しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

タユタマ2 -you're the only one-体験版体験記

体験日:2016/04/19
Lump of Sugar
発売日:2016年05月27日

『タユタマ2 -you're the only one-』2016年5月27日発売予定!

 [太転依(たゆたい)]という精霊とも妖精とも妖怪ともつかぬ不思議な存在と人類の共存を目指すお話第2段、50年後のストーリー。
 主人公は、早くに両親を亡くした苦労人の学生で、[太転依]を見る事ができる程度の僅かな霊力はあるが普通の学生。
 現在の共存関係実現の[太転依]側の立役者[ましろ]の養女である[太転依]の少女は、やはり共存の理想を掲げ、自らのパートナー(旦那様)を探していた。[太転依]に対しても公平な目を持ち、しっかりしている主人公を見初めて結婚を申し込む。

 キャラ、まあ可愛いけど、良くも悪くも主義主張のはっきりしていてブレない娘ばかり。その真っ直ぐさが、可愛くもあり困ったもんでもあり。

 シナリオ、全般に堅い文章ですね、特に会話が。まあ、テーマが共存共生という難しい物ですし、前作も理屈っぽい話ではあるので、それを引き継いでいるとも言えます。読みにくいという事はありません。
 前作のヒロインズも、昔のままの姿で出てきます。
 聞いた事のないライターさんでしたので、前作の世界観とかキャラが崩壊しているのではないかと不安でしたが、どうやら杞憂だったようです。

 絵、萌木原ふみたけさん。個人的に一番好きな絵師さんです。

 CV、明るく人懐っこい[太転依]の少女、生真面目に共存の理想に取り組む一途な娘に、夏和小さん。
 街の名士のお嬢様、クールな優等生だが主人公の前ではお茶目な一面を見せる娘に、花園めいさん。
 [太転依]を治癒する能力を持つ人見知りな少女。[太転依]寄りの視点から今の共存の有り方に反感を持つ娘に、稀咲美海さん。
 前作のメインヒロイン、最強の[太転依]にして最高の嫁、大和撫子。優しくも厳しく養女をしつける女性に、松田理沙さん。

見上げてごらん、夜空の星をFD

見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS 2016.5.27 First light!

  FDが出るそうですので、これを置いておきますね。

タユタマ2 -you’re the only one-応援

『タユタマ2 -you're the only one-』2016年5月27日発売予定!
 我が嫁の新作ともなれば、応援せずばなるまい。
  シナリオが聞いたことがない方なのは、気になりますが。

世界を救うだけの簡単なお仕事 体験版体験記3

体験日:2014/09/14
Rosebleu
発売日:2014年09月26日

世界を救うだけの簡単なお仕事


主人公はヒーローに憧れて、日々鍛錬を積む超ポジティブシンキングな学生。そんな主人公の幼馴染みに届いたメール、それは[世界を救って欲しい]というとっても怪しいメールだった。そこに罠があれば行って踏み潰す! タイプの主人公は、その誘いにのって契約のボタンをクリックする。
驚いた事に本当に異世界に召喚された主人公と幼馴染みは、勇者として承認されたその日のうちに、あっさり魔王を倒してしまう。かくして世界を救った主人公は、また日常に戻るはずだったが、翌日には二通目の救援のメールが!?
再び呼び出された主人公は、今度もあっさり魔王の元に辿り着くが、今度の魔王様は美少女だった! とんでもなくへっぽこな美少女魔王様にほだされた主人公は、魔王を倒す代わりに手懐けて王城にお持ち帰りする。
すっかり主人公に懐いた魔王様は、もう悪い事はしないと誓ってくれたので、これで一件落着となるはずだったのだが、今度は主人公たちが元の世界に戻れなくなる。
帰れなくなった主人公たちは勇者として残り、「そもそもこの世界には、何故次々と魔王が現れるのか」という根本的な謎に迫る。
ヒーローに憧れているあなたに贈るAVG

キャラ、遊びがすぎてるトコがありますが、まあ可愛い。

シナリオ、会話というか掛け合いのテンポは良く、それなりに面白いのですが、同じネタを繰り返しすぎでとってもクドいです。全体の展開も速いはずなのに、なんかダレて感じます。
ーーこれは、魔王を倒すという、結末(エンディング)を越えた先にある物語。ーー
ちょっと捻りの効いた設定には、興味あるのですが……。

絵、cccpoさん、こなたさん。

CV、真面目さが空回りする素直で小心で寂しがりのへっぽこ魔王様に、真中海さん。
明るく元気でストレートな性格の幼馴染の少女に、成瀬未亜さん。
だらしない兄王を叱るしっかり者の妹。ただし重度の勇者オタクでテンパるとドジっ娘ぶりを発揮する小さなお姫様に、小倉結衣さん。
エルフで魔法学の研究者。知識欲が強くプライドも高いのだが、常識が災いして次席に甘んじている女性に、一色ヒカルさん。
勇者をサポートする魔法具の妖精。口調は丁寧だが毒舌で過激な性格の娘に、青山ゆかりさん。
姫様付きのメイドさん。護衛もこなすパーフェクぶりで、姫様に過剰な愛情と忠義を捧げる女性に、御苑生メイさん。
明るく気さくな性格の酒場のお姉さんに、湖月紅れ葉さん。
謎の男に付き従う少女。素直で甲斐甲斐しい娘に、花澤さくらさん。

あの晴れわたる空より高く 体験版体験記3

体験日:2014/09/10
チュアブルソフト
発売日:2014年09月26日

青春ロケットADV『あの晴れわたる空より高く』


日本の本土からはるか南の島、[天の島]。宇宙航空関連の研究機関が集まったその島には、未来のロケット技術者を産み出すべく、航空宇宙学科を備えた学園があり、全国から優秀な学生が集まっていた。
主人公はロケット打ち上げ反対派の地元漁師の息子。ロケット嫌いの父の影響でロケットを見ないようにしてきた主人公だが、浜辺でペンシルロケットを打ち上げている少女と出会う。
小さいながら本物のロケットの打ち上げに立ち会った主人公は、ロケットに魅せられ、その少女の誘いに乗る形で、弱小ロケット部[ビャッコ]に所属する。
しかし、[ビャッコ]は廃部の危機に瀕していた。廃部を免れるには二学期までに大会で優勝する事、たった5人の部員たちによるロケット開発が始まる!

キャラ、奇人変人ばかり、半分以上壊れてます。まあ、どの分野に限らず[天才]というのは、どっかおかしい人ばかりですから、ある意味お約束。可愛いさとか、萌えって点では、どうかと思いますが、これくらいぶっ飛んだメンバーでないと、5人でのロケット打ち上げなんて不可能でしょうし。

シナリオ、ロケット関連の設定がかなり本格的で、好き者としては嬉しい限り。
「曲者揃いの弱小クラブが、嫌味な強豪クラブに立ち向かう」というストーリーは、スポ根マンガではおなじみのパターンで、この辺のノリはほとんど体育会系(笑)、かなり熱いです。
ギャグのキレとかはイマイチですけど、青春部活モノとしてはストレートに王道を突き進んでいる感じで、愉しめそう。

絵、ちりさん(メイン)、まんごープリンさん(サブ)、オレンジゼリーさん(SD)。……ちょっと残念。
ちりさん、ご本人が塗っている絵はいいのですけど、塗りで損してる感じはあります。
 
[ビャッコ]の熱血部長、頭も切れるし行動力もある、時に手段を選ばないズルっ娘、普段は猫を被っているが、結構短気な娘に、結衣菜さん。
沈着冷静で分析力に富む口数の少ない慎重派の娘、表情には出ないがロケット好きでは他の娘に負けていない。意外と世話焼きでフォロー役に、あじ秋刀魚さん。
好奇心旺盛で人懐っこいいたずら好きの後輩。手先が器用で工作技術は天才級だが、主に主人公をからかう事に使っている娘に、秋野花さん。
火遊びが大好きで、思考がロケットを中心に回っている先輩。マイペースでズレた発言を繰り出す天然系の娘に、香澄りょうさん。
勉強嫌いの主人公の世話を焼くしっかり者で優等生の妹に、藤森ゆき奈さん。
クラスの委員長の苦労人で守銭奴なボクっ娘に、上田朱音さん。
優しくも厳しい指導役の先生に、橘まおさん。
過去の失敗を引きずっている元[ビャッコ]部長に、西乃ころねさん。
主人公に懐いている礼儀正しい幼稚園児に、有栖川みや美さん。

運命線上のφ 体験版体験記3

体験日:2014/08/28
Lump of Sugar
発売日:2014年10月31日

『運命線上のφ』 2014年9月26日発売予定!


その実在さえ疑われている絶海の孤島、信天島。5年より前の記憶を持たない主人公は、失われた記憶の手がかりを求め、その幻の島へやってくる。

キャラ、まあ可愛いですけど、ちょっと奇矯に走りすぎてる感はあります。

シナリオ、出だしの所で、探偵編と剣豪編に分かれます。出てくるキャラは一緒ですが、性格は微妙に違うような。特に主人公は、同姓同名の別人ですね。
探偵編では、ちょっと変格探偵モノを意識して書いてるのでしょうが、あまり上手くいってるようには思えません。
まあ、このブランドに本格推理モノや迫力の剣劇を求める人もいないとは思いますが、あまりに茶番すぎです。
「さすが」とか「すごい」とかヒロインが口にする度に、なんとも微妙な気分なのですけど、……その白々しさも愉しむくらいのノリでプレイするのが正解なのでしょう。
エロはちょっとマニアックで、紳士な皆様に好評です。

システム、「いじって、さわって、斬り拓け!」、画面をクリックして捜査する調査モードや、選択肢をドラッグで斬って、新たな展開を作り出すシステムあり。
切断の演出が凝っていて、けっこう爽快感はあるのですが、ゲーム終わる頃には飽きていそう。結局は選択肢が増えて面倒なだけのような。
フローチャートがあるので、行き詰まるという事は無さそうです。

絵、萌木原ふみたけさん、ななろば華さん、あゆやさん。かなりいい感じ。

CV、生真面目で凛々しい雰囲気の少女剣士に、春菜さくらさん。
控え目な性格だが、記憶力抜群の常識人でツッコミ役に、米倉沙弥さん。
有能で底知れないメイドさん、お嬢様に心酔してる女性に、卯衣翠さん。
無垢な性格でいたずら好きな館の支配人のお嬢様に、小鳥居夕花さん。
アバウトな性格で、面倒くさがりの面白がりな女学生に、すずなさん。
油絵を描くために館に長期滞在中の女性。天才肌で独特の言葉を使うマイペースな絵描きさんに、なかせひなさん。

PRIMAL×HEARTS 体験版体験記3

体験日:2014/08/15
ま〜まれぇど
発売日:2014年08月29日

ま〜まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』


2つの生徒会が意見を出し合い、その都度選挙で決定されるという変わった制度を持った学園。しかし、現在は2つの生徒会の人気が伯仲しドローが続いていた。
そんな時に転校してきた777人目の生徒である主人公は、2つの生徒会の強烈なアピール合戦に巻き込まれる。

キャラ、まあ萌えキャラですけど、しっかりしてるし嫌味もない。

シナリオ、出だしこそ、田舎者で女性への免疫のない主人公の勘違い君ぶりが痛いですが、本来の自分を取り戻してからは、わりとテンポも良く楽しめました。
ストーリー展開的には巻き込まれ型ですけど、ちゃんと主人公に主体性があって、自分で考えるタイプなのは好印象。

絵、さそりがためさん、芦俊さん、SDにここのかさん。絵柄にだいぶ差がありますけど、まあ可愛い。

CV、近寄りがたいカリスマ性で支持されている地元の名家のお嬢様で伝統主義の生徒会長に、遥そらさん。
小さな体のお転婆娘、頭も切れるし発想力もある。何より生徒思いの改革派生徒会長に、鈴藤ここあさん。
素直で優しい級友で保守派の生徒会の書記に、藤森ゆき奈さん。
柔らかで上品な物腰と面倒見の良い性格で下級生女子に大人気の先輩で進歩的な生徒会の副会長に、御苑生メイさん。
マイペースでドジっ娘な担任教師に、松田理沙さん。
派手な服装とおちゃらけた態度から[ビッチさん]と呼ばれている級友で改革派生徒会の会計。実は面倒見の良いしっかり者に、茶町チャチャさん。

晴のちきっと菜の花びより 体験版体験記2

体験日:2014/08/02
Parasol
発売日:2014年08月29日

『晴のちきっと菜の花びより』応援中です!


主人公は花屋の息子。突然の体調不良により一ヶ月ほど入院したおかげで、せっかく二年になったというのに、新しいクラスに出遅れて参加する事になる。
転校してきたせいで、やはりうまくクラスに馴染めずにいる少女と知り合った主人公は、彼女に付き合って園芸部の再建に力を貸す。

キャラ、ロリ系の二人は、まあまあ可愛いのですけど、不思議系は判断材料不足。先輩は、はっきりいってうるさいしわずらしい。
で可愛い方の二人も、女の子の狡い面、わがままな面が出すぎです。暗めでシリアスな設定もあって、もはやエグいです。
男性キャラはサブも含めて、とっても嘘臭いし薄っぺらいです。特に酷いのが主人公で、うんざりするほど鈍感でイライラするほど優柔不断、そのくせ妙な気配りはできる……気色悪さでは、[恋がさくころ桜どき]よりはマシですけど、苛立つ度合いはこちらのほうが高いです。
うーん、女性視点で典型的なエロゲのヘタレ主人公を見るとこんな感じなのでしょうけど、本当にダメ主人公です。

シナリオ、ともかくまどろっこしい展開が遅いし、会話も不自然とは言わないけど、面白みもない。何より、主人公が中途半端なせいで、読んでいて本当に不快でした!!
周囲と主人公の記憶に齟齬があるなど、夢オチかループ系の仕掛けのある物語のようですが、伏線の貼り方の甘さからして、上手く纏められるとは思えません。読み手そっちのけの楽屋落ちに終わりそうです。

絵、ちこたむさん、魚さん、桜はんぺんさん。そこそこ落差があります。

CV、人懐っこい子犬系の転校生。明るく振舞っているが超貧乏な娘に、杏子御津さん。
一つ下の幼馴染みで同居人、家事を一人で受け持つしっかり者。無邪気なふりで主人公に迫ったりする甘えん坊な娘に、北見六花さん。
自称ボランティア部の先輩、明るくノリが良く積極的でお節介な娘に、春乃いろはさん。
いつもローテンションで口数が少ないクラスメイト、何故か主人公には興味を示し、世話を焼いたりする不思議系に、星咲イリヤさん。
真面目で努力家な舞台女優の卵。主人公のお店の常連さんなのだが、主人公は覚えていない娘に、遠野そよぎさん。
街で見かける着物姿で花を売る少女。無愛想な電波系の娘に、卯月美沙緒さん。
先輩の歳の離れた妹で、明るくて元気な子に、鈴田美夜子さん。

春風センセーション! 体験版体験記3

体験日:2014/07/24
ういんどみるOasis
発売日:2014年11月28日

応援中?


主人公は魔界の王子。王位継承順位は低いもののれっきとした王族である主人公はお忍びで人間界に留学する。まだ見ぬ世界、そして初めて体験する学園生活に、主人公は心弾ませていた。

キャラ、まあ、それなにり可愛いのですけど、天然系・マイペースのキャラが多すぎて、良識人の娘が独りでとっても不憫……可哀想萌えでも狙っているのでしょうか?
個性的というには、どっかで見覚えがある(性格的な意味で)キャラばかりです。見覚えといっても、ういんどみるの過去作で見かけたようなキャラですし、それだけ固定ファンには安心な面子揃いかも。

シナリオ、良くも悪くもいつものういんどみる。ライターさん、このブランドでメインは初めてのはずなのに、よくぞまあいつも通りの優しい柔らかい雰囲気にしたものです。
主人公は脳天気な熱血系お坊ちゃんで、お気楽すぎてちょっとついていくのが大変でした。
雰囲気は悪くないのですが、説明とボケがクドいので、テンポは大分遅いのもマイナスです。

絵、こ〜ちゃさん、藤原々々さん、成瀬未亜さん(SD)。淡い色使いや柔らかな感じが良いです。

CV、精霊界からの留学生で純心な天然系箱入り娘に、榊原ゆいさん。
真面目で優秀な巫女の家系の娘で、唯一の常識人が災いしてツッコミ役に、くすはらゆいさん。
常にローテンション、マイペースで天才肌の先輩に、夏野こおりさん。
クールで毒舌系だが仕事は完璧にこなす主人公付きのメイドさんに、卯花月乃さん。
精霊族の女性で留学生寮の管理人、人当たりは良く控え目な態度だが言うべきは事はしっかりいうメイドさんに、波奈束風景さん。
巫女さんの自称ライバル。自滅型残念系の娘に、成瀬未亜さん。
大らかでサバサバした性格、セクシーな女性教師に、山吹結菜さん。
学内の精霊樹の精霊。古風な口調だが外見や性格は子供っぽい少女に、まつだまちゅりさん。

G.I.B. ガールズ・イン・ブラック 体験版体験記2

体験日:2014/06/23
Whirlpool
発売日:2014年07月25日

G.I.B. ガールズ・イン・ブラック 応援バナー

 
主人公はゲームが好きな学生。学園からの帰り道、いきなりUFOにアブダクション(拉致)されかける。そこを助けてくれたのは、同級生の黒い制服の少女だった。
主人公は、秘密裏に宇宙人関連のトラブルに対処する組織、M.I.B.にスカウトされる。

キャラ、空回り、天然、煩い、三人のメインヒロインたちをそれぞれ一言で現すとこんな感じです。あまり魅力を感じません。

シナリオ、狙ったのは、ハチャメチャな電波系スラップスティックコメディだったのでしょうが、テンポが悪く、恐ろしくつまらない。ボケばっかでツッコミ役はいないし、全体にリズムも悪い。
少し不思議なお話のムードを作るのは上手いライターさんですが、こういうぶっ飛んだハイテンションコメディを書くのは無理だったようです。

絵、てんまそさん、Rけんさん。絵は良くなってきたのに……。

CV、真面目で責任感は強いがドジっ娘なM.I.B.職員にして同級生に、上原あおいさん。
転校してきた宇宙人のおっとり系お嬢様。日本に憧れているが、その日本観はズレまくってる娘に、御苑生メイさん。
UFOと宇宙人が大好きでかなりイっちゃってるハイテンション義妹に、百瀬ぽこさん。
主人公たちのM.I.B.での上司で、まだ若いがお仕事は優秀で、人当たりの柔らかい女性に、くすはらゆいさん。
UFO研究会の部長、口調は丁寧でゆっくりだが内心はかなり熱い娘に、小倉結衣さん。
主人公たちの母で、出版社努めのキャリアウーマン。仕事が忙しく留守がちなので、子供たちの事を心配している女性に、海原エレナさん。
livedoor プロフィール
EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ