テスト

第2回ダイバーシティ研究会分科会に参加しました

 いつもKKCブログをご覧いただきありがとうございます。
 健康情報事務センター 第3チームの豊田と申します。

 去る12月2日、本部・健康情報事務センターの49期第2回ダイバーシティ研究会分科会が開催されました。

 今回も「ライフとワーク 楽しみながら働くには ~達人から学ぶライフ&ワーク両立のコツ~」をメインテーマに、達人 医療業務管理部 蜂尾部長より、これまでの人生の振り返りについて、プライベートを交えた経験談をお話いただきました。様々な趣味に打ち込まれ、仲間と共にアクティブに活動されていることを目の当たりにし、私も「誰かと一緒に、巻き込み、巻き込まれ」を意識し、仕事もプライベートも充実させていきたいという思いが高まりました。
KIMG0142


 経験談を伺った後は、「こんなKKCにしていきたい」というテーマでグループディスカッションを行いました。どのようなKKCが理想なのか、現状を踏まえて意見を出し合いグループ別で発表を行ったところ、所属部署や個々の生活スタイルなど、バックグラウンドの違いにより、求めるものがそれぞれ異なることを浮き彫りにできました。
 DEWKs(夫婦ともに仕事と育児を両立させている、子持ち共働き夫婦)、DINKs(結婚して子供を持たずに共働きを続ける夫婦)、シングル(独身)…。様々な生活スタイルの人が集まる組織の中で、全員にとってベターな働き方を模索していくことは容易ではありませんが、多様で柔軟な働き方を取り入れることが、生産性の向上や優秀な人材の育成に繋がると考えました。
図2


 新型コロナウイルスのパンデミックによって世界は急速な変化を始めました。
 今まで当たり前であったことが過去の物となり、経験による未来予想が難しい中、世界中で新しい考え方やルールを模索している過渡期でもあります。

 このような時に今回の研究会に参加し、『自身』も『KKC』も理想の姿を目指して変革できるよう、過去に囚われないフレキシブルな発想を持ち続けていきたいと改めて思いました。

第2回ピンクリボン庄内川ハーフマラソンに参加しました!

 いつもKKCブログをご覧いただきありがとうございます。
 総合企画本部経営企画Gの名村です。

 去る12月5日(日)、名古屋市西区の庄内緑地公園にて開催された「第2回ピンクリボン庄内川ハーフマラソン」に名古屋事業部とともに参加いたしました。
1205-001

 昨年同様、走る前後のマスク着用や手指の消毒、ソーシャルディスタンスなどの感染対策を徹底したうえでの開催となりました。
 当日は風が穏やかな晴天で、走っていると暑さを感じるほどでした。名古屋事業部の精鋭6名、医療統括本部の蜂尾部長、4月から滋賀事業部へ異動した橋本グループマネージャーとともに総勢9名で出走し、全員が無事完走することができました。

 また、ピンクリボン活動として今年は自己検診の方法が記載されたパンフレットとともに自己検診用のグローブをランナーや応援の方々へ配布し、乳がんの早期発見の啓発を行いました。
さらに、新型コロナウイルスの感染状況が昨年よりも低減されていることから、検診バスでの乳がん検診や乳房触診体験ブースの出展を行いました。
1205-002

 乳がん検診の大切さをお伝えするため、田中グループマネージャーがマイクを握り案内を行うと、アナウンスの甲斐があってか、走り終えたランナーや応援の方々がブースへ立ち寄り、乳房触診の体験や乳がん検診を受診いただきました。

 昨年に続きコロナ禍で以前のようなイベントの開催が困難となっていますが、感染対策を徹底し皆さまの健康づくりをサポートしていきたいと思います。

花こころサークル KKCウエルネス四日市健診クリニックOPENに向けて✾

KKCブログをご覧いただきありがとうございます。
滋賀事業部 事務グループの馬場と申します。

このたび、【花こころサークル】が四日市健診クリニックのオープンに向け、お祝いの気持ちを込めて手作りの装飾品を制作しました。

一人ひとりの思いが詰まった作品が、新しくオープンする四日市健診クリニックを華やかに彩ることを期待しています。

四日市健診クリニックにお越しの際は、ぜひご覧くださいね。
図1

図2

図3

図4