体験日:2013/12/12
GLace
発売日:2013年12月27日

Timepiece Ensemble


主人公たちの通う学園では、学園祭が迫ろうとしていた。主人公の所属する[賽の目クラブ]は、アンティーク調のネカフェを開くべく準備を進めていたが、時間が足りず初日に間に合いそうになかった。
買い出しに出掛けた主人公は、路地裏に見慣れぬ雑貨屋を見かける。その雑貨屋の店主だという不思議な少女は、「時間を買わないか?」と持ち掛ける。お試しだと言ってプレゼントしてくれた1日、主人公以外には気付かれない余分な1日のおかげで準備は終わり、無事に開催日を迎える事ができた。――不思議な文化祭が始まろうとしていた。
学校に泊まろうAVG

キャラ、ライターさんの前作ALcotハニカム[1/2summer]でも、そうでしたが、純情そうな娘が突然に大胆な事を始めるのは、このライターさんの癖、好みなのでしょうか? 活動内容も曖昧なほのぼの仲良しクラブという雰囲気で、キャラも普段はそれっぽいのに、乖離してる感じです。
結構、裏の思いまで細やかに描かれているのですが、説得力という点では不足している様に思います。

シナリオ、ちょっと不思議系で、のんびりまったりムード。ネカフェは大人気でとても繁盛しているのですけど、忙しない感じは、全然ありません。
展開は緩やかですが、テンポは悪くないし読み易い。

絵、せせなやうさん。柔らか綺麗系。

皆を引っ張っていく元気娘、昔は内気な性格で甘えん坊だった。今でも実は主人公のフォローを頼みにしている娘に、美月さん。
主人公を[お兄ちゃん]と慕う巫女さん。無口でマイペースな読書家で、根は素直な性格に、桐谷華さん。
カリスマ生徒会長にして漫画家兼同人作家、マルチに活躍するお嬢様。気さくな性格で直裁的な表現を好む娘に、海原エレナさん。
運動が得意で背の高い女の子。さっぱりした性格で勉強もできる、女の子にモテモテの娘に、木ノ下とまりさん。
PCと料理を一手に預かる主人公の妹。クールな口調だが、よく気のつくしっかり者に、桃井いちごさん。
12の歳で亡くなってしまった幼馴染みの双子の姉、時折妹の身体に取り憑いて現れる明るい娘に、羽鳥いちさん。
不思議な雑貨屋の店主、意味深な喋りをする少女に、秋野花さん。
その使い魔のナマイキな口をきく二足歩行猫に、藤咲ウサさん。