しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

夏峰いろは

恋がさくころ桜どき 体験版体験記2

体験日:2014/03/29
ぱれっと
発売日:2014年06月27日

恋がさくころ桜どき

 
主人公はクールな見た目と裏腹に面倒見の良い学生。養護教諭の手伝いで恋愛の相談に乗っている内に、恋に幻滅し
「恋なんてするもんじゃない」と思うようになっていた。
しかし、そんな主人公が恋の賞金首になってしまう、更には自称[恋の妖精]という少女まで現れて……。

キャラ、可愛い可愛くないという前に、ウザい、面倒くさい、重たいかまってちゃんばかり。まあ、ある意味リアルなんでしょうけど、……理解不能です。

シナリオ、なんなのでしょうか、この乙女ゲーム臭。ヒロインたちが男性にとって都合のいい女の子なのではなくて、主人公が女性にとって都合のいい男になってます。
展開はゆったり目。会話の流れとかは自然なのですが、面白みはありません。
文章が下手というのではありませんが、全体に漂う乙女ゲーム臭にどうにもなじめません。特に主人公がホストみたいな感じの男で気色悪いです。

絵、和泉つばすさん。デッサンとか荒いけど可愛い。
結構お気にいりの絵師さんなんですけど、今回は見送ります。シナリオが、合わなすぎる!

CV、ノリが良くかなり強引な生徒会長さんに、夏峰いろはさん。
優しく控え目な幼馴染みで男性恐怖症の娘に、綾部結花さん。
生真面目で苦労性な風紀委員長に、近衛夜空さん。
クールでマイペース、将棋好きな妹で少々ブラコン気味の甘え上手な娘に、上原あおいさん。
自称[恋の妖精]浮世離れした天然系の謎少女に、咲智ゆんさん。
真面目な姉にコンプレックスを抱いている跳ねっ返り、ネタ命の新聞部の娘に、桐谷華さん。
面倒臭がりだが生徒から頼りにされている保健の先生に、丸ノ内霞さん。
親しみ易い性格の主人公たちの義母あり若い担任でもある体育教師に、加渕以乃さん。

流星のアーカディア 体験版体験記3

体験日:1012/10/28
発売日:2012年10月26日

流星のアーカディア


主人公は、さすらいの転校生。数多の転校を繰り返してきたきた主人公が今度流れ着いたのは、なんでも願いを叶えるという[学園の秘宝]の伝説のある学園。秘宝を狙う公儀隠密たちが暗躍するその学園で、主人公は転入早々に[決闘]騒ぎに巻き込まれる。
[転校星]という星の力を持った主人公の活躍劇。
星と星が巡り会うAVG

キャラ、萌キャラではありません。時代劇とか西部劇調の芝居がかったキャラが多いです。面白くはありますが、可愛いかというと……。

シナリオ、世界観が極めて独特で、近未来って設定ですが、どっちかいうと、学園を舞台に西部劇めいた時代劇に中二病要素を盛り込んだ感じです。何を書いているか、よくわからないと思いますが、実際体験版をプレイしても、どんな世界だがよくわかってませんので、説明が……。
法の支配の行き届かない力こそが正義で、揉め事は[決闘]で決着をつけます。その[決闘]で勝敗を分けるのが[星の力]を発揮して放つ必殺技! という世界です。
テンポは良いし、会話も芝居じみてますがそれなりに楽しい。でも説明不足は否めないところです。
ニヒルな風来坊タイプの主人公は、なかなかツボなんですけど。

絵、明音さん、あかつきまおさん。まあまあ。輪郭が硬い感じ。

CV、人情に厚くお人好し、細かいことは気にしないちゃきちゃき江戸っ子な[留学星]の少女に、夏峰いろはさん。
生真面目な風紀委員長。正義感の強いお嬢様だが機転が効かず程いいイジられキャラの[優等星]に、香澄りょうさん。
学園の情報屋兼なんでも屋で、明るく大雑把な性格だが金には煩い[苦学星]の少女に、宮沢ゆあなさん。
寡黙で取り付く島もない態度だが、早とちりで熱くなり易い密命を帯びた[聴講星]に、雪都さお梨さん。
訳あって男装してる気さくな[同級星]、権力者の知人が多いなど謎のある少女に、神山吉華さん。
感情を表にしない薄幸の美少女。生徒会の所有物扱いだが、実は[秘宝]の鍵を握る少女に、卯衣さん。
小さな体に巨大な存在感を詰めた女王様な生徒会長。いつも余裕の微笑で他人の意見を聞いているが、時に無体な命令を下すカリスマの持ち主に、桐谷華さん。
livedoor プロフィール
EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ