しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

青葉りんご

コトバの消えた日 〜心まで裸にする純愛調教〜体験版体験記3

体験日:2014/01/31
ぷちけろ
発売日:2014年01月31日

主人公は大金持ちのお嬢様の幼馴染みの自称・変態紳士で学生。
ある日、転んだ拍子に心と心をリンクさせ、盗み聞き・会話する能力を手に入れる。
変態紳士ではあるが、良心的(というかヘタレ?)な主人公は、その能力を隠して楽しんでいたのだが、彼に好意的な同級生にバレてしまう。ところが心を読まれて嫌がる事もなくそれを受け入れた彼女と、更に親密な関係になり……。
心まで露出しちゃう純愛調教AVG

キャラ、はっきりいって嘘臭い。表裏のない(無さすぎる!)純真で優しい娘と、気は強いけど泣き虫な天才お嬢様。で、どっちも、少々天然気味。
まあ、心を読まれても受け入れるキャラですから、嘘臭くなるのも無理ないのでしょうし、可愛いことは可愛いです。

シナリオ、体験版ではキャラと能力の説明だけで、肝心の純愛調教(!?)のシーンはお預けでした。
読み易いしテンポも悪くないですが、OHPで陵辱系などと煽ってる割には、まったりムード。主人公も結構イイ奴みたいです。

絵、基4さん。ちょっと固い感じがあります。

CV、とても純真で優しく成績も優秀な転入生に、鶴屋春人さん。
意地っ張りで泣き虫なお嬢様。4年も飛び級した天才児で、行動力も計画立案能力も高いが、少々ドジっ娘に、青葉りんごさん。

PriministAr -プライミニスター-体験版体験記2

体験日:2013/08/08
発売日:2013年08月30日

主人公は手芸を愛する学生。人が良く手先が器用な主人公は、かなりの人望があり、あちこちの部活の手伝いに駆り出されていた。
一方で、肝心の手芸部は、たった二人の寂しい状態だったが、春風と共に次々と女の子が入部、ハーレム状態に!?

キャラ、完全崩壊、もしくは薄味。ギャグに走りすぎてイっちゃてるキャラは、まあ別としても、他のキャラもどうもぎこちない不自然な感じ。

シナリオ、ともかくお寒い。ボケばかりで、ツッコミもオチもない漫才みたい。文章のテンポも悪い。特に主人公を除く男子のノリが頭が悪すぎて不愉快。
女の子が照れる様子は、それなりに可愛いですけど、会話がまどろっこしく、萌えないです。

絵、松下まかこさん、もとみやみつきさん、羽鳥ぴよこさん。可愛いですけど、[Strawberry Nauts]の時より更に荒れている気がします。

CV、大人しく控えめな世話焼き幼馴染みに、秋野花さん。
寡黙だがストレートな物言いでマイペースな手芸部の女の子に、白月かなめさん。
文武両道で容姿端麗、控えめで人当たりも良い完璧すぎるお嬢様に、有栖川みや美さん。
お嬢様を守るツンケン娘、お仕えする主には甘々過保護だが近寄る男子には辛辣・高圧的な娘に、青葉りんごさん。
陽気でフリーダムな後輩に、百瀬ぽこさん。
自由奔放すぎる天才児、はちゃめちゃトラブルメーカーに、藤咲ウサさん。
旧家のお嬢様で学園の理事。早熟で頭は良いのだが、精神的には見た目相応なお子様に、早瀬ゃょぃさん。
予約特典の文化部棟の幽霊さんに、北都南さん。

恋咲く都に愛の花束を 〜Annaffiare〜体験版体験記2

体験日:2013/07/10
発売日:2013年07月26日

「恋咲く都に愛の約束を 〜Annaffiare〜」情報公開中!


今より少し先の未来、人工島をまるごと巨大テーマパークにした施設が舞台。
主人公はその島に住む学生。その島の学園は、エンターテイメント施設の管理・運営を学び、将来はテーマパークの裏方として職に就く事を目的としていた。
学園ではテーマパークで実地研修するカリキュラムが、始まろうとしていた。主人公はそのカリキュラムを通して、女の子と思いを通わせ合うことになる。
孤島のテーマパークいちゃラブAVG

キャラ、普通。悪くはないけど、面白くもなく。そこそこ可愛いけど、コレってものはない。
結構キャラがブレてます。ギャップ萌えを狙った感じではなく、単に矛盾してる感じが残念です。

シナリオ、展開が遅いし、つまらない。以前どこかで見た読んだ萌えゲーの定番シーンが、いくつも出てきます。キャラ同士のやり取りも、とくに面白くもない。不自然だとか、引っかかるような場面はないけど、売りになるような独自色はない。
主人公の目的意識の無さも話がダレる原因かと。テーマパークの島に生まれたから、なんとなくこの島で生きていくかという感じで、どうも流されがち。それなりに地元に対する愛着とか誇りとかもあるのでしょうが、読んでいて伝わってきません。

絵、なつめえりさん、うらびさん、崎由けぇきさん、淡い塗りで綺麗です。

CV、お兄ちゃんっ娘な妹。しっかりしてるようで甘えん坊で、抜けている事も多い娘に、北見六花さん。
控えめでおっとりした幼馴染み。プリンセスエリアで主役のお姫様を射止めた天才アイドルだが、本人は平和なのんびり屋に、夏野こおりさん。
孤独を好みわざと攻撃的な態度を取る下級生。一方でイルカたちの前で素直な特待生の娘に、青葉りんごさん。
管理部主任であり、学園の教師であり、清掃員!? というマルチに頑張る気さくにセクハラするお姉さんに、一色ヒカルさん。
のほほんとして超絶天然系のお姫様の幽霊で、主人公にしか見えない娘に、遠野そよぎさん。
野次馬根性が強い学園の情報通な娘に、桃井いちごさん。
厳格な女教師に、相葉茉美さん。

僕らの頭上に星空は廻る 体験版体験記2

体験日:2013/02/28
発売日:2013年03月29日


主人公は帰宅部の学生。特にやりたい事もない主人公は、なんとなく学生生活を送っていた。
そんないささか無気力な様子を心配した従姉の教師は、廃部の決まっていた天文部を立て直すように主人公を促す。
最初は仕方なく始めた部活だったが、自分が集めた個性的な部員たちと共に少しずつ変わっていく。
青春すぎて死にたくなる学園AVG。

キャラ、キャラはたってます。まあ、確かに個性的ですが……、面白みはありません。萌えって点でも、弱いです。

シナリオ、テンポが悪い。本当につまらない。会話のやり取りも、別に不自然ではありませんが、面白くはない。
主人公の設定を間違えたのが最大の敗因でしょう。星に興味はあるが部活としてやる程に好きではない。というテンションの低さがそのまま文章に出てます。序盤以降、一応それなりにやる気は出すのですが、その理由が他人の情熱になんとく感化されてというのでは、ユーザーとしても盛り上がりません。
青春モノをうたうなら、その王道に則り最初から熱血系主人公にした方が良かったでは?

絵、……。目パチ口パクしてます。

CV、明るく元気で無駄にテンションの高い転入生に、萌花ちょこさん。
お隣りの世話焼き幼馴染み。おっとりした性格で真面目だが運動は苦手な娘に、桐谷華さん。
寡黙でマイペースな不思議系の先輩に、桃井いちごさん。 
その友人で饒舌で大雑把な性格だが面倒見はいい小さな先輩に、青葉りんごさん。
主人公の従姉で自由人で面倒くさがりの同居人。背の低い事を気にしている化学教師に、大波こなみさん。
明るいいやし系で少々ドジな学生会会長の娘に、松田理沙さん。
その妹でしっかり者の厳しい学年委員に、鈴田美夜子さん。

それなりに真面目に作ろうした感触はあるのですけど、天文ファン・お星様好きの人がスタッフに居るのでしょうか? その辺りへの情熱は感じられません。 

いんぴゅり 〜ヒトとアナタとアヤカシと〜 体験版体験記3

体験日:2013/02/16
発売日:2013年02月28日

いんぴゅり〜ヒトとアナタとアヤカシと〜


人と妖怪が共存共栄する世界。主人公たちが暮らすのは、妖怪の力を暮らしに役立てるための研究都市となっている島。
その島の学園に新入学した主人公は、数年ぶりに幼馴染みの鬼娘と再開を果たす。個性的なメンバーに囲まれた騒々しく大賑わいな学園生活がスタートする。
ヒトとアヤカシが共存する非日常的な日常の物語。頑張る誰もが幸せになれる、そんな日常のおとぎ話。

キャラ、個性的というか少々壊れ気味。コメディベースですし、ちゃんと可愛い部分も描かれいますので、笑い飛ばせる許容範囲内?
 今回、後輩・妹系の攻略ヒロインがいないのは残念。

シナリオ、キャラ同士の掛け合いも楽しいし、テンポも悪くない。ラブラブな状態の女の子を可愛く描くのは、相変わらず上手いと思います。
学園のトラブルを解決するパトロール部の活動を軸に、ちょっぴりバトル要素ありのラブコメみたいです。 

絵、月音さん、桑島黎音さん、ななせめるちさん(サブキャラ)。塗りが良ければ、それなりの原画家さんたちなのですけど……。

CV、家庭的で優しいが怪力の鬼娘。天然気味で機械音痴、盲目的な主人公愛の一途な幼馴染みに、花澤さくらさん。
真面目で世話焼きな[童子切安綱]を預かる巫女さん。少々気の短いツッコミ役の幼馴染みに、青山ゆかりさん。
気さくな性格で元気いっぱいの天狗娘。いたずら好きなわんぱく娘だがとっても乙女ちっくな先輩に、小倉結衣さん。
クールで知的な生徒会長の狐っ娘。一方で好奇心旺盛で甘えん坊な面もある先輩に、北都南さん。
口の悪いサボり癖の担任教師に、一色ヒカルさん。
天下五剣[童子切安綱]の九十九神。身長15cmのちんちくりん、悪い意味で現代ズレしたノリの良い少女に、佐々留美子さん。
頭脳明晰な雪女。高い事務能力を持つ才女だが、毒舌でお姉さまに近づく虫を叩き潰すヤンデレ・ガチユリ娘に、青葉りんごさん。
控えめで優しい純粋で健気な座敷童子。少々ドジっ娘で小さな容姿と相まって庇護欲をかき立てる後輩に、ヒマリさん。

ハピメア 体験版体験記3

体験日:2013/02/12
発売日:2013年02月28日

【ハピメア】応援バナー


主人公は、[夢]に悩まされる学生。
悪夢に悩まされていた主人公は、[夢]を全て[明晰夢]として見る事で、最悪の[悪夢]だけは見ないようにコントロールしてきた。それでは[夢]で脳を休める事ができないので、疲れ果てては倒れて[夢]も見ない眠りにつく。そんな不健康な生活を繰り返していた。
しかし、ある夜、最悪の[悪夢]の登場人物、黒衣の少女に再会してしまう。
再び始まった最悪の[悪夢]は、周囲の人々をも飲み込んで、紡がれていく。
『アナタはどんな夢を見る? 
 これは甘くて幸せな悪い夢のお話』

キャラ、うあぅ……Sっ娘ばかりです(汗)。とはいえ単に気の強い娘というのではなくて、優しさも気遣いあった上でトラウマまで抱えた複雑なキャラ立てをしてます。

シナリオ、[悪夢]の物語にふさわしくねっとりとした蜂蜜めいたテンポで進みます。主人公には心を壊しかねない重大な過去の事件(体験版の中では匂わせてるだけです)があって、その自責の念やら罪悪感やらも絡まって、もう胸焼けしそうなとびっきりの[甘さ]です。
甘美な[悪夢]の世界に浸ってみたい方向け。あんまり浸りきると社会復帰に時間がかかりそう……。
 
絵、克さん、月杜尋さん。つり目ととんがりお胸が特徴的。妙なエロスがあります。

CV、夢の中でしか会えない明るく人懐っこい性格の少女。正義感が強く主人公を助けてくれる娘に、北見六花さん。
妹的幼馴染みで心配症の優しい少女だが、一方で淡々とした口調で主人公を弄るSっ娘に、青山ゆかりさん。
帰国子女の金髪娘、猫をかぶっているが裏では結構な自由人の科学部部長の先輩に、風音さん。
口数が少なく皮肉屋なロックンロール少女。実はお嬢様だが駅前でギターを弾いていたりする後輩に、青葉りんごさん。
主人公最大のトラウマ、最愛の少女。再び[夢]に登場し、周囲の人々にも[悪夢]を振り撒く娘に、遠野そよぎさん。
科学部長の妹でやはりハーフだが、背が低く親しみやすい性格で彼氏持ちの同級生に、かわしまりのさん。
クールで真面目で過保護なお目付け役。妹的幼馴染みの世話をしてる女性に、平野響子さん。

遠野そよぎさんのナイトメア少女が、ハマりすぎ! チクチクとトラウマを弄ってくる感じがなんとも、そういう属性持ちには凄いご馳走です。

Justy×Nasty 〜魔王はじめました〜体験版体験記3

体験日:2012/11/28
発売日:2012年12月21日

Justy×Nasty 応援バナー



勇者を育成する[創聖学園]、魔王を育成する[造魔学園]、善と悪・光と闇、相入れぬ理念の2つの学園が、少子化の影響で合併!?
学び舎は一つとなったものの、両元学院長を始めてとして元生徒同士も対立は絶えず、始終喧嘩・決闘が起きる騒々しい新設の[創聖造魔学園]。
そんな学園に、魔王候補として主人公は転入する。
主人公は魔王とは程遠い事なかれ者なのだが、元勇者の父は倒すべき魔王を誕生させるために、自分の息子を無理やり英才教育してきた。
転入早々、聖魔の争い+αの騒動に巻き込まれた主人公の行く末は?

キャラ、コメディって事で、やや壊れ気味ですが、まあ萌えキャラの範囲内。かなり個性的な娘が多いですが、それなりに良いところも抑えてますし、おバカなノリが許せるなら。

シナリオ、スラップスティックコメディ。ギャグ・会話のテンポは良いです。そう複雑な設定・裏事情などは無さそうですので、特に説明不足といった事もありませんし。
お笑いのセンスが合う・合わないはあるかと思いますので、体験版はやっておいた方がいいです。

絵、水鏡まみずさん。かなり綺麗。

CV、猪突猛進・直情径行のはた迷惑な正義かぶれで勇者候補のトップの優等生に、桐谷華さん。
面倒くさがりの合理主義だが面白がりで売られた喧嘩は買うタイプの[造魔学園側]のトップの実力者に、青山ゆかり。
優しく大人しい性格でブラコンの主人公の妹。争いごとが嫌いで、フェアな見方で両学園をみている娘に、夏野こおりさん。
不思議系で無口な下級生で魔法の実力は学園一の天才に、桜川未央さん。
厳格な家系で育ったおっとりお嬢様。優等生のしっかり者で怪力だが、どこか抜けているほんわか先輩に、遠野そよぎさん。
主人公の担任で豪快な女教師に、一色ヒカルさん。
古風な喋り方の座敷わらし……ではなく[創聖学園]の学園長に、青葉りんごさん。

1/2summer 体験版体験記3

体験日:2012/06/10
発売日:2012年06月29日

ALcot ハニカム 『1/2 summer』 応援中!


[1/2summer]でワンサイドサマーと読みます。

主人公は学生。夏の間のバイトで祖母の旅館を手伝うために、久しぶりに故郷に帰ってくる。
その旅館には、使えなくなった地元の学園の女子寮の生徒も宿泊していて、思いがけず幼馴染みの彼女たちと生活を共にする事なる。
旅館に住み着いた気まぐれな座敷童子様は、主人公と彼女たちに、何やら思うところがおありのご様子。
果たして、この夏、主人公と彼女たちの関係は、どう変わっていくのか?
夏の思い出AVG。

キャラ、純朴で可愛い子ばかり……と言いたいトコですが、予想以上に開放的なトコもありまして微妙。いえ、売女とかそういう感じではなく、純情なのですが積極的すぎるきらいがあって、人によっては反感を持つかも。

シナリオ、のんびりまったりと思いきや、座敷童子様の介入でいきなりの急展開もあったりする。
雰囲気は悪くないし、会話のやりとりもそれなりに楽しい。でも、それだけに、まだ煮え切らない内から急展開というのは、どうなんでしょう? 抜きゲーならそれもありかと思いますが、純愛路線のようですし。

絵、せせなやうさん。淡い色使いの綺麗な絵柄ですが、艶という点ではイマイチ。

CV、ほんわか天然系で控え目な性格だが、意外と鋭いトコのある白い髪の娘に、代初空さん。
元気系というか体育会系のノリの巨乳な巫女さんで微妙に残念な知識の純情娘に、青葉りんごさん。
人見知りで特に男性には警戒心バリバリ、でも一応礼儀は尽くす子猫系お嬢様の後輩に、杏子御津さん。
妙にハイテンションの中居さんで玉の輿狙いの先輩に、桐谷華さん。
常にマイペースだが兄思いで家事も得意な良くできたクール系の妹に、雪都さお梨さん。
いたずら好きで思わせぶりな喋り方の座敷童子に、秋野花さん。
二足歩行の喋る猫さんで偉そうで現金な性格に、藤咲ウサさん。
主人公の従姉で旅館の仲居、仕事ぶりはきっちりしてるが他はずぼらで姉御肌のきっぱりした性格のお姐さんに、上田朱音さん。
主人公の祖母で落ち着いた様子のしっかり者の旅館の女将に、鶴瀬みずほさん。

雪都さお梨さんの妹のキャラがとってもいいのですけど、非攻略らしいのがなんとも残念。


恋妹SWEET☆DAYS 体験版体験記3

体験日:2012/05/17
by Parasol
発売日:2012年05月25日

『恋妹SWEET☆DAYS』応援中です!


主人公の両親は経営コンサルタント。今度狙うのは名門の全寮制の女子校の経営権。主人公はその尖兵、共学化へのテストケースの男子学生として、その学園に乗り込むハメになる、しかも、あわよくば共学反対派の理事長の娘を篭絡するのを期待されて!
主人公大好きブラコンの妹二人に、擁護教諭の姉、幼馴染みの少女と味方もいるものの、ただ一人の男として女子学園に放り込まれた主人公の運命は?
いちゃラブ妹ハーレムAVG。

キャラ、はっきりしてるというか大味な気が。性格の悪いトコとか突飛な行動が尖りすぎで、本当にイタイ娘に成ってるキャラもチラホラ。
性格のいい娘は、それなりに可愛いのですが。

シナリオ、展開が遅く退屈。ギャグの切れも悪い。
人権蹂躙、軽犯罪レベルの言動のヒロインが野放しになっているのが、なんともイタイ。一応は周囲から注意されてるにも関わらず、反省の色もないトコが、人として終わってます。ギャグにしても、イタすぎですし、不快すぎてお笑いになっていません。
あまりにもチョロイ展開とか、安易に流れすぎな面も。
ハーレムものですので、安直な展開になるのはわかるのですが、それなら悩んでるフリだけで何の結論も出さず、結局易きに流れる消極的な主人公の心配は不必要です。どうせ、ハーレム展開にするなら、最初から積極的にノリノリでやってくれた方がいいです。

絵、ちこたむさん、魚さん。荒いんですけど、可愛いです。
  
CV、はっきりした性格で行動的な上の妹でお兄ちゃん大好きっ娘に、夏野こおりさん。
ちょっと人見知りで内気なトコのある下の妹でお兄ちゃん大好きっ娘に、野神奈々さん。
学園理事長の娘で生徒会長の典型的な勘違いお嬢様だが意外とロマンティストな一面のある娘に、寺井いなほさん。
明るく元気で天然系の人懐っこいボクっ娘の幼馴染みに、松田理沙さん。
擁護教諭の傍らで両親の手助けもするビジネスウーマンで弟溺愛の姉に、かわしまりのさん。
お嬢様の付き人の学生で生真面目だかさっぱりした性格で時に気さくな一面を見せる娘に、青葉りんごさん。
猪突猛進・傍若無人の盲愛レズっ娘の下級生に、小倉結衣さん。
小柄で若くみえる寮母さんで大らかでおっとりした雰囲気だがよく気のつく女性に、大波こなみさん。

一部合ってない配役とかありますが、そこを除けば声優さんはいい演技してます。
特に、松田理沙さんのボクっ娘に、星一つ追加します♪

 

はるまで、くるる。 体験版体験記3

体験日:2012/04/16
発売日:2012年04月27日

すみっこソフト『はるまで、くるる。』応援中!


空を貫くような高い塔のある島に集められた記憶喪失の主人公と4人の少女。彼らはそこで、三ヶ月を共に暮す事になる。
電気水道はあるものの商店などは一切ないその島で、半ば自活を始めた彼らは不安を抱えながらも、表面上は穏やかな生活を送っていた。
しかし、少女の中の一人が、主人公を中心としたハーレムを築く事を宣言する!!

 それはの日のような、
 甘くて果ての見えない、
 悪夢と終末のハーレム。

キャラ、程よく狂ってます、いろいろ壊れてます。単純に可愛いとはいえませんが、面白いキャラではある。なかなかに深くて趣があります。……素直にお勧めするには微妙ですが。

シナリオ、ぶっ飛んでるし、ひねくれてますが、危ういバランスで成り立っている穏やかな閉じた世界を、うまく表現してます。
これは、エンディングをどう纏めるかで、評価が真っ二つに分かれそうです。
上手く纏める事ができれば、人を選ぶものの名作! と呼ばれるゲームにもなりそうですが……纏め切れずに爆散して墜落しそうな気もします。

絵、春っぽい淡い色使いは悪くない。 

CV、バールを装備したきっぱりした性格で何気に策士な少女に、竹岡美柳さん。
おっとり巨乳の少女に、芹園みやさん。
釣りと孤独を愛する寂しがりの少女に、かわしまりのさん。
元気天然系だが独特ながら鋭い感性の少女に、青葉りんごさん。

 
プロフィール

しょうさん

EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ