しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

みる

イノセントガール 体験版体験記3

体験日:2014/01/08
Front Wing 
発売日:2014年02月28日

『イノセントガール』2014.2.28発売予定


海外へと出掛ける両親に放り込まれる形で、妹の通っている芸術学園へ転校する事になった主人公は、個性的すぎる芸術家の卵たちと共に寮生活をスタートする。
主人公は怖すぎる見た目とは裏腹に、中二病全開のキラキラなポエマー(笑)だった過去があった。その黒歴史としてとっくに埋めたはずの経歴は入寮初日にバレてしまう。
捨てたはずの過去と対面させられた主人公は……。

キャラ、今回は芸術家の卵って事で、前作に増して壊れてます(笑)。面白いキャラしてるし、それなりには可愛い。

シナリオ、会話のテンポも良いし、読み易い。少々、シモネタギャグがくどいところもありますが、抜きゲーですしそれも有りでしょう。
主人公のポエム、ヘタウマなキラキラ感がすごく良く出てて、なかなかにツボりました(笑)。

絵、ななかまいさん。色々と荒いながらも、とても可愛い。

CV、水にこだわる絵描きで、口数が少なく集中力の凄いマイペース型の娘に、桃井いちごさん。
明るく元気に兄にアタックをかけるお兄ちゃんっ娘の妹で歌手に、小倉結衣さん。
主人公の幼馴染みで寮の管理を一人で頑張るしっかり者だが、純粋で素直な娘に、ヒマリさん。
色っぽい小説家の卵、官能小説の取材と称して色々エロエロする先輩に、御苑生メイさん。
見た目はロリな男の娘にして学園の理事長。色々とぶっ飛んだ言動で主人公にアプローチしてくる存在に、みるさん。
ゆるい性格の寮母さん。立体モノの芸術家だったが今では娘と炬燵に依存し自由な生活をおくっている人に、桃也みなみさん。

そして煌く乙女と秘密^5 体験版体験記3

体験日:2013/10/03
発売日:2013年11月29日

応援中?


超絶シスコンの主人公は、心配症で小市民の妹の悩み「お嬢様学校で浮いてしまわないか」を解消するために、一緒に女子校へ通う事を決意する。
女子校に通うために女装する主人公だが、線の細い美少年とは真逆の筋肉質で大柄の体格で、どうみてもバレバレ!?

キャラ、面白可笑しいキャラが多いです。ヒロインたちは全員男性が苦手で、無知からくる勘違いでとんでもない奇行に走ります。
残念萌え、おバカ可愛い。

シナリオ、今回の体験版ではキャラ紹介が目的で、シーンは飛ばし飛ばし上に短いものでしたので、詳しい事はわかりませんでした。
設定からしてギャグ寄りですが、想像以上のおバカゲーでした。テンポも良いし、楽しいスラップスティックコメディ。

絵、生名多聞さん、丹羽香ゆあんさん、麻の葉さん、かのらさん。基本、可愛い系というか幼い系? そこそこ絵柄に違いがあります。

CV、小心者で小市民な妹、ブラコンで少々思い込みが強い面があるが素直で優しい娘に、田中理々さん。
元気で活発で世話焼きな演劇部長、勘違い耳年増で男性相手だと支離滅裂で攻撃的な態度になる娘に、民安ともえさん。
一見無口だが実は小声で毒舌を吐いている演劇副部長に、藤森ゆき奈さん。
明るく元気で健気な娘、調子に乗り易くユニークな男性アレルギー体質の同級生に、夏野こおりさん。
ちびっ娘の保険医。結構優秀なのだが男性恐怖症で視界に入っただけで慌て出す女性に、みるさん。

HHG 女神の終焉 体験版体験記3

体験日:2013/09/20
発売日:2013年11月29日

応援中?


[Hyper→Highspeed→Genius]の設定と主人公コンビを受け継いだ新作。一応、前作を未プレイでも愉しめるとの事ですが、やっておいた方が良いでしょう。

神より授かりし[能力](ギフト)と呼ばれる奇跡的な力を持つ少年少女[守護者](ジーニアス)たちが特権を受け、特に強い力を持つ[守護者]の少女[聖女]が支配する世界。
主人公は、記憶を失った状態で目覚める。主人公を介護していた少女、妹によると数日行方不明になっていたと知らされる。
何も思い出せない心もとない状態で[守護者]たちを育成する学園に戻った主人公は、[聖女]が支配する世界に対する疑問を思い出す。主人公は、この世界を破壊し変革する事を望んでいた。
そんな主人公の前に謎の少女が現れ命を狙われるが、相棒である悪魔=妹のおかげで難を逃れ、ここ数日の出来事以外の記憶の多くを思い出す。
記憶を完全に取り戻し世界を改革するために、主人公の新たな戦いが始まる。
世界を越える高速思考。真・ピカレスク風純愛AVG

キャラ、前作で一番人気だった妹=悪魔っ娘は、相変わらず素敵な性格してますが、今作の[聖女]候補たちはちとネタに走りすぎていてイマイチ。

シナリオ、読み易い文章ですし、ギャグのキレもそれなり。前作で悪ぶっている割にお人好しだった主人公は、今作ではすっかり萌えキャラ扱いになってます(笑)。まあ、前作でも頭脳派の割には隙だらけのギャップのあるキャラでしたから、それを逆手に取ってネタとして使ってます。

絵、ミヤスリサさん、桜沢いづみさん、ななせめるちさん。ユキヲさんが抜けてしまったのが残念ですが、それなり可愛いです。

CV、落ち着いた性格で気遣いの上手な妹、人懐っこい態度で主人公を誘惑してくる知識の悪魔に、澤田なつさん。
最も[聖女]に近い候補者として祭り上げられていたため世間知らずな天然系で健気なドジっ娘の時間停止能力者に、桐谷華さん。
元気で明るく気さくな冗談っぽい態度の時期騎士団団長で他者の能力をコピーする能力者に、みるさん。
三つの[能力]を持つ天才少女。好奇心旺盛でマイペースな天才肌の娘に、Nonokaさん。
眠そうなだるい様子だが[聖女]至上主義の護衛役で反射能力者に、小倉結衣さん。
穏やかでにこやかな表情の裏で殺人衝動を秘めた物騒な娘で読心能力者に、木村あやかさん。
元気で偉ぶった態度の強気な性格だが残念属性の変装能力者に、佐藤しずくさん。

ナマイキデレーション 体験版体験記3

体験日:2013/06/27
発売日:2013年07月26日

【ナマイキデレーション】応援中!


主人公は、いささか不真面目な劣等生。夏休み前、追試でなんとか補習を免れた主人公だったが、[文化祭実行委員会]の役職を押し付けられてしまう。進学校である主人公の学園では、文化祭はそれほど盛り上がる行事ではなく、文化系の部活などが地味に成果を発表するだけで、出店などは一切ないシンプルなものだった。それでもその運営役を一手に引き受ける[委員会]それなりの重労働。まずは他の委員集めから、活動をスタートする。

キャラ、どのヒロインも[ナマイキ]、とは微妙に違うような? 主人公が気さくというより、適当でいい加減なヤツですので、そもそも立ち位置的に[ナマイキ]な立場になりませんから。
個性は強烈ですけど、人の話を聞かないキャラが多く、可愛いって観点からは微妙です。

シナリオ、テンポはいいし読み易い文章ですけど、ギャグの切れはイマイチ。
つまらない文化祭の実行委員会ってお話もどうでしょう? まあ、委員会活動などそっちのけで、いちゃラブできればいいんですけど。

絵、Syrohさん。結構、可愛い。

CV、ご近所の幼馴染みで明るく元気、主人公にべた惚れで積極的に迫ってくる娘。成績優秀で水泳部員としても活躍中の下級生に、小倉結衣さん。
クールで真面目な性格の主人公の妹。基本は優等生だが主人公には毒舌な娘に、みるさん。
熱血で正義感の強い空手娘。口より先に手(というか足)の出る性格で勘違いも多い下級生に、鈴谷まやさん。
口調は尊大だが結構フレンドリーな天才発明家。飛び級で学園に転入した天然系のちびっ娘に、金田まひるさん。
BL・乙女ゲーをこよなく愛し、いい加減で面倒臭がりな担任教師に、手塚りょうこさん。
生真面目で融通の効かない生徒会長に、渋谷ひめさん。
主人公の友人で女子力の高い男の娘に、八ツ橋きなこさん。
おっとりして優しい演劇部長だが芝居の事になると性格の変わる娘に、金松由花さん。

終わる世界とバースデイ 体験版体験記3

体験日:2012/07/01
発売日:2012年07月27日

応援中?


主人公と亡き親友の妹は、[てんくうタウン]という新興住宅地に二人で暮らす学生。
二年前に実の兄を事故で亡くしたショックにより、妹は主人公の事を兄と思い込む事でかろうじて精神のバランスを保っていた。
更に目が不自由というハンディを負った彼女を、亡き親友に代わり主人公は大切に守ってきた。
9月29日は、彼女の誕生日であり、亡き親友の命日でもあった。その誕生日の迫った時に、[てんくうタウン]のローカルSNSに流れる不確かな噂『2012.9.29.に世界が終わる!』
無論そんな噂を鵜呑みにする者は少数だった。しかし、密かな期待と不安を抱くものは者はいた。
仮初めの妹を守る事、それが全ての主人公には興味のない噂だったのが、思いがけないかたちで深く関わっていく事になる。
新・終末系恋愛AVG。

キャラ、問題児ばかりですが、その危うさゆえの可愛さもあります。とても面白いキャラしてます。
結構行動的な女の子、でも最後の一歩で弱気になる。イジイジ弱っていたかと思うと急に逆ギレ!? 驚いてる隙にまたイジイジモードに戻るという、弱よわツンデレ(笑)という残念可愛いキャラもいます。

シナリオ、主人公を始めとしてトラウマを抱えたキャラが多く、しかも終末系の物語ですから、明るく軽い展開とは行きませんし、突然DEATHってバッドエンドも多そうです。
読みにくいって事はないし、ノリは悪くないので、ソッチ系のお話が好きなら普通に愉しめると思います。

絵、司ゆうきさん。まあ可愛い。

CV、主人公と共に暮らす純真無垢な危うい雰囲気のある弱視の少女に、みるさん。
[大天使]ミカエルという名前に負けてる弱気なツンデレで主人公とは予備校仲間に、森谷実園さん。
重度のラノベオタクで周囲を凍りつかせる迫力ある毒舌の同級生に、桐谷華さん。
主人公の数少ない友人の自宅で警備のお仕事をするダメダメなお姉さんに、青山ゆかりさん。
常にハイテンションな後輩で微妙なセンスのギャグを飛ばすが面倒見の良い娘に、夏野こおりさん。
自宅警備の姉を心配する心優しい弟で、無理にメイド服を着せられている男の娘に、雪都さお梨さん。

Princess-Style 体験版体験記2

体験日:2012/03/27
by Meteor
発売日:2012年03月30日

『Princess-Style』応援中です


主人公は成金の息子。強引な父は、共学となったばかりの名門元女子校への転入を決め、慌ただしく転校・入寮する事になる。
ところが男子寮の個室には、すでに先客が居た!? 北欧の小国のお姫様さまだという彼女は、大使館住まいを嫌い侍女を連れて空き部屋だった主人公の部屋に住み着いていたのだった。
強引な姫様に押し切られる形で、奇妙な同居生活が始まる。
ノーブル舞台でいちゃラブAVG。

キャラ、どうもメインヒロインのお姫様のキャラたてに失敗した感じです。強引なワガママ姫ですが、それなりに優しいトコや可愛らしい一面も描かれてはいます。けど、どうもちぐはぐで散漫な印象。
[男子寮でお姫様と同居]という設定がぶっ飛びすぎていて、それがキャラメイクまで影響してる気がします。
他の攻略ヒロインのキャラは、それなりいい娘なんですけど、やっぱり微妙にキツすぎる点も。

シナリオ、元名門女子校である作品の舞台には、[麗人会]という差別主義に凝り固まった旧態然とした支配組織があり、その組織との対立が共通部のメインストーリーになるようです。
陰険で陰湿、ある意味いかにもノーブルなお嬢様学園らしいです。しかし、ノーブル舞台というので、もっと華やかで優雅な雰囲気を期待していた人に取っては期待外れでしょう。
主人公のキャラも卑屈で後ろ向きなのがマイナス。それでもヤル時はヤル、やればできる子なんですが、そこまでがウザい。
個別に入ってからは、いちゃラブな雰囲気も楽しめそうではあるのですが……。

絵、原画はYuyiさん。かなり可愛いです。
ですけど、今回は塗りが劣化してます。背景もノーブルな学園に相応しからぬチープな場面があります。
 

CV、北欧の小国のお姫様。世間知らずでプライドが高くわがままだが、素直で子供っぽい面もある同級生に、小倉結衣さん。
武家のお嬢様で気さくでさっぱりした性格だが気が短いトコロのあるの同級生に、桃井いちごさん。
幼馴染みのお嬢様で、愛情表現過多のおっとり天然系の上級生に、御苑生メイさん。
小さくてしっかり者の後輩で冷静ではっきりした物言いする地方財閥のお嬢様に、みるさん。
無口でほとんど口を開かないお姫様付き忠実な侍女に、永野まどかさん。
[麗人会]会の会長で高慢な気取り屋に、花見るんさん。
[麗人会]のNo.2で、にこやかな態度だが裏を感じさせる娘に、葵時緒さん。
[麗人会]のNo.3で取り澄ました陰謀家に、御子神猫さん。
極めて堅い性格の風紀委員長に、湖月紅れ葉さん。
真面目な風紀委員だが素直で小心な下級生に、葉村夏緒さん。

 

Marguerite Sphere ―マーガレット スフィア―体験版体験記3

体験日:2011/10/31
by Meteor
発売日:2011年04月22日

茉莉のこと……お兄ちゃんなら応援するのは必然


マーガレットの咲き誇る海辺の田舎町のちょっと不思議な恋物語。
主人公はちょっと難儀な性格の双子の妹を溺愛するシスコンで、妹につきあって美術部に所属している。妹を守って平和に暮らした所に、不思議な占い師が現れ、別れていた幼馴染みの一人も戻ってきて、慌ただしい風が吹き込む。
恋花占いAVG。

キャラ、可愛いです。個性というか、癖というかが一風変わっていて、面白いけどなかなかに強烈です。まあ許容範囲内?

シナリオ、テンポは遅め、ギャグのセンスは独特というかちと古め? 基本はラブコメですが、そこそこシリアス、世知辛いが、ほんわか雰囲気って感じ。読み難くはないですが、意外と人を選ぶかも。

絵、Yuyiさん。かなり可愛い。

CV、学園では生真面目で仕切り屋の鉄面皮の毒舌クール系だが本当は甘えん坊で控え目な性格の双子の妹に、みるさん。
才色兼備の運動神経抜群の学生会長で自他ともに厳しい性格だが特異な難病持ちで町長のご令嬢に、芹園みやさん。
逆境に負けない明るく元気で人懐っこい子犬系少女に、小倉結衣さん。
気の置けない幼馴染みの少女でラクロスの特待生の元気な気の強い娘に、青山ゆかりさん。
フード姿の怪しい女性、馴れ馴れしく妙にノリがいい謎の占い師に、榎津まおさん。
お仕事で留守がち調子の良い主人公の母に、春日アンさん。
町長の秘書で堅苦しく真面目な性格の女性に、御苑生メイさん。
子犬系少女の母で線の細い薄幸の美女だがバイタリティはある人に、このかなみさん。
おっとり天然系の担任教師で美術部顧問に、かわしまりのさん。
横暴・適当・気分屋だが実力はある美術部長に、金田まひるさん。
新入生の真面目で礼儀正しい娘でミーハーな面がある少女に、氷室百合さん。
素直で健気な子犬系少女の弟に、逢川奈々さん。

めちゃ婚! 体験版体験記3

体験日:2011/09/27
発売日:2011年04月08日

めちゃ婚!−onomatope*


お金持ちは奥さんをたくさん娶って、たくさん子供をもうけなさい。
少子化対策でそんな法律のできた近未来の日本が舞台。父母の事故死によって、思いがけず早くに遺産を相続してしまった主人公は、学生の身でありながら、早急に5人の妻を娶る必要に迫られる。
身近な女の子たちにプロポーズし、なんとか結婚した主人公は、5人の新妻と新しく家族関係を結んでいく。
ハートフル・ファミリーハーレムAVG

キャラ、いろんな娘が揃ってるし、それなりに描けてます。可愛いトコも抑えるべき点は、抑えている感じ。
ツンデレさんも、むやみに理不尽な娘じゃなくて、ちゃんと聞き分けのできる娘として描いてるし。

シナリオ、読みにくいってほどじゃないけど、会話とか説明とか、くどい印象。でもまあ、優柔不断でじれったい主人公ですが、締めるトコでは、しっかり決めているので、そう悪くはない。
ハーレムものですが、むやみなキャットファイトは少なく、基本ラブいちゃムード。
Hシーンも多めで、3Pも充実してるみたいです。

絵、瑠奈璃亜さん、蒔田真記さん、成沢空さん。複数ですが、総じてレベル高め。

CV、のんびり天然さんの幼馴染みでお料理上手な娘に、姫川あいりさん。
素直になれないツンデレ娘、口より先に手の出る性癖に級友に、みるさん。
訥々した喋りの本好きの少女で遠慮がちな性格の下級生に、夏野こおりさん。
父の秘書だった実務能力の高い頼れるお姉さんで私生活では意外とおちゃめな人に、かわしまりのさん。
ネット友達だったデイトレーダーの女の子、はっきりした物言いで口は悪いが見極め能力は高い娘に、新堂真弓さん。

どうして抱いてくれないのっ!? 〜女の子だってヤりたいの!〜体験版体験記3

体験日:2011/08/15
by chococo
発売日:2011年08月26日

chococo「どうして抱いてくれないのっ!?」応援中!

主人公は悩み多きモテナイくん。次から次へと告白しては、フラれ続ける空気の読めない軽薄な男。
記念すべき666人目に主人公を振ったのは、帰国子女の魔法使い?
そのあまりのモテナイぶりに、何やら感銘を受けたらしき彼女は、主人公に[魅了]の魔法を授ける。
女の子を魅了することはできるが、Hしてしまうと主人公の存在そのものを忘れてしまう副作用付き魔法を身につけた主人公。
しかし、ヒロインたちはいずれもHに好奇心いっぱいなので[魅了]の影響で積極的に迫ってくるのだった。

キャラ、普通に萌えキャラ。キャラによって過剰だったり、逆に物足りなかったり、どっちにしても微妙ですが、それなり。
主人公のキャラは、他のゲームでは主人公の友人役をやっているような軽薄セクハラキャラ……感情移入しにくそうな?

シナリオ、いまいちテンポ悪い。まあ、焦らされゲームですし、それであってるのかも? ないのかも?
Hしてしまうと記憶がなくってしまうので、その直前の前戯系のプレイが多めです。ある意味、本番してしまうよりHな気はしますね。

絵、いま二つ。

CV、クールビューティの転校生で魔法使いに、桃井いちごさん。
人の良い世話焼き幼馴染みだが報われない娘に、逢川奈々さん。
男性恐怖症気味の礼儀正しいお嬢様で図書員の先輩に、遠野そよぎさん。
学園のアイドルを演じるツンデレ暴力お嬢様だがそっちの時は意外を奉仕好きに、青山ゆかりさん。
その双子の姉でマイペースぼんやり娘に、まきいづみさん。
主人公を慕う可愛い男の娘に、藤咲ウサさん。
面倒臭がりながらも結構生徒思いの学園長に、みるさん。

 

妹恋 〜しすこい〜体験版体験記3

体験日:2011/07/05 
by Etoiles
発売日:2011年07月29日

「妹恋(しすこい)」2011年7月29日発売予定

主人公と妹二人は、母親は他界し父は海外出張中のために、三人暮らし。
毎晩、兄妹で一つのベッドに寝て、三人一緒にお風呂に入っちゃう! 程のとっても仲良し三人兄妹だったのだが……。
転勤先の父から衝撃の情報がもたらされる。双子の姉妹だと思っていた妹たちの一人は、実の兄妹でなくて養子だった! しかもどちらがそうなのかは、まだわからないという!
妹たちの片方と血が繋がっていないと知ったお兄ちゃんは、妹たちに女性を感じてしまうのだった。
妹イチャイチャ系AVG。

キャラ、可愛いのですけど、個性って意味じゃ弱いかな。ツンデレ娘が、必要以上にキツくないのは、好評価。

シナリオ、展開がやたらと遅いです。退屈してしまいます。サブキャラに魅力がないのも、面白みに欠ける理由かな。

絵、moricさん、雨音颯さん、たかとうすずのすけさん。それぞれ趣は違うのですけど、かなり高レベル。

CV、素直になれないツンデレ娘の双子の姉でスレンダーな元気少女に、上田朱音さん。
お兄ちゃん大好きべったり甘えん坊な双子の妹に、藤森ゆき奈さん。
内気で少し人見知りな文芸部員のお嬢様でも何気にダイナマイトボディに、みるさん。
ご近所の世話焼きお姉さんでしっかりしてて学園でも人気者に、寿々樹桂さん。
ゴシップ大好きアクティブでアグレッシブな新聞部員に、ひなき藍さん。
その友人でぶっきらぼうな男口調の律義者に、雪村とあさん。
さばけた性格の担任教師で文芸部の顧問でもある女教師に、かわしまりのさん。

主題歌の「CandyPop-Love」、メインヒロイン役のお二人(藤森ゆき奈さん、上田朱音さん)が歌ってます。可愛くてポップな曲です。


 
livedoor プロフィール
EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ