ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

佐賀

うーまいベイベー その2




タマゴサンダーがあるけば、


タマゴサンドにあたる。

DSC_0685


むむむ。
朝の1時間限定とな。

なんというハードルの高さ・・・

セルゲイ・ブブカ氏しか飛び越えられないハードル。
( 大げさ )
いつか、
飛び越えてみたい・・・。



**************************


さてさて。

うーまいベイベー!は続きますよ~^^


座った順に御紹介、と申しましたが、
正しくは、発表された順、でございました。
( すみません! )



では・・・これまた遠方よりありがとうございます!
の、アルパカさん(@佐賀)

line_1646410663414282


くるみ入りのカンパーニュ。

とっても重い!ずっしり重い!!
もうもう、ほんっとにたくさ~んのクルミが入ってます。


アルパカさんの食パンが美味しい、ということは
以前も熱く語らせて頂きましたが・・・

いやはや、このカンパーニュも・・・
すごい!!めっちゃんこ × 100 美味しい!

ものすご~く好みでした。
粉の味が濃くて、みっちりとクラムが詰まっていて・・・
それにクルミの旨みが移って・・・

ど☆ストライク!アルパカさん、凄いなァ・・・。


勝手なイメージですが、
食パンが美味しいパン屋さんって、
しかも、バターとか生クリームとか入っていない
『ほんっと~にシンプルな食パン』が
美味しいパン屋さんって、
『町のベーカリー』と言いますか、
クロワッサンやカンパーニュの類は、
あまり焼かれない?し、お得意ではない?
というイメージが(勝手に)あったのですが

いやはや、侮ることなかれ!ですね。
アルパカさん、拙者の思い込みを打破して下さって
ありがとうございますっ!








そして、続きまして・・・

ピナハウゼさん(@室見)
line_1646414111096573

実は、自分はまだ伺えていないし、
食べられてもいないという(苦笑)


なので、とっても嬉しい!!ありがとうございます

確か・・・玄米食パン?だったかと。

持参して下さった方は、『いちかわ製パン』さん(@北九州)
の食パンがお好きなんですが、
その方がこのパンを選ぶのがわかる!と思える
みっちり、むっちり、しっとり食パン♪

ジューシーとでも言いたくなるクラムの水分量も
いちかわさんを彷彿とさせます。

そして、この穀物たちの香ばしいこと、
旨みに溢れていることと言ったら・・・

焼かずにそのまま、生食、しましたが、
きっとトーストしても、香ばしさが際立って
美味しいんだろうなァ・・・♪



で、ですね。
このお方ったら・・・(感涙)
line_1646413850132354

唐人ベーカリーさんのスコーンを持って来てくれたんです!
うわ~ん(涙)
ほんっとにありがとうございます!!

温め直すと、外側カリッと、
内側はふわっと。
甘さが結構強めなので、ソフトクッキーのような
印象で、おやつにピッタリな感じです。

即興詩人さんのスコーンを食べたことが有る方曰く、
こういう感じでは無い(甘さもここまでは強くない)
とのことでしたが、
みんなで『謎解き』を共有できたことが
とっても嬉しかったです~(感涙)

優しいお気づかい、
本当にありがとうございました




そ~し~て~

どのパンも歓声が上がったのですが、
このパンの歓声、ひときわ凄かったです!!

ほんっと~にありがとうございます!


なんとなんと、

パーラー江古田さん(@お江戸)
のカンパーニュ

ですっ!!
line_1794439476532137


拙者のパーラー江古田愛は、知ってる人は知っている(笑)
話しだすとか~な~り、長くなるのでここでは述べませんが、

この参加者さま(from 長崎!遠方から本当に感謝です 涙)
たぶん、知ってくれているのです。
拙者のパーラー江古田愛。
だからこその、チョイス、だと思っています。
( 勝手にポジティブシンキング )
お気づかいほんっと~にありがとうございました(感涙)


なのになのに、申し訳ないことに
画像が無い~!!
おそらく皆さま、興奮のあまり、撮影していない
と思われます(苦笑)


ですので、かろうじて ↑↑ 上のプレート
(全体図)の、右端っこにある、
焼き強めのスライス。
これが江古田のカンパだ!!(ほんっとすみません 汗)


食べたことがない、という人が多くて、
みなさん興奮されていて、
なんだかわがことのように嬉しかったです。

ですので、みんなに食べて欲しくて
拙者は、本当に端の端のひとくちしか
食べてないのですが、
もう、そのひとくちでも、じゅうぶん美味しかったです。
(恩着せがましく言っているのではなく)
(『ひとくちの破壊力』をお伝えしたくて!)


香りからまず違う。
燻したかのように、濃い香り。


クラストは意外にも軽めで、パリッと
砕ける感じ。
だからこそ口中に漂う、
その香りと、はじけたクラストを共に呑み込むと
鼻腔にいつもでも余韻が・・・

久しぶりに食べた江古田さんのカンパは、
貫禄さえも感じさせるものでした。


*********************



うむむ、
スゴすぎるぞ、みなさま。


拙者なんぞより、よっぽどマニア!
素晴らしいです!!


まだまだ続きますよ~。

ヨロシクべいべー!!











そば処 のりとう




『続きはのちほど・・・』
で終わっている記事が多すぎて、
どれから書いてよいやら、わからず。

自己管理不足、pantiki です。


パンの日記もですが
それ以外の外食日記も、かなり貯まってまして(汗)

せっかく美味しいお店に出会えたので、
そちらもUpさせて頂きたく・・・



CIMG5147

今回は、
お蕎麦、です。


夫君との共通の好物であり、
母とも共通の好物。

というわけで、
遠出の際には、お蕎麦ランチ率、かなり高いのです。


で、
今回。

みんなが口を揃えて、今までで一番美味しい!!!

と、感動したお蕎麦をご紹介。




と言っても、伺ったお店の数も、そんなに無い(苦笑)
鈍舌ファミリーの『個人的嗜好でのナンバーワン!』です。

蕎麦通の方が何とおっしゃるかはわかりませんが、
わが家にとって、本当に美味しかったのは間違いないです。

ぜひ、
ハードルを上げ過ぎずにご訪問ください・・・笑



CIMG5146



のりとう、さんは、
普段は、と言いますか本職は、陶芸家でいらっしゃいます。

陶芸家のご主人が、趣味で打ち始めたお蕎麦。

やはり、拘る人が拘りだすと、
凄いものが仕上がるのですね。


それに、陶芸家でいらっしゃるので、
出される全ての器が素晴らしいです。
もちろん、お店の佇まいも味の内・・・

お庭に足を踏み入れた瞬間から、
ああ、もう絶対、
ここは良いお店!と感じます。


CIMG5150


お蕎麦は、
せいろ、か、おろし。

それがセットになるか否か、の
シンプルな構成です。





CIMG5152


まずは、よくお蕎麦のお店で出して頂ける
蕎麦を揚げたもの。

これが、すごくカリッカリで、
全く油っぽくないのです。
いままで食べたことのない軽やかさに、
主役のお蕎麦への期待が膨らみます。



せいろも、おろしも味わえる
セットを頂きました。


まずは、こちらが『せいろ』
CIMG5155

十割蕎麦らしい、少し太めで、
見るからにザラリとしていそうなお蕎麦。


お塩と、辛めのキリッとした蕎麦つゆで頂きます。


CIMG5157

ちゃんと、美味しいワサビなのも嬉しいですね。


で、
いままで、
この鈍舌ファミリーは
『蕎麦の風味を味わうために、まずは塩で食べて下さい』

と言われて、
蕎麦の風味を、感じたことがなかったのです(恥)

鼻から抜ける蕎麦の香り・・・
と言われても、
あまりにも繊細な香りすぎるのか、わからず・・・





CIMG5156


ですが、今回。
初めてわかりました!感じました!
『蕎麦の香り、風味』

すごい~おいしい~(感涙)

キリッと冷水でしめられた太めの蕎麦は、
のどごしではなく、
噛みしめて、味わう。

そして、
噛みしめると、

なんだか、種子、のような。
アーモンドのような、そんな香りが鼻腔に残るのです。

お蕎麦って、こういう味、
こういう香り、だったのですね。


聞けば、
お蕎麦は、使う分だけ、
前日に蕎麦の実を脱穀するという・・・。

そして、勿論、
当日
挽きたて、打ち立て、茹でたて。



CIMG5153

おろし蕎麦も良いけれど、
やっぱり、せいろが、一番お勧めです。

蕎麦の風味、満喫して欲しいので。




そして次なる衝撃は・・・
CIMG5160

セットのデザート、そばがき。


いままで頂いたそばがきと、こちらも一線を画しています。

これも、十割蕎麦粉。

ですが、よくある粘土っぽい食感では無く、
里芋のポテサラ・・・?
のような、
滑らかで、少しねっとりとしていて、
ちょっとだけザラリとして・・・

なんだ、なんだ、これ、
初めて食べる!!

きな粉と黒蜜で頂く、至極の甘味。


おいしいいいいい!!!




*********************



再訪、必至。
と言うよりも、
このお店に行く為に、また、有田に行きたいです。

お奥様と、ご主人の接客も、
とても温かく・・・

本当にありがとうございました。

ごちそうさまでした。




そば処 のりとう
佐賀県西松浦郡有田町南山426-1
営業日 金・土・日曜
11時~19時
※平日も予約で受け付け可能












今年最初のシュトレンは・・・



まずは、
(もうすぐ)1周年!!
おめでとうございます!!



DSC_0487


1周年記念で、
土曜日まで、くじ引きなさってますよ~。
だいぶ御無沙汰してしまって(汗)
せめて、おめでとうございます!は言いたい・・・
と、ドライバー(夫)を確保出来たこの日、
ようやく再訪叶いました。

かわいい専用袋も出来て、
商品のラインナップもたくさんあって、
どれも魅力的で・・・

購入させて頂いたパンは、のちほどご紹介致しますが、
早速頂いた、ZOUさん流のミルクフランスが、
め~っちゃ美味しかったです!



あ、あと、
せっかくドライバーがいましたので、
この日は、遅ればせながらYakichi さんにも
2周年おめでとう!を言いに・・・
( 遅すぎる~ )



***************


さてさて。
冒頭の、
今年最初のシュトレンは!
(正確には、今年のお正月過ぎてもシュトレン食べてたので 苦笑)
(今シーズン最初の!ですね・・・


BlogPaint


有難いことに、
誕生日プレゼントで、頂きました・・・感涙

本当に、本当に、ありがとうございますっ!!


なんとなんと~

嬉しすぎる・・・




CIMG5329


最近は、細身のシュトレンも多いですが、
アルパカさんのは、王道サイズ&王道の『おくるみ』形。





BlogPaint

BlogPaint

たべごろの時期を書いてくださっていたので、
ちゃんとそれまで、我慢!しましたよ~ 笑





表面のお砂糖が、
しっかり生地に浸透した見た目♪
うんうん、見るからに タ・ベ・ゴ・ロ♪
CIMG5330

しか~も、
真ん中に、大きめにマジパンど~ん!の好きなタイプ。
これは嬉しい!

周りはサクホロッ。
内生地も、しっとりしつつ、適度にモロッと感もある、
王道の食感です。

断面からは、各種ドライフルーツとラム酒の
合わさった、芳醇な香りが・・・。



CIMG5339

オレンジだけでなく、レモンピールも入ることで
ほろ苦さと、柑橘ならではの爽やかさが特徴的。

そこへ、クランベリーの甘酸っぱさが
効果的に効いて来ます。

マジパンのねっとり感も、生地のホロモロ感と
好相性で・・・

そこへ、前述のクランベリー。
これが、食感のアクセントにもなってるんです。
シャクッとした食感が残っているので、
生地のホロモロ感、マジパンのしっとり感、
クランベリーのシャクシャク感・・・と、
良い意味で口中忙しく、楽しく、美味しい!!




おいしいです!!

王道シュトレンでありつつ、
柑橘を効かせた、アルパカさんの技も効いていて、
とっても好みでした~。


本当に、
本当に、
ありがとうございました。


食パンが(山&角ともに)絶品のアルパカさん。

それ以外のパンもぜひぜひ食べたい。
いつか、必ずや、行きます・・・!!




手作りパン屋 アルパカ

佐賀県江北町上小田1512-4













9(ヌフ)



結構前の話しですが・・・
(↑↑ もう誰も驚かない・・・)

佐賀へ!!


この日は、パン以外が主目的のお出かけでした。


う~、せっかく遠出してるのにぃ~・・・
と、ストレスを抱えつつの往路。

そして、とうとうストレス爆発の復路(爆)

『ど、どこか寄らせてくだせェ~お代官さま~』
( 誰がお代官様やねん )

と、お願いして、帰り道沿いにあるなら、という
条件付きで許可がおりました

というわけで、急いで検索検索・・・


そして、なんとか寄らせてもらえたのが
こちらのお店です。
(一体誰と出かけてるんだ)



9(ヌフ)さん。
CIMG1803

唐津在住の方いわく
『 唐津と思えぬ(失礼!)お洒落カフェ 』

思えぬ、は置いといて(笑)
確かにとっても素敵なお店。
店内も、インテリアも、可愛いです♪



CIMG1804



CIMG1805



CIMG1811



特に、
このトレー&トング、めっちゃ可愛いですよね♪
CIMG1807


並んでいるパンたちも、
小ぶりなモノが多く、お店の雰囲気にぴったりです。






CIMG1808


かわいいだけじゃなく、ちゃんと美味しいのも
嬉しいポイント♪

ランチもお勧めらしいので、とっても気になります。



食べたパンは、また追って・・・♪



ヌフ・ベーカリーカフェ
佐賀県唐津市北城内1-12
8時~20時
定休日 水曜&第1・3日曜









手作りパン屋 アルパカ 角食・美味しすぎ編



第二回 好きなパンについて熱く語る会。

おかげさまで、残席1!となっております。
ご検討中の方がいらっしゃいましたら、
ぜひぜひ、お早めに・・・^^




********************



さてさて。


幸せなことに、
美味しすぎたシリーズが続いてますが・・・(笑)


トークイベントで差し入れて下さった、
アルパカさん(@佐賀)

の角食が・・・
角食がぁっ・・・・!!!!






CIMG2438


好み過ぎました。

ど☆ストライク過ぎました。



以前頂いた山食も、十分に好みでしたが。



好き過ぎて、
美味しすぎて、

食べる時に撮影(接写や、トースト後の画像)
するつもりが、
今のところ全敗・・・






(全角度撮影開始!まずは横顔~ パチリ☆)
CIMG2440

撮る前に食べちゃうのです。

困ったわね~
罪なパンだわ~(責任転嫁しとる)

店名を見て、

アルパカって、次数も字面も、

なんだか『ペリカン(@東京)』さんっぽくてかわいいいね♪

と思ったあなたは大正解です!

アルパカさんは、店主さんがペリカンのパンが大好きで、

ペリカンさんレスペクトで付けたお名前なのです。


そんなアルパカさんが作る食パン・・・

本当においしい!!

私も、ペリカンさんのパン、

中でも食パンが大好きなのですが、

その食パンが東京に行かずとも食べれるなんて・・・

と感動すら覚えるおいしさでした。

 

 




(続きましてお背中~ パチリ☆)
CIMG2441

大切に、
大切に、

冷凍保存して、
ちびちび
食べてます。
( 本当は毎日たべたいけれど、)
( 無くなるのが悲しい気持ちとの戦い 笑 )

この食パン、

まずは必ず『生食』して下さい。

生食とは、焼かずに、何も付けずに、

『そのまま』食べること、です。

生食にこそ、この食パン(角食)の良さが

凝縮していると言っても過言ではありません。

 

まずは、この香り・・・

でた!この香り!と叫んでしまった。ミルキーな香り。

スキムミルクでしょうか?

この香りがする食パンで、好みで無かった事が無い。

 




(全角度同じ?とお盛られがちな角食でも、)
(それぞれの面に個性がありますね♪で頭頂部~ パチリ☆)
CIMG2442

しっとり、ひんやり、むっちり。

けして『ふわふわし過ぎていない』

ぼわんぼわんの『高級座布団のような生地』


イメージで言うと、絹豆腐ではなく、木綿豆腐。

この生地の密度がゼツミョーなのです!



ふわふわ過ぎると、空気を噛んでいるようで、

しっかり『粉の風味、生地の甘さ』を感じられない。

(あくまでも個人的見解)


ですので、

この位の『歯型』がみっちり付く位の生地が、

わたしにとっての理想なのです。

そして、塩梅もほどよいので、

ミルキーな甘味と柔らかな粉の味わいを堪能できます。

 

ミミは、生食ですと、

存在感がありつつも、歯切れ良く、

内生地の邪魔にならない。

むしろ、味わい(噛む、という行為で)に

深みを出す役割を果たしてくれています。







(失礼してオシリ側~ パチリ☆)
CIMG2443


ハムッ!と噛みしめると、

噛んでいるうちに、ふぅ~わりと酵母の発酵香が

鼻腔をくすぐります。


何もつけなくても、

いや、逆に、この優しい風味をあじわうためにも、

何も付けないで!と言いたくなる、

この美味しさ、歯触り・・・

まさに、ペリカンだ!と思ってしまった。

おいしい・・・!!

 






(最後にお待たせしました 正面から~ パチリ☆)
CIMG2439

トーストも試したい、と思いつつ、

この美味しさに手が止まらず。


でも、無くなるのが寂しいので、

前述どおり、大切に冷凍保存しながら、

ちびちび食べてます(苦笑)


で、

生食のおいしさにノックアウトされたこともあり、

冷凍後も、レンジで10秒ほどチンして

(↑↑ 普通はレンジは禁じ手)

水分が軽く飛ぶ程度にトースト

(1分もかかりません、ここはトースターに張り付いて、

様子をみるのみです!!)


これで、生食状態が復活します。


そして、何も付けない生食を楽しんだ後は、

この、ほんのり温かい生食状態のパンを、

『フルーツサンド』にするのも、

ものすっごくおいしいので、おすすめです。


こういう密度、こういう柔らかさ、

こういう味わいの生地で無いと、

フルーツサンドは美味しくないと思います。


じんわり、生クリームがとろけて、

それをしっとりと包み込む、

座布団のような、適度な重みのある生地。

生クリームと同じく『ミルキー』な味わいの

生地だからこその相性の良さ。

ぜひ一度お試しください。

 

でも、絶対『バタートースト』も合うはずなのです。

だから、最後の一枚くらいは、

しっかり焼いてみようと思っています。


そして、最後の一枚くらいは、
撮影する所存です!!(苦笑)



差し入れて下さった、Mさん。
ほんっと~にありがとうございました(感涙)

コメントを下さったアルパカ店主さんも、
ほんっと~にありがとうございました(感涙・再)



 

手作りパン屋 アルパカ

佐賀県江北町上小田1512-4











記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC