しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

海原エレナ

G.I.B. ガールズ・イン・ブラック 体験版体験記2

体験日:2014/06/23
Whirlpool
発売日:2014年07月25日

G.I.B. ガールズ・イン・ブラック 応援バナー

 
主人公はゲームが好きな学生。学園からの帰り道、いきなりUFOにアブダクション(拉致)されかける。そこを助けてくれたのは、同級生の黒い制服の少女だった。
主人公は、秘密裏に宇宙人関連のトラブルに対処する組織、M.I.B.にスカウトされる。

キャラ、空回り、天然、煩い、三人のメインヒロインたちをそれぞれ一言で現すとこんな感じです。あまり魅力を感じません。

シナリオ、狙ったのは、ハチャメチャな電波系スラップスティックコメディだったのでしょうが、テンポが悪く、恐ろしくつまらない。ボケばっかでツッコミ役はいないし、全体にリズムも悪い。
少し不思議なお話のムードを作るのは上手いライターさんですが、こういうぶっ飛んだハイテンションコメディを書くのは無理だったようです。

絵、てんまそさん、Rけんさん。絵は良くなってきたのに……。

CV、真面目で責任感は強いがドジっ娘なM.I.B.職員にして同級生に、上原あおいさん。
転校してきた宇宙人のおっとり系お嬢様。日本に憧れているが、その日本観はズレまくってる娘に、御苑生メイさん。
UFOと宇宙人が大好きでかなりイっちゃってるハイテンション義妹に、百瀬ぽこさん。
主人公たちのM.I.B.での上司で、まだ若いがお仕事は優秀で、人当たりの柔らかい女性に、くすはらゆいさん。
UFO研究会の部長、口調は丁寧でゆっくりだが内心はかなり熱い娘に、小倉結衣さん。
主人公たちの母で、出版社努めのキャリアウーマン。仕事が忙しく留守がちなので、子供たちの事を心配している女性に、海原エレナさん。

空飛ぶ羊と真夏の花 -When girls wish upon a star.-体験版体験記3

体験日:2014/03/21
Navel honeybell
発売日:2014年04月25日

2014年4月25日発売予定のNavel honeybellデビュー作『空飛ぶ羊と真夏の花』を応援しています!


幼くして孤児となった主人公は、自分を拾ってくれた恩に報いるため、お嬢様に仕える執事となるべく海外で学び修行を積み、完璧な執事となって日本に帰ってきた。
そして、お嬢様と一緒に学園に通い始める。子供時代の旧友たちとも再会し、順調に学園へ馴染みそうだと思っていたのだが、自称天使だという少女に、主人公は自分が力と記憶を封じて人間に転生した神様である事を教えられる。

キャラ、見事に面倒くさいキャラばかり、まあ主人公は執事さんですから、お世話するのが仕事ですし。
カリスマが高い扱いになっているキャラに、全然オーラを感じられない点は、本当に残念。[月に寄りそう乙女の作法]のルナ様とは比べるのもおこがましい。
 
シナリオ、会話は重複が多く、所によっては説明的だったりと、とってもまだるっこしい。読み易くはあるが、展開も遅くかなり退屈です。
キャラもそうですが、尖っているようで凄く無難に抑えていて面白みがない。

絵、たにはらなつきさん、鷹乃ゆきさん、羽純りおさん。複数原画ですので、違いはありますが、綺麗で可愛い。

CV、主人公が仕える純情で優しいお嬢様、かなりの天然系だが優等生で[白薔薇の姫]と呼ばれる次期会長候補に、小清水らいむさん。
生真面目で堅苦しいが、意外と融通性のあるお嬢様。文武両道で[黒薔薇の君]と呼ばれる現会長に、有栖川みや美さん。
魔法に傾倒してるオッドアイの中二病少女。魔法に理解を示す主人公に興味を持つ娘に、桐谷華さん。
花を愛する夢見がちな後輩。病弱で純粋な娘に、上原あおいさん。
とつとつ喋りのマイペースで怠惰なサボり魔。入賞する程の美声だったが喉を壊して歌えなくなっている娘に、藤咲ウサさん。
お嬢様づきのメイドさん。護衛を兼ねていて傭兵経験もある(?)サディスト、お嬢様には心酔しているドライな女性に、海原エレナさん。
明るく元気なローカルアイドルで、ともかくおしゃべりだがお仕事に学校に忙しい合間に友達の面倒を見る世話焼き娘に、小倉結衣さん。
主人公を意識しすぎて挙動不審になってる卑屈な娘に、卯衣さん。
恩着せがましい態度の天使に、星咲イリアさん。

Timepiece Ensemble 体験版体験記3

体験日:2013/12/12
GLace
発売日:2013年12月27日

Timepiece Ensemble


主人公たちの通う学園では、学園祭が迫ろうとしていた。主人公の所属する[賽の目クラブ]は、アンティーク調のネカフェを開くべく準備を進めていたが、時間が足りず初日に間に合いそうになかった。
買い出しに出掛けた主人公は、路地裏に見慣れぬ雑貨屋を見かける。その雑貨屋の店主だという不思議な少女は、「時間を買わないか?」と持ち掛ける。お試しだと言ってプレゼントしてくれた1日、主人公以外には気付かれない余分な1日のおかげで準備は終わり、無事に開催日を迎える事ができた。――不思議な文化祭が始まろうとしていた。
学校に泊まろうAVG

キャラ、ライターさんの前作ALcotハニカム[1/2summer]でも、そうでしたが、純情そうな娘が突然に大胆な事を始めるのは、このライターさんの癖、好みなのでしょうか? 活動内容も曖昧なほのぼの仲良しクラブという雰囲気で、キャラも普段はそれっぽいのに、乖離してる感じです。
結構、裏の思いまで細やかに描かれているのですが、説得力という点では不足している様に思います。

シナリオ、ちょっと不思議系で、のんびりまったりムード。ネカフェは大人気でとても繁盛しているのですけど、忙しない感じは、全然ありません。
展開は緩やかですが、テンポは悪くないし読み易い。

絵、せせなやうさん。柔らか綺麗系。

皆を引っ張っていく元気娘、昔は内気な性格で甘えん坊だった。今でも実は主人公のフォローを頼みにしている娘に、美月さん。
主人公を[お兄ちゃん]と慕う巫女さん。無口でマイペースな読書家で、根は素直な性格に、桐谷華さん。
カリスマ生徒会長にして漫画家兼同人作家、マルチに活躍するお嬢様。気さくな性格で直裁的な表現を好む娘に、海原エレナさん。
運動が得意で背の高い女の子。さっぱりした性格で勉強もできる、女の子にモテモテの娘に、木ノ下とまりさん。
PCと料理を一手に預かる主人公の妹。クールな口調だが、よく気のつくしっかり者に、桃井いちごさん。
12の歳で亡くなってしまった幼馴染みの双子の姉、時折妹の身体に取り憑いて現れる明るい娘に、羽鳥いちさん。
不思議な雑貨屋の店主、意味深な喋りをする少女に、秋野花さん。
その使い魔のナマイキな口をきく二足歩行猫に、藤咲ウサさん。

うそつき王子と悩めるお姫さま -Princess syndrome-体験版体験記3

体験日:2013/09/28
発売日:2013年10月25日

うそつき王子と悩めるお姫さま 応援バナー
思春期の少女だけが罹る不思議な病[お姫さま病]、心の内に秘めた願望に取り憑かれた患者は二重人格のような症状を示す。しかも、人格が変化するだけでなく[望奏](メルヘン)という超常の力まで振って社会に迷惑をかける重症患者も出る始末。
そんな奇病が流行り始めて2年。政府は[夢の島]という人工島に罹患した少女たちを隔離し被害の範囲を限定する事で事態の収拾に務めてきた。
主人公はそんな[お姫さま]を止める事ができる唯一の存在[王子さま]だった。
政府の要請を受けて、[お姫さま]たちが通う学園へたった一人の男性として転入した主人公は……。

キャラ、[お姫さま]たちは皆心に鬱積したものを抱えている少女で、それも重症になる程その抱えたものも重くなります。それだけに素直に可愛いと言える娘は少ないのですが、人間としての深みはあります。

シナリオ、内容のわりには明るい雰囲気で、さらりと読める。思春期を過ぎれば自然と収まる一過性の病ですので、[お姫さま]たちも思い詰めるというよりも、願望が垂れ流しになって恥ずかしいという感覚が強いようです。そういう恥ずかしい物も自分の感情の一部として認めて、コントロールできるようになれば治る病気……という事なのでしょう。
主人公もなかなかに[王子さま]してますので、思春期の少年・少女の成長物語として愉しめそうです。

絵、てんまそさん。……休養宣言されてしまいました。
SDは、こもわた遙華さんです。 

GV、誰とも距離を置こうするツンケン娘。箱入り娘だった彼女は無邪気な好奇心があるラプンツェルに、杏子御津さん。
ほんわか天然癒し系でロリ巨乳な先輩。過去の過ちを悔やむ織姫に、藤咲ウサさん。
元気で人懐っこいがゲームオタクのブラコンの残念長身娘。兄には冷たい口をきくがわかり易い。独占欲に囚われた人魚姫に、桐谷華さん。
[お姫さま]を眠らせる風紀委員の同級生。咄咄した喋り方だが直裁的で辛辣な娘に、桃井いちごさん。
心優しい娘だが全てに置いて平凡的、一番に憧れる白雪姫に、秋野花さん。
主人公の担任で、かつて[王子さま]だった。ざっくばらんとしたアバウトな性格の女性に、海原エレナさん。
元気でおおらか気さくな先輩に、かわしまりのさん。
のんびりド天然な喫茶店のマスター。お茶は美味だがレジも打てないドジな女性に、遠野そよぎさん。

グリムガーデンの少女 -witch in gleamgarden-体験版体験記3

体験日:2013/07/15
発売日:2013年07月26日

『グリムガーデンの少女』を応援しています!


[グリム]、人の心の奥底の強い願いに由来し、現実を歪め本人を含む周囲に影響を与えてしまう力。
そんな[グリム]を発現させてしまった少女たち[魔女]が、急速に増加し社会は混乱していた。
主人公は、[魔女]たちを導く[保護観察官]の青年。
[魔女]を隔離し、[グリム]を制御するための訓練を行う施設[グリムガーデン]で、少女たちと共に生活し、見守り支え、新しい人生へと送り出す。
――これは、妄執に呑み込まれ、人生につまずいた少女達の、祈りと再生の物語――

キャラ、思ったより単純でわかり易い。テーマが人の心の闇、トラウマですので、しっかり裏の面も描かれてはいるのですけど、あまりにもストレートに表面の真逆で、拍子抜け。

シナリオ、混乱し人心がささくれ立った社会の陰鬱な闇の部分も描かれていて、読み応えがあります。一見平穏な[グリムガーデン]での生活も、社会的にも精神的にも不安定な[魔女]たちとそれを保護する教師たちの緊張感があって面白い。
キャラ同士の会話のやり取りは、少々不自然でぎこちない感じ、あまりに軽いノリになってしまっても世界観から外れますけど、それにしても微妙。
独自の世界観は興味深いので読み物としては、愉しそうです。

絵、CH@Rさん。かなり癖があります。

CV、武道家の跡取り娘で生真面目で頑固な性格、主人公の幼馴染みで泣き虫だった娘に、有栖川みや美さん。
内向的で気弱な少女、共感能力者であるために一人でいる事が多い、妄想暴走娘に、奏雨さん。
明るく人懐っこい少女だがマイペースでアバウトな性格の元アスリートに、美月さん。
施設の万能(?)お手伝いさんのゴスロリ少女、無表情に毒舌を吐く不思議系娘に、藤咲ウサさん。
施設の学園部の代表。[魔女]に同情的で多忙を極めながら奮闘する女性に、海原エレナさん。
[魔女]としての栄達を目指す努力家、高慢な性格でコネを期待し主人公に近づく娘に、星リルカさん。
政府の管理を逃れた[魔女]で市街に潜伏するクール系娘、犯罪にも関わっているようだが、時折優しさを見せる謎の少女に、水崎来夢さん。
ヒロインの兄、逃亡[魔女]を集め非合法な組織を作っている。高い知性とカリスマ性を持つ温和な人物だが、その目的は判然としない指名手配犯に、由貴恵さん。

神がかりクロスハート! 体験版体験記3

体験日:2012/05/15
発売日:2012年05月25日

応援中?


主人公は学生。10年ぶりに子供の頃、数年過ごした温泉街へ帰ってきた。両親が海外赴任し、日本に残る主人公はそこで旅館を営む親戚の家にやっかいになる事となったのだ。
幼馴染たちと旧交を温める間もなく、不思議な事件が起きる。神様の使いだという喋る動物たちが現れ、選ばれた人間たちに願いを叶える神通力を授ける。
果たして神様は何を望まれ、お使いを遣わしたのか?
 
キャラ、明るい元気系の娘が多い印象。温泉街にふさわしく純朴で人懐っこい少女とか、かなり可愛いです。

シナリオ、読み易いしテンポも悪くない。ちょっと主人公の察しが悪いトコロはありますが、まあ許せる範囲。
全体に明るい雰囲気で、素直にラブコメとして楽しめそうです。

絵、鳴海ゆうさん、有河サトルさん。華やかな絵柄でいい感じ。

CV、10年ぶりに再会した幼馴染で明るく素直で人懐っこい子犬系少女に、有栖川みや美さん。
気の強い小さな娘で相手によって態度の変わる猫系の女の子に、小倉結衣さん。
さっぱりした性格でちゃっかり者の旅館の娘で母譲りのセクハラ好きに、波奈束風景さん。
クールで物静かなな神秘的な先輩に、海原エレナさん。
おっとりした喋り方のお淑やかな巫女さんに、神楽舞さん。
オカルト研究会の副会長で不在の会長に替り会を切り盛りしてる娘に、羽鳥いちさん。
小柄で元気なカメラ少女に、雪都さお梨さん。
明るく軽いノリの旅館の女将で主人公にセクハラするのが趣味の困った女だがしっかり者に、岬友美さん。

有栖川みや美さんの子犬系少女、ハマりすぎ(笑)。

 

鬼ごっこ! 体験版体験記4

体験日:2011/05/16
by ALcot
発売日:2011年03月31日

ALcot最新作 『鬼ごっこ!』 応援中!

おとぎばなしの登場人物たちの子孫が暮らす島。その島の学園に、怪盗であるこのゲームの主人公は、パートナーの妹を連れて転入する。
偽の怪盗が、島にある秘宝を狙い予告状を出したので、本物の怪盗で主人公は偽の怪盗をとっ捕まえるために、潜入したのだった。
しかし、怪盗である主人公は昔話のキャストの子孫たちに追われる身でもある。
追いつ追われつ「鬼ごっこ」の決着は……。
イチャラブおとぎばなしAVG。

キャラ、わりかししっかりしてますし、可愛い娘が揃ってます。

シナリオ、パロディが多用されていて楽しいのですが、合わない人には合わないでしょう。
主人公には、からかい癖があって矢鱈と女の子をイジるシーンが多いです。照れてる様子が何とも可愛いのですが、さすがにちょっとやり過ぎてる?
意外と設定は、複雑です。いくつかの昔話を一つに合成してるので、ツギハギ感も。まあ、そもそも昔話って、つぎはぎで不条理な話は多いですのけど。
物語の展開は遅めですね、それでパロディ・ギャグが多用されるのですが……合わない人には辛いかも。

絵、仁村有志さん、鳴海ゆうさん、あおなまさおさん。原画家さん複数ですけど、かなりいい感じ。

CV、正義感が強くきっぱりした性格だが、男性に免疫がなく意外と照れ屋さんの桃太郎の子孫に、遠野そよぎさん。
恥ずかしがりで控え目な小動物系でも力持ちで金太郎の子孫に、鮎川ひなたさん。 
毒舌で負けず嫌いの守銭奴でも人が良くて意外と押しに弱い一寸法師の子孫で様々な針を使いこなすくの一に、青葉りんごさん。
優しくて綺麗ないやし系お姉さんで抱きつき魔の乙姫様に、北見六花さん。
明るくて元気で人懐っこい素直なお兄ちゃんLOVEの妹に、佐藤しずくさん。
綺麗な未亡人のOLで冷たい印象だが本当は泣き虫さんに、海原エレナさん。

極道の花嫁 体験版体験記2

体験日:2011/01/09
by GALACTICA
発売日:2011年01月28日


主人公はかつて大勢力を誇った極道の一家の跡取り。祖父の代には、世界にまでその名を轟かせた一家も、今は組員も出払い銭湯を営む日々。
その凋落ぶりを見た他勢力が侵出を試み、主人公の身も危うくなる。その事態を憂慮した昔付き合いのあった組や組織は、娘を主人公の嫁として縁組し、組を盛り返そうとする。
任侠可憐、乙女純情AVG。

キャラ、ギャグに走り過ぎてます。が、それなりに可愛い一面も。

シナリオ、展開は遅め。嫁候補二人に主人公を慕う従妹の三人が、主人公を巡って延々と小競り合いを繰り返す物語のようです。
人外バトルも何度も繰り返されると、すぐに飽きる。となると話は進んでいないし、なんかつまらない。

絵、イマイチ。 

CV、凛々しくもお堅い極道の娘に、一ノ宮葵さん。
ぶっきら棒な喋り方で血の気多い物騒なイタリアマフィアの娘に、冬宮メアさん。
主人公の前では猫かぶりの従妹で族のヘッドにして怪力お嬢様に、北都南さん。
こてこての陽気なアメリカンガールでスナイパーに、夏野こおりさん。
姉は強し! 最強のブラコンで普段は冷静だが主人公が絡むと人格が変わる義姉に、海原エレナさん。

ヴァニタスの羊 体験版体験記4

体験日:2010/12/05
by RococoWorks
発売日:2011年04月22日

『ヴァニタスの羊』応援中!


中世ヨーロッパ風のファンタジー世界。主人公は、旅の魔術師の息子。
この世界の魔術は、基本一人につき一つの能力。主人公は持つのは、色彩認識を変更する能力。
魔術師というのも、能力を持つ者と意味よりも、魔術の在り様や使い方を研究する研究者としての意味合いが強い。

主人公たちは親子は、父親が昔暮らした城塞都市へやってくる。そこで出会ったのは、父が当時憧れていた女性とその娘。
なにやら深刻なトラブルに巻き込まれいるその母子を助け、城塞都市からの脱出を目差すが、父とその女性を残し主人公と娘だけが、落ち延びる事に成功する。
落ち延びた二人が大人になって、再び街を訪れる処から、物語は再開する。
中世欧風戦記浪漫群像劇。

キャラ、まだまだ全然出揃ってないのですが、繊細な心の動きを丁寧に表現してあって好印象。

シナリオ、はっきりいって進み方は遅いし、全然謎は明らかにならない。ホントに体験版の部分は序盤も序盤なのですけど。
その分世界観は凝ってますし、どうやら政治的なモノを多分に含んだ陰謀劇をしっかり展開しています。
群像劇となっているので、視点・主人公は複数になるようです。他の部分・後半でダレなければ、名作の予感。
『カタハネ』が良かった方は、この作品も楽しめるのでは?

絵、イマイチ。淡い色使いはいい感じ。

CV、未公開。

2011/02/26:CV情報公開されました。
心因性の失声症の少女で胸元のベルと身振りで意思を伝える娘に、五行なずなさん。
その母で優しくしも芯の強い貴族の女性に、海原エレナさん。
紙切れの部下を作る魔術師の少女で大事に守られているが結構わがまま娘に、糸乃ココさん。
猿をお共にしてる盗賊娘に、佐倉千枝里さん。
娼家で踊る踊り子に、星野うさぎさん。
娼家兼酒場を経営する元歌姫に、理多さん。
貧民窟の子供たちを束ねる少年に、相模真さん。
神の声を人々に届ける教皇に、西野みくさん。
 

俺の彼女はヒトでなし 体験版体験記3

体験日:2010/11/16
by ホエール
発売日:2010年12月24日

俺の彼女はヒトでなし


長期海外旅行中の両親に取り残され一人日本で暮らす主人公。主人公の通う学園は、自由過ぎる校風と仁義(!)を大切にする私立の学園。
ある月の美しい晩、主人公は次々と[人間でない]少女たちと遭遇し、トドメには幼馴染みの少女が実は魔女だった事を思い知る!
色々超えちゃう学園恋愛AVG。

キャラ、とっても個性的で面白い娘ばかりです。そこそこ可愛いのですけど、いささか面白いに重点が偏り過ぎ。まあ、壊れてるってほどではない。

シナリオ、小さな事件、ちょっとしたイベントが次々と起こって楽しく読めます。会話のセンスとかも悪くないし。
あとは、これで萌えとかエロとどう結びつくか? ですねぇ。体験版では出会って友情を育むところで、恋愛の段階まで進んでません。

絵、ちょっと荒いけど、まあまあ可愛い。

CV、幼馴染みのマイペースのんびり不思議系の和服魔女で極道の娘に、九条信乃さん。
子猫系のロリっ娘吸血鬼に、河合春華さん。
頭脳明晰で偉そうな口調の黒ゴスファッションの狼娘に、海原エレナさん。
短気でパワフルなツッコミ役のパンク系アンドロイドに、北都南さん。
元気一杯ポニーテールでも空気娘な先輩に、佐々留美子さん。
礼儀正しい同級生で面白がりな不思議占い師に、金松由花さん。
プロフィール

しょうさん

EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ