しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

羽高なる

にゃんカフェマキアート 〜猫がいるカフェのえっち事情〜3

体験日:2013/08/13
発売日:2013年08月30日

SkyFish poco最新作『にゃんカフェマキアート〜猫がいるカフェのえっち事情〜』を応援しています!!


主人公は教師を目指す非常勤講師。不幸体質の主人公は、勤め先が倒産したり解雇されたりと様々な職を経験してきたが、ようやく念願叶って講師として名門女子校の教壇に立てる事になった。
しかし、住んでいたアパートが全焼、焼け出された主人公は、祖父の経営する喫茶店に転がり込むはめに。
学園では新前の講師として雑用に駆り出される上に、喫茶店の手伝いまでする事になった主人公は大忙し。
そんな主人公を見かねた3人の教え子が、その喫茶店にバイトとしてやってくる。
その3人から同時に告白を受けた主人公は、良しっ!! とばかりにそのまま4Pへ!?
 
キャラ、癖のある性格の娘ばかり。結構とがっているので、その辺りまで含めて可愛いと思えるか、否かです。

シナリオ、そこそこ読み易いし、展開はアップテンポというか急流直下です。コメディベースで、主人公はイジラレ役です。しかし優柔不断という事はなく、1人を選べないからって、3人とも戴いちゃうような妙な漢気、決断力はあります(笑)。脳天気で意味なくポジティブといういかにもハーレムゲームの主人公の性格してます。

絵、ゆき恵さん、ヲリさん、るび様さん。それぞれ絵柄は異なるのですけど、塗りのせいかそれほど違和感なく可愛いです。

CV、面倒見の良い明るい性格、だが真面目で正義感が強く間違った事にはビシバシ文句をつけるタイプの娘に、柚原みうさん。
好奇心旺盛で人当たりも良いが、他人を弄って愉しむ小悪魔のお嬢様に、藤邑鈴香さん。
内気で気弱な子供っぽい小さな娘、だが天才的な頭脳に強気で辛辣な別人格を持ち髪色まで変身する娘に、鈴谷まやさん。
若くして教頭まで昇進した才媛で極めて厳しい性格のドS、だが最愛の妹には甘々な女性に、藍川珪さん。
テレビで活躍中の大女優、でも普段はだらしない上にオヤジ属性と残念な美女に、手塚りょうこさん。
口の悪いクール眼鏡のBL趣味の娘に、羽高なるさん。
成績は良く博覧強記なのだが、あっちこっちに抜けがある子供っぽい残念な性格の娘に、川中瀬奈さん。

魔法剣姫アークキャリバー 〜魔族降誕〜体験版体験記3

体験日:2013/06/06
発売日:2013年06月28日

人知れず[宝剣]を使い[魔族]から人間たちを守り戦う少女たちがいる世界。
主人公は[魔族]の下級幹部、人間になりすまし教師として学園に潜入し、世界を束ねる力を持つという[無銘の法剣]を探していた。
しかし、主人公の配下には力なき[魔物]しか送られてこず、戦力不足で探索は難航していた。
しかも[宝剣]を帯び[魔族]を討つ少女が、また一人主人公のクラスに転入してくる。
戦力差は拡大してしまったが、それは[無銘の法剣]が近くある確率が高いという事でもあった。
主人公は戦力差を補うべく、罠を使ってヒロインたちを快楽漬けにし、更には[種付け]を行なって新たな戦力を得ようと画策する。

キャラ、考えなしの薄っぺらいテンプレキャラ。

シナリオ、まあ、いつもTriangle通り。今回は[種付け]ありという事で、腹ぼてとか出産シーンなどもあるようですが、体験版では出て来ませんでした。

絵、夕暮ぱいろさん。[魔族]のロリっ娘はいい感じ。瞳の塗りの関係か、焦点が合っていないように見える。

CV、欧州よりの留学生。由緒正しき貴族の家柄で誇り高き弧高の姫騎士に、佐倉もも花さん。
歴史ある神社の宮司の家系の娘。優しくも芯の強い性格だが少々天然系に、羽高なるさん。
両親を知らず施設で育った孤児で、直情的で負けず嫌いで意固地な性格の娘に、姫川あいりさん。
[魔族]のエリート。尊大な性格で子供っぽい残酷さを持つ少女に、民安ともえさん。

創世奇譚アエリアル 体験版体験記3

体験日:2012/06/26
発売日:2012年07月27日

『創世奇譚アエリアル』を応援しています!


舞台は地球が温暖化を通り越し高温化した近未来。予測を超えた温暖化により陸地は全て水没! 人類は巨大海上都市[アクアポリス]に残された10万人のみなっていた。
絶滅の危機に瀕する人類に、更なる脅威が襲いかかる。[SPOOK]と名付けられた金属外骨格の巨大な怪生物の襲来する。水没後の世界では武器・弾丸の生産は難しく、僅かに残された物資を切り崩しながらの絶望的な戦いを強いられていた。
そんな人類にもたらされた救いの手、それは一万年後の未来の人類からの贈り物だった。その贈り物である人型の機動兵器のパイロットとなった主人公は、人類の存亡をかけた戦いに挑む。

キャラ、う〜ん……、主人公を始めたとした若い子たちがイマイチ。大人なキャラは、ステレオタイプながらいい味出してると思うのですけど。今後の成長に期待?

シナリオ、結構細かいとこまで設定がきっちり作られているのはいいのですけど、おかげで説明・解説の部分が長い、長い! メカオタ・ミリオタには愉しいかも。
最初、学生してる部分がどうにも浮いてる感じだったのですけど、その偽りの日常が徐々に脅かされ崩壊してく過程が緻密に描かれ、否応なく戦いという非日常に立ち向かう主人公の決意が高まっていく様子が、上手く演出されてます。
展開は遅いですが、描写に迫力があり読み応えのある文章だと思います。
キャラもそうですが、ストーリーの運び方がすっごく典型的で、なんか既視感がして懐かしい感じ(ありていに言えば古臭い)。

絵、川原誠さん、ざせつおうさん。まあまあ。目の輪郭が硬く、角ばってる印象。

CV、本作の主人公、真面目だが呑気で優しい性格の予備候補生に、藍川珪さん。
明るく人付き合いの良い幼馴染みの少女に、小倉結衣さん。
主人公と同じ予備候補生で生真面目な苦労人の少女に、桃也みなみさん。
無口で不思議な雰囲気の少女で未来からのメッセンジャーに、大花どんさん。
戦闘機乗りで主人公の兄とペアを組む女性。生真面目な性格で兄のフォロー役を引き受けている。主人公の憧れの人に、萌花ちょこさん。
気さくな雰囲気の若い教師で熱心だが自由な面がある女性に、羽高なるさん。
ジャーナリズムの理想に情熱を燃やすアクティブな女性記者に、金松由花さん。
軍情報部の士官で不平分子の監視を任務とする危険な香りの冷徹な女性に、芹園みやさん。

えれくと! 体験版体験記2

体験日:2012/06/11
発売日:2012年06月29日

『えれくと!』を応援しています!


主人公は、花屋の息子。配達の度に見かける近くにある国際的なお嬢様学園の「窓辺の彼女」にほのかな恋心を抱いていた。
互いに手を振り合うだけの淡い関係だった彼女の思いがけない正体を、とある事件によって知ってしまう。
彼女はサキュバスのお姫様で、吸精を拒む心優しい娘。しかし無理な我慢は彼女の理性を蝕んでしまう。
主人公はサキュバスの吸精に耐える特異な存在。精力不足で悩む彼女を救うために国際学園に編入する。
『異・文・化・交・流』(サ・キ・ュ・バ・ス)しませんか?

キャラ、とりたてて独自なキャラっていうのはいませんけど、それなりに描けている方。純情なサキュバスっていうのも、まあおなじみのキャラ立てですし、面白みは全くないです。

シナリオ、とにかくテンポが悪い。会話もまどろっこしい。展開が遅い。盛り上がりにも欠ける。
花屋の父子家庭の日常情景などを丁寧に描写してもらっても、ひたすらつまらないだけなんですけど。アレンジ・フラワーの解説などを書き込んで貰っても、まったく興味ありませんし!
サキュバスっていうので抜きゲーを期待すると、とんでもないシナリオに呆れる事になります。
それなりにエッチシーンの数は多そうなのですが、そこに到達するまでに、挫折するユーザーも多そうです。

絵、ピロ水さん。淡い色使いですが、意外と色っぽい。塗りも良いです。

CV、お淑やかで心優しいサキュバスのお姫様に、神村ひなさん。
その付き人で気さくで明るい性格のサキュバスに、東かりんさん。
誇り高く気の強いサキュバスのお嬢様で学生会長に、如月葵さん。
落ち着いた物柔らかな雰囲気の先輩に、羽高なるさん。
エッチに積極的な蠱惑的でトラブルメーカーなクラスメイトに、金松由花さん。
元気者で人懐っこい性格のお嬢様の付き人に、桃也みなみさん。
姉御肌で頼れる先生に、緒田マリさん。

魔法少女ピュア・セインツ 〜負けちゃうたびに、 どんどんエッチな正義のヒロインになっていっちゃうの〜体験版体験記3

体験日:2012/04/30
発売日:2012年06月01日

アトリエ G/H『魔法少女ピュア・セインツ〜負けちゃうたびに、どんどんエッチな正義のヒロインになっていっちゃうの〜』応援中です。


[妄想星]の侵略を受けた地球では、様々な妄想が現実化していた。
主人公もあふれるHな妄想を現実化して愉しんでいたのだが、それを邪魔する者が現れる。
魔法少女[ピュア・セイント]たちにより、妄想現実化の源であった[マスクドロマン]が倒され、妄想力は弱まり、純なパワーが街に満ちていく。
主人公は、ネフライトと名乗る少女に改造され、二代目[マスクドロマン]となる。
邪魔な[ピュア・セイント]を倒し、学園をエロ妄想で支配すべく主人公は、戦いに身を投じる。
変身ヒロイン快楽堕ちAVG

キャラ、一応口調は変えてありますが、個性って程のものはありません。

シナリオ、この体験版ではソッチのシーンのみで、全体の文章は評価不能。でも、Hイベント数は多そうですし、余計な地の部分は削った抜き特化のシナリオになっていそうです。
そっちのシーンは、シュチュエーションは豊富だし、濃さもそれなりです。感じ始めるまでが早いので、ちょっと堕ちるまでも早そうな心配もあります。でも、ちゃんと途中の墜ちかけのシーンもあります。

絵、イマイチ好みでない。

CV、魔法少女たちのリーダーで熱血で潔癖症の生徒会長に、佐倉もも花さん。
恥ずかしがり屋でおっとりしてる丁寧な口調の会長の妹で魔法少女に、鈴谷まやさん。
生真面目で気の強い金髪ツインテールの風紀委員で魔法少女に、桃也みなみさん。
偉そうな態度で口の悪い異星人で主人公を改造した少女に、金松由花さん。
[妄想星]と敵対する悲運のプリンセスで魔法少女たちに力を授けた[純粋星]の王女に、羽高なるさん。

 

さくら色カルテット 体験版体験記2

体験日:2011/10/16
発売日:2011年04月08日

『さくら色カルテット』


ケモノ耳の人工人型生命体[アイリス]が開発された近未来。ただ一人特定の人間に、生涯に渡って仕え続ける[アイリス]は女性ばかり。
主人公は、そんな[アイリス]のマスターになる事を夢みる学生。
[アイリス]たちは、その人権を守るために、生産から所持まで政府に管理されていた。しかし、主人公は存在しないはずの野良[アイリス]を拾う。
首輪を持たない訳あり[アイリス]を拾った主人公は、彼女を巡る騒動に飛び込んでいく。
耳っ娘を愛でたり愛でられたりするAVG。

キャラ、充分に可愛い。個性って点ではイマイチですけど。ケモノ耳って設定も、それなりに活かしてます。
ただし、ツンデレ娘は残念。

シナリオ、コミカルな甘々ハーレム系の抜きゲーを予想していましたので、出だしで緊迫した逃走シーンから始まってビックリ。意外と共通部が長く、Hシーンまでが遠かったみたいです。[アトリエかぐや]らしからぬ判断ですね。
まあ、読みにくいってほどではありませんけど、アクションものとしての盛り上がりには欠け、何がしたいかのか謎。ストーリーに期待はしない方が良さそうです。ストーリーに期待して、これをやる人はいないと思いますが(笑)。
ケモノ耳と黒スト萌えなら、やってみるのも悪くないかも。

絵、まあまあ。暖かい柔らかな雰囲気は悪くない。
 
CV、イヌ系のアイリスで忠実で人懐っこい性格の元気な娘に、桜川未央さん。
その姉の大人びた性格のキツネ系アイリスに、羽高なるさん。
優しく臆病な性格のウサギ系アイリスに、草柳順子さん。
才色兼備の完璧お嬢様、主人公の事を何かと気にかけてるのだが……に、東かりんさん。
そのアイリスでタカ系の無口な娘に、大波こなみさん。
調子のいい自由人だが独自の人脈を持つ頼れるお姉さんで大家でもある女性に、このかなみさん。

桜川未央さん、天然系のキャラ演ってる時がいいですが、犬系も良かったです。

ブレイズハート 体験版体験記3

体験日:2011/07/11
by KAI
発売日:2011年07月29日

応援中?

主人公は、人には見えないものが見えてしまう霊感の強い少年。
主人公の暮らす街には、都市伝説めいた不確か噂が流れていた。ありえないはずの場所に迷い込んだ市民が数日行方不明となり、帰ってきた時にはその間の記憶を無くしているとか。
事実、主人公にしか見えない[怪異]、そう主人公が呼んでいる存在は確実にその数を増やしていた。
そんな折に、主人公のクラスに転入生が現れる。しかし、彼女の事を転入生と認識できるの主人公だけで、他の学生は以前から居たクラスメイトと信じていた。
彼女の登場と同時に入れ替わった担任教師、それもやはり入れ替わった事を判っているのは主人公だけだった。二人の乱入者に戸惑う主人公は、否応なく[怪異]と彼女ら変身忍者との戦いに巻き込まれていく。
学園変身忍者AVG

キャラ、メイン3人のうち二人は顔出しだけで、キャラは確認できませんでした。残りの一人は、それなりです。深みとかオリジナリティには欠けますけど、しっかりしてますし可愛い面もちゃんと描けてます。

シナリオ、前作ではヒロインたちがまだロクに覚悟もできてない候補生からのスタートでしたので、ちょっと展開が遅く感じましたが、今回は最初からそれなりの実戦経験有りらしいので、遅いって感じはありません。
設定的にも今回の方がわかり易いかな?

「萌え+燃えにハードなH」という路線は今作でも継承されています。これだけの萌えキャラにハードなHという組み合わせは希少なので、その向きからは、前作は高い評価をされてました。今回も期待できそうです。

絵、まあまあ可愛い。ちと硬い。
桜の花びらのように、火の粉をふりまく桜火のイメージはいいですね、カッコよくも美しく儚げで。

CV、クールで無口な炎の術者で落ち着いた中にも強い意志を感じさせる娘に、金松由花さん。
プライドの高い水の術者で二刀流の剣士。直情径行で突発的な事態に弱い娘に、青井美海さん。
その妹で人見知りのあるボクっ娘。努力家だか時に空回りする雷の術者に、東かりんさん。
一見ほんわか巨乳教師だが意外と策士の幻術の使い手に、このかなみさん。
喜怒哀楽のはっきりしている半鬼の少女に、佐倉もも花さん。
若いというか幼い外見をした主人公の母で息子離れができていないふんわり天然系に、羽高なるさん。


 

操心術0 体験版体験記3

体験日:2011/01/07
by Studio邪恋
発売日:2011年01月28日

応援中?


3で一応の結末を見た[操心術]シリーズですが、今回は1の過去のお話です。
0と書いてReiと読む思わせぶりなタイトルですけど、シリーズを通してヒロインを務める「吉峰麗」に焦点を当てた物語となる様です。

主人公は、他人の心を思いのままに操る力を秘めた少年。孤児である主人公は、故郷から離れた進学校を進路に選び、その学園を舞台に力を振るう。
女性を思いのままにして楽しんでいた主人公だが、やはり他者を操る魔法のコンタクトレンズ[青目]が、主人公のいる街で流行り始める。そしてその[青目]を狩る[青目狩り]が現われる。
淫欲マインドコントロールストーリー。

キャラ、ちと単純化された感じですけど、まあそれなり。

シナリオ、展開は案外早くないのですけど、Hなシーンは多い抜きゲーです。なにしろ直接心を操ってしまうので、落す過程はは必要ないですし。
心では逆らいながらも体は勝手に反応してしまう、催眠術特有のプレイが売り。欲望一直線で相手を思いやることなどない主人公ですので、前作の「ゴニン!?」と比べると、かなりダークテイストになりそうです。

絵、また原画家さん変わりましたね。そこそこです。

CV、人懐っこく少し子供っぽいアーチェリー部のホープに、沢代りずさん。
新聞部の突撃切り込み部員に、香澄りょうさん。
競技カルタ部のクール系で文武両道な先輩に、金松由花さん。
[青目]を狩る勝気な女に、幸代彩里さん。
明るい性格で少しとぼけた性格の担任教師に、羽高なるさん。
人体実験が趣味の双子の養護教諭に、逢川奈々さん。

ただかの 〜正しい彼女の作り方〜体験版体験記2

体験日:2010/11/01
by PUZZLEBOX
発売日:2010年12月03日

PUZZLEBOX新作「ただかの〜正しい彼女の作り方〜」熱烈応援中!


主人公は気の小さい大学生。ずっと幼馴染みの彼女に片思いしてるのに、告白どころか上手く喋る事もできないまま、過ごしてきた。
しかし、親友がやはりその彼女の事を好きなって告白すると言ってきた。
主人公は、なにも言えないまま彼女と親友の行く末を見守るしかないのか……。
ラブエロコメディ+寝取られAVG

キャラ、女の子のキャラよりも主人公のヘタレぶりと、男友達の悪ノリばかりが目立ちます。困ったものです。

シナリオ、ヘタレの主人公が、ウジウジしてるのが本当に気持ち悪いです。……悪い意味で文章上手いのかも。
ところが、Hのシーンではいきなり責めに転じる主人公! まあ、ベッドやくざって程では、ありませんけど。そのギャップが、ちと面白いです。

絵、……。

CV、片思いの相手の幼馴染みで真面目で恥ずかしがりな娘に、佐倉もも花さん。
気が強く夢中になると他が見えなくなるタイプの女の子に、民安ともえさん。
いやし系の優しいお姉さんに、羽高なるさん。
あけっ広げでハイテンションのお姉さんに、陸さん。

ふぇいばりっと Sweet! 体験版体験記2

体験日:2010/07/28
by Lost Script
発売日:2010年08月27日

ふぇいばりっと Sweet!


せっかく入社した会社は、社長が夜逃げしてあえなく倒産。
職を失った主人公は叔父が経営してた喫茶店を譲り受け、洋菓子店として改装し、メイドカフェの経営に乗り出す。
しかし、集まってきたのは、手当たり次第に下僕を増やしてしまう女王様体質のパティシエールを始め奇人変人ばかり。
かくして、SMしながら洋菓子店を営み始める。と、今度は幼児連続誘拐殺人事件が起こり……。
メイドカフェAVG。

キャラ、まともな娘はいません。個性というには壊れ過ぎてる問題児ばかりです。

シナリオ、なんか微妙。一応はコメディ路線なんですけど、それにしては硬いような……。
洋菓子に関する知識が付け焼刃なのが透けて見えるのもイマイチ。いえ、本格的な専門知識をひけらかされても、それはそれで困りますけど。
その上で、本編では殺人事件なども起こる超展開? 謎展開を遂げるようです。

絵、いま二つ。

CV、女王様気質でトラブルメーカーの天才パティシエールに、小倉結衣さん。
声が小さくてお頭が花畑のほんわかドジっ娘に、茶谷やすらさん。
そのフォロー役の友人で貧乏苦労性の娘に、羽高なるさん。
女王様のライバルで金髪ツインテールの高飛車令嬢に、雪都さお梨さん。
その生真面目な警護役で苦労性の娘とは犬猿の仲に、とまとあいこさん。
貴族の娘で洋菓子の批評家として大きな影響力をもつ超女王様気質の美少女に、高藤まりあさん。
ケーキ好きの新米女刑事に、春日アンさん。
スィーツ系のフリーのライターに、有栖川みや美さん。
双子の女子アナでツッコミ役に、みるさん。
双子の女子アナのちょっとトロい娘に、萌木唯さん。
プロフィール

しょうさん

EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ