しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

2011年06月

復讐催眠 〜月の姫君は服従の夢をみるか?〜体験版体験記3

体験日:2011/06/29
発売日:2011年05月27日

月帝国が支配する地球上の学園都市、壊滅した地球政府に替り現在の地球を統治するその都市でテロが発生する。
そのテロにより両親を失った主人公は、テロの首謀者として追われる身となる。
身に覚えのない嫌疑をかけられた主人公は陰謀を主張するが、親友・フィアンセ・義妹の誰一人彼を助けようとはしなかった。
信じていた人全てに裏切られた主人公に接近した妖しい少女が、[力]を貸してくれた。他者を支配下におく瞳を貰った主人公は、復讐に乗り出す。

キャラ、シナリオ。体験版では、Hシーンのサンプルだけ4つ。ですから良くわかないのですけど、わりかし単純そうなわかり易いキャラばかりでした。少なくも高度な掛け引きのある陰謀劇ではなさそうです。

Hシーン、瞳の力には、催淫作用の副次効果があるので、展開が早くなってアッサリ目の印象。
意志が強いというか、気の強い娘が多いので一応は反抗するのですが、逆らう気力よりも催淫効果の方が強いようです。
じっくり堕とすのが趣味って人には、展開が早過ぎではなかろうかと。ま、シーンの数はそれなりらしいので、抜きゲーとしては評価できるかも。

絵、原画家さん複数ですね。まあまあの方もいますが、総じてイマイチ。

CV、主人公の幼馴染みにして婚約者の優しくて正義感の強い娘だが強過ぎて融通の効かない面があるお嬢様に、ヒマリさん。
主人公の義妹で実は主人公に気があったのだが拗ねている甘えん坊の娘に、東かりんさん。
主人公に力を授けた謎の少女で100年以上も少女の姿で出没しているとの噂がある娘に、咲ゆたかさん。
主人公が居た騎士団の団長で真面目で忠実だが真面目であるが故に悩みを抱えいてる娘に、有賀桃さん。
学園都市の最高権力者で選民思想の持ち主に、サトウユキさん。

ど〜でもいいのですが、「学園」都市にする必然性が全く無いのに、なんで「学園」って言葉にこだわっているのでしょう?


 

触診病淫 体験版体験記3

体験日:2011/06/27
by CLOCKUP
発売日:2011年05月20日

『触診病淫』2011年5月発売予定!

山奥にある小さな病院が舞台。小さいながらも設備の整った近代的な病院、改装を理由に一ヶ月ほど閉鎖されていたその病院に、病弱な少女とその付添の看護師が訪れる。
しかし、その病院は触手の化物に占拠されていた。

キャラ、単純明快。ま、触手に襲われたら大抵の女性は類型的な反応をするモノかもしれませんが。

シナリオ、ちょっとテンポ悪いですね。ま、基本抜きゲーなんで、そう展開が遅いって事はない。
あえて処女を散らさずにじっくり楽しむ趣向。そこそこネチっこいし、焦らしプレイが好きなら、値段分ぐらいには愉しめそう。

絵、いま二つ。

CV、病弱だか明るく人懐っこい少女に、藤堂みさきさん。
その付添の看護師で真面目で優しい性格の女性に、長内亜矢子さん。
すでに触手の化物の虜となっている院長夫人で女医に、鈴音華月さん。


 

突然怪人になった俺が魔法少女を堕とす話 体験版体験記2

体験日:2011/06/20
発売日:2011年05月13日

悪の組織の事務員だった主人公は、突然、怪人へと変えられてしまう。何の了承もなくいきなり触手怪人へと変えられた主人公は、元の姿に戻るために、正義の味方である魔法少女と戦うハメになる。
怪人となって魔法少女とAVG。

キャラ、なおざり、通り一遍、薄っぺらい、ありがち。

シナリオ、いまいちテンポ悪い。というか、他人にいいように使われてヘーコラしてる卑屈な主人公に幻滅。
まあ、後半にいくにつれて、精神もだんだん怪人っぽくなっていくらしいですが。

Hシーン、最初かなり尺が短いかと思えば、そうでもなかったようです。しかし、まだ精神的に怪人になりきれてない主人公、それに処女喪失でパワーアップってネタのために、処女喪失シーンをとっても半端なものにしてしまうって、陵辱系の抜きゲーとしては相当な判断ミスだと思いますけど。
おかげで、ゲームとしてのツカミのシーンの印象が最悪です。

絵、まあまあ。

CV、お上品で冷静な氷の魔法少女に、mahiloさん。
短気でハスッパな炎の魔法少女に、木野原さやかさん。
何事も自分に都合良く解釈する強引な悪の女幹部に、奥川久美子さん。


 

穢翼のユースティア 体験版体験記3

体験日:2011/06/14
by AUGUST
発売日:2011年04月28日

『穢翼のユースティア』キャラクター人気投票結果発表公開中です。

滅びに瀕した世界の物語。信仰心を失った人類は神の怒りに触れ、神は人類を滅ぼす事にする。
世界が破壊の混沌に飲まれるその時、一人の聖女の祈りが天に届き、最後に残された都市が宙に浮かび、人類は僅かにその空中都市でのみ生き延びる事を許される。
それから500年後、再び破滅の危機が人類を襲う。宙に浮かぶ都市の一角が崩落し無数の人々が命を落とし、[牢獄]と呼ばれる下層の更に下の地区が形成される。
周囲を断崖で囲まれた[牢獄]は、都市当局の統治が及ばない無法地区と化し、スラム街となった。

主人公はそんなスラム街で暗殺者として育てられた。独り立ちした今でも、荒事を中心としたなんでも屋、用心棒として生計を立てている。
そんな主人公が、理不尽に人の死を撒き散らし黒い羽根を残す謎の存在から辛くも生き延びた無垢な少女を拾う。
上層から娼婦として[牢獄]に売られてきたその少女は、羽化病と呼ばれる背中に羽根の生える病に侵されていた。
一見無力なその少女は、[牢獄]を形成した[大崩落]に繋がる謎を秘めていた。


キャラ、とてもしっかりしてます。まあ、世界設定の割には、底が浅いというか厚みといったモノがありませんが。
元暗殺者という割には、偽悪趣味でとっても判り易いお人好しの主人公とか……。いや、無感動に人を殺しまくる殺人機械では主人公になりませんが、でも暗殺者として過去に人の命を奪ってきた男としては、迫力・存在感にあまりに欠ける気がします。

シナリオ、まあ読み易い文章ではある。でもこちらも、重厚感が足りません。
雲が垂れ込み日も射さぬ世界で滅亡の恐怖に怯えながらも、懸命に生きる人々の息遣いが感じ取れる……なんて事は全くもってありません。スラム街の最低辺の娼婦たちの生活感が直に感じ取れる程に書き込んでしまっては、今のライトなユーザは、ほとんどついて来てくれないでしょうけど。でもそこまで描かないなら、陰鬱な世界観にした意味がないでしょう。

絵、べっかんこうさん。かなり可愛いのですが、これまた世界観に合ってません。
背景は、とっても丁寧なんで、人物だけ浮いてしまってます。  

CV、上層から娼婦として売られてきた少女で不遇な境遇にめげず楽天的で人が良い娘に、森保しほさん。
ぶっきらぼうな喋り方で感情を押し殺している医者で性格的にも不器用なトコロがある女性に、篠宮聖美さん。
生真面目で責任感の強い羽根狩りの隊長の女性に、橘桜さん。
一般には知られていないが論理的でシニカルな性格の盲目の聖女に、遠野そよぎさん。
病床の父に代り執務を取る王女で明瞭快活で庶民思いだが時に突飛な行動を取り打たれ弱い一面もあるまだ幼い姫様に、海老原柚葉さん。
気さくな雰囲気の元娼婦の酒場のオーナーに、紅白杏奈さん。
丁寧な口調の一番人気の娼婦に、風華さん。
まだ幼いが常に諦観を漂わせ毒舌な娼婦に、雪都さお梨さん。
明るく元気な娼婦でノリがハイテンション過ぎて客から引かれている娘に、波奈束風景さん。
近頃に急に台頭してきた若き貴族に付き従う沈着冷静な女性に、藍きっかさん。
聖女様のお世話係の温和な性格の女性、純粋で世間知らずな神官さんに、桐谷華さん。

AUGUSTらしく結末もそれなりに纏めたらしいです。けど陰鬱な世界観の物語を小綺麗に纏めても、どうなんでしょうね?
ネットでは、それなりの評判なんですけど、ホント[そ・れ・な・り。の評価]ですね。良くも悪くもいかにもAUGUSTの作品って感じです。


 

神楽早春賦 体験版体験記3

体験日:2011/06/12
発売日:2011年04月28日

神楽早春賦を応援中です!!

人里はなれた山奥に建てられた退魔師を育成するための学園が舞台、前作[神楽幻想譚]の続きのゲームですが、本作単体でもプレイできます。

前作の主人公達は御守様を巡る事件も片付き、学園を離れ本家の方に帰還しました。今回はまだ修行中の頼りない後輩たちの活躍。
といっても唯一の男は、戦闘が不得手な治療役、女性陣も最初の探索で、一人が半脱落の幽体離脱状態となってしまいます。
巫女さんダンジョンRPG

キャラ、未熟というか、とっても単純で個性といったものは希薄。

シナリオ、まあ、ローグ式のダンジョン探索と凌辱H・治療Hが売りの作品ですし。
そのHシーン、媚薬やら妖気の関係で感じ始めるのが早く、少し淡白な印象も。まあ、やってる事はそこそこハードなんで、苦痛系が苦手だけど凌辱系が好きという向きは合ってるのでは?

システム的には、[神楽道中記]から大きな変化はありません。イージーモードもありますけど、別に必要ないような?
税込で5000円以下のミドルプライスですし、ちょっとプレイするにはいいかも。

絵、結構、綺麗。

CV、丁寧な口調の良家のお嬢様で行動的な自信家、他の二人のいさかいの調停役に、大波こなみさん。
明るく元気な猪突猛進娘で、戦えない主人公を何かというとからかってくる娘に、東かりんさん。
学園の御守様の見た目も性格も子供な神様に、金田まひるさん。
落ち着いた優しい雰囲気の購買部のお姉さんに、彩世ゆうさん。


ハッピー・ハーレム・スクリプト 体験版体験記3

体験日:2011/06/07
発売日:2011年04月28日

正式タイトルは、ハッピー・ハーレム・スクリプト 〜こんなにHな女の子が実在するわけがない!〜です。
アクトレス久々の新作は、とっても真っ直ぐな抜きゲーです。


主人公は駆け出しの美少女小説家。親戚の美人姉妹が営む下宿屋兼小料理屋に、妹と共に間借りし、新作の執筆に取り掛かる。

キャラ、うん! 確かにコレは実在するわけないわ(笑)。納得のクオリティー。ご都合主義の妄想そのまんまのキャラです。あまりにも、そのまんまストレート過ぎて、びっくりするくらい。

シナリオ、ストーリーの展開は早くないですが、Hまでの展開は、超特急! なにしろ主人公の妄想に合わせて、女の子の方から迫ってきてくれる、なんともありがたいお話。
何も考えず抜きゲーとして楽しむ事ができそうです。

絵、一枚絵は、まあまあですが、立ち絵がいまいち。

CV、学園では生徒会をやるような優等生で素直で優しい妹。お兄ちゃんLOVEで隙あれば迫ってくる言葉責めに弱い娘に、中家志穂さん。
その同級生で下宿屋の妹で真面目できつい性格だが性欲が強くHな娘に、唯香さん。
小料理屋の女将でもある優しい癒し系の姉で何故か男運がなく一人身。酒癖が悪くて脱ぎ癖があるHなお姉さんに、野々村紗夜さん。
主人公の担当編集者で仕事は熱心だが私生活はグダグダな子どもっぽい外見に反しSっ気の強い女に、神坂秋穂さん。
妹たちと同級の資産家のお嬢様でレズっ気があり時に妄想ダダ漏れの男嫌いのお嬢様に、小日向なつさん。


 

sisters 〜夏の最後の日〜PLAYABLE DEMO 体験記2

体験日:2011/06/06
発売日:2011年04月28日

いつになったら出るのか、そもそも発売される日が来るのか、ファンをやきもきさせ続けたJelly Fishの新作がやっとこ出たようです。

緑豊かな田舎で暮らす姉妹とその母の女所帯。その家に夏休みにごやっかいになる事になった少年の一夏の体験。
恋愛アニメーションAVG。

キャラ、シナリオ、って程の長さはありませんでした。あくまで動きを確認するためのDEMOですね。

絵、結構綺麗なのですが、影のつけ方が濃過ぎてどうにも女性の体が角張って硬そうに見える、ですが動きは柔らかいので、なんか違和感がします。

全編アニメなのはいいのですが、廊下を歩くといったつまらないシーンでも飛ばせないっていうのは、かなりの難点。
本編もシナリオ的には、とても短かったようです。

Hシーンをアニメで愉しみたいという方以外には、お勧めしません。しかも、姉の方はそのシーンも少なかったそうです。
妹狙いで、綺麗なアニメを愉しみたいなら、どうぞ。

CV、お転婆で負けず嫌いでも寂しがり屋な妹に、氷室百合さん。
フルートが趣味のおっとりした優しい姉に、桃井いちごさん。
クールで知性派に見える(?)が結構大雑把でドジな母に、湖月紅れ葉さん。


 

Stellar☆Theater ENCORE 応援4

発売日:2011年06月24日

Stellar☆Theater Stellar☆Theater

この地球は狙われている!! さまざまな異星人から狙われる地球を守るべく、特殊な能力に目醒めた者『星霊』。中でも『十二星座』と呼ばれる者は、強大な力を持つ。
主人公は、ちとおバカな普通の学生だったのだが、次期『十二星座』を決める試験に協力者として関わる事になり、さらには異星からの来訪者が巻き起こした事件の解決に尽力した。
と、そこまでが前作。このアンコールは、その後のアフターストリー。この街に集結していた4人の十二星座も帰り、主人公達は平穏を取り戻していた。
しかし、そこに現れたのが、蟹座の十二星座『七色真白』。
運命と宿命をこよなく愛する十二星座が、兄への一途な愛を貫く少女と出会い、その愛に打たれ健気な彼女の夢を叶えるべく行動を開始する!!
もう一度だけ記憶に触れる恋愛AVG。

「将来の夢は、お兄ちゃんのお嫁さん」とためらいもなく公言し、「お兄ちゃん好き好きオーラ」を辺り一面に撒き散らす純愛少女『橘皐月』がメインのアフターストーリーのようです。
気立てがよくて家事万能という完璧少女なのに、兄への献身が過ぎて、時に道理すらも踏み越える盲目の愛の虜『橘皐月』の恋の行方は?
地球の平和を守る正義の味方であるはずの『十二星座』が、その絶大なる力を持って、一人の少女の恋の橋渡しとは……なかなか良いおバカっぷりです(笑)。

にしても本編からまるっと2年開いて、アンコールって、大丈夫なのかしらん? と、つい余計な心配してしまったので、応援にバナーを置いてみました。

ちなみに前作の体験版の記事は、こちら

 
プロフィール

しょうさん

EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ