しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

星三つ

タユタマ2 -you're the only one-体験版体験記

体験日:2016/04/19
Lump of Sugar
発売日:2016年05月27日

『タユタマ2 -you're the only one-』2016年5月27日発売予定!

 [太転依(たゆたい)]という精霊とも妖精とも妖怪ともつかぬ不思議な存在と人類の共存を目指すお話第2段、50年後のストーリー。
 主人公は、早くに両親を亡くした苦労人の学生で、[太転依]を見る事ができる程度の僅かな霊力はあるが普通の学生。
 現在の共存関係実現の[太転依]側の立役者[ましろ]の養女である[太転依]の少女は、やはり共存の理想を掲げ、自らのパートナー(旦那様)を探していた。[太転依]に対しても公平な目を持ち、しっかりしている主人公を見初めて結婚を申し込む。

 キャラ、まあ可愛いけど、良くも悪くも主義主張のはっきりしていてブレない娘ばかり。その真っ直ぐさが、可愛くもあり困ったもんでもあり。

 シナリオ、全般に堅い文章ですね、特に会話が。まあ、テーマが共存共生という難しい物ですし、前作も理屈っぽい話ではあるので、それを引き継いでいるとも言えます。読みにくいという事はありません。
 前作のヒロインズも、昔のままの姿で出てきます。
 聞いた事のないライターさんでしたので、前作の世界観とかキャラが崩壊しているのではないかと不安でしたが、どうやら杞憂だったようです。

 絵、萌木原ふみたけさん。個人的に一番好きな絵師さんです。

 CV、明るく人懐っこい[太転依]の少女、生真面目に共存の理想に取り組む一途な娘に、夏和小さん。
 街の名士のお嬢様、クールな優等生だが主人公の前ではお茶目な一面を見せる娘に、花園めいさん。
 [太転依]を治癒する能力を持つ人見知りな少女。[太転依]寄りの視点から今の共存の有り方に反感を持つ娘に、稀咲美海さん。
 前作のメインヒロイン、最強の[太転依]にして最高の嫁、大和撫子。優しくも厳しく養女をしつける女性に、松田理沙さん。

世界を救うだけの簡単なお仕事 体験版体験記3

体験日:2014/09/14
Rosebleu
発売日:2014年09月26日

世界を救うだけの簡単なお仕事


主人公はヒーローに憧れて、日々鍛錬を積む超ポジティブシンキングな学生。そんな主人公の幼馴染みに届いたメール、それは[世界を救って欲しい]というとっても怪しいメールだった。そこに罠があれば行って踏み潰す! タイプの主人公は、その誘いにのって契約のボタンをクリックする。
驚いた事に本当に異世界に召喚された主人公と幼馴染みは、勇者として承認されたその日のうちに、あっさり魔王を倒してしまう。かくして世界を救った主人公は、また日常に戻るはずだったが、翌日には二通目の救援のメールが!?
再び呼び出された主人公は、今度もあっさり魔王の元に辿り着くが、今度の魔王様は美少女だった! とんでもなくへっぽこな美少女魔王様にほだされた主人公は、魔王を倒す代わりに手懐けて王城にお持ち帰りする。
すっかり主人公に懐いた魔王様は、もう悪い事はしないと誓ってくれたので、これで一件落着となるはずだったのだが、今度は主人公たちが元の世界に戻れなくなる。
帰れなくなった主人公たちは勇者として残り、「そもそもこの世界には、何故次々と魔王が現れるのか」という根本的な謎に迫る。
ヒーローに憧れているあなたに贈るAVG

キャラ、遊びがすぎてるトコがありますが、まあ可愛い。

シナリオ、会話というか掛け合いのテンポは良く、それなりに面白いのですが、同じネタを繰り返しすぎでとってもクドいです。全体の展開も速いはずなのに、なんかダレて感じます。
ーーこれは、魔王を倒すという、結末(エンディング)を越えた先にある物語。ーー
ちょっと捻りの効いた設定には、興味あるのですが……。

絵、cccpoさん、こなたさん。

CV、真面目さが空回りする素直で小心で寂しがりのへっぽこ魔王様に、真中海さん。
明るく元気でストレートな性格の幼馴染の少女に、成瀬未亜さん。
だらしない兄王を叱るしっかり者の妹。ただし重度の勇者オタクでテンパるとドジっ娘ぶりを発揮する小さなお姫様に、小倉結衣さん。
エルフで魔法学の研究者。知識欲が強くプライドも高いのだが、常識が災いして次席に甘んじている女性に、一色ヒカルさん。
勇者をサポートする魔法具の妖精。口調は丁寧だが毒舌で過激な性格の娘に、青山ゆかりさん。
姫様付きのメイドさん。護衛もこなすパーフェクぶりで、姫様に過剰な愛情と忠義を捧げる女性に、御苑生メイさん。
明るく気さくな性格の酒場のお姉さんに、湖月紅れ葉さん。
謎の男に付き従う少女。素直で甲斐甲斐しい娘に、花澤さくらさん。

あの晴れわたる空より高く 体験版体験記3

体験日:2014/09/10
チュアブルソフト
発売日:2014年09月26日

青春ロケットADV『あの晴れわたる空より高く』


日本の本土からはるか南の島、[天の島]。宇宙航空関連の研究機関が集まったその島には、未来のロケット技術者を産み出すべく、航空宇宙学科を備えた学園があり、全国から優秀な学生が集まっていた。
主人公はロケット打ち上げ反対派の地元漁師の息子。ロケット嫌いの父の影響でロケットを見ないようにしてきた主人公だが、浜辺でペンシルロケットを打ち上げている少女と出会う。
小さいながら本物のロケットの打ち上げに立ち会った主人公は、ロケットに魅せられ、その少女の誘いに乗る形で、弱小ロケット部[ビャッコ]に所属する。
しかし、[ビャッコ]は廃部の危機に瀕していた。廃部を免れるには二学期までに大会で優勝する事、たった5人の部員たちによるロケット開発が始まる!

キャラ、奇人変人ばかり、半分以上壊れてます。まあ、どの分野に限らず[天才]というのは、どっかおかしい人ばかりですから、ある意味お約束。可愛いさとか、萌えって点では、どうかと思いますが、これくらいぶっ飛んだメンバーでないと、5人でのロケット打ち上げなんて不可能でしょうし。

シナリオ、ロケット関連の設定がかなり本格的で、好き者としては嬉しい限り。
「曲者揃いの弱小クラブが、嫌味な強豪クラブに立ち向かう」というストーリーは、スポ根マンガではおなじみのパターンで、この辺のノリはほとんど体育会系(笑)、かなり熱いです。
ギャグのキレとかはイマイチですけど、青春部活モノとしてはストレートに王道を突き進んでいる感じで、愉しめそう。

絵、ちりさん(メイン)、まんごープリンさん(サブ)、オレンジゼリーさん(SD)。……ちょっと残念。
ちりさん、ご本人が塗っている絵はいいのですけど、塗りで損してる感じはあります。
 
[ビャッコ]の熱血部長、頭も切れるし行動力もある、時に手段を選ばないズルっ娘、普段は猫を被っているが、結構短気な娘に、結衣菜さん。
沈着冷静で分析力に富む口数の少ない慎重派の娘、表情には出ないがロケット好きでは他の娘に負けていない。意外と世話焼きでフォロー役に、あじ秋刀魚さん。
好奇心旺盛で人懐っこいいたずら好きの後輩。手先が器用で工作技術は天才級だが、主に主人公をからかう事に使っている娘に、秋野花さん。
火遊びが大好きで、思考がロケットを中心に回っている先輩。マイペースでズレた発言を繰り出す天然系の娘に、香澄りょうさん。
勉強嫌いの主人公の世話を焼くしっかり者で優等生の妹に、藤森ゆき奈さん。
クラスの委員長の苦労人で守銭奴なボクっ娘に、上田朱音さん。
優しくも厳しい指導役の先生に、橘まおさん。
過去の失敗を引きずっている元[ビャッコ]部長に、西乃ころねさん。
主人公に懐いている礼儀正しい幼稚園児に、有栖川みや美さん。

運命線上のφ 体験版体験記3

体験日:2014/08/28
Lump of Sugar
発売日:2014年10月31日

『運命線上のφ』 2014年9月26日発売予定!


その実在さえ疑われている絶海の孤島、信天島。5年より前の記憶を持たない主人公は、失われた記憶の手がかりを求め、その幻の島へやってくる。

キャラ、まあ可愛いですけど、ちょっと奇矯に走りすぎてる感はあります。

シナリオ、出だしの所で、探偵編と剣豪編に分かれます。出てくるキャラは一緒ですが、性格は微妙に違うような。特に主人公は、同姓同名の別人ですね。
探偵編では、ちょっと変格探偵モノを意識して書いてるのでしょうが、あまり上手くいってるようには思えません。
まあ、このブランドに本格推理モノや迫力の剣劇を求める人もいないとは思いますが、あまりに茶番すぎです。
「さすが」とか「すごい」とかヒロインが口にする度に、なんとも微妙な気分なのですけど、……その白々しさも愉しむくらいのノリでプレイするのが正解なのでしょう。
エロはちょっとマニアックで、紳士な皆様に好評です。

システム、「いじって、さわって、斬り拓け!」、画面をクリックして捜査する調査モードや、選択肢をドラッグで斬って、新たな展開を作り出すシステムあり。
切断の演出が凝っていて、けっこう爽快感はあるのですが、ゲーム終わる頃には飽きていそう。結局は選択肢が増えて面倒なだけのような。
フローチャートがあるので、行き詰まるという事は無さそうです。

絵、萌木原ふみたけさん、ななろば華さん、あゆやさん。かなりいい感じ。

CV、生真面目で凛々しい雰囲気の少女剣士に、春菜さくらさん。
控え目な性格だが、記憶力抜群の常識人でツッコミ役に、米倉沙弥さん。
有能で底知れないメイドさん、お嬢様に心酔してる女性に、卯衣翠さん。
無垢な性格でいたずら好きな館の支配人のお嬢様に、小鳥居夕花さん。
アバウトな性格で、面倒くさがりの面白がりな女学生に、すずなさん。
油絵を描くために館に長期滞在中の女性。天才肌で独特の言葉を使うマイペースな絵描きさんに、なかせひなさん。

PRIMAL×HEARTS 体験版体験記3

体験日:2014/08/15
ま〜まれぇど
発売日:2014年08月29日

ま〜まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』


2つの生徒会が意見を出し合い、その都度選挙で決定されるという変わった制度を持った学園。しかし、現在は2つの生徒会の人気が伯仲しドローが続いていた。
そんな時に転校してきた777人目の生徒である主人公は、2つの生徒会の強烈なアピール合戦に巻き込まれる。

キャラ、まあ萌えキャラですけど、しっかりしてるし嫌味もない。

シナリオ、出だしこそ、田舎者で女性への免疫のない主人公の勘違い君ぶりが痛いですが、本来の自分を取り戻してからは、わりとテンポも良く楽しめました。
ストーリー展開的には巻き込まれ型ですけど、ちゃんと主人公に主体性があって、自分で考えるタイプなのは好印象。

絵、さそりがためさん、芦俊さん、SDにここのかさん。絵柄にだいぶ差がありますけど、まあ可愛い。

CV、近寄りがたいカリスマ性で支持されている地元の名家のお嬢様で伝統主義の生徒会長に、遥そらさん。
小さな体のお転婆娘、頭も切れるし発想力もある。何より生徒思いの改革派生徒会長に、鈴藤ここあさん。
素直で優しい級友で保守派の生徒会の書記に、藤森ゆき奈さん。
柔らかで上品な物腰と面倒見の良い性格で下級生女子に大人気の先輩で進歩的な生徒会の副会長に、御苑生メイさん。
マイペースでドジっ娘な担任教師に、松田理沙さん。
派手な服装とおちゃらけた態度から[ビッチさん]と呼ばれている級友で改革派生徒会の会計。実は面倒見の良いしっかり者に、茶町チャチャさん。

春風センセーション! 体験版体験記3

体験日:2014/07/24
ういんどみるOasis
発売日:2014年11月28日

応援中?


主人公は魔界の王子。王位継承順位は低いもののれっきとした王族である主人公はお忍びで人間界に留学する。まだ見ぬ世界、そして初めて体験する学園生活に、主人公は心弾ませていた。

キャラ、まあ、それなにり可愛いのですけど、天然系・マイペースのキャラが多すぎて、良識人の娘が独りでとっても不憫……可哀想萌えでも狙っているのでしょうか?
個性的というには、どっかで見覚えがある(性格的な意味で)キャラばかりです。見覚えといっても、ういんどみるの過去作で見かけたようなキャラですし、それだけ固定ファンには安心な面子揃いかも。

シナリオ、良くも悪くもいつものういんどみる。ライターさん、このブランドでメインは初めてのはずなのに、よくぞまあいつも通りの優しい柔らかい雰囲気にしたものです。
主人公は脳天気な熱血系お坊ちゃんで、お気楽すぎてちょっとついていくのが大変でした。
雰囲気は悪くないのですが、説明とボケがクドいので、テンポは大分遅いのもマイナスです。

絵、こ〜ちゃさん、藤原々々さん、成瀬未亜さん(SD)。淡い色使いや柔らかな感じが良いです。

CV、精霊界からの留学生で純心な天然系箱入り娘に、榊原ゆいさん。
真面目で優秀な巫女の家系の娘で、唯一の常識人が災いしてツッコミ役に、くすはらゆいさん。
常にローテンション、マイペースで天才肌の先輩に、夏野こおりさん。
クールで毒舌系だが仕事は完璧にこなす主人公付きのメイドさんに、卯花月乃さん。
精霊族の女性で留学生寮の管理人、人当たりは良く控え目な態度だが言うべきは事はしっかりいうメイドさんに、波奈束風景さん。
巫女さんの自称ライバル。自滅型残念系の娘に、成瀬未亜さん。
大らかでサバサバした性格、セクシーな女性教師に、山吹結菜さん。
学内の精霊樹の精霊。古風な口調だが外見や性格は子供っぽい少女に、まつだまちゅりさん。

魔女こいにっき 体験版体験記3

体験日:2014/04/18
Qoo brand
発売日:2014年05月30日

「魔女こいにっき」応援中


学園のはずれの森にある時計塔、古くからあり様々な噂・都市伝説のあるその時計塔に、友人たちと夜に訪れたヒロインは、時計の文字盤から落ちてきた不思議な日記帳を拾う。
そこに綴られていたのは、彼女と同じく寂しい境遇の少年の日々。
乱れた暮らしを送るその少年に反発を覚えながらも、日記帳の内容に惹かれてしまったヒロインは、日記帳の謎に迫る。

小さな町を舞台に、一冊の日記をめぐり、
少女の初恋の…失恋の物語がはじまります。

――あなたを好きになりました 日記を買いました。
花と散る日々を、つなぎあわせておくために。――

 
キャラ、傍若無人で無神経な言動があったか思えば、繊細な一面を見せるとか、不安定なキャラが多いです。一貫性はありませんが、ぶれてるという感じではありません。あと、斜に構えたようなひねくれたキャラも多いです。性格的には、可愛いかというと微妙です。

シナリオ、[鏡の国のアリス]をオマージュした不思議系ファンタジー、細かな矛盾や語られない謎は多いのですが、まあそういう世界なのでしょう。
プロローグでは、基本ヒロイン視点で話が進みましたが、全体がそうなっているかは、不明です。文章は少々固め。急展開の時など、ちょっと置いてけぼり感があります。
SAGA PLANETいた時以上に、シナリオの新島夕色が強く出てますので、好き嫌いがはっきり分かれそうです。

絵、狗神煌さん、朝倉はやてさん、小桜りょうさん、白もち桜さん。すごく綺麗ですけど、エロくはありません。

CV、一人暮らしをする純情な恋に恋するお年頃の少女に、楠原ゆいさん。
町の名家の娘で学生でありながら学園理事も務める。誇り高く責任感も強いが、感情的で流され易い娘に、千葉山もみじさん。
その補佐をする双子の妹。知的で冷静だが、人前で話すのを苦手にしている娘に、結衣菜さん。
時計塔の下にある教会のシスター、極端な潔癖症でマイペースの電波系に、佐本二厘さん。
写真・報道部の先輩、人が良く面倒見も良い少女に、森川ゆゆさん。
人を寄せ付けぬ雰囲気の同級生。学園をサボりがちな魔女に、山田ゆなさん。
親しみ易いが少々頼りない新前担任教師に、鹿野まなかさん。
映画好きでマイナーな外国映画に一家言を持つ少女に、橘まおさん。
ヒロインの友人で噂好きでお調子者のトラブルメーカーに、星野ゆうさん。
ヒロインの友人その2。落ち着いた性格の引き止め役に、美空なつひさん。

空飛ぶ羊と真夏の花 -When girls wish upon a star.-体験版体験記3

体験日:2014/03/21
Navel honeybell
発売日:2014年04月25日

2014年4月25日発売予定のNavel honeybellデビュー作『空飛ぶ羊と真夏の花』を応援しています!


幼くして孤児となった主人公は、自分を拾ってくれた恩に報いるため、お嬢様に仕える執事となるべく海外で学び修行を積み、完璧な執事となって日本に帰ってきた。
そして、お嬢様と一緒に学園に通い始める。子供時代の旧友たちとも再会し、順調に学園へ馴染みそうだと思っていたのだが、自称天使だという少女に、主人公は自分が力と記憶を封じて人間に転生した神様である事を教えられる。

キャラ、見事に面倒くさいキャラばかり、まあ主人公は執事さんですから、お世話するのが仕事ですし。
カリスマが高い扱いになっているキャラに、全然オーラを感じられない点は、本当に残念。[月に寄りそう乙女の作法]のルナ様とは比べるのもおこがましい。
 
シナリオ、会話は重複が多く、所によっては説明的だったりと、とってもまだるっこしい。読み易くはあるが、展開も遅くかなり退屈です。
キャラもそうですが、尖っているようで凄く無難に抑えていて面白みがない。

絵、たにはらなつきさん、鷹乃ゆきさん、羽純りおさん。複数原画ですので、違いはありますが、綺麗で可愛い。

CV、主人公が仕える純情で優しいお嬢様、かなりの天然系だが優等生で[白薔薇の姫]と呼ばれる次期会長候補に、小清水らいむさん。
生真面目で堅苦しいが、意外と融通性のあるお嬢様。文武両道で[黒薔薇の君]と呼ばれる現会長に、有栖川みや美さん。
魔法に傾倒してるオッドアイの中二病少女。魔法に理解を示す主人公に興味を持つ娘に、桐谷華さん。
花を愛する夢見がちな後輩。病弱で純粋な娘に、上原あおいさん。
とつとつ喋りのマイペースで怠惰なサボり魔。入賞する程の美声だったが喉を壊して歌えなくなっている娘に、藤咲ウサさん。
お嬢様づきのメイドさん。護衛を兼ねていて傭兵経験もある(?)サディスト、お嬢様には心酔しているドライな女性に、海原エレナさん。
明るく元気なローカルアイドルで、ともかくおしゃべりだがお仕事に学校に忙しい合間に友達の面倒を見る世話焼き娘に、小倉結衣さん。
主人公を意識しすぎて挙動不審になってる卑屈な娘に、卯衣さん。
恩着せがましい態度の天使に、星咲イリアさん。

サキガケ⇒ジェネレーション! 体験版体験記3

体験日:2014/03/13
Clochette
発売日:2014年05月30日

【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!


主人公とその妹は、そこそこディープなゲーマー。[エンターテイメント研究会]なる同好会を立ち上げ、もう一人を加えて放課後もゲームを楽しんでいた。
主人公のクラスに転入してきた美少女は、社交的な性格だが、実はこれまたかなりのゲーマー、さっそく[エン研]に乗り込んできた彼女は、まだ公開前のゲームのテストプレイを持ち掛ける。
嬉々として引き受ける同好会メンバーだが、主人公の妹の親友でありリアルの魔法使いな下級生は、そこに魔法が関わっている事に気づき危惧を抱くが、魔法使いである事を隠しているので引き止める訳にもいかず、親友を守るために自らも参加を申し出る。
果たしてそのゲームは、まるでゲームの世界に取り込まれたような超リアルな体感ができるRPGであった。それは現代の技術ではありえないリアルさだった!
ゲーム的にも凝ったシステムのそのRPGに主人公たちは、すっかり魅了されハマってしまうのだが、主人公たちがゲームに興じているその間にも、世界は重大な転換期を迎えようとしていた。

キャラ、なかなか面白いし、まあ可愛い。on/off(何が点いたり消えたりしてるかはキャラによって違いますが)のギャップが上手く表現されてて、ギャップ萌えできます。

シナリオ、会話のテンポは良いけど、魔法の関わった世界観、新型ゲームとか設定が複雑な分、説明成分は多め。
ゲーム世界に取り込まれるっていうのは、だいぶ手垢の付いた使い古された設定ですが、それだけ中二心をくすぐる設定ではある。魔法の事もあって、今後の展開が楽しみ。

絵、御敷仁さん。癖は強いけど、まあ可愛い。

CV、明るく人懐っこい転校生、基本スペックは高めだが興味のない事はサボりがち。オタクなゲーマーの娘に、平内あやさん。
生真面目で口煩い委員長。実はかなりの照れ屋さんで不器用な性格の娘に、星咲イリアさん。
成績優秀で頼りになる幼馴染みのお姉さん。しかし、天然系なドジっ娘で隠れゲーマーに、夏野こおりさん。
心優しい常識人だが、茶目っ気のある小悪魔な面を見せる妹の友人で、隠れリアル魔法使いに、遥そらさん。
中二病でゲーマーな妹、ブラコンで素直な性格だが、他の事にはとことんルーズな娘に、秋野花さん。
なかなか豪快な性格の先輩、親友の姉であり幼馴染みのお姉さんの友達に、ヒマリさん。
ゲームの開発者の一人でありリアルの魔法使い、ヒロインの姉で妹を厳しく躾けているが優しい女性に、桜川未央さん。
ゲームの進行役の妖精さん。ノリの良い性格で普通に会話できるナビゲーターに、まきいづみさん。

南十字星恋歌 体験版体験記3

体験日:2014/03/09
すたじお緑茶
発売日:2014年05月30日

すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!


南海の小さな島国でありながら日本を始めとした外国企業の誘致に成功し、経済的に発展し科学の先端を行くグインベルン公国。
主人公は、アルバイトで二人の妹を養っていた苦学生だったのだが、無理が募り倒れてしまう。そんな兄を心配した天才にして天災な妹たちは、飛び級で大学まで卒業したその才能を活かし、グインベルン公国の日本企業の研究機関に就職して、逆に兄の学費などの面倒を見てくれる事になった。
妹たちに付いてグインベルンを訪れた主人公は、現地の日本語学校に通うことに成るのだが、研究者や外交官の子弟の通うその学園はレベルが高く、成績不良の主人公は特に訳ありの学生の集まる[特待科]へ編入する事になる。
 
キャラ、まあそれなりに……残念。どうも、このライターさんが書く、お嬢様・お姫様キャラは好きになれない気がしてきました。前作、祝桜よりはマシですけど、やっぱりイヤな面の方が気になります。
ギャグとはいえ無駄に刃物や権力を振り回すキャラは嫌いです。

シナリオ、体験版ではキャラ紹介がメインで、本編は各キャラとの出会いのシーンだけでしたが、キャラ同士の会話のテンポは悪くない。
主人公、人は良さそうですが、なんか行動力が空回りする考えなしの巻き込まれタイプみたいです。この主体性のない主人公が、ちゃんとストーリーを纏められるのか不安です。主人公に魅力がないと、それに恋しているヒロインたちまで、情けなく見えるのですけど。

絵、るちえさん。かなり可愛い、荒いけど。

CV、公国の貴族と日本人とのハーフ。公国の広告塔として礼儀正しく優雅に振舞っているが、一方で公務をサボったり、こっそり毒を吐いたりするお茶目な性格のお姫様に、月城真菜さん。
主人公の従妹で、一時は祖父母の家で共に暮らした事もある。今は大企業の社長をしている父の元で暮らしている。クールな毒舌家で、特に主人公には手厳しいが、重度のブラコンで嫉妬深い面もある娘に、夏野こおりさん。
livedoor プロフィール
EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ