体験日:2014/06/18
ensemble SWEET
発売日:2014年07月25日

『彼女はエッチで淫らなヘンタイ』2014年7月25日発売予定


主人公は学園の創業者の血筋で現学生会長。かつては栄華を誇った実家も今はすっかり落ちぶれ、学園も廃校の危機。主人公の祖父に恩を受けたという名家から援助と縁談の話が持ち上がり、主人公の許嫁としてお嬢様が転校してくる。
突然の縁談に色めき立ったのは、主人公を狙っていた学生会の面々。同時に三名からアタックを受けるのあった。
しかし、婚約者を含めて4人は、みんな淫らなヘンタイさんだった!?

キャラ、それなりに個性的ではありますが、薄いし硬い感じ。萌えはありません。

シナリオ、説明的でノリは悪い。萌え目的にしては、可愛いシーンやいちゃラブはないし、抜き目的にしては余計な説明が多い。どこを狙ったのか、単に水増ししてるのか、読んでいてつまらない。初デートで寄り道もなしに主人公の部屋に直行とは、手を抜きすぎです!!
そっちのシーン、主人公が基本受け身なので、個人の嗜好によっては合わないでしょう。ドMというふれ込みの相手にも、受け身の部分が出てしまって責めが甘いし、とってもチグハグで情けない事になってしまっています。

絵、空維深夜さん、観音王子さん、蟹屋しくさん。悪くはないのですが、アップの演出が多用されているので、粗が目立ちます。

CV、生真面目な大和撫子なのだが二人になると積極的な娘に、小倉結衣さん。
クールだが結構押しの強い匂いフェチの娘に、このえかずこさん。
気の強い自信家だが詰めが甘いドMな娘に、渋谷ひめさん。
浮世離れした箱入りお嬢様の許嫁で露出趣味の娘に、榊木春乃さん。
庶民的で常識人、お兄ちゃんっ娘な妹に、ヒマリさん。