ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

北九州

新麦パンマルシェ その1




イベントの話し、なのに、なんですが、

拙者は、
イベントにあまり行かなくなりました。
( おいおい )

昔は、それこそ行列のセンターポジションを
ゲットする勢いで頑張ったものですが、
寄る年波には勝てず・・・(遠い目)

あと、パン好き、経由、パンオタになる過程で
『パンを買う・食べる』行為ではなく、
『作り手さんと話したい!という気持ち』の方が
どんどん大きくなった、というのも理由の1つ。


お店の雰囲気を味わいながら、
作り手さんの声を聞きながら・・・
そうやって購入したパンの方が、
格段に美味しいことに気づく。


でも、こういうイベントでもないと
買えないパンって、やっぱりありますし、
遠方のパン屋さんに行けない人にとっては
向こうから来て下さる願ってもないチャンス。

並んででも買いたい。
お話しは出来なくても、味だけでも噛みしめたい。
そう思うのも、当然ですし、お気持ちも
痛いほどわかります・・・
そして、頑張って並んだのに買えない人も、
もちろん出てくるわけで・・・

いろいろ、悩ましいですね。


なので、
今後もイベントを続けるにあたって、
そういう問題をどうするか・・・

イベント後、
打ち上げ、という名目ですが、内容はそんな感じで。
みなさん、真剣に話されてました。

『良いな、こういうの』なんて言うと不謹慎でしょうか
( みなさんが悩まれているというのに 汗 )

でも、こういう『産みの苦しみ』無くして
成功無し!ですよね。

こういう素晴らしいメンバーだからこそ、
きっと、回を重ねるごとに
素晴らしさを増して行かれるのだと思います(感涙)



さてさて。
今回、伝える君が食することが出来たパンは
5種類です。


どれも、美味しかったなぁ。
新麦のパワー、製粉会社さんのご尽力、
シェフたちの腕前、あってこそ!!
本当にありがとうございます!!





さてさて。


ここから先は、
サブタイトル 『フォン ド 棒』と
名付けたい。でお楽しみください・・・!?

CIMG8884


で、
トップバッターのこちらのパン。
黒棒のカット前ではありません。
(平成生まれは、黒棒、知ってるんだろうか・・・)


お皿と全く同サイズという(笑)このパンは、

ハリマヤさんの、
なんとなんと『ブリオッシュ』!?なのです。


ブリオッシュと言えば・・・
ひまわりのようなお花型の形状の上
にポッコリ丸い頭が乗っかったような
( 表現が下手すぎる )
形を筆頭として、『お菓子パン』的位置づけにある
ものが多いと思いますし、
そう認識している方も多いのではないかと思います。


ですが、
これは・・・

どうみても・・・

ハード系!?
なルックス、渋いお顔のブリオッシュ。



CIMG8887

これね、
見た目も初めて!でしたが、
食べても、初めて!だったのです。

これ、新しい種類のパンなんじゃね?(若者風に言ってみた)


まずは、焼かずに当日食す。

ほろほろっ
もろもろっ
と、崩れるようなイメージ、
食感だけなら、マルボーロみたいなクラム。

で、
クラストもね、ほろほろっ、なんですよ。


全粒粉のビーズが、
ぽろぽろぽろ・・・ってこぼれ落ちるような。

そのビーズを、口中でかき集めて
噛みしめるイメージなのです。

そして、後味に、ビーズをまとめてくれていた
バターの風味がフワリとやってきて、
あ、これブリオッシュやったね、と思いだすという。



いつもはエロティックパンですが、
今回は、アロティック寄り?笑
( わかる人にはわかる例え )



CIMG8886


酵母でしょうか、酸味と粉の甘味の合い舞った
『甘酸っぱい』香りと味が、ファーストインプレッション。

でもこのパン、
もっと美味しい気がするんだよね・・・。
( 変な日本語 )


で、
これはやっぱり、
焼くべきではないのか?と思う。

ブリオッシュだし!(忘れてたけど)


この時点で、
わくわくしてました、
この、新種のパンは、焼くとどうなるのだろうか?と。



CIMG8890


うんうん、
これは、やっぱり、ブリオッシュである。

焼くべし!

焼くべ~し!!



CIMG8896

サクサクッ!と小気味よい口当たりになるクラスト。

それに包まれたクラムが・・・


と・ろ・け・る!!

もともと、ビーズのように儚く繋がっていた粒子たち。
それが加熱されて、個々がとろけていく感じ。

バターの風味も際立ちます。

それゆえ、カリッカリになったクラストは
何と言いますか・・・
ほとんど『食べられる器』?
キッシュとか、そーゆーフレンチに出てきそうな器?


みなさま、
このブリオッシュは、ゆっくり、
噛みしめて食べて下さい。


ブリオッシュを噛みしめる、という発想が
まず無かったかとは思いますが、
これは、ぜひ、噛みしめて欲しい!!

ひとくちめは、酵母の酸味もふわっと来て、
いわゆる、全粒粉のパン、としての美味しさが
来るのですが・・・

ゆっくり、ゆっくり噛みしめて、
呑み込むその時、その、喉元に
ぶわわわ~ん!!と、旨みがタユタウのです。


その、あまりにも深い旨みと甘味の為、

お肉なんか入ってないのに、
水の代わりに、お肉の出汁(フォン)で
仕込まれているのでは?と思ってしまうほど。


そういえば、見た目も肉の塊みたいだったし!
( そこ? )

おいしい~!!


***************


で、
食べた後、ハリマヤ店長のインスタを拝見して、
あ、おいらの鈍舌も、あながち捨てたもんではないかも?
と嬉しくなったのですが(笑)


全粒粉100のブリオッシュ
これは、大地のブリオッシュと命名されたそうです。

そして、
拙者が新種のパンだ!と感じた要因でもある
ビーズのように感じた粉たちは、
梅野製粉さんにお願して、特別に粗めに挽かれた
全粒粉だったそうです。

さすが~梅野さん&ハリマヤ店長(感涙)


このパンは、ハリマヤ店長が、
パンの花壇(パン壇?)に植えてくれた
新種のパン。
これをどう育てるか、どう育つか?
見守っていけるのも、嬉しい!楽しみ!ですね。






LA BOULANGERIE DE HARIMAYA
(ラ ブーランジェリー ド ハリマヤ)
北九州市若松区高須東3-13-1











エロティック!ロマンティック!!



もはや、パンブログのタイトルではないような(苦笑)


でも、
シェフも仰る通り
エロティックなパンでした。


それはそれは、妖艶で。

魅力的で、
忘れられなくて、
余韻がいつまでも続く、

銀座ナンバーワンホステスのような。
(え?)




その前に、こちらをご紹介。

ハリモンブレッド

CIMG7097


CIMG7029


雪文さんは、アイスクリーム屋さん。
(でも、それだけではなく色々多才なお方のようです^^)

小倉井筒屋さんのの催事の時に、買わせて頂きましたが、
おいしかったです~♪


その、美味しいアイスで・・・仕込んだ!?

なんとも、初耳!!なパンです。

でも、良く考えれば・・・
アイスの成分って、乳製品とたまご、ですよね?

これがパンに合わないはずが無いですね、
目からうろこ、
当たり前のようで、誰も気づかなかった!?



良い焼き色♪
これは、アイスクリーム仕立てということで、
お砂糖&牛乳効果でしょうか。
トーストする時も、焦げやすかったので、ご注意を^^
CIMG7098


トーストがおすすめ!
と、書いてあっても、一度は生食してみたい、
鬱陶しい天の邪鬼気質ですみません(汗)

手触り、歯触り、パウンドケーキみたいです!

少しだけモソッと感もあるところが、
パンよりも、パウンドケーキ寄りに感じさせます。

もふっ!と歯切れ良く噛み切れる。

甘そうな香りがしていたので、
味も、スイーツ並みに甘いのかな?と思いましたが、
香りから想像したよりも、甘くないです。
なんなら、ブリオッシュ食パンよりも甘くないです。

甘すぎない、
でも、何も付けなくても食べられる、ほどよき甘さ。
スコーン位の甘さ、とでも言いましょうか。





カリッと焼けるミミ(というか周囲)。

CIMG7099


サックサク サックサク
お菓子みたいに軽~い!

サクッと噛むと、サクッと離れる。
『点』で繋がっているなァと感じる生地。

クラムも、『点』で繋がっている感じのきめ細かさ。



CIMG7103


( 断面・・・かわいすぎるでショ~☆ )

サクッ!のあと、
ふわっ とろっ と、一瞬で溶けます。
流石アイス仕込み。


生食の、パウンドケーキのような印象通り、
焼いても、パンっぽい『もっちり』とかは無く。

す~ & とろっ
とろっ & す~ 

うんうん、アイスパン。



CIMG7106


甘さは、周囲に集中している印象を受けます、
なので、内生地を食べる時は、
そこまで甘すぎる印象も受けず。

乳製品も、お砂糖も入っているので、
バター・・・いらないなァ
ジャム・・・も要らないなァ、
うん、なにも付けなくて満足満足。



CIMG7107



あえて付けるなら、
アイスだけに・・・

かなりビターなブラックチョコとか、合いそうですね♪
無糖のピーナツバターも良いかもです!!




さてさて。
タイトルの、エロティックなパンは、こちらです。
CIMG7125

ハリマヤ店長の、その後の呟きで
修業先や、このパンへの想いを知ることができ、
またもや、感慨深し。

やっぱり、
どんな人が、どんな想いで作ったか。
それを知ってるか知らないかで、
美味しさ、感謝の気持ち、全然違ってきます。

ぜひ、知りたい。
みなさんにも、知って欲しい。



ちなみに、
店長は、本家のパンの『エロさ』を
奥田映二。
自分のを、イジリー岡田(笑)に例えていらっしゃいます。

ほほ~、そう来ましたか


わたしには、『女性的なエロさ』に感じましたよ。
なので、銀座ナンバーワンホステス。
しかも、20代前半。まだ可愛らしさも併せ持つ、
魔性の女(笑)





CIMG7126


なぜ、女性で、なぜ20代前半かと言いますと・・・

セミドライないちご?入っていませんか?

いや、きっと苺じゃないかもです。


でも、苺だと思っちゃう、華やかで甘くて、ジューシーな
そしてちょっと可愛らしさも感じる、
そんな香りを放つセミドライなフルーツが、
中央に(そう、センター!)鎮座していたのですよ。

(区別のつかぬ鈍舌ですみません~)


CIMG7128


クランベリーだったとしても、
数種のドライフルーツが合わさって放たれる香りは、
かわいらしい印象を受けました、なので苺と思った。
かと言って『甘ったるく』は無い。

妖艶で、でも、
フルーツならではの爽やかな酸味も感じられる。




CIMG7130

生地対 100%。
ほぼ、具、の断面。

ピンクです、ピンク。
エロティックです。
しかも、ジューシー、しっとり、レア感満載。






CIMG7134


ねっとり、とさえ感じる具材たち、
そして、こんなに少なければ、生地の味はしないでしょう?
と、思わせておいて、
山椒は小粒でもぴりりと辛い、よろしく、
少量でも、しっかり、ライ麦。おいしい生地です。


うんうん、
頭の中は、ハズキルーペを『きゃっ!』と言いながら
ヒッププッシュするレディたちでいっぱいですよ。



エロティック!

ロマンティック!


ファンテスティック!!








*********************




なんだかまた、身辺が、
わちゃわちゃして来てまして(苦笑)


でもね、
念ずれば通ず、なのです。
めでたい、わちゃわちゃ!!

後日報告させて頂きます・・・^^



そして、エロティックなパン。
(今田は now romantic ~♪ ←わかる人はいるのか・・・)

いまは、画像のみ。
ですが、
( let's get now romantic  ~♪ ←しつこい )


明日は書く!(多分←おいおい)

適当には書きたくないので!お許しを。


書きました↑↑ !!^^(5月10日追記)









イチローじゃなくてムネリン



はい、前回に続きまして。


その、真摯な姿と、熱さから
イチローボクサーバージョン、と例えましたが。

なんだか、
ムズムズ・・・
なんか、ちょっと、違う??


パン屋さんのイベントに『ロックフェス』と
名づけてしまう、ロックな店長と、
いかにも優等生なイチローは、
少し違うのですよね。
(あのコメントのところは同じだけど)
(努力している人は、自分では努力していると思っていない)


イチローは、どちらかと言うと
紺青の大石さんの方が、しっくりくるかもしれません。


いや、別に全員を野球選手に例えんでも・・・
ということはわかってます(苦笑)


でも、どういうひとが作ったパンなのか?
それを思い浮かべながら食べると、
『ただ、食べる』よりも、ずっと美味しい、
気がします。(あくまでも個人的感想)

ああ、あの、ロックなひとだから
こういう味が生まれるんだなァ・・・とか

なので、今後行かれる方の参考になれば、と。




野球が大好きな野球少年が
そのまま大人になった!って感じのムネリン。

真面目さの中の、お茶目!?な一面。
不器用さ。

うん、決定。
ムネリン・ボクサーバージョンで!!
( やっぱりボクサーかい )



CIMG7040



さてさて。
ここに来てようやく、パンの感想です(笑)


CIMG7027


和菓子のこのわさんとのコラボパン。


一見、ブリオッシュっぽい艶感ですが、
高加水のリュスティックの、更にその『クラムのみ』のような
もっちもち~ まるでポンデゲージョ!レベルの生地。

キタノカオリ使用と聞いて、

はい、納得。

これは、キタノカオリ、だからこそ出来る生地。



CIMG7084

中に鎮座しますは漉し餡。
このわさん、渾身の漉し餡。


滑らか過ぎるほど滑らかな漉し餡の
上品すぎるほど上品な口あたり。



CIMG7087

これには、↑↑記くらい、餅レベルの生地で無いと
ケンカする、どちらかが勝つ、つまりはどちらかが消える。

生地とフィリングの、質感のバランスが良すぎる、
素晴らしい。

ラム酒漬けのいちぢくが、レーズンが、
あまりにも華やかな香りを放ち。
使用されている酵母が苺なのもあるのでしょうか?
華、

花、

桜。

もはや、桜餅を彷彿とさせます。

うっすらと、淡い薄紫色の漉し餡が
ピンクかかっているようにも見えるし・・・。

イチヂクのプチっと感も、柔らか滑らか、の中に
アクセントとなりつつも、
ラム酒に漬けこまれている為、ほどよく柔らかくなっているので
主張し過ぎない。食感の邪魔をしない。





パンと言うよりも、新種の和菓子を食べているようです。
CIMG7088


以前頂いた、シュトレンのときと同じ感想です。

良い意味で、これは、あんパンではない。

あんパンを食べたい時に食べると、
ちょっと違う、と感じてしまうかもしれない。

そのくらい、新種の、あんと、パン、です。
お酒。そうですね、日本酒とか?
きりっと辛口の白とか、
に、あわせたくなる、あんと、パンです。

おいしい。



カントリーローストとカマンベール

CIMG7042


バゲットサンド、の
バゲットが美味しい。
流血、しました、久々に!(嬉)


CIMG7043


ガリッガリのクラスト、
肉厚、むっちり、噛みしめ甲斐のあるクラムは
これまた久しぶりの『おっとこ前クラム』

CIMG7048



シンプルに、ハムとチーズの塩気で食べる、
これ、正解なり。






そして、キ・ワ・メ・ツ・ケ!!
クロワッサンの、くちどけに、やられた。




フランス産イズニー発酵バター使用のクロワッサン
CIMG7025


拙者の好みど真ん中クロワッサンは、
噛みしめ甲斐のある『バター餅』のような、存在感のある層、
主張のある外皮、である。

それとは、全く逆だった。



CIMG7051

どちらかというと、一見、頼りなく見える巻き。

外皮も、ガリガリとは主張せず、サクふわっと儚い。

そんな儚い外皮を、通り過ぎると、
もう、
歯は、咀嚼は、必要なくなった。


もう、瞬間で、とけた。
綿あめのように。

そう、もしバターで綿あめが作れたならば、
このくらいの速度で蕩けるんじゃないだろうか。
そんなことを思いました。



層の薄さ、儚さ。
そして、この『パサ付きのなさ』は・・・
どうやって・・・?
パサッ とか、カサッ とか、
そういうのが、皆無なのです。


なんだこれ、なんだこれ!?
そう言いながらも、手が、口が、止まらなかったです。
もっと、考え込みながら、
じっくり食べたかったけれど。

CIMG7052


CIMG7055



瞬時にとろけてしまう層、
それらを名残惜しく思いながら、
バターの柔らかい甘味の余韻に浸ります。
これが、イズニーバターの、ハリマヤの、
なせる技なのですね。


*********************



これが、イズニーのおかげなのか、
ハリマヤの『普通』なのか。

普段のクロワッサンを頂いたことがないので
そこは測りかねますが、
普段のクロワッサンも、俄然、食べてみたくなりました。


イズニーバターも、横浜在住時に購入して以来、
こちらでは、なかなか出会えてませんが、
なんとかしてもう一度、食べてみたいと思います。


そして、シンプルにバゲットも、美味しかった。


そして、『あんとパン』も、
キタノカオリの良さを最大限に引き出した!
と言っても過言ではない、逸品。

あくまで個人的嗜好ですが、キタノカオリを
リーンなパンとして頂くのは
『噛みたい星人』の拙者には、少し物足りないのです。
あまりにも柔らかく、口どけが良すぎるので。

ですので、この『和菓子のように使う』という
目からうろこの設定が、本当に心に響きました。




もう少し購入してますので
しばらく、ハリマヤさんの『ロックな』パンが
続きます^^


We will rock you  !!!






平成最後のパン屋さん巡りは・・・


すみません、
みなさん、この『平成最後』というワードには
辟易されているかもしれませんが・・・苦笑


平成最後に、伺ったのが、こちらのお店でよかった。

令和最初に、口にするのが、こちらのお店のパンで幸せだ。

そう心から思えたので、このワードを使用させて頂きます。



CIMG7038


行ってきました、北九州まで。

福岡で一番(pantiki調べ)、熱いシェフに会いに。

でもね、
シェフは、自分の温度に気付いていなくて。
きっとそれは、常に熱いひとだから、それが当り前であって。

常に、全力投球しかできないじぶんを、
『不器用だ』と表現なさった。

福岡で一番、不器用なパン屋。


その言葉で、ストン、と腑に落ちたんですよ。
ああ、そうか、そうだ。

シェフがSNSで呟かれる言葉の数々や、
シェフにお会いしたその日から、
抱いている印象があって、
でもそれを言葉に出来ず、何かにも例えられず。


でもね、今なんとなくわかりました。



CIMG7039


シェフはね、イチローなんです。

イチローがね、ボクシングしてる感じ。
(なんだそりゃ)


イチローと言えば、
名古屋にもパン界のイチローがいましたね

くまくる店長の場合は顔もそっくりですが(笑)




ハリマヤ店長(やっとここで店名が)の場合は、

イメージ、『イチローのボクサーバージョン』です。

ハリマヤ店長って、
なんとなくボクサーっぽくないです?
(これはあくまでも見た目です 笑)


イチローが引退する時の会見。
あれは全部名言でしたが、
特に心にのこっている言葉、
『ひとより努力したなんて言えない』
『でも、自分なりに精いっぱい、やってきた』

イチローが努力してないなら、
世界中の誰も努力して無いやろ!と
みんな思ったと思いますが。

まさに、それです。

そういうことです。



CIMG7035


そんなボクサー店長(勝手に呼ぶな)のお店は、
想像以上に素敵で、
頂いたパンたちは、
美味しい!と凄い!を一緒にくれた。

ひとくちごとに、感動しました。



平成最後の日に、
最後の驚きをくれたのは、
フランス産AOPバター使用のクロワッサン。

CIMG7025


平成で味わったことのない口どけに、
最後の日に出会えた。


頂いたパンたちは、
また追って、詳しく、長く、しつこく(笑)載せますので。





美味しいパンに出会うと、
ついつい、
熱く重~く書いてしまうので・・・

CIMG7123

最後に軽く!?
庶民なネタを。

こちらのお皿、パン好きさんの間ではお馴染み?
300円均一ショップ、3coins さんで買える
食パン皿ですね。

これの『暗記パン byどらえもん』バージョンが
あったことは、ご存知でしょうか?
あっという間に完売したと言う、暗記パン皿。

もう、ないだろうなァ・・・とは思っていても、
ついつい、3coinsさんを見かけると入っては
確認していた拙者(しつこ~い)


もちろん、この日も、ありませんでした。
でも、
ですね。
朗報です!!

この、ノーマルバージョンが、
いまなら、100円ですよ!奥さま!!


買い足しを考えていた方や、
この機会に揃えようと言う方には、
嬉しすぎるプライス。
しかしおそらく商品入れ替えの為の価格と思われますので、
各店在庫限りでは!?

CIMG7125

令和は、このお皿も
拙ブログに登場する予定です。

100円(税込108円)のお皿で良いのか!?

い(1)いんです!!令和(08)ですから!!
(そうきたか~)



パン好きよ!3coins へ走れ!!(笑)









ハリマヤさんの続きです。



さてさて。

熱く、
熱く、
熱すぎるほど、
松○シュウゾウですか!?並みに熱く。

シュトレンを語ってしまいましたが・・・





もちろん、パンも、おいしかった・・・!!
CIMG6451

右上に写っております。


なにせ、
今回の北九州行きは
『ぱんフォメーション』が目的です。

自分のパンを買ってる場合ではないのです
(買いたいけど 涙)
しかも、並んでいる時間は無いのです!!

で、お目当てのハリマヤさんブースは
さすがの人気で常に人の波が・・・


というわけで、
こちら、知人に頼んで買ってきてもらったので
( ハード系でクルミが入ってるの! )
( という曖昧すぎるリクエスト 苦笑 )


商品名がわかりません・・・ごめんなさい(汗)


でも、
とにかく、
美味しかったです!!

好みど真ん中~
買ってきてくれた知人に心より感謝。



まずは、
素晴らしいこの色。
CIMG6567


くるみの入ったパンの、この色。
グレーと紫の間のような、この色。
大好きなのです。

もう、これを見ただけで
『 うんうん、間違いないね 』と語りかけてしまう。


そして、
ハリマヤさんのパンの特徴とでも言いましょうか
『 とにかく具だくさん 』です。

看板商品とも言える、山ぶどうのパンを
御覧になったことが有る方ならば、
納得、ですよね。




CIMG6569


素晴らしい気泡です。

高加水過ぎない、
でも、しっとりむっちり、の密度が理想的。

噛みしめると、
クラストからは、香ばしい粉の甘味が
噛むたびに広がります。

しっとりクラムは、くるみの旨みも移り、
味わい深く・・・






******************


『ぱんフォメーション』でも申し上げましたが、
高加水のパンを食べた時に
『本当に、粉の味を感じていますか?』

これを最近、常に意識しています。
と言うよりも、
意識せずにはいられないくらい、
粉の味がしない高加水パンが多い気がします。

そんなモンモンとした気持ちを吹き飛ばしてくれる
ハリマヤさんのパン。

しっかりと粉の味、満喫させて頂きました。
ありがとうございました!!






LA BOULANGERIE DE HARIMAYA
(ラ ブーランジェリー ド ハリマヤ)
北九州市若松区高須東3-13-1















記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC