ザッキンチョ

10年前から毎日ふと思うことや、その日の出来事などを「雑記」としてまとめていました。「雑記帳」です。「ザッキンチョ」っていうネーミングはこの意味です。

日本語学校でも理科授業

次の日は別の学校で授業です。ここは日本語学校でみんな日本語が話せて理解できるのでこちらもありがたいのです。パラグアイは日本からの移民が多く、その日系二世三世が日本の文化や日本語を忘れないように、一般の学校に通いながら土曜日にここに来るそうです。また、平日に来る子もいたり、日本語教室もあるらしいのです。パラグアイでは日本語は人気で資格をパスしないと日本に留学できないそうです。校舎は古くて前の私立とは違いますが、職員室からは明らかに日本のしかも昭和の日本のにおいがしました。朝、紹介してもらってラジオ体操に参加しました。校内のあちこちに「スペイン語禁止」の張り紙がありました。

39468518_1094738680678034_1705008463534358528_n[1]

日本語が通じるのがありがたいです

39441495_1094739420677960_4918945328788406272_n[1]
ここでも最後は記念撮影

懇親会はステーキ食べ放題

  授業が終わるとこの日は懇親会でした。パラグアイ在住のJICAボランティアに声をかけてたくさん集まってもらいました。本当に「こんなところに日本人」って感じです。ガーナのようなドミトリーは無いのでみんな集まるときは(本部はアスンシオンです)各自宿を取るそうです。隊員たちの日常を聞くと誰もが文化の違いに戸惑っておられながらたくましく仕事をされています。30歳前後の方が多いので、若いのに立派だなと思いました。お店は肉食べ放題の有名な店らしく、肉好きの私も最後は自分でストップをかけるほどいくらでも出てきました。本当に柔らかくて美味しい!

38869779_1083788868439682_8799802658475999232_n[1]
ステーキ食べ放題は初めてでした

ファストフード店にびっくり。校舎はきれいでした

  JICAボランティアの方の学校は保育園から大学まであるそうです。校舎はきれいでガラスの戸が印象的でした。教室は狭いのですが、大型テレビとホワイトボードが常設されていて、そこにiPadをつなぎ、プレゼンしながら授業をしました。理科室も音楽室も図工室も無く、基本は教室で座学だそうです。グラウンドは無く、バスケットコート一面の屋内運動場がありました。パソコン室と図書室はありました。ここはキリスト教系の私立でかなり公立よりいいそうです。子供は朝早く来ますが午前中で終了。午後は次のグループが登校する二部生でした。その割には2年生でかけ算の筆算があり、高度なことを学んでいます。日本語教室もあり、日本語を学ぶ子もいます。入ってすぐにはファーストフード店のうなものがあり、自由に買って食べるそうです。掃除は無いので(作業員がいます)、ゴミは片付け無いのが普通だそうです。文化の違いに驚きです。

CIMG2944

入って一番いい場所がファストフードです

CIMG2949
運動場は無く、体育館のみ
CIMG2946
新しくきれいな建物でした

パラグアイの小学校で理科授業

 次の日は朝7時出発。朝食が完全な日本食。まさかここに来て卵かけごはんが食べられるとは思いませんでした。
この日は授業です。朝から6コマ。3つ目にガウス加速器とシンプルモーターをしました。プレゼンを作っていなくて、慌てて前日にスペイン語で作りました。もちろん授業は通訳してもらいます。時間はギリギリ。なかなか思いを伝えるのは難しいですね。

IMG_5968 (55)

まさかの卵かけご飯でした

名称未設定 6

理科の不思議は万国共通

名称未設定 4

ガウス加速器を実演

IMG_5964 (51)
E-REPORTでプレゼンを作成(夜中まで)
38768533_1083776661774236_8991226271367168_n[1]
最後は記念撮影

アスンシオン観光

 私が朝一にアスンシオン到着。そこから18時間後、4人がホテにチェックイン。予定では34時間くらいのフライトでしたが、私が42時間、4人が60時間、さらに2人は84時間な達しました。南半球に行くということは大変なことなのですね。
 着いてすぐはとにかく疲れて出歩く気にもなりませんでした。次の日はお昼前にJICA派遣の現職の方がおられ、アスンシオンを案内してもらいました。英語の先生でスペイン語も喋れてもう何でもこいです。あれくらい流暢に会話ができると本当に憧れます。歴史も古くないのであまり、見るところは無いらしいのですが、国会議事堂に入らせてもらったり(議会中でした)、建国の家の説明を受けたりとパラグアイのことが少しずつわかってきました。昼食は本当にガッツリ食べました。肉が美味しい!

39177549_1088453457973223_3889491987774046208_n[1]

アポ無しで国会議事堂委員会の見学です

39139169_1088453431306559_6896332749854998528_n[1]
ブラジル牛が安くておいしい!


ホテルに到着。そして夕食は日本食

  ようやくホテルにチェックインできました。トリプルですが広いほうか狭い方かを聞かれ、迷わず広い方に。とにかく疲れを取りたいです。あとの4人は多分22時以降にチェックインでしょう。

  さすがに爆睡でした。夕方まで寝ました。お腹も空いたのでレストランで食事です。一品は色々ありましたが、あまり考えず、定食にしました。ここは日系人レストランなので日本語通じるので嬉しかったです。

38071657_1074449096040326_4047800651193778176_n[2]
ホテル内山田。日系人の経営するホテルは日本語が通じます
38454408_1075543795930856_5654908053930115072_n[2]
何と言ってもこの日本食。おいしかったです

アスンシオン到着

   アスンシオン到着です。ここまできたらもう安心なので入国審査は余裕で受けられました。時刻はまだ午前4時。予定より早いのです。ここはゆっくりでもよかったのに。入国したら到着を他のメンバーや家族に知らせます。ここでイモトのWi-Fiが大活躍。スピードも速く抜群の使い勝手です。FBにライン、メッセンジャー、ライン通話とめっちゃ使いました。
   パラグアイは13度。完全な夏服で行った私は凍えそうです。それまでも機内も空港内もめっちゃ冷房が効いていて、寒かったけど上着は荷物の中なので我慢しました。入国してすぐに上着を取り出して着ました。サンディエゴやマイアミは日本より赤道に近いし、パナマも南国のイメージですが、こう考えると日本が一番暑いのかも知れません。ようやく上着が着られました。

38188553_1074337612718141_3452366528672956416_n[2]

イモトのWi-Fiは大活躍

38143547_1074342382717664_4260969400036753408_n[1]
パラグアイは真冬。とにかく寒い!


飛行機に忘れ物!

 アスンシオンに着いたのが朝の4時。寒くて震えながら半袖で過ごしました。荷物が出てきたのですぐに長袖とパーカーを着ました。ようやく落ち着いて、そろそろタクシーを呼ぼうかと思ったとき、どう見ても忘れ物をしているのに気がつきました。Wi-Fiのケースです。本体はポケットに入れていたのですが、ケースやアダプターを飛行機の席に残してしまったようです。このままホテルに行って日本に帰ってから弁償するか、それとも飛行機がいる間に忘れ物の連絡をするか(スペイン語です)、迷いましたが、時間もたっぷりあるので、挑戦してみました。グーグル翻訳で忘れ物は「articlo perdido」というのが分かったので、空港のカウンターにこれを言い、COPAのブースに案内してもらいました。スペイン語が分からない風を出すと、一緒に行ってくれました。ブースで同じように困った様子を示すと、オフィスに電話をしてくれ、飛行機内に忘れ物を見つけたと言うことで、オフィスに案内してくれました。すでに袋に入った黒いケースを見つけたときは本当に嬉しく思いました。1時間のロスですが何ともありません。タクシーを頼み、ホテルに向かいました。
FreeVector-Copa-Airlines[1]

COPAは素晴らしい!優しい方に出会いました

もうすぐアスンシオン着

COPAエアライン291にさえ乗ればもう次はアスンシオン。もう大丈夫です。何とかなるとは思っていましたが、今までの海外旅行で1人はなかったので少し心配でした。マイアミからパナマ、そしてアスンシオンまでほとんど英語を聞きません、マイアミはアメリカなのにスペイン語圏なのでしょうか。飛行機内は特にそうでした。ゆったりした気持ちで過ごせました。着陸直前のアスンシオンの街です。朝4時頃です。

38227533_1074316669386902_2473813274580221952_n[1]
さすがは首都の早朝。夜景はきれいです

パナマでトランジット

 マイアミから3時間ほどでパナマに着きます。せっかくパナマに行くなら運河も見たいのですがパナマ出国まで50分くらいしかありません。チケットは取っているのでブースに行く必要は無いのですが、入国審査出国審査が間に合うか不安でした。5分遅れて出発し、10分遅れて到着。普通なら何とも無いのですが、タイトなスケジュールに15分は大ピンチ。パナマに降りついたらどこが入国か分からなかったので、とりあえず印刷されている28番ゲートまでダッシュ。そこですぐ出られそうなんです。アメリカは国内通過でも厳しいチェックでしたがパナマはいいのですかね。入国してすぐに出国できました。あっけなくパナマ発。さあ今から離陸です。

38167202_1074313789387190_2153696485697388544_n[1]
パナマの滞在時間は40分ほどです

サンディエゴからマイアミ。ここでも足止め

  マイアミで12時間待ちです。とにかく何が起こるか分からないので、搭乗券を確保しようとCOPAエアラインのブースに行きました。あまりに早く行ったのでToo long intervalと言われ、搭乗ゲート不明のまま、マイアミ−パナマ、パナマ−アスンシオンの両方手に入れられました。ところが、あとの2人が大変。LATAMエアラインのチケットが取れていないようで再取得になるとのこと。かなり待ってリオデジャネイロ経由で行けるチケットを入手。ところがブラジルはビザが要るのでこれはボツ。聞いてくれないんですね。また一から取得すると今度はこの日のうちには出られないとのこと。仕方なくホテルを取って一泊です。空港のホテルがリーズナブルに取れたのでラッキーでした。本当に色々あります。写真はマイアミ国際空港から出国直前です。

38085863_1074308679387701_5548074470473728000_n[1]
マイアミから出られません

サンディエゴからダラスに行けず

 エアカナダの影響で7人ともサンディエゴで足留めです。次のダラス行きに乗れませんでした。我々が悪いのでは無いので、JALが必死で次の飛行機を探してくれました。すると・・大変なことに。はじめにチケットを取った4人はサンディエゴ−シカゴ–マイアミ–ブエノスアイレス−アスンシオンというコース。もちろん到着は1日以上遅れます。次にチケットを取った2人はサンディエゴ−マイアミ−サンチアゴ–ブエノスアイレス−アスンシオンのコースに。最後にチケットを取った私が1人、サンディエゴ−マイアミ−パナマ−アスンシオンと3通りになりました。色々言いたいことはありましたが、7人のコースを何とか取っていただいたJALの方々に感謝して再スタートしました。


   とりあえずマイアミまでは3人でいけるので、AALに乗りました。あとの4人は1時間遅れでシカゴです。全く逆方向ですがね。

37847923_1074299786055257_300653186803302400_n[1]

7人で行けるはずが何と3班にばらばらです

成田で事故

成田空港の滑走路が一本事故で使えなくて、サンディエゴ行きが1時間半遅れそうです。どうやらエアカナダの事故があって飛行機が立ち往生したようです。困りますね。

safe_image[1]

エアカナダの事故が最後まで響きました

スペイン語の勉強

成田までの間iPhoneのスペイン語アプリで勉強。隣の方がスペイン語バリバリなので勉強になりました。

38033407_1071887786296457_7366834726230818816_n[1]

なかなかいいアプリでした

JAL国内のWi-Fiは無料

JALの機内WiFiサービス、なぜかiPhoneでできませんでした。意外と手間が要りました。

37974561_1071885409630028_9103453247120605184_n[2]
ちゃんと「0円」の請求が来るんですね

快適

快適な空の旅。

38072409_1071884156296820_3276806201395904512_n[1]

いい感じです

無事飛び立ちました

無事飛び立ちました。わずか1時間足らずで成田に着きます。

38122920_1071881082963794_3130917359330525184_n[1]
現在浜松上空

伊丹から成田に向かいます

22番搭乗口から14時40分発で成田に向かいます。ここまで順調です。

38000393_1071826342969268_1582826148725784576_n[2]

無事チェックイン

無事チェックインできました。あまりにもコースがレアなため3人が向こうでの手続きができていないということでした。その3人には私は入っていませんでした。そうだったらドキドキしているだろうな。
コースがレアということは色々なことがあります

伊丹空港着

ただ今伊丹空港。これから合流してチェックインします。
一番に着きました
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

zakkincho

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ