しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

北見六花

晴のちきっと菜の花びより 体験版体験記2

体験日:2014/08/02
Parasol
発売日:2014年08月29日

『晴のちきっと菜の花びより』応援中です!


主人公は花屋の息子。突然の体調不良により一ヶ月ほど入院したおかげで、せっかく二年になったというのに、新しいクラスに出遅れて参加する事になる。
転校してきたせいで、やはりうまくクラスに馴染めずにいる少女と知り合った主人公は、彼女に付き合って園芸部の再建に力を貸す。

キャラ、ロリ系の二人は、まあまあ可愛いのですけど、不思議系は判断材料不足。先輩は、はっきりいってうるさいしわずらしい。
で可愛い方の二人も、女の子の狡い面、わがままな面が出すぎです。暗めでシリアスな設定もあって、もはやエグいです。
男性キャラはサブも含めて、とっても嘘臭いし薄っぺらいです。特に酷いのが主人公で、うんざりするほど鈍感でイライラするほど優柔不断、そのくせ妙な気配りはできる……気色悪さでは、[恋がさくころ桜どき]よりはマシですけど、苛立つ度合いはこちらのほうが高いです。
うーん、女性視点で典型的なエロゲのヘタレ主人公を見るとこんな感じなのでしょうけど、本当にダメ主人公です。

シナリオ、ともかくまどろっこしい展開が遅いし、会話も不自然とは言わないけど、面白みもない。何より、主人公が中途半端なせいで、読んでいて本当に不快でした!!
周囲と主人公の記憶に齟齬があるなど、夢オチかループ系の仕掛けのある物語のようですが、伏線の貼り方の甘さからして、上手く纏められるとは思えません。読み手そっちのけの楽屋落ちに終わりそうです。

絵、ちこたむさん、魚さん、桜はんぺんさん。そこそこ落差があります。

CV、人懐っこい子犬系の転校生。明るく振舞っているが超貧乏な娘に、杏子御津さん。
一つ下の幼馴染みで同居人、家事を一人で受け持つしっかり者。無邪気なふりで主人公に迫ったりする甘えん坊な娘に、北見六花さん。
自称ボランティア部の先輩、明るくノリが良く積極的でお節介な娘に、春乃いろはさん。
いつもローテンションで口数が少ないクラスメイト、何故か主人公には興味を示し、世話を焼いたりする不思議系に、星咲イリヤさん。
真面目で努力家な舞台女優の卵。主人公のお店の常連さんなのだが、主人公は覚えていない娘に、遠野そよぎさん。
街で見かける着物姿で花を売る少女。無愛想な電波系の娘に、卯月美沙緒さん。
先輩の歳の離れた妹で、明るくて元気な子に、鈴田美夜子さん。

Clover Day's 体験版体験記3

体験日:2014/03/03
ALcot
発売日:2014年03月28日

ALcot『Clover Day's』応援中!

10年前、イギリスの養護施設にいた主人公は、日本の貿易商に養子として引き取られ日本で暮らすことになった。
日本語も満足に話せなかった主人公だったが、双子の妹たちに支えられ、親切なクラスメイトの女の子の助けもあって友達もできた。
そうしてできた仲良し幼馴染みたちだったが、今度は画家の双子の娘たちと別れる事になってしまう。
それから10年、海外へと引っ越していたその双子がこの街へと帰ってくる。
豊穣なる日々<クローバーデイズ>は、ここから始まる――

キャラ、とても可愛い萌えキャラです。メインだけで6キャラもいると、さすがに多少属性かぶっていますが、上手く描き分けています。ただ、どのキャラも微妙にウザい、微ウザ萌え?
[Clover Heart's]は、過去の精神的な葛藤を乗り越えて大人への一歩を踏み出すという少年・少女たちの成長物語でした。その続編である[Clover Day's]のキャラたちも、それなりの過去(トラウマ)持ちのようですので、最近のALcot路線とはだいぶ違う色合いの作品になりそうです。

シナリオ、会話は最近のALcotらしい感じで、パロも織り交ぜながらテンポ良く進みます。
しかし、全体のストーリー展開は、10年前の回想シーンが随所に入ってくる事もあって、かなりゆっくりです。仲間を思いやる優しさに溢れた暖かな関係を丁寧に描いてます。
意味不明な銃撃戦(笑)とかはなしで、綺麗にお話を纏めてくれれば、それなりに良い作品になりそう。

絵、仁村有志さん、ちこたむさん、鳴海ゆうさん、SDにあおなまさおさん。やっぱり可愛いです。
 
CV、素直で純情な甘えん坊の妹に、桐谷華さん。
クールな大人を目指すしっかり者の妹、でも背伸びしている様子が丸わかりのチョロイン系の妹に、黒須桐子さん。
口数が少なくマイペース不思議系・天才肌の絵描きの卵に、北見六花さん。
その双子の妹で家事万能のしっかりした娘、姉に心酔していてその他にはドライなボクっ娘に、北見六花さん。
優しく面倒見の良い幼馴染み、焦ると関西弁がでちゃう娘に、遠野そよぎさん。
意地っ張りで素直じゃないが人一番感傷的、主人公のライバルを自称する騒々しい残念系女子に、楠原ゆいさん。
読書家で控え目な性格の病弱なクラス委員長に、一ノ宮葵さん。
主人公たちの家のメイドさん、明るくお茶目な性格だが、怒らせると怖い絶対君主に、ひな葉月さん。
学園の養護教諭、適当な性格の自由人で、オヤジ趣味丸出しの言動が残念すぎる美人さんに、青山ゆかりさん。
主人公にしか見えない幼ない少女。見た目より遥かに大人びた事を言うが、基本は明るくお茶目な性格の娘に、藤崎ウサさん。

まじかりっく⇔スカイハイ 〜空飛ぶホウキに想いをのせて〜体験版体験記3

体験日:2013/11/27
発売日:2013年12月20日

まじかりっく⇔スカイハイ 応援バナー


主人公は魔法学園の生徒。座学も魔法もパッとしない主人公だったが、空を飛ぶ事だけは誰にも負けなかった。
魔法で空を翔けるのが大好きな主人公が、いつもの様に夜のフライトを楽しんでいると魔力の流れが乱れ、森の遺跡に墜落してしまう。その遺跡で見つけたのは、空を飛ぶ為に創られた箒だった。
一本の箒を手に入れた主人公の空を翔ける物語が始まる。

キャラ、ちょっと極端すぎる傾向、こだわりが強すぎる傾向があり、単純な気もしますが、可愛い。
主人公も熱血鈍感バカがすぎるけど、まあヘタレよりはよっぽどマシです。

シナリオ、テンポは悪くないし、読み易い。ギャグの切れはイマイチです。
主人公・ヒロインたちのキャラは、まあ悪くないのですが、外野のモブキャラがウザい。コソコソと陰口を叩いてる様子が、なんとも嫌らしい。嫉妬から来ているのは明らかなので無視に限るのですが、やっぱり鬱陶しい。

絵、水鏡まみずさん、キグナスさん。綺麗です。

CV、主人公の幼馴染み、真面目な優等生だが天然系で甘えん坊、意外と意地っ張りでもある娘に、北見六花さん。
魔力は高いのだが制御が苦手な落ちこぼれ仲間。健気で頑張り屋な同級生に、御苑生メイさん。
世間知らずだが純粋で前向きな小動物系の人工精霊、新しい世界樹の管理人に、藤森ゆき奈さん。
最強のメイドさんを目指す厳しい先輩で鋭い洞察眼を持つ。主人公とは箒をめぐるライバルに、星咲イリアさん。
明るく無邪気でマイペースな箒の人工精霊に、桃井穂美さん。
手厳しく真面目でプライドの高い魔法使い名家の娘に、桃井いちごさん。

恋咲く都に愛の花束を 〜Annaffiare〜体験版体験記2

体験日:2013/07/10
発売日:2013年07月26日

「恋咲く都に愛の約束を 〜Annaffiare〜」情報公開中!


今より少し先の未来、人工島をまるごと巨大テーマパークにした施設が舞台。
主人公はその島に住む学生。その島の学園は、エンターテイメント施設の管理・運営を学び、将来はテーマパークの裏方として職に就く事を目的としていた。
学園ではテーマパークで実地研修するカリキュラムが、始まろうとしていた。主人公はそのカリキュラムを通して、女の子と思いを通わせ合うことになる。
孤島のテーマパークいちゃラブAVG

キャラ、普通。悪くはないけど、面白くもなく。そこそこ可愛いけど、コレってものはない。
結構キャラがブレてます。ギャップ萌えを狙った感じではなく、単に矛盾してる感じが残念です。

シナリオ、展開が遅いし、つまらない。以前どこかで見た読んだ萌えゲーの定番シーンが、いくつも出てきます。キャラ同士のやり取りも、とくに面白くもない。不自然だとか、引っかかるような場面はないけど、売りになるような独自色はない。
主人公の目的意識の無さも話がダレる原因かと。テーマパークの島に生まれたから、なんとなくこの島で生きていくかという感じで、どうも流されがち。それなりに地元に対する愛着とか誇りとかもあるのでしょうが、読んでいて伝わってきません。

絵、なつめえりさん、うらびさん、崎由けぇきさん、淡い塗りで綺麗です。

CV、お兄ちゃんっ娘な妹。しっかりしてるようで甘えん坊で、抜けている事も多い娘に、北見六花さん。
控えめでおっとりした幼馴染み。プリンセスエリアで主役のお姫様を射止めた天才アイドルだが、本人は平和なのんびり屋に、夏野こおりさん。
孤独を好みわざと攻撃的な態度を取る下級生。一方でイルカたちの前で素直な特待生の娘に、青葉りんごさん。
管理部主任であり、学園の教師であり、清掃員!? というマルチに頑張る気さくにセクハラするお姉さんに、一色ヒカルさん。
のほほんとして超絶天然系のお姫様の幽霊で、主人公にしか見えない娘に、遠野そよぎさん。
野次馬根性が強い学園の情報通な娘に、桃井いちごさん。
厳格な女教師に、相葉茉美さん。

天色*アイルノーツ 体験版体験記3

体験日:2013/07/03
発売日:2013年07月26日

ゆずソフト最新作天色*アイルノーツ


自信を失くし教師という職を離れようとしていた主人公に、大学の恩師から思いがけぬ依頼が舞い込む。
空に浮かぶ島[ライゼルグ]の女学園で、教鞭をとって欲しいと頼まれた主人公は、エルフやケモノ耳ある住民など暮らす不思議な島で、迷いながらも新たな一歩を踏み出す。
空にウキウキ*あまいろ新生活!

キャラ、心配になるくらい壊れたキャラもいますが、最低限の線はきっちり守ってる感じ。少なくても攻略キャラに無神経に感じる娘はいませんでした。
主人公は、トラウマ持ちのボクっこ先生(笑)……感情移入し辛い感じはありますけど。まあ、それでも意外と決めるべきトコでは決める主人公なので、そこまで酷い印象はないです。。

シナリオ、テンポも悪くないし、会話のやり取りもそれなりに楽しいです。一人称が[ボク]の真面目すぎる先生……作中で過去のトラウマを乗り越えて、教師としての自信を取り戻すことになるのでしょうけど、その場面をどこまで書けるで評価が決まりそう
なによりキャラ萌えって点では、相変わらず良いお仕事をされてます。

絵、むりりんさん、こぶいちさん、綺麗で可愛いです。
SD絵に、このわたさん。今回、SD絵を使ったシーンも上手く生かしてます。

CV、地元の名家のお嬢様。心遣いのできる優しい娘で成績も優秀なのだが、妄想暴走系のオタク娘に、北見六花さん。
日本からの留学生で、丁寧な言葉遣いの娘。かなり強引なS系ご奉仕をするメイドさんに、登代田瀬良さん。
主人公の従妹、気が弱く恥ずかしがり屋な娘に、夏野こおりさん。
下宿先の宿屋兼酒場の娘。明るく素直な性格のケモノ耳っ娘に、桐谷華さん。
同僚の数学教師で真面目な性格だが、アドリブに弱くテンパり易いエルフの女性に、雪野玉さん。
褐色の肌のローテンション不思議系娘、マイペースだがノリが良い教え子に、雪都さお梨さん。
イタリアから来たオタク。ハイテンションで押しの強い娘に、井ノ上花さん。
主人公の大学時代の友人で、現在は個人輸入業をやっている気取らない姉御肌な性格の女性に、真中海さん。

天色*アイルノーツ & カルマルカ*サークル 応援

天色*アイルノーツ
発売日:2013年07月26日
空に浮かぶ島[ライゼルグ]、中世風の町並みが広がりファンタジー世界でしか見かけないような住人の住むその島の女学院の新米教師のお話。


カルマルカ*サークル
発売日:2013年09月27日
[星渡り同好会]七夕の夜に星を渡り[カルマルカ]に接続を試みるという季節限定の胡散臭い電波系のサークル……なのに、学園理事のお墨付きで生徒会直属!?
変人揃いで統制の取れない謎同好会に引き込まれた主人公は、嫌々ながら行動を共にする事になる。
[カルマルカ]に接続した者は、ありとあらゆる束縛から解き放たれるというが……。


あま*カル合同バナーキャンペーン開催中!


またまた、ゆずソフトとSAGA PLANETSが合同でバナーキャンペーンをやるそうなので、両作品を応援する為にバナーを貼ってみました。

双子座のパラドクス 体験版体験記3

体験日:2013/04/29
発売日:2013年06月28日

応援中?
特殊能力開発科という人間の可能性を探るためユニークな能力の持ち主を優待する制度のある全寮制の学校が舞台。
ある日の放課後、その学校が残っていた生徒ごと異次元空間へと飛ばされてしまう。双子の兄弟の主人公たちは、一方はこちら側に残り、一方は異次元の校舎へと次元を隔てて別れ別れとなってしまう。
――そして世界は2つに隔たれ、僕達は矛盾する。

キャラ、一風変わったキャラもいますが、わりかしわかり易い典型的なキャラが多いです。その分、キャラはたってます。
事件の鍵を握る2つの世界に同時に存在する幼いキャラが、良い感じの存在感を出してます。

シナリオ、テンポも良く読み易い。この体験版では、とってもショッキングで続きが凄く気になるトコで終わっていて、そういう盛り上げる演出も上手いです。
前作[終わる世界とバースデイ]も上手くまとめて好評だったライターさんですし、似た傾向のストーリーなので、期待していいのではないでしょうか。

絵、司ゆうきさん、ミヨルノユメギさん。可愛いです。

CV、主人公たちの幼馴染みで強気な世話焼きツンデレに、北見六花さん。
その妹で弱気な人見知り少々天然系で健気な娘に、雪村とあさん。
近くの精密機器を狂わせるため孤独な娘。無口神秘系の腹ペコキャラに、松田理沙さん。
見たものを正確に記憶し細密に描写するサヴァン症候群の娘。精神・肉体とも発達が遅れており天真爛漫で無垢な言動をする。2つに世界に同時に存在する謎の娘に、民安ともえさん。
コギャル風を狙って外しまくる田舎娘。言動は軽いが、根は真面目で親切な姉御肌の頼りになる娘に、青山ゆかりさん。
クールな性格の教師で研究者。教育より研究優先の性格破綻者に、みるさん。
学園のマスコット、羊の着ぐるみの謎の人物。事件以降は、不審な行動を取るのだが……に、藤森ゆき奈さん。
 生徒会の副会長で、一見大和撫子風の落ち着いた性格だが、時折妖しい雰囲気で主人公に迫る娘に、かわしまりのさん。

ハピメア 体験版体験記3

体験日:2013/02/12
発売日:2013年02月28日

【ハピメア】応援バナー


主人公は、[夢]に悩まされる学生。
悪夢に悩まされていた主人公は、[夢]を全て[明晰夢]として見る事で、最悪の[悪夢]だけは見ないようにコントロールしてきた。それでは[夢]で脳を休める事ができないので、疲れ果てては倒れて[夢]も見ない眠りにつく。そんな不健康な生活を繰り返していた。
しかし、ある夜、最悪の[悪夢]の登場人物、黒衣の少女に再会してしまう。
再び始まった最悪の[悪夢]は、周囲の人々をも飲み込んで、紡がれていく。
『アナタはどんな夢を見る? 
 これは甘くて幸せな悪い夢のお話』

キャラ、うあぅ……Sっ娘ばかりです(汗)。とはいえ単に気の強い娘というのではなくて、優しさも気遣いあった上でトラウマまで抱えた複雑なキャラ立てをしてます。

シナリオ、[悪夢]の物語にふさわしくねっとりとした蜂蜜めいたテンポで進みます。主人公には心を壊しかねない重大な過去の事件(体験版の中では匂わせてるだけです)があって、その自責の念やら罪悪感やらも絡まって、もう胸焼けしそうなとびっきりの[甘さ]です。
甘美な[悪夢]の世界に浸ってみたい方向け。あんまり浸りきると社会復帰に時間がかかりそう……。
 
絵、克さん、月杜尋さん。つり目ととんがりお胸が特徴的。妙なエロスがあります。

CV、夢の中でしか会えない明るく人懐っこい性格の少女。正義感が強く主人公を助けてくれる娘に、北見六花さん。
妹的幼馴染みで心配症の優しい少女だが、一方で淡々とした口調で主人公を弄るSっ娘に、青山ゆかりさん。
帰国子女の金髪娘、猫をかぶっているが裏では結構な自由人の科学部部長の先輩に、風音さん。
口数が少なく皮肉屋なロックンロール少女。実はお嬢様だが駅前でギターを弾いていたりする後輩に、青葉りんごさん。
主人公最大のトラウマ、最愛の少女。再び[夢]に登場し、周囲の人々にも[悪夢]を振り撒く娘に、遠野そよぎさん。
科学部長の妹でやはりハーフだが、背が低く親しみやすい性格で彼氏持ちの同級生に、かわしまりのさん。
クールで真面目で過保護なお目付け役。妹的幼馴染みの世話をしてる女性に、平野響子さん。

遠野そよぎさんのナイトメア少女が、ハマりすぎ! チクチクとトラウマを弄ってくる感じがなんとも、そういう属性持ちには凄いご馳走です。

あえて無視するキミとの未来 〜Relay broadcast〜体験版体験記3

体験日:2012/11/03
発売日:2012年11月30日

ALcot ハニカム 『あえて無視するキミとの未来 〜Relay broadcast〜』 応援中!


主人公は予知能力を持つ学生。せっかくの能力ではあるのだが、かつて見えていたのに両親の事故死を止められた事があり、主人公は自身の能力を嫌っていた。
今では、ほとんどその力を使わず、少々周囲からやっかまれる程に、クラス委員長・放送部員として充実した青春を送っていた。
そこへ現在の家に養子に入る前の初恋の人、能力の事も含めて相談にのってもらっていた年上の女性にそっくりな転校生が現れる。 

キャラ、ともかくノリが良いキャラが多いです。とても楽しいのですけど、微妙に可愛いさからはハズれてるような。体験版の中で、キャラ自身が言ってますけど、互いの関係が気安くなりすぎて、トキメキに欠けますね。
でも、逆にいうとそれだけキャラ同士の関係性が描けているという事でもあります。

シナリオ、キャラ同士の会話、掛け合いはテンポも良く楽しいです。しかし、いつもいつも小芝居、ショートコントになってしまうので、全体のストーリー展開はゆっくりめです。
パロを含んだショートコントのノリが楽しめるなら、まあ良作だと思います。

絵、風見春樹さん、タコ焼きさん、Rivさん、それなりに可愛いのですけど、三人の絵柄にはだいぶ乖離が有りますので、違和感・不協和音になってますね。

CV、明るくさっぱりした性格で豪快なくらいに前向きな転校生に、北見六花さん。
クール毒舌系の義妹。残念なまでにブラコン娘に、雪都さお梨さん。
天然マイペースの先輩で放送部の部長。とつとつとした喋り方だが、心の広い優しい性格、学園長のご令嬢に、
上田朱音さん。
元気でノリの良い無防備な幼馴染み、でも距離が近くなりすぎていいムードになれない娘に、桐谷華さん。
転校生として帰ってきた幼馴染みその2、やはりノリが良く輪をかけてハイテンションな娘に、林田澄香さん。
影が薄く忘れられがちなメガネの副委員長に、水崎来夢さん。
天衣無縫、自由でワイルドな子供っぽいちびっ娘担任教師に、真宮ゆずさん。

学☆王 - THE ROYAL SEVEN STARS -体験版体験記3

体験日:2012/01/16
発売日:2012年01月27日

学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!


主人公は小惑星にある王国の王子様。地元にはない[学校]というモノに多大な憧れを抱き、学園都市国家[ジェネシス]の学園へと転入してくる。
しかし、やっとの思いでたどり着いた学園は、[ジェネシス]中枢の思惑で廃校寸前の状態で、生徒の数は主人公を合わせても7人だけ、授業もまともに行えない状態だった。
理不尽な[ジェネシス]体制側の仕打ちに立腹した主人公は、クラスの仲間達と共に立ち上がる。
学校に行きたくなるAVG。

キャラ、まあ悪くない。あまりにも考えが無さすぎな娘も居ますが、性格的には良い娘ですし。ツンデレさんも、理不尽な気はしない。

シナリオ、無駄に熱い主人公は、10歩譲って諦めるとしても、むやみと盛り込んだ設定が、全くもって本当に全然処理しきれていないのは、どうにもならないでしょう。
展開が遅いのに、説明不足で世界観がまるで見えてこない。そもそも、権力側は何がしたいのか全く理解できない。絶大な権力を持っているのに、何故それを間接的で非効率な使い方をしているのか、本当に謎です。
権力者相手に相手の決めたルールで戦いを挑もうという主人公たちも、ありえないでしょう。勝ち負けさえ好きに決められる相手に、勝てるわけがないし、勝った事にして貰ったとしても、ご都合主義がすぎて感銘も何も有りませんが?
権力側が何がしたいのか全然わからないので、対決軸がブレてしまって、いざ対決といっても全く盛り上がりませんし。

なんでLump of Sugarは、毎回、毎回、描き切れないような無駄に凝った設定をするのでしょう? 過去に学ぶ事はないのでしょうか?
不必要な設定を切り捨てる勇気も必要だと思います。

絵、梱枝りこさん。淡白な印象はありますけど、明るく華やかな絵柄で可愛いです。

CV、気の短く口喧しいところはあるが面倒見の良い優しい娘でクラス委員に、小鳥居夕花さん。
大らかで元気の良くやたらとノリの良い同級生の女の子に、薔薇百合さん。
ドジっ娘で小動物&天然系の後輩に、藤咲ウサさん。
そっけない喋り口調で毒舌家の小さいが妙に威圧感のある先輩に、北見六花さん。
90言語を操る才女だが玉の輿を夢見たりと妙な英語ジョークを発したりと残念なジェネシス側の教師に、なかせせなさん。
薬剤師の国際資格を持つ天才少年だがすぐにムキなる子どもっぽい面がある最年少の十一賢人に、理多さん。
ネット関連に精通した引きこもりオタク少女に、有栖川みや美さん。

 
livedoor プロフィール
EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ