。
CIMG9028




蛸とイカのトマトソース。
CIMG9037





そして、
参加者Kくんの大阪土産・・・
こ、これは・・・
パンオタ&バターオタである拙者が歓喜しまくりの・・・


エシレのワッフル~(感涙)
CIMG9031


これ、大阪のエシレ・マルシェオブール限定品なのです!!


しかも、一日に数回提供されるんですが、
そのたびに行列が出来るという、貴重な品。

ほんっと~にありがとうございます(感涙)


ふわっふわのワッフル。
中のクリームは、
もちろんエシレバターで作られたクリームですよ!

バタークリームっぽさがあまりなく、
どちらかと言うと柑橘系にも感じる酸味と甘味。
クリームチーズ?マスカルポーネ?
などが混ぜ込まれているのでしょう、さっぱりしています。

個人的には、もっとバターが濃い方が嬉しいですが
貴重なワッフルが食べられてめっちゃんこ嬉しかったです!!


本当にありがとうございました(感涙)





*********************


ワインも飲んで、みなさんお話しに花が咲きます♪

最後は、桜坂さんの美味しい珈琲も頂いて、
満足マンゾウです。


パンの美味しさは、
また個別に・・・


この日も、うれしいご縁が繋がって嬉しい一日と
なりました。


参加者の皆さま、
桜坂珈琲のおふたり、
トランテトロワさん、

本当にありがとうございました・・・!!













記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC