しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

遥そら

PRIMAL×HEARTS 体験版体験記3

体験日:2014/08/15
ま〜まれぇど
発売日:2014年08月29日

ま〜まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』


2つの生徒会が意見を出し合い、その都度選挙で決定されるという変わった制度を持った学園。しかし、現在は2つの生徒会の人気が伯仲しドローが続いていた。
そんな時に転校してきた777人目の生徒である主人公は、2つの生徒会の強烈なアピール合戦に巻き込まれる。

キャラ、まあ萌えキャラですけど、しっかりしてるし嫌味もない。

シナリオ、出だしこそ、田舎者で女性への免疫のない主人公の勘違い君ぶりが痛いですが、本来の自分を取り戻してからは、わりとテンポも良く楽しめました。
ストーリー展開的には巻き込まれ型ですけど、ちゃんと主人公に主体性があって、自分で考えるタイプなのは好印象。

絵、さそりがためさん、芦俊さん、SDにここのかさん。絵柄にだいぶ差がありますけど、まあ可愛い。

CV、近寄りがたいカリスマ性で支持されている地元の名家のお嬢様で伝統主義の生徒会長に、遥そらさん。
小さな体のお転婆娘、頭も切れるし発想力もある。何より生徒思いの改革派生徒会長に、鈴藤ここあさん。
素直で優しい級友で保守派の生徒会の書記に、藤森ゆき奈さん。
柔らかで上品な物腰と面倒見の良い性格で下級生女子に大人気の先輩で進歩的な生徒会の副会長に、御苑生メイさん。
マイペースでドジっ娘な担任教師に、松田理沙さん。
派手な服装とおちゃらけた態度から[ビッチさん]と呼ばれている級友で改革派生徒会の会計。実は面倒見の良いしっかり者に、茶町チャチャさん。

サキガケ⇒ジェネレーション! 体験版体験記3

体験日:2014/03/13
Clochette
発売日:2014年05月30日

【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!


主人公とその妹は、そこそこディープなゲーマー。[エンターテイメント研究会]なる同好会を立ち上げ、もう一人を加えて放課後もゲームを楽しんでいた。
主人公のクラスに転入してきた美少女は、社交的な性格だが、実はこれまたかなりのゲーマー、さっそく[エン研]に乗り込んできた彼女は、まだ公開前のゲームのテストプレイを持ち掛ける。
嬉々として引き受ける同好会メンバーだが、主人公の妹の親友でありリアルの魔法使いな下級生は、そこに魔法が関わっている事に気づき危惧を抱くが、魔法使いである事を隠しているので引き止める訳にもいかず、親友を守るために自らも参加を申し出る。
果たしてそのゲームは、まるでゲームの世界に取り込まれたような超リアルな体感ができるRPGであった。それは現代の技術ではありえないリアルさだった!
ゲーム的にも凝ったシステムのそのRPGに主人公たちは、すっかり魅了されハマってしまうのだが、主人公たちがゲームに興じているその間にも、世界は重大な転換期を迎えようとしていた。

キャラ、なかなか面白いし、まあ可愛い。on/off(何が点いたり消えたりしてるかはキャラによって違いますが)のギャップが上手く表現されてて、ギャップ萌えできます。

シナリオ、会話のテンポは良いけど、魔法の関わった世界観、新型ゲームとか設定が複雑な分、説明成分は多め。
ゲーム世界に取り込まれるっていうのは、だいぶ手垢の付いた使い古された設定ですが、それだけ中二心をくすぐる設定ではある。魔法の事もあって、今後の展開が楽しみ。

絵、御敷仁さん。癖は強いけど、まあ可愛い。

CV、明るく人懐っこい転校生、基本スペックは高めだが興味のない事はサボりがち。オタクなゲーマーの娘に、平内あやさん。
生真面目で口煩い委員長。実はかなりの照れ屋さんで不器用な性格の娘に、星咲イリアさん。
成績優秀で頼りになる幼馴染みのお姉さん。しかし、天然系なドジっ娘で隠れゲーマーに、夏野こおりさん。
心優しい常識人だが、茶目っ気のある小悪魔な面を見せる妹の友人で、隠れリアル魔法使いに、遥そらさん。
中二病でゲーマーな妹、ブラコンで素直な性格だが、他の事にはとことんルーズな娘に、秋野花さん。
なかなか豪快な性格の先輩、親友の姉であり幼馴染みのお姉さんの友達に、ヒマリさん。
ゲームの開発者の一人でありリアルの魔法使い、ヒロインの姉で妹を厳しく躾けているが優しい女性に、桜川未央さん。
ゲームの進行役の妖精さん。ノリの良い性格で普通に会話できるナビゲーターに、まきいづみさん。

ココロ@ファンクション! 体験版体験記4

体験日:2013/09/04
発売日:2013年10月25日

『ココロ@ファンクション!』


近未来、[SRユニット]という脳波を利用したシステムで、手首につけた電極を通じ、空中に描かれた映像・音声・触覚までを感じ取る事が可能になった世界。
主人公が暮らすのはそのような情報機器の最先端を行く実験都市。全寮制の学園に通う主人公は、生徒会長を務めるような真面目な好青年だった。しかし、内心では若いリビドーを持て余し、妄想にふけるような人一倍エロい奴でもあった。
そんな主人公の個人情報端末[オルカ]に、勝手にインストールされた[ココロ・ファンクション]というアプリ。[Ver.オープンマインド]という主人公の[ココロ・ファンクション]は、内心の声を[SR]を通じ漏らしてしまう! というとんでもないモノだった。
よりにもよって校内放送中に妄想を垂れ流した主人公の地位は失墜、会長の座を追われ[変態]の汚名を被る。
[オルカ]は身分証・財布・鍵などを兼ねており、[SR]共々この都市ではそれなしでは生活できない。主人公は心の声を巻き散らしながら、生活していく事を余儀なくされる。
[ココロ・ファンクション]には他にも様々なバージョンがあり他の生徒達の[オルカ]にも紛れ込んで、様々な騒動を起こし始めた。
主人公は、[ココロ・ファンクション対策委員会]を立ち上げ、事態収拾・原因究明に乗り出す。
ココロ、ときはなつAVG

キャラ、メインの二人ちょっと[良い子]すぎてどうかと思いますけど、ただの良い娘ではない部分も描かれてますし、まあ可愛いです。

シナリオ、ちょっとテンポは遅め、会話はテンプレでぎこちなく少々不自然。
[変態]の烙印を押されながらも、めげることなく事態に立ち向かっていく主人公は、なかなかの好印象。
[ココロ]・人と人の絆をテーマにしているだけあって、心の内面に踏み込んだ内容。そして様々な謎をどう解明していくか、読み応えはありそうです。

システム、アニメやフロート画面とか演出はかなり凝ってます。その分要求スペックが高めで、うちの4年前の最低価格のパソコンでは、スペック不足で一部機能を制限されました。

絵、基井あゆむさん、ひなたももさん。塗りが前作に比べ荒くなってますが、とても可愛いです。

CV、明るく人付き合い良い性格で[SR]オタクの転校生、実は計算高い面もある娘に、遥そらさん。
流行に敏感なおシャレ少女さっぱりした性格で女子の人気者。でも弱気で優柔不断な所もある娘に、優希芹果さん。
物怖じしない脳天気な性格のノリ良い後輩で、いいかげんでものぐさな双子の姉に、桃也みなみさん。
心配症で引っ込み思案なその妹。一方で思い込みが強く一途な面もある娘に、藤咲ウサさん。
主人公の妹で寮の自室に引きこもっている困ったちゃん。ネットやプログラミングの天才でクールな小悪系ツッコミ役だが主人公に依存してる娘に、羽鳥いちさん。
主人公の[オルカ]のコンシェルジュアプリ。明るく元気な天然系で主人公を慕っている電子の妖精さんに、羽鳥空さん。
生徒会の現会長、生真面目で有能なのだが潔癖症で以前は主人公を尊敬していた反動で現在はきっぱり拒絶中の娘に、星咲イリアさん。
生徒会の会計でのほほんとした性格の後輩の娘に、白月かなめさん。
生徒会の書記で活動的で明るいムード―メーカーの後輩の娘に、陽月ひおりさん。
おっとりした優しい担任教師だが突発事項には弱い女性に、萌花ちょこさん。

Berry's 体験版体験記3

体験日:2013/06/13
発売日:2013年06月28日

『Berry's』


学園生活最後の年、普通なら就活もしくは受験に必死になるところだが、主人公は未だに進路を決めかねていた。
そこで学校外での経験を積もうと、可愛い制服を着たウェイトレスが有名なファミレスでのバイトを始める。

キャラ、攻略ヒロインだけで6人と人数多めですので、キャラ同士で少なからず属性がかぶっていますが、まあ個性的で面白いキャラしてます。何より皆それぞれ事情はありますが、ファミレスのお仕事が好きでやっているという一体感が魅力的。
前作《イモウトノカタチ》であまりにも行き当たりばっかりで鈍感すぎてその知能を心配された主人公に比べると、今作の主人公はだいぶマトモになっています!

シナリオ、文章的には平易。ファミレスについて詳しく書かれているのはいいですが、説明が長くて退屈。キャラ同士のやり取り会話は、自然な感じは悪くないけど、そう面白い気はしません。
全般に「無難に纏めよう、無難に纏めよう」とした形跡が伝わってきます(笑)。無理に面白くしようとしていないだけ、大外れもないのでは?

絵、メインキャラが、鈴平ひろさん、橋本タカシさん、九尾さん、七尾奈留さん、きみづか葵さん、さくら小春さん。サブキャラが、木野薫さん、蓮見江蘭さん、小原トメ太さん、源之助さん。
とまあ、原画家さんがたくさんで統一感もありませんが綺麗です。

CV、オーナー企業会長の孫娘。負けず嫌いですぐムキになって憎まれ口をきくが根は素直な娘に、遥そらさん。
人をからかうのが好きな困った後輩。職場全体を見渡して効率よく働くのが得意だが一方でサボり癖もある捉えどころのない娘に、内村うなじさん。
ハイテンションでノリが良くマイペース系の双子の姉に、桐谷華さん。
ドライで物静か独特の雰囲気のある不思議系の双子の妹に、渡辺涼子さん。
明るく元気な体育会系のチアリーダー。面倒見も良く気さくな性格の娘に、天乃有津梅さん。
明るく素直な甘えん坊でブラコンの主人公の妹に、三代眞子さん。
しっかり者で面倒見も良いベテラン店員。怒らせると怖い性格で、恋バナ好きな娘に、神辺ちせさん。
元気な頑張り屋さん、テンパリやすく少々ドジっ娘だがポジティブ思考でカバーする店のマスコットに、嶋田夏海さん。
廃人一歩手前のネットゲーマー。店での仕事も課金の為と割り切っているサバサバした性格の娘に、沢村かすみさん。
おっとりとした雰囲気のいやし系、失敗してあたふたする事もあるが、翌日には引きずらないめげない娘に、海老原あいすさん。
優雅な喋り方のお嬢様。制服にこだわりがあって、他の娘の制服の乱れていると直しにくる。仕事ぶりはそつがなく、後ろからサポートするイプの娘に、奏雨さん。

大図書館の羊飼い a good librarian like a good shepherd 体験版体験記3

体験日:2012/12/23
発売日:2013年01月25日

『大図書館の羊飼い』は2013年1月25日発売予定です。


生徒数5万人!! という巨大学園が舞台。主人公は、天涯孤独で極度の読書中毒者の学生。図書部という幽霊部員ばかりで、事実上活動停止状態の部活の部員。そんなマイナー部であるが、マンモス学園にふさわしい大図書館の片隅に部室となってる閲覧室があり、そこを主人公は独占して放課後の読書部屋としていた。
「学園を、もっともっと楽しくしませんか?」そんな目的もはっきりしない変わった活動に誘われた主人公は、あえてそんな運動を始めたヒロインに興味を持ち、期間限定で活動を始める。
  
キャラ、なかなかに面白し可愛いキャラしてます。はっきり言って結構地雷すれすれのキャラも居ますが、そっちに落とさないように丁寧にフォローしてます。

シナリオ、努力してる学生に幸運をもたらすという不思議な人物[羊飼い]にまつわる謎を追う形でシナリオは進行します。
会話のテンポも良いし、読み易い。主人公もメインヒロインたちも、青春時代ならではのトラウマというか精神的な問題を抱えていて、活動を通じて新たな自分を発見するという、かなり王道な青春成長モノになりそうです。

絵、べっかんこうさん。かなり可愛い。

CV、明るく天然系のお人好しだが極端なあがり症の少女に、三代眞子さん。
旧藩主のお嬢様で生真面目な自他共に厳しい努力家に、橘桜さん。
クールでドライな猫系歌姫の後輩。現在、サボりがちなのだが……に、丸井ことのさん。
人見知りしない元気でノリの良い性格の一方で心理的な壁を感じさせる後輩に、遥そらさん。
はっきりした物言いで妙に親しげかと思えば、ガードは固かったり掴み所のない図書委員の少女に、桐谷華さん。
生真面目な自他共に厳しい努力家の生徒会長、一方で搦め手も厭わない面もある少女に、波奈束風景さん。
放送部のホープで声優でもある少女。自分の仕事には高いプライドを持つ娘に、朝倉鈴音さん。
学生食堂の看板ウエイトレスの先輩で、情報工学の天才で小さいが底知れない迫力のある娘に、真宮ゆずさん。

ウィッチズガーデン 体験版体験記3

体験日:2012/11/11
発売日:2012年11月30日


応援中?


[ウィッチズガーデン]それは、日本にありながらヨーロッパ風の建物が立ち並ぶ城塞都市。街一つまるごとテーマパークとなった夢の国、風城市。
そこでは、アバターと呼ばれる魔女や騎士に扮したガイドが観光客を、SFX(本当に?)を駆使した見世物で歓迎していた。
主人公は、その風城市の学園の新入学生。親戚の家に居候する彼を迎えてくれたのは、同い年の魔女のアバターだった。
毎日がお祭りのような不思議の国で、恋の花咲く。
恋して、世界は変わっていく

キャラ、基本、性格のいい優しい娘そろい。結構繊細なキャラしていますが、上手く表現できていると思います。

シナリオ、まずは[ウィッチズガーデン]という舞台の説明からですので、全体の進行はゆっくり目。明るく華やかな雰囲気に、随所に可愛い萌えポイントを押えてますので、そう退屈せずに読めるかと。
今回はエッチシーンにも力を入れるとの事です。体験できたシーンも、連続絶頂ありで萌えゲーにしては尺が長く濃い方でした。

システム、E-motoで立ち絵が動きます。目パチ・口パク、髪の揺れそ・し・て、お胸の揺れ!
そっち(巨乳)の属性がないので、あまり感動はしなかったのですが、属性持ちにはかなり好評です。
今回はメインのディスクトップが故障中で、サブのネットブックで必須環境ギリギリのノーパソだったのですが、問題なく動きました。
ただし動くの立ち絵だけで、イベント絵は動かないようです。

絵、こ〜ちゃさん。やわらく温かい感じの絵柄。SD絵担当の成瀬未亜さんの絵柄も、良くこの作品に合っていると思います。

CV、主人公の同居人、魔女のアバターで少し恥ずかしがり屋ながら好奇心旺盛でリアクションの大きい小動物系の少女、小柄だがお胸は大きい娘に、日山紅莉栖さん。
冷静で真面目な優等生のクラスメイト、魔女のアバターである事に誇りを持っているお嬢様に、遥そらさん。
時代がかった喋り口調の先輩。騎士のアバターで、さっぱりからっとした性格で小柄でもカッコいい娘に、さくらはづきさん。
優しく親切ないやし系の先輩に、夏野こおりさん。
その先輩にべったりな毒舌クール系の娘に、藤咲ウサさん。
人懐っこい明るく元気なボクっ娘で、バトントワラーのアバターを目指している同級生に、丹下葉子さん。
おしゃまでお喋りな付属の後輩。天才肌ではあるのだが決め切れない残念属性の新米魔女に、吉沢美弦さん。
主人公の叔母で雑貨屋を切り盛りする大らかでノリが良い完璧ウーマン、だが朝には極端に弱い女性に、かわしまりのさん。
緑色の球体をした担任、関西弁のノリの良い先生に、平山紗耶さん。
魔女に憧れるイギリス人の子供。人懐っこく明るい性格の少女に、水瀬ゆのさん。
風城研究所に勤める学究の虫。神経質で完璧主義の女性に、本山美奈さん。
もの柔らかでさらっとした爽やかな態度で毒舌を吐く謎の女性に、米霧唯さん。

倉野くんちのふたご事情 体験版体験記3

体験日:2012/11/01
発売日:2012年11月30日

『倉野くんちのふたご事情』応援中!


主人公は、双子3組6人姉弟の真ん中で、ただ一人の男。3人の姉・2人の妹に挟まれた学生。5人の姉妹はみんな主人公が大好き、仲良く家業の洋菓子屋を営んできた。しかし、調理の腕は悪くないのだが、いい加減で甲斐性なしの父に愛想が尽きた母は、突然の独立宣言! 主人公と娘のうちの一人の二人を連れて家を出るという。
主人公を溺愛してる姉妹にとっては、離婚の事よりも主人公と別れる事が一大事、主人公と一緒に暮らせるたった一人の座を賭けて倉野家姉妹の主人公争奪劇が幕を開ける。
−倉野くんは 今日も双子たちから 愛されてます−

キャラ、まあ萌えキャラです。長女は微妙にその枠から外れてる気もしますが、そこそこ可愛い。勢いだけのおバカな娘とか、キツイ娘もいますけど、可愛い面もそれなりにフォローされてます。不思議系の娘もキャラはちゃんとたってますし、悪くないです。

シナリオ、展開はかなり遅め。何かというと、主人公を巡ってキャットファイトが勃発します。くどくなりすぎる一歩手前で姉妹の良心係の下の妹が割って入るので、そこまで酷くはありませんけど、……飽きますね。
主人公もヘタレという程でもないけど、優柔不断ですしお約束通り鈍感です。それでも決定権主導権は主人公が握ってるあたり、まだマシですけど、通常シーンはあまり見所はありません。
射精カウントダウンが入るなど、かなり[実用]に力を置いたゲームらしいので、シーン数は多めで、それも多人数プレイや淫語多用など濃厚なシーンが期待できそうです。

絵、兼清みわさん。可愛いし、艶っぽいです。

CV、ほんわかゆるふわ長女。しっかり者の優等生で生徒会長でも意外と黒い娘に、松田理沙さん。

体育会系のさっぱりした大らかな性格で直情径行・猪突猛進の次女に、榊るなさん。
生真面目な常識人で素直になれない意地っ張りで損をしている、主人公と双子の三女に、
星咲イリアさん。
引っ込み思案だが主人公には素直な甘えん坊、料理上手の四女に、遠野そよぎさん。
寡黙不思議系だが甘え上手な五女に、遥そらさん。
豪快で頑固な主人公の母に、篠崎双葉さん。
大の甘党で天然系の子供っぽい担任教師に、渡辺涼子さん。

With Ribbon 体験版体験記3

体験日:2011/01/08
by Hulotte
発売日:2011年02月25日

『With Ribbon(ウィズリボン)』応援中!


登校中、突然現われた見覚えない女の子に、パパと呼ばれて戸惑う主人公。
その女の子は、未来から来た主人公の娘で、パパの恋を叶えるためにやってきたのだとか。
しかし、母親候補は一人じゃない!?
母親探しAVG

キャラ、まあ萌キャラですね。やや個性を強調し過ぎでバランスを欠いてます。
主人公が誰を意識しているかで変化する、主人公の娘の人格変化は、うまく出せているので、それなりには描けている方だと思います。

シナリオ、展開はちょっと遅めです。ぬるい日常が長々続くのかと思いきや、三日で母親候補を決めなくては、娘は消滅の危機!?
最初の印象よりは、しまったシナリオになるかも。

絵、まあまあ。

CV、甘えん坊で子供っぽく天然な幼馴染みに、波奈束風景さん。
恥ずかしがりでテンパリ易いが頑張り屋な後輩の娘に、木阿武莉砂さん。
男口調の凛々しい生徒会長でお嬢様に、笹野葉月さん。
シスコンのツンケンお嬢様で陸上部のエースに、飛沢蘭子さん。
その姉でおっとりお淑やかなお嬢様に、澤田なつさん。
明るく元気な未来から来た主人公の娘に、遥そらさん。
見た目も性格も子供っぽく面倒臭がりの主人公の母に、小池こころさん。
クラス委員長で帰国子女の優しい世話焼き娘に、上杉由貴さん。
ほんわか物分りの良い担任教師に、上原あみさん。
livedoor プロフィール
EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ