サラリーマン失格者の本音(旧:ダメサラリーマンの本音)

しがない30代独身ダメサラリーマンの日常を本音で綴る

2015年11月

社員旅行から帰ってきました。
ブログの更新が滞り気味だったのは、これも理由の一つですね。

言ってきたのは近場の温泉でした。
宿に着く前までは各自自由行動でしたが、当然一緒に行く相手も
いないし、私自身も単独行動が気ままでいいと思っていたので、
単独行動でした。
群れたくはないのに、こういうときに無性に寂しい気持ちになるのは
本当になぜなんでしょうか。

宿での宴会でも話し相手がいないので、ちびちびと飲んでいて、
また部屋は3人部屋でしたが、同じ部屋の2人は色々な部屋に
遊びに行ったようで、ここでも私はぼっちでした。
本当に学生時代の修学旅行を思い出してしまいました。

朝は各自勝手に帰っていいということだったので、さっさと
宿を後にして帰宅しました。
家に帰ったらぐったりしてましたね。

ただただ参加しただけの社員旅行でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まあ自分でも思いますが、最低の発想だし、発言ですね。
自分もよく怒られる方なので、自分以外の誰かが
怒られているのを見るのは正直楽しいんですよね。
本当に。

誰かが説教されている現場に遭遇すると、遠目から
じろじろと見てしまうんですよね。
一応「かわいそうに」とは思いつつも、自分でなくてよかったとか、
もっとやれとか思ってしまいます。

「他人の不幸は蜜の味」と言う言葉がありますけど、
私にとっては「他人の説教現場は蜜の味」と言ったところですかね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この時期になるとYahooニュースなどで必ずチェックする記事が
プロ野球選手の契約更改。要するに来年の年俸額ですね。

考えてみれば自分の給料が公に発表されてしまう職業なんですよね。
これは本当につらいことだと思いますよ。
私も自分の給料を会社で公表されたくないし、また同僚の給料なんて
知りたいとも思いません。
でも、プロ野球選手の給料は知りたくなってしまうんですよね。

まあ、常時1軍の選手は私なんかよりもはるかに稼いでいるわけですけども
最近気になるのが育成枠選手の年俸。
正直私以下の給与額の選手も決して珍しくないです。
ましてや育成入団だと年俸240万円なんて選手もいるわけです。
驚いたのがこれは高卒選手だけでなく大卒や社会人の選手でも
いたりするのです。
そうなると本当に一般企業に就職した方が給料もらえるなんて
事態になってしまうわけです。

「東大に入るよりも遥かに難しい」と言われるプロ野球選手でも薄給の選手が
いるわけなんですよね。
やっぱりこういう一か八かの世界の厳しさを思い知らされますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サラリーマンの処世術として最もポピュラーなものが
社交辞令でしょうね。

恐らくサラリーマン生活をしてからと言うもの、
社交辞令なるものをしたことは皆無だと思います。
そのためお客様の立場に立った発言に乏しいため
上司からも度々指摘があります。

私の中で社交辞令を遣うという発想が欠落しているため、
この場面では社交辞令を言ったら和むという空気感みたいな
ものも全然わからないのです。

なので、逆に向こうから社交辞令をされても私は気づかないのです。
そのため頓珍漢な回答をしてしまい失笑をもらってしまいます。

やっぱり社交辞令は必要なんでしょうね。
とっさにできる人はすごいとは思います。
ただ尊敬までは行きませんが。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログで常々書いておりますが、私は会社の飲み会が
大嫌いでこの世から根絶してもらいたいくらいです。

そんな飲み会嫌いの私にとって嫌なものは数多くありますが、
その中の1つに、飲み会の翌日に上司にありがとうございましたと
お礼を言うということです。

何で嫌々付き合わされてる飲み会なのにお礼まで
言わないといけないのか。
で、お礼を言わないと周りから「お前もちゃんとお礼言えよ」と
言う変な脅迫。
何でこんな文化なのでしょう。
むしろ、あんたのストレス発散に付き合ってるこっちにお礼を
言ってもらいたいくらいです。

本当に会社の飲み会に良いことなんて何一つないです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ