体験日:2008/11/20
by あっぷりけ‐妹‐
発売日:2009年01月22日

才気煥発才色兼備の君たちへ!


主人公は身長148cmの可愛い男の子。お人好しの性格もあって、すっかり学園のマスコット扱い。
主人公の通う学園は、経営方針の違いから、東西に分かれた二つの学園となっている。伝統を引き継ぎ裕福な子弟と優秀な成績の特待生のみが通うお金持ち学校と、広く門戸を広げた庶民的な学校が、一枚の塀を隔てて隣接しているのであった。
まったくタイプの違う二つの学園が隣り合うことで当然巻き起こる諍いを調停し、予算配分を決めるために行われるのが、”AGバトル”と呼ばれる東西交流戦。
主人公は、庶民的な学園の生徒会長を努める幼馴染を手伝う形で、AGバトルに関わっていくことになる。
天才型ドタバタAVGだそうな。

キャラはとても良くたっている。自由奔放な行動派でかつ常識・良識完備なんて絶対無敵な死角なしの少女を破綻なく描けるのは、ちと感心してしまいました。
ただ、ヒロインが全部”天才”であるので、皆それぞれに一般人からかけ離れている。よく描けているが、”萌え”と両立しているかというと、ちと怪しいものがある。

シナリオのテンポも悪くない。ギャグの切れ味は、イマイチかと思いますが、派手な展開で飽きさせません。

絵、ちと癖がありますか。一癖も二癖もある強気少女ばかりなんで、つり目が多いのも気になります。

CV、目標は”そーりだいじん”なる事と公言して憚らない無敵生徒会長に、春乃伊吹さん。
主人公の妹で、半分ヒキコモリの天才ハッカーに、みるさん。
質実剛健な無敗の女性武道家に、美月さん。
文武両道の完璧お嬢様に、風音さん。
理系天才少女に、桜坂かいさん。