体験日:2014/06/23
Whirlpool
発売日:2014年07月25日

G.I.B. ガールズ・イン・ブラック 応援バナー

 
主人公はゲームが好きな学生。学園からの帰り道、いきなりUFOにアブダクション(拉致)されかける。そこを助けてくれたのは、同級生の黒い制服の少女だった。
主人公は、秘密裏に宇宙人関連のトラブルに対処する組織、M.I.B.にスカウトされる。

キャラ、空回り、天然、煩い、三人のメインヒロインたちをそれぞれ一言で現すとこんな感じです。あまり魅力を感じません。

シナリオ、狙ったのは、ハチャメチャな電波系スラップスティックコメディだったのでしょうが、テンポが悪く、恐ろしくつまらない。ボケばっかでツッコミ役はいないし、全体にリズムも悪い。
少し不思議なお話のムードを作るのは上手いライターさんですが、こういうぶっ飛んだハイテンションコメディを書くのは無理だったようです。

絵、てんまそさん、Rけんさん。絵は良くなってきたのに……。

CV、真面目で責任感は強いがドジっ娘なM.I.B.職員にして同級生に、上原あおいさん。
転校してきた宇宙人のおっとり系お嬢様。日本に憧れているが、その日本観はズレまくってる娘に、御苑生メイさん。
UFOと宇宙人が大好きでかなりイっちゃってるハイテンション義妹に、百瀬ぽこさん。
主人公たちのM.I.B.での上司で、まだ若いがお仕事は優秀で、人当たりの柔らかい女性に、くすはらゆいさん。
UFO研究会の部長、口調は丁寧でゆっくりだが内心はかなり熱い娘に、小倉結衣さん。
主人公たちの母で、出版社努めのキャリアウーマン。仕事が忙しく留守がちなので、子供たちの事を心配している女性に、海原エレナさん。