しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

2012年10月

学園愛辱小夜曲 〜終わることのない絶望の宴〜 体験版体験記2

体験日:2012/10/29
発売日:2012年11月30日

主人公は心優しい真面目な生徒会長の少女。すでに母を失っているが、会社を経営する父のもと裕福に暮らしてきた。しかし、父の会社は傾きかけていた。
父の会社とその従業員を救うために、融資をしてくれた年の離れた男性との望まぬ結婚話を承諾した彼女は、せめて残りの学生生活を楽しもうと心を決める。
しかし、彼女は複数の不審者に拉致され乱暴されてしまう。婚約破棄を恐れた彼女は、頑なに口を閉ざす道を選ぶが、そんな彼女に容赦なく魔の手が迫る。

キャラ、極めて通り一遍で一面的、古臭い。

シナリオ、抜きゲーにしては、意外と展開が遅いと思えば、フルプライスでしたか。水増ししてくれても嬉しくないです。
そっちのシーンも、イマイチ尺が短く淡白。女性視点の輪姦モノなら、まだまだ終わりそうにない時の絶望感の描写とか欲しいところです。淡白な分、シーン数は多そうなのですが、どうも生徒会役員たちを巻き込んでの凌辱劇なるようです。返って一人あたりの分量が減りそうで、堕ちていく過程を愉しむには期待薄です。

絵、イッセーさん。綺麗だし、表情の付け方も上手く、艶っぽい。

CV、真面目で意志の強い優しい生徒会長、本作の主人公に、川野紗知さん。
おっとりしたお姉さんタイプでレズ気味の友人で副会長に、宮森ゆうさん。
明るく賑やかな性格の生徒会書記の少女に、有賀桃さん。
その双子で対照的な外見のボクっ娘で、さっぱりした性格の生徒会会計に、星りんさん。
生徒会顧問の母性的な女教師。新婚だが夫とはご無沙汰になっている女性に、ふじの沙織さん。

流星のアーカディア 体験版体験記3

体験日:1012/10/28
発売日:2012年10月26日

流星のアーカディア


主人公は、さすらいの転校生。数多の転校を繰り返してきたきた主人公が今度流れ着いたのは、なんでも願いを叶えるという[学園の秘宝]の伝説のある学園。秘宝を狙う公儀隠密たちが暗躍するその学園で、主人公は転入早々に[決闘]騒ぎに巻き込まれる。
[転校星]という星の力を持った主人公の活躍劇。
星と星が巡り会うAVG

キャラ、萌キャラではありません。時代劇とか西部劇調の芝居がかったキャラが多いです。面白くはありますが、可愛いかというと……。

シナリオ、世界観が極めて独特で、近未来って設定ですが、どっちかいうと、学園を舞台に西部劇めいた時代劇に中二病要素を盛り込んだ感じです。何を書いているか、よくわからないと思いますが、実際体験版をプレイしても、どんな世界だがよくわかってませんので、説明が……。
法の支配の行き届かない力こそが正義で、揉め事は[決闘]で決着をつけます。その[決闘]で勝敗を分けるのが[星の力]を発揮して放つ必殺技! という世界です。
テンポは良いし、会話も芝居じみてますがそれなりに楽しい。でも説明不足は否めないところです。
ニヒルな風来坊タイプの主人公は、なかなかツボなんですけど。

絵、明音さん、あかつきまおさん。まあまあ。輪郭が硬い感じ。

CV、人情に厚くお人好し、細かいことは気にしないちゃきちゃき江戸っ子な[留学星]の少女に、夏峰いろはさん。
生真面目な風紀委員長。正義感の強いお嬢様だが機転が効かず程いいイジられキャラの[優等星]に、香澄りょうさん。
学園の情報屋兼なんでも屋で、明るく大雑把な性格だが金には煩い[苦学星]の少女に、宮沢ゆあなさん。
寡黙で取り付く島もない態度だが、早とちりで熱くなり易い密命を帯びた[聴講星]に、雪都さお梨さん。
訳あって男装してる気さくな[同級星]、権力者の知人が多いなど謎のある少女に、神山吉華さん。
感情を表にしない薄幸の美少女。生徒会の所有物扱いだが、実は[秘宝]の鍵を握る少女に、卯衣さん。
小さな体に巨大な存在感を詰めた女王様な生徒会長。いつも余裕の微笑で他人の意見を聞いているが、時に無体な命令を下すカリスマの持ち主に、桐谷華さん。

祝福の鐘の音は、桜色の風と共に 体験版体験記3

体験日:2012/10/23
発売日:2012年10月26日

すたじお緑茶『祝福の鐘の音は、桜色の風と共に』応援中!


体験版の発表も遅れ、OHPの更新も少なめで、発売延期を危惧された作品ですが無事(?)発売されるようです。

主人公は貧乏な父子家庭の息子。しかし主人公の母は、駆け落ちした大財閥の娘だった。他に男子のいない大財閥の現当主は、主人公を跡継ぎと定め、自宅の館に呼びつける。
そして、紹介されたのは許嫁(!)のイトコだった。初対面の二人は、突然の結婚話に共に反発。結果、一年の猶予期間の間に、当主である祖父を納得させる花嫁候補を探すことになる。

キャラ、短い体験版でしたので、あまり詳しくは確認できてないのですが、極端に走りすぎてる感じがします。コメディにしても、もう少し抑えた方が。
しかも体験版の範囲では、可愛いな、と萌えさせてくれるシーンもありませんし。キツイ面やスッ飛んでるトコばかりが目立ってます。

シナリオ、テンポは悪くないし、キャラのやり取りもそれなり……なんですが、前作の[恋色空模様]の方がノリが良かったような……どこが悪くなったという訳でもないんですけど。主題・タイトルからいって、掴みとしてもっと華やかシーンがあっても良さそうな。

絵、あなぽんさん。かなり可愛いです。が結構荒いです。
背景、セレブっぽい上品さが出てません。お金持ちって設定は、背景にも相当力を入れないと、返って本当に残念な感じになりますね。 

CV、主人公のイトコで許嫁の少女。自らの出自に誇りを持っており、気が強く生真面目な努力家のお嬢様に、五行なずなさん。
天才的なピアニストの後輩。繊細だが素直な性格をしている娘に、西野みくさん。
小さい事にコンプレックスのある天然系の先輩。ランダムテレポート級の方向音痴で有力政治家のお嬢様に、咲ゆたかさん。
自由闊達な同級生、主人公に一目惚れし猛烈アタックしてる娘に、桜川未央さん。
巨乳天然系の元気印の主人公付きのドジっ娘メイドに、有栖川みや美さん。

月に寄りそう乙女の作法 体験版体験記3

体験日:2012/10/21
発売日:2012年10月26日

2012.10.26発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法』を応援しています!
主人公は大財閥の妾の息子。その生まれ故に本妻に睨まれた主人公は、過酷な環境を生きてきた。
主人公の兄に当たる本家の息子は、極めた選民思考と容赦無い実力主義のエリートセレブ。器用貧乏な主人公は、その能力を見込まれ兄の元で服飾関係の教育を受けるが、早々に才能に欠けると判断され、放り出される。
しかし華やかな服飾世界に惹かれ、尊敬するデザイナーも居る主人公は、諦めきれずにいた。
そんな時に、その尊敬するデザイナーが日本に服飾の専門校を開校させる事を知る。けれど、それは女子校だった。
セレブなお嬢様方も通うその女子校には、出資者のご令嬢を優待するため付き人を一緒に通わせる制度があった。自らの素性のために正規の受験をためらった主人公は、その学院でも一番のお嬢様のメイドとなって女装して学ぶ道を選ぶ。
〜 桜小路を陽が照らす 〜

キャラ、かなりアクの強い濃いキャラをした娘が多いです。気の強い中にも優しい一面も描かれてますし、傍若無人な振る舞いの中にも最低限の気遣いはあります。
素直に可愛いとはいいがたいですが、ユニークで面白いキャラはしています。毒のあるキャラたちの中で、純情可憐な主人公が一服の清涼剤。ま、主人公が一番可憐で清楚っていうのは、女装主人公モノのお約束ですね(笑)。

シナリオ、人物関係の裏設定など意外と凝った設定ですが、説明も上手いですし、セレブな雰囲気もとてもよく出ています。服飾関係のディティールの描写もしっかりなされています。皮肉のエスプリの効いた会話のやり取りも、かなり楽しかったです。
ただ、人間の悪い面、暗い面も出すぎてる気もしますが、人の良い主人公が全体の雰囲気を救ってます。そういう意味でも、よく練れたシナリオです。

絵、鈴平ひろさん、西又葵さん。名コンビ復活?
綺麗ですけど、今作では塗りが白すぎる気がしてます。ルナ=月光のイメージなのでしょうか?

CV、人付き合いが苦手でそれを隠そうともしない尊大なお嬢様。しかし才能に溢れ、時に優しい心遣い見せる小さなアルビノの主人公の雇い主に、卯衣さん。
運送業で一代で財を成した家の娘。お転婆で元気な娘だが、幼い頃に会った主人公に一途な恋をしており、乙女らしい一面を持つお嬢様に、森谷実園さん。
スイスからの留学生。極めて高いプライドと才能を持ち過剰なライバル心を燃やすイジられキャラの貴族のお嬢様に、五行なずなさん。
着物のデザインでは有名な旧華族のお嬢様。男性が苦手でおっとりした優しげな雰囲気だが、意外に押しの強い面もある娘に、星咲イリアさん。
主人公の上役でもあり、学院の講師でもある有能な女性。かなり手厳しい教育役だが、お仕えするお嬢様に心酔しており、時に照れ屋な所をみせるメイド長に、松田理沙さん。
恩義あるお嬢様に過剰に心を寄せるあまり主人公を敵視する根暗な毒舌少女に、丹下葉子さん。
お嬢様の男嫌いを矯正するために男装する付き人。普段はこの中では常識人だが、血が滾ると新大陸で先住民の中で修行した経歴が暴走する女性に、民安ともえさん。
主人公の妹で、毒舌クール系のブラコン娘。主人公の前ではだらしないが普段は楚々とした令嬢を装っているお嬢様に、咲野かなでさん。

恋色マリアージュ 体験版体験記3

体験日:2012/10/08
発売日:2012年10月26日

ま〜まれぇど新作第7弾『恋色マリアージュ』


主人公は老舗温泉旅館の跡取り息子。小さいながらも格式を誇る旅館も、不景気には勝てず経営の危機を迎えていた。
そんな旅館に舞い込んだ融資の条件は、[結婚]だった!? 新興財閥のお嬢様が婚約者として、礼儀作法を習うために主人公の元にやってくるのだが……。
「旦那様、お風呂にします? ご飯にします? それとも、婚約解消?」
前途は多難なのだった。

キャラ、なかなかに面白いキャラしてます。まあ、萌えキャラですけど。
イロイロと外れたキャラたちですけど、どのキャラも人付き合いで大切な思いやりは、しっかり押さえているのは、好印象。

シナリオ、全体のテンポも良いし、キャラ同士の掛け合いも楽しいです。
主人公のキャラは、一見お調子者のセクハラ発言ばかりのおバカなスケベですが、実は細やかな心配りのできる完璧超人です。完璧すぎて嫌味ですが、そこが気にならなければ、文章的にもかなりお上手だと思います。
温泉旅館の経営立て直しのお話になるようです。キャラはともかく、ストーリーの主題はかなり地味ですね。

絵、さそりがためさん、ちこたむさん、村上水軍さん、かなり可愛いです。構図に凝りすぎて、ちょっと荒れてる絵もありますが。

CV、人見知りで意地っ張りなお嬢様、でも健気な頑張り屋さんでもある主人公の婚約者に、本山美奈さん。
主人公の幼馴染みで旅館の手伝いをしてるクラスメイト、元気で無鉄砲な残念系の娘に、御苑生メイさん。
北欧の王族とのハーフのお嬢様。おっとり穏やかな性格で、絵の才能のある主人公の妹分に、遠野そよぎさん。
礼儀正しい常識人なのだが、お世話してるお嬢様の事になると途端たがが外れる過保護なお姉さんに、松井彩夏さん。
旅館の仲居、冷静で容赦無いツッコミ役、黒い発言の多い女性に、一色ヒカルさん。
その姉で、やはり仲居をしているおしゃべりでノリの良い娘に、木下ややさん。
迫力がある厳格な女将で主人公の祖母に、松田美菜さん。

エロに定評のあるま〜まれぇどですが、この作品でもエロに力を入れているらしいので、そっちの意味でも期待大です。

花色ヘプタグラム 体験版体験記3

体験日:2012/10/07
発売日:2012年10月26日

花色ヘプタグラム 応援中!


両親の都合で東京暮らしをしていた主人公は、夜毎の夢に現れる少女に呼ばれるようにして、10年ぶりに故郷の温泉街に帰ってくる。
故郷の温泉は、昔は修験者たちがその湯に漬かる事で霊力を得たとの伝説ある霊験あらたかな修行場だった。今は自然豊かでのどかな温泉郷となったその故郷に、不思議な霊的な事件が頻発していた。
ひょんな事から、幼馴染みの少女がその解決に奔走してる事を知った主人公は、彼女を助けて事件の解決に協力する。

恋集う、そこは不思議な花色温泉郷
故郷ぬくもりAVG

キャラ、特徴的な娘、独創的な娘っていうのは居ません。そういう面白みはありませんけど、普通に描けているし、可愛いです。

シナリオ、展開は遅め、起きている事件も緊急を要するような直ちに危機が迫る大事件はないので、[温泉ぬくもり]に相応しくのんびりまったりムード。
主人公は、お調子者で鈍感なスケベ……というありがちのキャラですが暴走する事は少なく、おしなべて起伏に欠け少々硬さを感じる文章です。変に奇抜に走って、すっ転ぶよりはマシですが……。

絵、萌木原ふみたけさん。綺麗で可愛いです。
 
CV,幼馴染みの旅館の跡取り娘、照れ屋で意地っ張りの素直になれないお年頃の少女に、藤森ゆき奈さん。
都会からきた休養中の芸能人、洗練された雰囲気と人付き合いの良さを感じさせる娘に、桜小路薫子さん。
お花の手入れが趣味のおっとり天然系の礼儀正しい後輩の娘に、蔦若葉さん。
学院生でありながら学院長でもある小さな先輩。横柄な態度でからかい癖のあるイロイロと謎の少女に、雪都さお梨さん。
尻尾と耳のある小さな少女の姿の土地神様。無邪気で素直な性格のようだが何やらお困り事が……に、志木こよみさん。
縦長の瞳がチャームポイントのクラスメイトでのんびりした喋り方だが働き者の優しい娘に、卯衣さん。
若いながらしっかりした温泉旅館の女将に、葉月さん。
ドMででしゃばりな雑巾に似たネコ型の神様に、なかせひなさん。

僕だけの少女 〜狂おしいほど君が好き〜体験版体験記2

体験日:2012/10/03
発売日:2012年10月26日

僕だけの少女 応援中!


主人公は財閥の跡取り息子。幼くして母を亡くし、父に捨て置かれた主人公は暗い性格に育っていた。お金持ちに対するやっかみから、イジメの対象となった主人公は不登校となり、ますます鬱積していく。
そんな主人公を慰め受け入れてくれた唯一の存在、それは無邪気な少女だった。
その少女が、いずれはその無垢さを失っていく事に気づいてしまった主人公は、彼女を手に入れるべく行動を起こす。

キャラ、かなり単純で底が浅い、その分判り易いキャラと言えます。性格の悪さも際立ちますが、後腐れなく報復するにはいいかも。

シナリオ、館モノ要素のある作品ですので、そういうムードを出そうとしてるようですが……、テンポを悪くしているだけのような。
半端に設定を盛り込むよりも、ガシガシやりまくる方が良かったです。そうでなければ、逆にもっと背徳的な描写を増やして完全に館モノにしてしまうか。
ミドルプライスというお値段に合わせて、内容も中途半端?
「狂おしいほど君が好き」ってキャッチコピーほどの狂気は、全く感じませんでした。 

絵、泉水りこさん。ちょっと可愛いけど、かなり荒い。

CV、心優しい無邪気で天然系の少女に、明智メイさん。
警戒心の無さすぎる親友を心配する気の強い失礼な少女に、あさり☆さん。
主人公付きのメイドで機械のように忠実で冷静な人形めいた女性に、奥川久美子さん。
無神経でお節介な幼馴染みの少女に、mahiloさん。

竜翼のメロディア -Diva with the blessed dragonol-体験版体験記3

体験日:2012/10/01
発売日:2012年09月28日

竜翼のメロディア 応援バナー


8曲のボーカル曲を含む音楽をテーマにした作品で、竜と歌の本格ファンタジー世界が舞台。

この世界では、かつて聖竜と邪竜の戦いがあった。聖竜と契約を交わす事で奇跡の力を秘めた歌声を持った人間と聖竜が力を合わせて邪竜を退けて、多くの時が流れた。
元より数の少なかった竜は戦いにより更に数を減らし、半ば伝説の存在となっていた。その伝説の聖竜が守護する主人公の国は、歌そして音楽を大切にする平和な国。主人公はそんな国の音楽院に通う学生。
作曲家を志す主人公だが、主人公の曲は独創的な上に弾きこなすのが難しい難曲で、なかなか周囲の理解を得られず、日頃の素行の悪さもあって落ちこぼれ状態。
そんな主人公と義妹の暮らす家の庭先に突然落っこちてきた不思議な生物、それは……。

キャラ、音楽がテーマって事で、天才肌の繊細ながらも破天荒な奇人・変人ばかりかと思いきやそんな事もなく、普通とはいいませんが、まあいつも通りな感じです。

シナリオ、軽薄で無礼な主人公の言動が気にならなければ、読み易いし、テンポも悪くない。会話のやり取りは、いつもよりクドく感じましたが、それも主人公の性格のせいですね。その軽い性格のお陰で、むやみに堅苦しい雰囲気にならずに済んでるという面もあるので、軽いのが悪いとも言い切れないのですが。
ファンタジーとしての世界観は、体験版部分だけではチラ見せで、全体像は見えませんが……あまり凝った設定を期待しない方が良さそうです。
音楽がテーマのファンタジーというので、華やかで繊細な雰囲気の作品をちょっと期待してみたんですけど、やはり(?)そういう作品ではなさそうです。

絵、てんまそさん。ここのところ変化中ですね。まだ安定しませんが、もう一化けすると、何か掴むのかも。

CV、素晴らしい歌声の持ち主で、意外とお転婆の頻繁にお城を抜け出すお茶目な王女様に、佐藤しずくさん。
少々人見知りだが、健気な頑張り屋さんでお人好しのブラコンの主人公の義妹に、榊原ゆいさん。
高名な音楽一家のお嬢様、数少ない主人公の曲の理解者でやや天然気味の先輩に、鮎川ひなたさん。
王女様の付き人の生真面目で冷静な性格の小柄に体格に似合わぬ巨大ハンマーを振り回す護衛役に、雪都さお梨さん。
研究科の学生で変人扱いの研究生には珍しく社交的だが、不幸体質でいつもお金に苦労してるためシビアな性格の娘に、桐谷華さん。
ドラグノールの子、可愛い外見にそぐわずなかなかに辛辣な口をきくが世間知らずで好奇心旺盛なミニドラゴンに、藤咲ウサさん。
はきはきした姉御肌の酒場の娘に、みすみさん。
気品がありながらも物柔らかな雰囲気のまだお若い女王陛下に、桜川未央さん。
アバウトなところがあるが生徒思いの音楽院の女性講師に、かわしまりのさん。
プロフィール

しょうさん

EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ