サラリーマン失格者の本音(旧:ダメサラリーマンの本音)

しがない30代独身ダメサラリーマンの日常を本音で綴る

カテゴリ: 人生観

「遠くの親戚より近くの他人」という言葉がありますが、
この親戚を親友に置き換えても当てはまる気がしております。

いくら親友と言えども、遠地に引っ越してしまうようなことがあれば
当初は連絡が取りあったとしても段々と疎遠になってしまうような
気がします。
会うのに時間もお金もかかりますしね。

そういう意味で人付き合いで大事なのは距離感の近さなのかも。
心理的にも物理的にも。

そんなことを猛暑の中でふと思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私は本当に傷つくのが嫌でしょうがないです。
別に誰でもそうかもしれないですが。

私は傷つきたくない、他人との摩擦を避けたいという
気持ちが強すぎてどうなったかというと、他人との関りを
避ける方向に進んでしまいました。

そうなると他人とのつながりがなくなってしまうわけで、
次第に居場所がなくなってしまうわけですね。

サラリーマンはどうしても他人とかかわらなければならないですから、
摩擦も避けては通れません。
それに逃げ回っているようですと、結局信頼関係も構築できず、
自分の味方になってくれる人もできません。
結果、周りと疎遠になり余計に傷つくわけです。

やはりある程度は傷つかないと信用は得られないでしょうね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私は生まれながらの横着者です。
何をするにも面倒くさがりで雑、手先も滅茶苦茶不器用です。

それは仕事や人間関係でもそうだったことに最近気が付きました。
遅すぎるくらいですが。

そうなると当たり前ですが、仕事も人間関係も何もかも
うまくいくわけがないです。
そんな面倒くさがりな人間がやることなのですから。
やはり、何事も手を抜いてうまくいくことがほぼないです。

このブログも横着になって、まずいなと思っている今日この頃です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本当にどうしようもないやつですよね。
でも、そう思ってしまうんですよね。

3月末は退職する人の送別会が多くあり、
また4月は新たに入社する人の歓迎会が
勤務先で多くありました。

私は協調性が絶望的にないので、何1つ
呼ばれませんでした。
行きたくはないので問題ないはずなのに、
なんだかとても寂しいんですよね。
終業時間間際になると飲み会に行く人たちを
眺めながら。

それで帰る帰り道は虚しささえあります。
もし、参加しても誰ともしゃべらなくて、傷つくのに。
本当に典型的なわがままのダメ人間ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

至極当たり前のことではあるのですが。
私は恥ずかしながら、人の話をよく聞くタイプだと思っておりました。

ただ、最近ある人に指摘されてハッとしてしまいました。
「お前は自分の話しかしない。」

本当に目から鱗でしたね。
他人の話を聞いていてもいつの間にか自分の話しやすい話に
すり替えていて、相手の話には乗ってきてないのです。

それは話し手は気分良くないです。
そんなことすら気づいていなかったのかと恥ずかしくて仕方ないです。

やっぱり人の話を聞いてあげるのが会話の基本。
好かれたかったら、それからなのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ