ぱんフレット。

パンとスイーツが大好き!  パンヲタク街道まっしぐらのpantikiが、色々なパン屋さんを食べ歩きます。 (ランチやお出かけの記事も時々・・・) 味は勿論大事ですが。 基本、雰囲気&人重視。 なので、けしてグルメブログではありません^^;☆ パン好きさんの『ぱんフレット』になれるといいなぁ

大阪

2月ですけど、シュトレンです。





井筒屋さんでのワークショップの募集。
始まっております!!

ぜひぜひ皆さま、
奮ってのご応募、お待ち致しております^^




井筒屋さんへのお電話での受付となります。

電話番号は
093-522-3856
(AM10時より受付)



*************


さて。さて。


だって、
食べたんだもの(開き直り)

だって、
美味しいシュトレンを頂いたんだもの。

書かせておくんなせぇ~お代官様~
(どういう設定?)


セントレジデンスホテル大阪
CIMG5987

かなり熟成されたものを頂きました♪

そのため、ほろっとした後は、すう~っと溶けるくらい、
全ての材料が馴染んだ生地になっています。

それにもともと、
生地の密度も薄目なのかもしれませんね、
そのくらいの、口どけ。

柑橘系のピールがメインのフィリングのためか、
洋酒の芳醇な香り等はあまり香りませんが、
爽やかに、さっぱりと頂けます♪




irodori
CIMG6174


irodori さんは伊豆の古民家カフェです。

横浜在住時、
旅行やドライブには、何かとそちら方面に行っていたわが家。
もちろん、irodori さんの事も検索済みで(笑)

でも、なかなかタイミングが合わず伺えていなかった
拙者にとってのマボロシカフェ。

そんな幻のお店のシュトレンが頂けるなんて~(涙)
まさに夢のようです。




CIMG6177

シナモンがメインに香る、スパイスたっぷりの生地♪




CIMG6179

結構甘めです。
系統で言うと、『王道系』のシュトレン。

嬉しいのは、小さいながらもちゃんと1本、
マジパンが巻き込まれていること♪

マジパン入りが、好きなんですよ。


そしてそして・・・

こ、このシールって・・・

まさかの・・・!?


CIMG5995


く、くまくるさんや~ん(号泣)


BlogPaint

愛してやまない、名古屋の2軒。

モンタナベーカリーさんと、くまくるさん。
わたしのブログの原点といっても、過言で無いです。


全く記事が書けていませんが(汗)
去年名古屋に行った時に、感動の!?再会を果たしてきました。

相変わらずの、熱い男、パン界のイチロー。

名古屋にいたときでさえ、食べられなかった
くまくる店長のシュトレンが、福岡で食べられるとは~
またまた号泣~。


CIMG5996

頂いたのは、お正月向けの和のシュトレン。

色をみて、抹茶味?と思いきや・・・



熟成されたしっとり生地は、うす~く切れます。
尚且つ、少しもちっとしたといいますか、
粘度を少しだけ感じるは、
よもぎの成分?のおかげでしょうか。

そうです、緑色は、よもぎです。

何口か食べた後の鼻腔にたゆたう、
お花のようなハーブのような、
華やかな残り香、、、よもぎだァ・・・(嬉)


よもぎ、好きなんです。

なんか、いかにも、和のハーブって感じで、
嗅いでいると落ち着く・・・。

そして、ホコホコの小豆さんがたっぷりIN。

語弊を恐れずに言うならば
佐賀錦を思いだす味


シュトレンというより、
和スイーツの位置付けに近い味わいは、
珈琲もいいけど、お茶とも併せたい。


**********************


貴重なシュトレンばかり・・・

これらを送ってくれた名古屋の友人に、
心から感謝します


ほんとうに、ほんとうに、
ありがとう・・・!!







今更すぎる、今更すぎる・・・わかってますが・・・


シュトレンです・・・(恥)

CIMG1374


でもでも、載せずにはいられませんでした。

今季のシュトレンは、ほんっと~にどれも素晴らしく、
美味しかったり。個性的だったり。

ぜひ、全部、ご紹介したいのです。
(ならもっと早くしろ~)

CIMG1378

しかも、製造されたのは、
パン屋さんにあらず。

ななな、なんと、
ジェラート屋さんなのであります。

ジェラテリア シンチェリータさんは
お江戸は杉並区にあります、美味しい&材料にこだわりまくりの
ジェラートのお店です。





CIMG1379

し~か~も~。
パンの神様、シニフィアンシニフィエの志賀シェフレシピを
リスペクト!なシュトレン。

なるほどなるほど、
和三盆糖使用なのも、そのあらわれなのですね。








ひとくち、
まだ若い(熟成していない)ころに。

CIMG1387


サクッカリッとした表面は
和三盆の優しいやわらかい歯触りと甘み。
さくさくの美味しいクッキー状態のオシリが超好み!

そして・・・めちゃめちゃジャンドゥーヤ!
めちゃめちゃナッティー!

ヘーゼル&ピーカンナッツというチョイスが
またよいのですいよ。

この2種類が合うと言うか、
相乗効果でナッティーさと香ばしさ、
ナッツのオイル感のバランスが絶妙に。


CIMG1383


そこへ、ラム酒づけのサワーチェリーが・・・
香る!風味がたゆたう!
なんどいうマリアージュ!
めっちゃ美味しい・・・

そして、まだ若いころゆえ、
バターのフレッシュな風味も乃こっており、
それがまた、カルピスバターだからか?
爽やかなミルキーささえ感じる。

重さゼロ、
でも、重厚感100
濃厚ですが、濃厚と言う言葉が当てはまらない?


でね、チョコチョコしてないんですよ
ドモーリのチョコ(このチョイスが素晴らしい)が
入っているのですが、チョコと言うより
『カカオとして』の存在感。

カカオバターのねっちょりした感じがないので
サクッとしたシュトレンの食感のまま、なのです。
チョコのお菓子に化けていない。
そして、
カカオマスの風味は食後にいつまでも口中にたゆたう・・・

うわ~おいしい!!




そして、
今季学んだこと、
おいしい(いや、自分好みの)シュトレンは
『若い時期に薄く切っても、キレイに切れる』
という共通点がありました。

もろもろ、くずれない。



熟成させてもおいしいはず!

わかっていても、この若いころのフレッシュなバター感、
外側のカリカリ感が食べたくて食べたくて・・・

でも、
若いころに食べるのも、ある意味正解です。

熟成させたもの(ようやく我慢したひときれ 笑)も
もちろん、おいしいのです。
お酒の香りが生地全体に馴染み、バターよりも
カカオよりも、チェリーが主役になって、
これはすっごくワインに合う!!



でも、カルピスバター大好きな拙者。

その乳乳した風味を味わうならば、
若いころに食べるがマスト!でした。







その他にも・・・

CIMG0974

CIMG0976


うそでしょ!?
の貴重なヴェラヴェッカ・・・

これも熱く語ります故、少々お待ちを!
( まだ待たすのか・・・)




CIMG0979


CIMG0985


CIMG0983



プラス、
これも、
書かねば!書きたい!いや、書くぞ!!

CIMG0856




貴重なこちらも、書かねば!(←しつこい)
CIMG0859



というわけで、少々お待ちを・・・

(もうすぐ3月で~す)










フラペド・パー・リゼッタ



この顔に。

ピンときたら。

BlogPaint

あなたは立派なパンオタです。


ううう・・・

嬉しすぎるご縁に感謝(感涙)


このメンバーで、
春にでも、
何か、
イベント・・・

やりたい!



やります!?



いや、やるぞ!? (どれやねん)





********************


さてさて。
先日申し上げておりました。

自分史上
最高に好みのスコーンとは・・・



FLAVEDO par LISETTE さん (@熊本市)
CIMG6648

横浜在住時、
行きたいと思いつつ、食べたいと思いつつ、
願い叶わなかったリゼッタさんのスコーン。

なんと、
今は熊本で購入できるのですね!

お土産に買って来てくれた友人に、心から感謝です(涙)



( ※ 以下、かなり自分の嗜好を語りますので 汗 )
( 長くなります故、スルーして頂いても結構です )




ちょっと小ぶりなサイズなのも、好みど真ん中。
CIMG6649

まずは、サイズ。
周りをカリッカリに焼き戻して、食べたい。

出来れば、焦げる前に、中のバターにも
熱をしっかり通したい。

そんな欲望を叶えるためには
ちょっと小ぶり、ここ重要なのです!

オオカミの口が開いているのも、
かなりのポイント(嬉泣)


そして、
シンプルイズベスト!

具だくさん系も好きです (南町テラスさん@逗子)
全粒粉系も好きです ( チクテさん@八王子)

そして、
シンプルイズベストな 『王道系』 も大好き!

こちらのスコーンは、まさに王道のシンプル系。
その中では、トップかもしれません。
( カフェ ドゥースさん@横浜 も美味しい! )






(焼き戻し前)
CIMG6653

そして、王道系に拙者が求めるもの。

それは、シンプルだからこそ、
バターを感じさせて下さい!(出来れば発酵バターを!)
粉のうまみを感じさせて下さい!

砂糖甘さよりむしろ、
このふたつの甘みで食べさせて下さい!

という、3点です。
( 本当に鬱陶しくてすみません・・・ )




( 焼き戻し後 )
CIMG6663

その3点を、網羅してくれたこのスコーン。

本店のレシピとは、若干違う、とのことでしたが。

おそらく、発酵バター使用、というのは変わっていないと思われます。
本店通りなら、粉はフランス産のものを使用されているとか。


そして、スコーンバニーユ という正式名称が語る通り、

ものすごくバニラ!なスコーンなのです。




( オシリ側の焼き戻し前)
CIMG6654

あまりにもバニラが香るので、

粉と、乳製品と、バニラがあいまった口中は、
まるで、
美味しいシュークリームを食べた後のような
そんな後口が残るのです・・・♪






( オシリ側の焼き戻し後 )
CIMG6664

焼き戻し後の、
このオシリさんの香ばしさと言ったら!

発酵バターありがとう!






オオカミの口から、めりめりめり・・・と割けるのが喜び・・・
CIMG6669

そして、雰囲気として
『 層に(もしくは層ッぽく)なっていること
 』 が、
拙者がどのタイプのスコーンにも
求めるところなのかもしれません。

ぎゅううっと粉とバターを丸めただけでは出ない、
ひとつひとつの層から感じる、
バターと粉のじゅんわりした感じ。

そう、内生地はほこほこしつつも
バターが『しゅんでる』なァ!と
感じさせて欲しいのであります!


( 本当に本当に鬱陶しい・・・ )




そしてこちらは。

PÂTISSERIE NAHOCHANのパンデピス。
CIMG6657

こちらは、from 関西。

月に一度しかオープンされないというお店(?)の
貴重な 貴重な パンデピス。 




開けた瞬間から、シナモンの香りがすごいのです。
CIMG6658

ずっしり重く。
みっちり詰まった生地。

なんと、卵も乳製品も不使用だとか。
だからこその、重厚感。
この一本を、三回にわけて食べても丁度いいくらいなのです。




卵も乳製品も入っていないのに、
まったくパサついていないのは、
たっぷりの蜂蜜のお陰だとか。

CIMG6661

しっとり、ずっしり。
パン、という名前ですが、
そこいらのパウンドケーキよりもみっちりずっしり。

5種類のスパイスの中に、カルダモンも入っているのでしょうか
生姜っぽい風味もいいなァ♪

そして、
自家製ライムピール
ライムのピール入りは、初めて頂いたかも。

オレンジピールとはまた違う、
爽快感強めの風味が、
重厚な生地のアクセントになってます♪




貴重なお菓子。
本当にありがとう・・・!!(涙)



FLAVÉDO par LISETTE
熊本県熊本市中央区水道町4-2 T-Brio B1
 








うてな喫茶店

P1200617大阪ひとり旅
最後に伺ったのはこちらです。

うてな喫茶店 さん。

中崎町にあります。
大阪で、中崎町と言えば、
『カフェのメッカ』

歩けば歩くほど、素敵なカフェに出会える町。

なので、こちらのお店に行く!と決めていたものの、途中で何度、浮気心が起こりそうになったことか・・・




でも、初志貫徹してよかった。
心からそう思えるお店でした。




P1200618


建物も。
家具も。
本も。


良い味を出しながら、年を重ねたものが、揃っています。

それはもう、
見ていていとおしくなるほどに。


P1200600

P1200614

P1200616


すりガラス。
シュガーポット。
グラス。

しばらく、見入ってしまいます。

P1200606


しばし後。

ふと、われにかえり。
注文を・・・。

チーズケーキもありましたが。
この日は、カレーで満腹になりすぎていました(苦笑)



ブレンドコーヒー をお願いしました。

P1200599

BlogPaint


おひとりで切り盛りなさっているご主人。

ご主人の雰囲気がまた、このお店とぴったり。
昭和初期か、大正か・・・。

まだお若いんですが、
そういう、古きよき日本、のような雰囲気。
落ち着いた空気のあるご主人でした。


P1200609


珈琲もとてもおいしく・・・。

P1200612


器も、とても素敵でした。



もう、時間もそんなにないから、
この日はカフェを諦めようか・・・と思っていましたが。

来れてよかった。

しみじみ、そう思いながら、
ゆっくり、のんびり、させて頂きました。


寡黙なご主人の営まれる。
寡黙なカフェ。

素敵な音楽も流れているけれど、
建物自体が 『寡黙』 なんでしょうね、
音楽が、建物に、家具に、吸い込まれて、

なんともいえない、落ち着く空間となっていました。



ごちそうさまでした・・・



うてな喫茶店
大阪市北区中崎西1-8-23
06-6372-1612
13時~20時
月&火曜定休日


これにて、大阪ひとり旅は終了。
今回も、素敵な出会いに恵まれた、楽しい旅でした

そして今回も。
夫君には、551の肉まん&シュウマイ で
許してもらったとさ・・・(苦笑)




Sammy Pooh!! 

P1200596大阪ひとり旅

パン屋さんは、こちらで
ラストです。

サミープーさん。

まず、お店がかわいい♪
店員さんもかわいい♪
店主さんも良い人♪

そしてそして、
パンのお顔もいい感じ!!

という、テンション上がりまくりのお店でした








P1200598

P1200588

お客さんが通るスペースと
パンの占有面積が、ほぼ同じでは!? というくらい。

小さなお店に、たくさんのパンたち。
面白い名前のパンもあり。
手描きのプライスカードもかわいくて・・・。

でも、ご覧の通り
バゲットや、ミッシュ なんかの かっこいいパンも揃ってるんです。



最近、『ほっこり系』 のパンばかり買っていたので、
ココに来て、本来の 『 ガリガリ・ハード系好き』 の血が
にわかに騒ぎ出しましたっ 




P1200590

P1200589


特にこれ!
この、ミッシュ さんの断面を見て、
テンション100倍位になりました(実話) ↓↓

P1200592


もちろん買っちゃいました。
普段なら、迷うことなくプレーン生地をチョイスしますが
この旅では

食パン=具なし ばかり買っていたので


今回は、具入りでっ!!



ミッシュ(レーズン・くるみ入り)
P1200682

(正式名称ではないです

ずっしり、重いパン♪
表面は、少々気前良く焼きすぎたのか、おこげも有りますが

そんなの気にならなくなる位
クラムがおいしかった~♪

P1200685


ででで~んっ!!

この、断面っ!! ザ☆断面ショーっ!!



P1200688

レアレア で、むちむち で、
でも、リュスとかのクラムと違って、厚みがあって・・・

ミッシュのこの食感大好きです~


そして、ジューシーなレーズンと、こりっこりのクルミが
どんだけ~!と言っちゃう位入ってます♪

噛めば噛むほど、生地の甘みがジワジワ押し寄せてきて・・・

これ、おいしかったなぁ・・・♪


食パンもいいけど、やっぱハード系もいいわぁ・・・と
再認識した私です


そしてお次は・・・

P1200594

↑↑ この2種類で、ひじょ~に悩んだんですが・・・


こちらに!


栗とぎんなんのフィセル
P1200670

栗も銀杏も大好きなので・・・♪
それに、銀杏入りのパンって珍しいですよね?



P1200680

あふれんばかりに、具沢山!

外はパリパリ。
中はムニムニ。

そして、ほくほくの栗とぎんなん。

組合せが、相性が、凄く良いですね♪


生地がもちもちなので、おこわ 食べてるみたいです



プチペイザンヌ
P1200692


ペイザン と名のつくものは買ってしまう症候群。

本当は大きいのが買いたかったけれど、
カバンの許容量を越えていたので・・・がまんです☆

P1200694


トングで掴んだ時点で、ブニブニッ とした
弾力が伝わってくる、モッチリ生地♪

少し灰色っぽいクラムは、好みの色~!

クラストは薄くて、リュスっぽいです。
トーストすると、焼き餅 の表面みたいにパリパリになります。


塩気が強めなので、何もつけずにそのままパクパク。

いわゆる『ペイザン』のような、粉の甘みはそんなに・・・
ですが、この食感は凄く好きでした♪


***********************



レジの時に、
お忙しいながらも、
お客さんひとりひとりに、気を配って下さる店主さん。

大阪にパン屋さん巡りに来ました、という話になったとき・・・

うちなんかに来てくれてありがとう。

でも、他にいっぱいおいしいお店あるのに。
○×△とか、☆▲とか・・・

と、有名なパン屋さんの名前を次々と仰って
せっかく大阪に来たなら 
うちなんかに来たらいかん! と言い出しかねない雰囲気で(苦笑)

うちなんか。

って、仰ってるけど、
自分のお店に誇りを持ってないわけではなく。

ただ、サミープーさんの求めるところは
わざわざ遠方から来てもらう店。 ではなく、

近所のお母さんや、OLさんのランチに、
気軽に使ってもらえる町のパン屋さんなのだろうな・・・。

そういう意味での
『 うちなんか 』

わざわざ名古屋から来た私に対する、
心からの 親切心から、他のお店を教えて下さったのだろうなぁ・・・。


なので、私も、
( あまりに、うちなんか って仰るので、なんだか悔しくなって )

いいえ!! 
ココにこれてよかったです!!!
仰ったお店も、全部行きましたけど、
ココにこれてよかったです!!!

と、けんか腰!?笑 で言い切ってきました



大阪には、名店がたくさん。

サミープーさんより、おいしいお店は、確かにあります。

でも、店主さんと話しているときの、ほっこり幸せな気持ち。
ココに来れてよかった、という気持ち。

この、気持ち の面では、
サミープーさんは、群を抜いている気がしました・・・



本当に、ありがとうございました。
本当に、ごちそうさまでした・・・!!


Sammy Pooh!! (サミー・プー)
大阪市中央区南船場4-10-15
06-6282-0058





記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

pantiki

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC