体験日:2008/11/29
by ApRicoT
発売日:2008年12月26日
『 メイプルカラーズセカンド 』応援中!

お調子者だけど、最後の最後いざという時に度胸が足りない主人公は、転校早々に、騒動に巻き込まれ、問題児の吹き溜まり、2-Bに転入させられることなる。
しかも、彼の巻き込まれた騒動が原因で、2-Bのクラス全員が、停学処分となる。停学を取り消すには、学園祭である紅華祭で、優勝しなくてはならない。
はたしてクラス全員が個性的過ぎて、団結力を欠く2-Bを纏め上げ、優勝を果たす事はできるのでしょうか。

キャラ立てって点では、文句なし。バラエティ豊かな女の子たちを見事に描き分けてます。
全般に、おバカが過ぎる気もしますけど、コメディーだしねぇ。

シナリオ、学園側・体制側の理不尽さが際立ちます。騒動に巻き込まれただけの生徒も一緒に処分? しかもクラス一同連座制? ありえんしょ。
いや、その理不尽さに腹を立てて行動を起こす物語だから、これでいいんですけど……。
その理不尽に真正面から闘おうとする主人公たちって、おバカ? 
ま、テンポも悪くないですし、読み易いです。

ゲームを彩り、随所に出てくるミニゲーム。反射神経、リズム感とも壊滅的な人間には……悪夢です。お助けカードを使っても、藍ちゃんを捕まえるのに5、6時間? リトライ数にいたっては、数え切れません。

絵、TOMAさんでしたか。良いお仕事ぶりです。文句なく可愛い。

CV、クラスの纏め役、鉄火の将棋娘に、ひびきりんさん。
控えめな委員長で鉄火娘の抑え役に、緒田マリさん。
ケモノ耳とシッポがチャームな元気娘に、佐々留美子さん。
ほんわり天然娘に、草柳順子さん。
野太刀を担いだ侍娘に、茶谷やすらさん。
自己陶酔、自己中のお嬢様に、三国あすかさん