ザッキンチョ

10年前から毎日ふと思うことや、その日の出来事などを「雑記」としてまとめていました。「雑記帳」です。「ザッキンチョ」っていうネーミングはこの意味です。

国語「仕掛けカードの作り方」

 国語は「お手紙」を終え、「しかけカードの作り方」に入りました。この単元は、誰でもそれだけ読んだら必ず作ることのできる「説明書」を作ろう…というものです。実際は手作りおもちゃの説明書を作ります。しかけカードは読むだけですが、せっかく作り方が書いてあるのでぜひ作りたくなりました。誰もが飛び出すカードにします。何が飛び出しても良いことにします。カードはお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんなどに出します。勤労感謝の日が近いので、「いつも○○ありがとう」「ご苦労様」「お疲れ様」などの感謝を表すカードにしました。さすがに教科書の説明書は完璧でほぼ1時間で作れました。
073


おばあちゃんへの感謝のカード

生活科「おもちゃフェスティバル」

 3時間を費やして準備を行い、いよいよ「おもちゃフェスティバル」開催です。教室や廊下の所定の位置に道具をスタンバイして、まずは1・3・5班がお店を開き、2・4・6班が遊びます。そのときも2班は1班、4班は3班、6班は5班と場所を指定します。3分経ったら、順繰りに回ります。もう3分経つとワンクール終了。今度は2・4・6班がお店を開き、1・3・5班が回ります。都合18分経つと今度は班の半数が店番をして、半数が回ります。1班が2班…、5班が6班であそぶと言う具合です。このタイムテーブルが一番難しかったです。どこに行くのか、いつ店番をするのかが分からない子が続出。何とか30分で全員がそれぞれ5つの班で遊べました。片付けをしたら時間終了。5校時なのですぐ下校となります。反省と課題が宿題となりました。1回目のおもちゃフェスを通して、もっとこうすれば良かった…と感じて欲しいなと思います。
067


3班「一円玉サッカー」、ルールの説明

069

1班「空気砲」 こうやって倒します
071

4班「魚釣り」これは楽しそう

二重の虹

 この日は職員研修。授業部会が研究授業の事前研をしている間に私は校庭の樹木のラベル貼りの準備をしていました。そのとき、西側に虹を発見。久々にきれいな虹を見たな…と思ったら副虹も見え、二重の虹となりました。副虹は主虹と逆のスペクトルを表します。水滴に対し2回の屈折をするからだという説や、入射角が42度だと赤、40度だと紫になるという説もあります。でも「二重の虹を見ると幸せになれる」そんな言い伝えの方が興味をそそります。もっとくっきり見えたと思ったのですが写真だとなかなか上手く見えませんね。
065


微妙に吹く虹が見えて赤が下になります

生活科「おもちゃフェスティバル」計画書

 生活科で「おもちゃフェスティバル」をやろうと思います。理科では「自分たちで創り上げる授業」を目指して研究しています。それと同様に、自分たちでおもちゃを考え、他の班に遊ばせる体験活動をさせます。何をするか、材料はどうするか、どんなルールで行うか、それらをすべて班で考えます。我々教員は何も言わず、何も出さずにタイトル、材料、作り方、ルール…などをまなボードに書かせ、それを持って発表します。この日はまだ計画書の段階。次時で材料を集め、その次にはルールを決め、そして本番「おもちゃフェスティバル」を迎えます。
063


6班は射的で遊びます

061

5班は玉入れで遊びます

区の山林を確認

 この日は中町区の山林を確認に歩く日になっていました。案内してくれる区の重鎮たちもすでに前回から十年以上月日が経っているため、やや不安げです。きちんと杭が打ってあり、「中町」と書いてあればいいのですが、どうもそうでは無いようです。さらに地番もきちんと残っていなくてまさに記憶が頼りです。最初に行った山林はどうもいきなり道に迷ったようで、結局どこか分からずじまい。隣接の地番を見て法務局に行って調べる必要があるとのことでした。もう1カ所の山林は確実に分かりました。「中町区」の杭もあり、安心しました。これを我々は次の世代に伝えないといけません。早く一つ目が分からないかなと思います。

059

図面を見ながら…うーん、ここだ

第6回サイエンスフェスティバル「バランストンボ」

 月イチでサイエンスフェスティバルを考えています。今回は指に乗るかわいい「バランストンボ」です。原体験では定番のネタですが、今回はネットでできるだけのりで貼るところが少ない物を探してきました。理科委員会の子らが準備をしました。1年生用にはすでにはさみで切っておきます。色を塗って自分のオリジナルのトンボを作り、切ります。1カ所のりで貼って完成。羽を前で休ませるように少しおると頭のところのくちばし(本来は胸で脚があります)で1点でバランスを取り、ゆらゆら揺れても落ちないのです。早くやりたくて必死で給食を食べ、第2理科室までハーハー言ってやってきた1年生が印象的でした。

055


まずは簡単な色塗り。これは誰でもできます

057

上手く作ると1点で支えられます

リースが完成

 生活科で材料を集め、図工で作ったリースが完成しました。ボンドをかなり大量に使わなければ木の実がボロボロと落ちていきます。できたリースには完成までの苦労や、工夫した点を書いて、顔写真を撮り、パウチをしていっしょに飾りました。把手はモールでつけました。そのモールの輪を石膏ボード用のフックを壁につけてそこにかけます。全員分を飾るとなかなか壮観です。2学期の面談で持ち帰ります。お家でも飾って欲しいですね。
051


それぞれ大きさも中身も違うのでいい感じです

053

全員分が教室にかけられました

算数は九九を覚えます

 2年生の算数の超重要単元は九九です。5の段から始まり、2の段、3の段、4の段、……9の段、1の段まですべて覚えます。これがなかなか大変のようです。カードを1枚ずつめくって覚えます。クリアしたら「九九頑張りカード」にはんこを押してもらえます。このカードがいっぱいになったら次は「下がり九九」です。「ごっく49」「ごは40」…と下っていきます。子どもたちにとっても下がり九九は苦手そうですが、それを聞く大人もなかなか大変です。家の人にも聞いてもらい、毎日練習をします。

047


カードをめくって九九をどんどん言います

049

九九カード。早くコンプリートしたい

第5回サイエンスフェスティバルは「カラフルな人工イクラ」

 私の都合で2学期最初のサイエンスフェスティバルが延びてしまいました。第1回「ブーメラン」、第2回「タラヨウの葉で『葉書』を書こう」、第3回「走るCD-R」、第4回「カブトムシ大抽選会」。そして今回が第5回です。今回は「カラフルな人工イクラを作ろう」としました。乳酸カルシウム水溶液に、絵の具を溶いたアルギン酸ナトリウムを垂らすとイクラのように固まります。本当にツブツブ、プニュプニュです。スポイトで垂らすので低学年の子でも失敗しません。できた人工イクラは網じゃくしですくい、じょうごで持参したペットボトルに入れて持ち帰ります。理科室で3テーブルを使い、一度に3人ができるようにします。1人できたら次の子が入る…というシステムにしました。1年生から6年生まで大人気でした。
035

スポイトで絵の具混じりのアルギン酸ナトリウムを垂らします
037

上手にできました!
039
廊下にはずらり、順番待ちの子

花いっぱいの学校に。「花と緑のふれあい教室」

 県の取り組みで「花と緑のふれあい教室」というのがあります。3年間花の苗を毎年いただき、花市場の方や花農家の方に指導をしてもらって寄せ植えやプランター植えをします。自分の好きな花や色を選ぶので楽しくできます。今の時期はパンジーがいい頃です。上手く育てると4月まで十分きれいに育ちます。パンジー、ビオラ、ガーデンシクラメン、ストック、キンギョソウ、アリッサム、セキチクなどを植えます。2年生は朝顔の植木鉢に3つずつ植えます。天気も良く楽しくできました。
031


花市場の方から説明を受けます

033

上手に植えられて満足です

生活科で集めた木の実でリースをつくります

 秋の植物観察で木の実を集めました。ドングリと松ぼっくりですが、それ以外にも枯れ葉も集めました。集める間に私がフジヅルのつるを適当に切り、リースの台を作りました。そこに木の実や枯れ葉を木工用ボンドでくっつけます。かなり大量のボンドがいるので、3kgのものを買いました。赤い実も欲しいのでナンテンを探しましたが、ありません。そこで、タラヨウの実を取ってきてそれらしくしました。ヒイラギの葉も欲しいのですが、無かったので、これも中庭のヒイラギっぽい木の葉を取ってきました。こうやってリースを作っていきます。とても楽しそうです。
027


何とか全員分の台を作りました

029
大量のボンドを使います

無線ディスプレイScreenBeamを試しました

 次年度に市内の学校のコンピュータ更新があるので、これも急がないといけません。各教室に60インチのモニターがつくのは確定しました。そこにウィンドウズの画面を無線ディスプレイで飛ばします。ミラキャストを使うので、どこのものがいいかテストします。ScreenBeamミニ2とScreenBeam750がサンプルで来ました。これが簡単にテレビに飛ぶのか、動画もカクカクしないで再生されるのか、音はいいのか…をテストしました。通常のウィンドウズパソコン10のパソコンでなく、タブレット系でないと、無線ディスプレイのドライバが入っていないのでしょうね。サーフィスやASUSのVivoでやるとうまくいきました。どのメーカーの物を入れるかはまだ分かりません。
021

サンプルが届きました
023
サーフィスで学校のテレビに無線で飛ばします
025
ASUS Vivoで自宅のテレビに飛ばします

オープンスクールはクッキー作り

 2学期のオープンスクールです。今回のオープンスクールでは地域の人を講師に招くのですが、2年生は今まで頼んでいた方が今後難しくなって新たにお願いをしました。校区にある就労支援施設の方が手作りクッキーを指導してくれることになりました。生地をビニール袋に入れてよく揉み、冷凍庫で寝かせます。その間、ゲームをしてくれます。できた生地をホットプレートに置き、焼いてあとはデコレーション。楽しく2時間のオープンスクールとなりました。これからの2年生の定番になります。
019


みんなで生地をこねこねします

昆虫採集は川原にまで拡大

 秋の虫探しは城跡の庭、グラウンド、校舎西側とあちこち行きました。校外にも一度出てみようと言うことで、近くの川原に行きました。ショウリョウバッタが多くいて子どもたちは大喜び。交尾しているのも見つけました。川原では湾処にも行ってみました。始めて行く子もいてドキドキだったことでしょう。誰もが濡れたりせずに帰れたので良かったです。
017


川原の石をつたって歩いて行きます

015

ショウリョウバッタの交尾です

図工は彫塑。粘土で「あり得ない生き物」

 絵を2点描いたら今度は彫塑教材。秋は作品作りで忙しいのです。クレイ粘土でつくります。台はコンパネを22.5cm四方に切って全員分用意しました。テーマは「あり得ない生き物」。宇宙人や怪獣はみんな大好きですね。こねて、丸めて、細いのを転がして…そうやってつけていきます。2日経つと乾いてボロボロと取れていきます。そこを今度は木工用ボンドでくっつけます。結構な作業が要りましたが、何とか全員が1日で完成です。
013


怪獣だか恐竜だか楽しい生き物ができています

生活科は秋の虫取り。大喜びです

 秋の生活科は虫取りをしました。まずは城跡の庭の虫を探します。虫かごを1つずつ持ち、「3種類集めなさい」の指示に従います。時間内に取れない子は半泣きですが、たくさん取った子のを分けてもらっています。教室に持ち帰り同定します。どれも私のiPhoneで撮影し、それをAirPlayで飛ばして確認します。

011

やはり狙い目は赤とんぼ

組み体操をiPadで撮影・確認

 組み体操は自分の姿が見えないので例えばアンテナの足がまっすぐ上がっているかも分かりません。そこで2人に1台iPadを持ってきてその様子を撮ります。そしてすぐに再生すればよく分かるので効果は抜群。これを早くやれば良かった。

007
2人1組でアンテナの動きをチェック。真ん中の子が曲がっています

授業支援システム。iPadで線引きから

 算数を中心に授業支援システムを使おうと思います。使うiPadは古いiPad2ですからもちろんペンは使えません。指で上手に数字を入れたり簡単な文字を書きます。まずは指でいろいろ書けるようにします。「自由に絵を描いていいよ」と言うと子どもたちは大喜びでお絵かきをします。簡単に消しゴムで消したり、ペンの太さや色を変えたり自由自在です。こうやって遊ばせてから式を書かせたり、答えを書かせます。ログイン、ログオフもこのときに学びます。

005


とりあえずは絵を描いて遊びます。これも大切な勉強。描いた絵を「提出」します

図工は「○○のすてきな帽子」

 芸術の秋です。各種の作品展があるのでいろいろ絵を描かさなければなりません。すでに1作品は怪獣的なものを描きましたが、もう1作品を欲張ります。国語で「ミリーのすてきなぼうし」というお話があります。頭の中で考えたことが帽子となって現れるというお話ですが、それを描いてみようと思います。実際に指導してくれるのは、支援学級の先生。いつもは私が指導して担当児童にあたられるのですが、この作品では交代して(前作品もですが)、指導します。まずは、何を頭の上に描くかを決め、パスで線引き。その後順番に指導通りに描いていきます。1時間ごとに確実に絵が完成します。見ていてとても楽しいです。
003


どうも彼女は「フルーツのぼうし」のようです

組み体操

 運動会の後、中の体育は組み体操を行っています。腕立て伏せから開いて、閉じて、V字バランス、アンテナ、ギョウザ、カエルの倒立…と続きます。運動会で演じるのは4年生からですが授業で行っておいて困ることはありません。毎回動画を撮ってステージ上でスクリーンに投影します。全体の美しさを見せたり、自分ができていなかったところを客観的に見せます。学級だよりには「マチアルキ」で動画配信します。これが好評です。
002


みんなでしっかりと「アンテナ」。なかなかこうは決まりません

プロフィール

zakkincho

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ