しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

桐谷華

恋がさくころ桜どき 体験版体験記2

体験日:2014/03/29
ぱれっと
発売日:2014年06月27日

恋がさくころ桜どき

 
主人公はクールな見た目と裏腹に面倒見の良い学生。養護教諭の手伝いで恋愛の相談に乗っている内に、恋に幻滅し
「恋なんてするもんじゃない」と思うようになっていた。
しかし、そんな主人公が恋の賞金首になってしまう、更には自称[恋の妖精]という少女まで現れて……。

キャラ、可愛い可愛くないという前に、ウザい、面倒くさい、重たいかまってちゃんばかり。まあ、ある意味リアルなんでしょうけど、……理解不能です。

シナリオ、なんなのでしょうか、この乙女ゲーム臭。ヒロインたちが男性にとって都合のいい女の子なのではなくて、主人公が女性にとって都合のいい男になってます。
展開はゆったり目。会話の流れとかは自然なのですが、面白みはありません。
文章が下手というのではありませんが、全体に漂う乙女ゲーム臭にどうにもなじめません。特に主人公がホストみたいな感じの男で気色悪いです。

絵、和泉つばすさん。デッサンとか荒いけど可愛い。
結構お気にいりの絵師さんなんですけど、今回は見送ります。シナリオが、合わなすぎる!

CV、ノリが良くかなり強引な生徒会長さんに、夏峰いろはさん。
優しく控え目な幼馴染みで男性恐怖症の娘に、綾部結花さん。
生真面目で苦労性な風紀委員長に、近衛夜空さん。
クールでマイペース、将棋好きな妹で少々ブラコン気味の甘え上手な娘に、上原あおいさん。
自称[恋の妖精]浮世離れした天然系の謎少女に、咲智ゆんさん。
真面目な姉にコンプレックスを抱いている跳ねっ返り、ネタ命の新聞部の娘に、桐谷華さん。
面倒臭がりだが生徒から頼りにされている保健の先生に、丸ノ内霞さん。
親しみ易い性格の主人公たちの義母あり若い担任でもある体育教師に、加渕以乃さん。

空飛ぶ羊と真夏の花 -When girls wish upon a star.-体験版体験記3

体験日:2014/03/21
Navel honeybell
発売日:2014年04月25日

2014年4月25日発売予定のNavel honeybellデビュー作『空飛ぶ羊と真夏の花』を応援しています!


幼くして孤児となった主人公は、自分を拾ってくれた恩に報いるため、お嬢様に仕える執事となるべく海外で学び修行を積み、完璧な執事となって日本に帰ってきた。
そして、お嬢様と一緒に学園に通い始める。子供時代の旧友たちとも再会し、順調に学園へ馴染みそうだと思っていたのだが、自称天使だという少女に、主人公は自分が力と記憶を封じて人間に転生した神様である事を教えられる。

キャラ、見事に面倒くさいキャラばかり、まあ主人公は執事さんですから、お世話するのが仕事ですし。
カリスマが高い扱いになっているキャラに、全然オーラを感じられない点は、本当に残念。[月に寄りそう乙女の作法]のルナ様とは比べるのもおこがましい。
 
シナリオ、会話は重複が多く、所によっては説明的だったりと、とってもまだるっこしい。読み易くはあるが、展開も遅くかなり退屈です。
キャラもそうですが、尖っているようで凄く無難に抑えていて面白みがない。

絵、たにはらなつきさん、鷹乃ゆきさん、羽純りおさん。複数原画ですので、違いはありますが、綺麗で可愛い。

CV、主人公が仕える純情で優しいお嬢様、かなりの天然系だが優等生で[白薔薇の姫]と呼ばれる次期会長候補に、小清水らいむさん。
生真面目で堅苦しいが、意外と融通性のあるお嬢様。文武両道で[黒薔薇の君]と呼ばれる現会長に、有栖川みや美さん。
魔法に傾倒してるオッドアイの中二病少女。魔法に理解を示す主人公に興味を持つ娘に、桐谷華さん。
花を愛する夢見がちな後輩。病弱で純粋な娘に、上原あおいさん。
とつとつ喋りのマイペースで怠惰なサボり魔。入賞する程の美声だったが喉を壊して歌えなくなっている娘に、藤咲ウサさん。
お嬢様づきのメイドさん。護衛を兼ねていて傭兵経験もある(?)サディスト、お嬢様には心酔しているドライな女性に、海原エレナさん。
明るく元気なローカルアイドルで、ともかくおしゃべりだがお仕事に学校に忙しい合間に友達の面倒を見る世話焼き娘に、小倉結衣さん。
主人公を意識しすぎて挙動不審になってる卑屈な娘に、卯衣さん。
恩着せがましい態度の天使に、星咲イリアさん。

Clover Day's 体験版体験記3

体験日:2014/03/03
ALcot
発売日:2014年03月28日

ALcot『Clover Day's』応援中!

10年前、イギリスの養護施設にいた主人公は、日本の貿易商に養子として引き取られ日本で暮らすことになった。
日本語も満足に話せなかった主人公だったが、双子の妹たちに支えられ、親切なクラスメイトの女の子の助けもあって友達もできた。
そうしてできた仲良し幼馴染みたちだったが、今度は画家の双子の娘たちと別れる事になってしまう。
それから10年、海外へと引っ越していたその双子がこの街へと帰ってくる。
豊穣なる日々<クローバーデイズ>は、ここから始まる――

キャラ、とても可愛い萌えキャラです。メインだけで6キャラもいると、さすがに多少属性かぶっていますが、上手く描き分けています。ただ、どのキャラも微妙にウザい、微ウザ萌え?
[Clover Heart's]は、過去の精神的な葛藤を乗り越えて大人への一歩を踏み出すという少年・少女たちの成長物語でした。その続編である[Clover Day's]のキャラたちも、それなりの過去(トラウマ)持ちのようですので、最近のALcot路線とはだいぶ違う色合いの作品になりそうです。

シナリオ、会話は最近のALcotらしい感じで、パロも織り交ぜながらテンポ良く進みます。
しかし、全体のストーリー展開は、10年前の回想シーンが随所に入ってくる事もあって、かなりゆっくりです。仲間を思いやる優しさに溢れた暖かな関係を丁寧に描いてます。
意味不明な銃撃戦(笑)とかはなしで、綺麗にお話を纏めてくれれば、それなりに良い作品になりそう。

絵、仁村有志さん、ちこたむさん、鳴海ゆうさん、SDにあおなまさおさん。やっぱり可愛いです。
 
CV、素直で純情な甘えん坊の妹に、桐谷華さん。
クールな大人を目指すしっかり者の妹、でも背伸びしている様子が丸わかりのチョロイン系の妹に、黒須桐子さん。
口数が少なくマイペース不思議系・天才肌の絵描きの卵に、北見六花さん。
その双子の妹で家事万能のしっかりした娘、姉に心酔していてその他にはドライなボクっ娘に、北見六花さん。
優しく面倒見の良い幼馴染み、焦ると関西弁がでちゃう娘に、遠野そよぎさん。
意地っ張りで素直じゃないが人一番感傷的、主人公のライバルを自称する騒々しい残念系女子に、楠原ゆいさん。
読書家で控え目な性格の病弱なクラス委員長に、一ノ宮葵さん。
主人公たちの家のメイドさん、明るくお茶目な性格だが、怒らせると怖い絶対君主に、ひな葉月さん。
学園の養護教諭、適当な性格の自由人で、オヤジ趣味丸出しの言動が残念すぎる美人さんに、青山ゆかりさん。
主人公にしか見えない幼ない少女。見た目より遥かに大人びた事を言うが、基本は明るくお茶目な性格の娘に、藤崎ウサさん。

Timepiece Ensemble 体験版体験記3

体験日:2013/12/12
GLace
発売日:2013年12月27日

Timepiece Ensemble


主人公たちの通う学園では、学園祭が迫ろうとしていた。主人公の所属する[賽の目クラブ]は、アンティーク調のネカフェを開くべく準備を進めていたが、時間が足りず初日に間に合いそうになかった。
買い出しに出掛けた主人公は、路地裏に見慣れぬ雑貨屋を見かける。その雑貨屋の店主だという不思議な少女は、「時間を買わないか?」と持ち掛ける。お試しだと言ってプレゼントしてくれた1日、主人公以外には気付かれない余分な1日のおかげで準備は終わり、無事に開催日を迎える事ができた。――不思議な文化祭が始まろうとしていた。
学校に泊まろうAVG

キャラ、ライターさんの前作ALcotハニカム[1/2summer]でも、そうでしたが、純情そうな娘が突然に大胆な事を始めるのは、このライターさんの癖、好みなのでしょうか? 活動内容も曖昧なほのぼの仲良しクラブという雰囲気で、キャラも普段はそれっぽいのに、乖離してる感じです。
結構、裏の思いまで細やかに描かれているのですが、説得力という点では不足している様に思います。

シナリオ、ちょっと不思議系で、のんびりまったりムード。ネカフェは大人気でとても繁盛しているのですけど、忙しない感じは、全然ありません。
展開は緩やかですが、テンポは悪くないし読み易い。

絵、せせなやうさん。柔らか綺麗系。

皆を引っ張っていく元気娘、昔は内気な性格で甘えん坊だった。今でも実は主人公のフォローを頼みにしている娘に、美月さん。
主人公を[お兄ちゃん]と慕う巫女さん。無口でマイペースな読書家で、根は素直な性格に、桐谷華さん。
カリスマ生徒会長にして漫画家兼同人作家、マルチに活躍するお嬢様。気さくな性格で直裁的な表現を好む娘に、海原エレナさん。
運動が得意で背の高い女の子。さっぱりした性格で勉強もできる、女の子にモテモテの娘に、木ノ下とまりさん。
PCと料理を一手に預かる主人公の妹。クールな口調だが、よく気のつくしっかり者に、桃井いちごさん。
12の歳で亡くなってしまった幼馴染みの双子の姉、時折妹の身体に取り憑いて現れる明るい娘に、羽鳥いちさん。
不思議な雑貨屋の店主、意味深な喋りをする少女に、秋野花さん。
その使い魔のナマイキな口をきく二足歩行猫に、藤咲ウサさん。

うそつき王子と悩めるお姫さま -Princess syndrome-体験版体験記3

体験日:2013/09/28
発売日:2013年10月25日

うそつき王子と悩めるお姫さま 応援バナー
思春期の少女だけが罹る不思議な病[お姫さま病]、心の内に秘めた願望に取り憑かれた患者は二重人格のような症状を示す。しかも、人格が変化するだけでなく[望奏](メルヘン)という超常の力まで振って社会に迷惑をかける重症患者も出る始末。
そんな奇病が流行り始めて2年。政府は[夢の島]という人工島に罹患した少女たちを隔離し被害の範囲を限定する事で事態の収拾に務めてきた。
主人公はそんな[お姫さま]を止める事ができる唯一の存在[王子さま]だった。
政府の要請を受けて、[お姫さま]たちが通う学園へたった一人の男性として転入した主人公は……。

キャラ、[お姫さま]たちは皆心に鬱積したものを抱えている少女で、それも重症になる程その抱えたものも重くなります。それだけに素直に可愛いと言える娘は少ないのですが、人間としての深みはあります。

シナリオ、内容のわりには明るい雰囲気で、さらりと読める。思春期を過ぎれば自然と収まる一過性の病ですので、[お姫さま]たちも思い詰めるというよりも、願望が垂れ流しになって恥ずかしいという感覚が強いようです。そういう恥ずかしい物も自分の感情の一部として認めて、コントロールできるようになれば治る病気……という事なのでしょう。
主人公もなかなかに[王子さま]してますので、思春期の少年・少女の成長物語として愉しめそうです。

絵、てんまそさん。……休養宣言されてしまいました。
SDは、こもわた遙華さんです。 

GV、誰とも距離を置こうするツンケン娘。箱入り娘だった彼女は無邪気な好奇心があるラプンツェルに、杏子御津さん。
ほんわか天然癒し系でロリ巨乳な先輩。過去の過ちを悔やむ織姫に、藤咲ウサさん。
元気で人懐っこいがゲームオタクのブラコンの残念長身娘。兄には冷たい口をきくがわかり易い。独占欲に囚われた人魚姫に、桐谷華さん。
[お姫さま]を眠らせる風紀委員の同級生。咄咄した喋り方だが直裁的で辛辣な娘に、桃井いちごさん。
心優しい娘だが全てに置いて平凡的、一番に憧れる白雪姫に、秋野花さん。
主人公の担任で、かつて[王子さま]だった。ざっくばらんとしたアバウトな性格の女性に、海原エレナさん。
元気でおおらか気さくな先輩に、かわしまりのさん。
のんびりド天然な喫茶店のマスター。お茶は美味だがレジも打てないドジな女性に、遠野そよぎさん。

HHG 女神の終焉 体験版体験記3

体験日:2013/09/20
発売日:2013年11月29日

応援中?


[Hyper→Highspeed→Genius]の設定と主人公コンビを受け継いだ新作。一応、前作を未プレイでも愉しめるとの事ですが、やっておいた方が良いでしょう。

神より授かりし[能力](ギフト)と呼ばれる奇跡的な力を持つ少年少女[守護者](ジーニアス)たちが特権を受け、特に強い力を持つ[守護者]の少女[聖女]が支配する世界。
主人公は、記憶を失った状態で目覚める。主人公を介護していた少女、妹によると数日行方不明になっていたと知らされる。
何も思い出せない心もとない状態で[守護者]たちを育成する学園に戻った主人公は、[聖女]が支配する世界に対する疑問を思い出す。主人公は、この世界を破壊し変革する事を望んでいた。
そんな主人公の前に謎の少女が現れ命を狙われるが、相棒である悪魔=妹のおかげで難を逃れ、ここ数日の出来事以外の記憶の多くを思い出す。
記憶を完全に取り戻し世界を改革するために、主人公の新たな戦いが始まる。
世界を越える高速思考。真・ピカレスク風純愛AVG

キャラ、前作で一番人気だった妹=悪魔っ娘は、相変わらず素敵な性格してますが、今作の[聖女]候補たちはちとネタに走りすぎていてイマイチ。

シナリオ、読み易い文章ですし、ギャグのキレもそれなり。前作で悪ぶっている割にお人好しだった主人公は、今作ではすっかり萌えキャラ扱いになってます(笑)。まあ、前作でも頭脳派の割には隙だらけのギャップのあるキャラでしたから、それを逆手に取ってネタとして使ってます。

絵、ミヤスリサさん、桜沢いづみさん、ななせめるちさん。ユキヲさんが抜けてしまったのが残念ですが、それなり可愛いです。

CV、落ち着いた性格で気遣いの上手な妹、人懐っこい態度で主人公を誘惑してくる知識の悪魔に、澤田なつさん。
最も[聖女]に近い候補者として祭り上げられていたため世間知らずな天然系で健気なドジっ娘の時間停止能力者に、桐谷華さん。
元気で明るく気さくな冗談っぽい態度の時期騎士団団長で他者の能力をコピーする能力者に、みるさん。
三つの[能力]を持つ天才少女。好奇心旺盛でマイペースな天才肌の娘に、Nonokaさん。
眠そうなだるい様子だが[聖女]至上主義の護衛役で反射能力者に、小倉結衣さん。
穏やかでにこやかな表情の裏で殺人衝動を秘めた物騒な娘で読心能力者に、木村あやかさん。
元気で偉ぶった態度の強気な性格だが残念属性の変装能力者に、佐藤しずくさん。

天色*アイルノーツ 体験版体験記3

体験日:2013/07/03
発売日:2013年07月26日

ゆずソフト最新作天色*アイルノーツ


自信を失くし教師という職を離れようとしていた主人公に、大学の恩師から思いがけぬ依頼が舞い込む。
空に浮かぶ島[ライゼルグ]の女学園で、教鞭をとって欲しいと頼まれた主人公は、エルフやケモノ耳ある住民など暮らす不思議な島で、迷いながらも新たな一歩を踏み出す。
空にウキウキ*あまいろ新生活!

キャラ、心配になるくらい壊れたキャラもいますが、最低限の線はきっちり守ってる感じ。少なくても攻略キャラに無神経に感じる娘はいませんでした。
主人公は、トラウマ持ちのボクっこ先生(笑)……感情移入し辛い感じはありますけど。まあ、それでも意外と決めるべきトコでは決める主人公なので、そこまで酷い印象はないです。。

シナリオ、テンポも悪くないし、会話のやり取りもそれなりに楽しいです。一人称が[ボク]の真面目すぎる先生……作中で過去のトラウマを乗り越えて、教師としての自信を取り戻すことになるのでしょうけど、その場面をどこまで書けるで評価が決まりそう
なによりキャラ萌えって点では、相変わらず良いお仕事をされてます。

絵、むりりんさん、こぶいちさん、綺麗で可愛いです。
SD絵に、このわたさん。今回、SD絵を使ったシーンも上手く生かしてます。

CV、地元の名家のお嬢様。心遣いのできる優しい娘で成績も優秀なのだが、妄想暴走系のオタク娘に、北見六花さん。
日本からの留学生で、丁寧な言葉遣いの娘。かなり強引なS系ご奉仕をするメイドさんに、登代田瀬良さん。
主人公の従妹、気が弱く恥ずかしがり屋な娘に、夏野こおりさん。
下宿先の宿屋兼酒場の娘。明るく素直な性格のケモノ耳っ娘に、桐谷華さん。
同僚の数学教師で真面目な性格だが、アドリブに弱くテンパり易いエルフの女性に、雪野玉さん。
褐色の肌のローテンション不思議系娘、マイペースだがノリが良い教え子に、雪都さお梨さん。
イタリアから来たオタク。ハイテンションで押しの強い娘に、井ノ上花さん。
主人公の大学時代の友人で、現在は個人輸入業をやっている気取らない姉御肌な性格の女性に、真中海さん。

天色*アイルノーツ & カルマルカ*サークル 応援

天色*アイルノーツ
発売日:2013年07月26日
空に浮かぶ島[ライゼルグ]、中世風の町並みが広がりファンタジー世界でしか見かけないような住人の住むその島の女学院の新米教師のお話。


カルマルカ*サークル
発売日:2013年09月27日
[星渡り同好会]七夕の夜に星を渡り[カルマルカ]に接続を試みるという季節限定の胡散臭い電波系のサークル……なのに、学園理事のお墨付きで生徒会直属!?
変人揃いで統制の取れない謎同好会に引き込まれた主人公は、嫌々ながら行動を共にする事になる。
[カルマルカ]に接続した者は、ありとあらゆる束縛から解き放たれるというが……。


あま*カル合同バナーキャンペーン開催中!


またまた、ゆずソフトとSAGA PLANETSが合同でバナーキャンペーンをやるそうなので、両作品を応援する為にバナーを貼ってみました。

Berry's 体験版体験記3

体験日:2013/06/13
発売日:2013年06月28日

『Berry's』


学園生活最後の年、普通なら就活もしくは受験に必死になるところだが、主人公は未だに進路を決めかねていた。
そこで学校外での経験を積もうと、可愛い制服を着たウェイトレスが有名なファミレスでのバイトを始める。

キャラ、攻略ヒロインだけで6人と人数多めですので、キャラ同士で少なからず属性がかぶっていますが、まあ個性的で面白いキャラしてます。何より皆それぞれ事情はありますが、ファミレスのお仕事が好きでやっているという一体感が魅力的。
前作《イモウトノカタチ》であまりにも行き当たりばっかりで鈍感すぎてその知能を心配された主人公に比べると、今作の主人公はだいぶマトモになっています!

シナリオ、文章的には平易。ファミレスについて詳しく書かれているのはいいですが、説明が長くて退屈。キャラ同士のやり取り会話は、自然な感じは悪くないけど、そう面白い気はしません。
全般に「無難に纏めよう、無難に纏めよう」とした形跡が伝わってきます(笑)。無理に面白くしようとしていないだけ、大外れもないのでは?

絵、メインキャラが、鈴平ひろさん、橋本タカシさん、九尾さん、七尾奈留さん、きみづか葵さん、さくら小春さん。サブキャラが、木野薫さん、蓮見江蘭さん、小原トメ太さん、源之助さん。
とまあ、原画家さんがたくさんで統一感もありませんが綺麗です。

CV、オーナー企業会長の孫娘。負けず嫌いですぐムキになって憎まれ口をきくが根は素直な娘に、遥そらさん。
人をからかうのが好きな困った後輩。職場全体を見渡して効率よく働くのが得意だが一方でサボり癖もある捉えどころのない娘に、内村うなじさん。
ハイテンションでノリが良くマイペース系の双子の姉に、桐谷華さん。
ドライで物静か独特の雰囲気のある不思議系の双子の妹に、渡辺涼子さん。
明るく元気な体育会系のチアリーダー。面倒見も良く気さくな性格の娘に、天乃有津梅さん。
明るく素直な甘えん坊でブラコンの主人公の妹に、三代眞子さん。
しっかり者で面倒見も良いベテラン店員。怒らせると怖い性格で、恋バナ好きな娘に、神辺ちせさん。
元気な頑張り屋さん、テンパリやすく少々ドジっ娘だがポジティブ思考でカバーする店のマスコットに、嶋田夏海さん。
廃人一歩手前のネットゲーマー。店での仕事も課金の為と割り切っているサバサバした性格の娘に、沢村かすみさん。
おっとりとした雰囲気のいやし系、失敗してあたふたする事もあるが、翌日には引きずらないめげない娘に、海老原あいすさん。
優雅な喋り方のお嬢様。制服にこだわりがあって、他の娘の制服の乱れていると直しにくる。仕事ぶりはそつがなく、後ろからサポートするイプの娘に、奏雨さん。

ミライセカイのプラネッタ 体験版体験記2

体験日:2013/04/01
発売日:2013年03月29日

『ミライセカイのプラネッタ』 応援中です!


ネット上に作られた仮想の学園都市[プラネッタ]。
少々訳ありで中途からプラネッタの学園に転入した主人公は、カリスマ的な少女から電脳探偵団[スプライツ]へ誘われる。
一度は断った主人公だったが、仮想現実の世界を荒らすテロリスト[イルリヒト]の事件に巻き込まれ、参加を決意する。
イルリヒトを追うスプライツの仲間たちは、意外な真実にたどり着く。

キャラ、それぞれに個性的なキャラではあるのですが、魅力とか萌えは感じませんでした。カリスマリーダー・切り込み隊長・交渉役といったロールの型通りのキャラで、オリジナリティに欠けます。

シナリオ、なんなく古臭い、昔読んだアメリカのテーブルトークRPGのリプレイ小説を思い出してしまいました。
仮想空間なのに歩きや[車]で移動するのがデフォだったり、[崩壊]に巻き込まれて[走って]逃げるという感覚がわかりません。リンクを辿ってジャンプ、あるいは一旦現実に離脱した方が早そうです。まして[走って]逃げる犯人を[走って]追いかけるとか、発想が現実に縛られすぎです。
特にテンポが悪いとか、読みにくいって事はないのですが、意外な真実(笑)に終わりそうな、とっても良くある昔読んだような予想通りの結末に終わる予感がします。

絵、天鬼とうりさん。……。

CV、スプライツを率いるカリスマお嬢様に、大花どんさん。
気さくで明るく前向きなムードメーカーに、波奈束風景さん。
正義感が強く行動派の切り込み隊長に、姫川あいりさん。
気分屋でだらしない自由人の天才ハッカーに、森谷実園さん。
事件に関与してるっぽい謎の少女に、桐谷華さん。
プラネッタの管理官をしている天才少女。生意気でわがままな子供っぽい性格の娘に、渡辺涼子さん。
ヒロインの妹で純真無垢な幼い少女に、水崎来夢さん。
学園の保険医。天才肌で掴み所のない性格の女性に、有栖川みや美さん。
livedoor プロフィール
EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ