しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

2012年07月

美少女万華鏡 -忘れな草と永遠の少女-体験版体験記3

体験日:2012/07/27
発売日:2012年07月27日

応援中?


今回の主人公は心臓病を抱えた体の弱い学生。かつてはそれなりに活発な性格だったのだが、突然の引越しと共に音信不通となった初恋の少女に裏切られたような思い抱え、病状の悪化もあって今ではすっかり虚無的な暗い性格となっていた。
そんな時に、2年ぶりに初恋の彼女が帰ってくる。何事もなかったかのように、以前と変わらぬ屈託のない笑顔を浮かべる彼女に……。

キャラ、ストーリー主導でキャラがメイクされてます。その分、キャラ主体でストーリーを作るよりも矛盾は少ないです。
裏事情のあるキャラなので、その辺りで評価は変わりそうですが、印象はいいです。

シナリオ、幻想風味ですが、3,000円未満の廉価ソフトですし、そう重厚長大なテーマではなく、こじんまりと纏まった作品になっていそうです。途中から始めるにも入り易いですし、気楽に楽しめそうです。

絵、八宝備仁さん。綺麗です。今作では淡い色使いですが、充分色っぽい。

CV、のんびり天然系の少女。かいがいしい性格で新体操の選手でもある学園のアイドル的存在だがドジっ娘でもある初恋の乙女に、御苑生メイさん。
主人公の幼馴染みで明るく気さくな優等生だがアニメオタでもある少女に、佐倉もも花さん。
不思議な雰囲気で年上にも口の悪いクール系美少女に、真中海さん。
旅館の中居さんに、相原悠帆さん。

てにおはっ! 〜女の子だってホントはえっちだよ?〜体験版体験記3

体験日:2012/07/23
発売日:2012年07月27日

【てにおはっ!】応援バナー


主人公は怠惰な性格の学生。強引な先輩に騙されて名義だけは[知的文化研究同好会]の部長になっている。
[知的文化]と称して放課後思い思いに集まって、ダラダラとゲームをするだけの同好会で、男は主人公一人のハーレム状態?
なにやらオイシイ事がありそうな無さそうなまったり不思議空間で、ヤりたい盛りの主人公は……。

キャラ、タイトルの通り積極的というかナニと言うかの女の子ばかりで、女性主導のエロが展開します。そういう女の子だって事を前提に考えれば、こんなものかと。

シナリオ、最初のHまでが意外と長い。その分キャラはしっかり描かれていますが、ちょっとダレますね。さらに主人公が怠惰な性格なので、全般にダレダレの雰囲気。キャラ同士の会話、掛け合いとかテンポは、悪くないです。
Hの時まで煮え切らない態度ですので、受け身嗜好でない人には合わないでしょう。

システム、射精のカウントダウンとか、Hシーンの編集モードとか、抜きゲーとしてのシステムを装備してます。 

絵、アマクラさん。そこそこ綺麗で色っぽい……まあ、前の方が良かった?

CV、明るく人当たりの良い同級生で主人公との付き合いはそこそこ長い娘に、東かりんさん。
マイペース毒舌娘の後輩に、青空ラムネさん。
あっちこっちにコネを持つ謎の権力者の先輩、妖しい魅力と弄り癖のあるくわせものに、民安ともえさん。
何かと主人公に突っかかってくる口の悪い娘だが、意外と人が好い少女に、楠原ゆいさん。
主人公に積極的にアタックする男の娘に、榊木春乃さん。

時計仕掛けのレイライン −黄昏時の境界線−体験版体験記3

体験日:2012/07/19
発売日:2012年07月27日

ユニゾンシフト:ブロッサム新作応援中


主人公は全寮制の学園の新入生。巨大な時計塔が特徴的なその学園は、昼と夜で全く別の顔を持つ不思議な学園だった。
魔術の遺品や魔力を持つ者を、封印・保護する事を目的に創立された学園は、夜には別の世界へと繋がり昼とは違う生徒を受け入れていた。
転校初日、アクシデントで高価な像を壊してしまった主人公は弁償の代わりに[特殊事案調査分室]なる部署で、魔術の遺品を廻るトラブル解決の為に働くことになる。
昼と夜の学園ブレイクスルーAVG。

キャラ、かなり癖が強い娘が多いです。魅力的ではありますけど、実際お付き合いするとなると考え直したくなるような。

シナリオ、謎が多く複雑な設定・世界観なのですが、基本説明されずに、置き去りにされたまま話が進みます。
何しろ、事情を知ってる人たちは、はぐらかして人を煙に巻くのが好きだったり、人を寄せ付けない態度だったり、訊かれない限り答えない少女だったりしますので。
習うより慣れろ! なのでしょうが、さすがに説明不足すぎ。
これで全ての謎が解明されて、綺麗にお話が纏まるのなら名作になるですが……細かい謎や矛盾はなおざりにされままで、すっきりしないストーリーになりそうな気がしてます。

絵、うらびさん、ぺろさん。かなり綺麗。

CV、冷静で理知的だが排他的な性格の先輩、二つの学園を行き来し問題を解決する役目を持つ娘に、森谷実園さん。
夜の学園の生徒で明るく人懐っこいが妄想暴走少女に、萌花ちょこさん。
凛とした雰囲気で真面目だが話せる性格の風紀委員の先輩に、かわしまりのさん。
好奇心旺盛・うわさ話大好きのクラスメイトに、平野響子さん。
大人しく怖がりのクラスメイトに、中家志穂さん。
落し物無くし物の多いドジっ娘だけどポジティブな夜の生徒に、まきいづみさん。
元気で面倒見のいい姉御肌の夜の生徒に、榛名れんさん。
いつもローテンションでボーとしている夜の生徒に、鈴谷まやさん。
やたらと芝居がかった意味深な喋り方をする若い(幼い)学園長の少女に、小倉結衣さん。
地下図書館に常駐する謎の女生徒。博識で物柔らかな物言いだが、応用が利かない点がある娘に、鶴屋春人さん。

イモウトノカタチ 体験版体験記3

体験日:2012/07/10
発売日:2012年08月31日

美優樹_720x120


大規模な土砂崩れを引き起こした15年前の豪雨災害により孤児となった主人公は、アルバイトで学費を稼ぎつつ施設で暮らしていた。
主人公は、15年前の災害で失われた住民のデーターの一部が回収・修復された事をニュースで知る。そして災害の時に生き別れとなった妹を探すために、かつての被災地を訪れる。
しかし、主人公のデーターは見つからず、手がかりも見つからない。諦めきれない主人公は、同じ境遇の少女と共に環境特区となったかつての被災地の学園に転校する。
妹探し恋愛AVG。

キャラ、イマイチ。それなりに魅力的ですが、なんかバランスを欠いたキャラが多い。騒がしいばかりで、心休まるキャラがいない。

シナリオ、展開は遅いです。まあ、何の手がかりもない状態で妹探ししてるのでは、進展しないのも当然ですが、それにしても遅い。
会話は結構楽しいのですが、楽しい漫才も何時間も聞いていれば、さすがに飽きてきます。
勢いだけの天然系の主人公……ヘタレよりはマシですけど、長時間付き合っていると疲れます。もう少し計画的に物事を進めるところがあってもいいと思うですけど。

絵、橋本タカシさん、武藤此史さん、こだまわささん。綺麗。

CV、純真(天然)で優しい娘、恥ずかしがり屋ですぐにテンパるドジっ娘に、卯衣さん。
独特な喋り方をする最新型人型介護ロボット、何気に上から目線で性格が悪い娘に、杏子御津さん。
お転婆なお嬢様で気の強いツッコミ役の同級生に、蒼原千佳さん。
主人公を追いかけてきた義妹。無駄にハイテンションで無鉄砲なブラコン娘に、姫川あいりさん。
全身麻痺の女の子で儚げな印象と裏腹に頑固な面もある娘に、夏野こおりさん。
礼儀正しくも気さくな生徒会長兼寮長で、お茶目な人だが怒らせると怖い娘に、水簾さん。
寮の後輩で素直な良い性格だが妄想ドライブを搭載してる娘に、三代眞子さん。
落ち着いた理知的な雰囲気の若い学園理事長に、斉藤雪江さん。
ぶっきら棒な口調の冷静な研究者だが内には情熱を秘めた女性に、理多さん。

紅神楽 体験版体験記3

体験日:2012/07/05
発売日:2012年07月27日

        
今度の主人公は塗り壁!? という事で[神楽]シリーズの新作は、ローグ式RPGから、再びタクティカルSRPGに戻って来ました。

退魔巫女との戦いに敗れた主人公は、石に封印されていたのだが、その間に故郷では、妖怪絡みの事件が起きていた。
その事件の調査の為に派遣されたのは、主人公を封じたヒロインだった。ヒロインと共に故郷に帰った主人公に、かつて主人公を慕っていた鬼娘は、父親殺しの冤罪を突き付ける!
反論の暇もなく、父亡き後のその土地の妖怪を束ねる鬼の三兄妹と戦いになってしまう。
主人公は、退魔巫女たちと手を組み、冤罪を晴らし事件解決に取り組む。

キャラ、イマイチ。なんか単純すぎる娘が多いです。

シナリオ、展開は早いし、読みにくいって事もない。ノリは悪くない。RPGのシナリオとしては、こんなものかと。

システム。クォーターヴューの3DSPRG。マップは狭いし、難易度は低め。クォーターヴューで、距離感が掴みにくいのに移動範囲や、攻撃範囲が表示されないのが辛い。
移動範囲・攻撃範囲とも2,3マスなので、慣れれば直感でわかるようになるとは思いますが。
今回は捕まえた妖怪同士を掛け合わせる合成といった要素もあります。

絵、山本和枝さん。綺麗です。 

CV、主人公を封じた巫女で生真面目で冷徹な性格、一方で単純で短気な面があり主人公にいいようにからかわれている娘に、伊東サラさん。
おとっとり天然系の巫女で病弱なのにお転婆で山歩きが趣味の大らかな娘に、青井美海さん。
危なっかしい姉の世話をする明るい性格の妹巫女でネットにも詳しいアイテム製作役に、水霧けいとさん。
単純で気のいい鬼娘で、気安い態度で敵対してる筈の神社に遊びくる鬼三兄妹の末妹に、民安ともえさん。

終わる世界とバースデイ 体験版体験記3

体験日:2012/07/01
発売日:2012年07月27日

応援中?


主人公と亡き親友の妹は、[てんくうタウン]という新興住宅地に二人で暮らす学生。
二年前に実の兄を事故で亡くしたショックにより、妹は主人公の事を兄と思い込む事でかろうじて精神のバランスを保っていた。
更に目が不自由というハンディを負った彼女を、亡き親友に代わり主人公は大切に守ってきた。
9月29日は、彼女の誕生日であり、亡き親友の命日でもあった。その誕生日の迫った時に、[てんくうタウン]のローカルSNSに流れる不確かな噂『2012.9.29.に世界が終わる!』
無論そんな噂を鵜呑みにする者は少数だった。しかし、密かな期待と不安を抱くものは者はいた。
仮初めの妹を守る事、それが全ての主人公には興味のない噂だったのが、思いがけないかたちで深く関わっていく事になる。
新・終末系恋愛AVG。

キャラ、問題児ばかりですが、その危うさゆえの可愛さもあります。とても面白いキャラしてます。
結構行動的な女の子、でも最後の一歩で弱気になる。イジイジ弱っていたかと思うと急に逆ギレ!? 驚いてる隙にまたイジイジモードに戻るという、弱よわツンデレ(笑)という残念可愛いキャラもいます。

シナリオ、主人公を始めとしてトラウマを抱えたキャラが多く、しかも終末系の物語ですから、明るく軽い展開とは行きませんし、突然DEATHってバッドエンドも多そうです。
読みにくいって事はないし、ノリは悪くないので、ソッチ系のお話が好きなら普通に愉しめると思います。

絵、司ゆうきさん。まあ可愛い。

CV、主人公と共に暮らす純真無垢な危うい雰囲気のある弱視の少女に、みるさん。
[大天使]ミカエルという名前に負けてる弱気なツンデレで主人公とは予備校仲間に、森谷実園さん。
重度のラノベオタクで周囲を凍りつかせる迫力ある毒舌の同級生に、桐谷華さん。
主人公の数少ない友人の自宅で警備のお仕事をするダメダメなお姉さんに、青山ゆかりさん。
常にハイテンションな後輩で微妙なセンスのギャグを飛ばすが面倒見の良い娘に、夏野こおりさん。
自宅警備の姉を心配する心優しい弟で、無理にメイド服を着せられている男の娘に、雪都さお梨さん。
livedoor プロフィール
EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ