体験日:2010/02/21
by P-factory
発売日:2010年02月26日

新作「甘い刻」2010年2月26日発売決定!


主人公は、かつて柔道の才能を見せたが、現在は面倒くさがってやめている事以外は、極普通の学生。
そんな主人公を、夜な夜な悩ませるのは、悲恋に泣く女の子の夢。しかも、身近な担任の先生、幼馴染みの少女を思うたびに、心が揺れ動きます。彼女たちと、悲恋の女の子の関係は?
宿世恋愛AVG。

キャラ、通り一辺で魅力に欠けます。性格の悪い女が、意地の悪い事するのもいいですけど、そういうシーンは、コミカルに笑い飛ばせるシーンにしないと、後味悪いです。

シナリオ、セリフ回しにわざとらしく白々しいのが、目立ちます。展開も遅く退屈。

絵、平木直利さん。まあまあです。

CV、ほんわかトロくて人の良いドジっ娘先生に、ayakaさん。
優等生で活発な幼馴染みに、まきいづみさん。
おっとり控え目なお嬢様に、草柳順子さん。
元気な甘え坊の後輩に、深星京香さん。
ツンケン高飛車お嬢に、三芳葉子さん。
お堅い完璧主義の委員長に、平岡月歌さん。
とある秘密を持ったオカルト少女に、花房陽菜さん。
自己中で陰湿な女教師に、蒼天はるかさん。

役と声があってない人もいます。まあ、脚本も悪いんで声優さんのせいではないと思いますが。