体験日:2014/04/18
Qoo brand
発売日:2014年05月30日

「魔女こいにっき」応援中


学園のはずれの森にある時計塔、古くからあり様々な噂・都市伝説のあるその時計塔に、友人たちと夜に訪れたヒロインは、時計の文字盤から落ちてきた不思議な日記帳を拾う。
そこに綴られていたのは、彼女と同じく寂しい境遇の少年の日々。
乱れた暮らしを送るその少年に反発を覚えながらも、日記帳の内容に惹かれてしまったヒロインは、日記帳の謎に迫る。

小さな町を舞台に、一冊の日記をめぐり、
少女の初恋の…失恋の物語がはじまります。

――あなたを好きになりました 日記を買いました。
花と散る日々を、つなぎあわせておくために。――

 
キャラ、傍若無人で無神経な言動があったか思えば、繊細な一面を見せるとか、不安定なキャラが多いです。一貫性はありませんが、ぶれてるという感じではありません。あと、斜に構えたようなひねくれたキャラも多いです。性格的には、可愛いかというと微妙です。

シナリオ、[鏡の国のアリス]をオマージュした不思議系ファンタジー、細かな矛盾や語られない謎は多いのですが、まあそういう世界なのでしょう。
プロローグでは、基本ヒロイン視点で話が進みましたが、全体がそうなっているかは、不明です。文章は少々固め。急展開の時など、ちょっと置いてけぼり感があります。
SAGA PLANETいた時以上に、シナリオの新島夕色が強く出てますので、好き嫌いがはっきり分かれそうです。

絵、狗神煌さん、朝倉はやてさん、小桜りょうさん、白もち桜さん。すごく綺麗ですけど、エロくはありません。

CV、一人暮らしをする純情な恋に恋するお年頃の少女に、楠原ゆいさん。
町の名家の娘で学生でありながら学園理事も務める。誇り高く責任感も強いが、感情的で流され易い娘に、千葉山もみじさん。
その補佐をする双子の妹。知的で冷静だが、人前で話すのを苦手にしている娘に、結衣菜さん。
時計塔の下にある教会のシスター、極端な潔癖症でマイペースの電波系に、佐本二厘さん。
写真・報道部の先輩、人が良く面倒見も良い少女に、森川ゆゆさん。
人を寄せ付けぬ雰囲気の同級生。学園をサボりがちな魔女に、山田ゆなさん。
親しみ易いが少々頼りない新前担任教師に、鹿野まなかさん。
映画好きでマイナーな外国映画に一家言を持つ少女に、橘まおさん。
ヒロインの友人で噂好きでお調子者のトラブルメーカーに、星野ゆうさん。
ヒロインの友人その2。落ち着いた性格の引き止め役に、美空なつひさん。