しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

08年11月発売

凌辱セレブ妻 〜屈辱!!肉奴隷への堕落〜体験版体験記1

体験日:2008/12/04
by ZION
発売日:2008年11月28日

身に覚えのない社長夫人へのセクハラを理由に、ある日突然、解雇されたエリート営業マンの主人公。職を失い、住まいまで失った彼は、住み込み使用人募集の張り紙を偶然見つける。それは、当の社長宅の使用人募集だった。
社長夫人への復讐を狙う彼は、その機会をつかみ使用人として、社長宅に乗り込む。
セレブ妻堕落AVG。

……よれよれのアルマーニのスーツを着た奴が、使用人として応募してきたら? 正気の人間なら、その場で断るだろうに。ワケアリ!! と全身で叫んでいるような風体ではありませんか!? まあ、住み込みの使用人を電柱の張り紙で募集する時点で、正気ではないけどね。

えっと、主人公が自意識過剰バカ! なのは確認できましたが、女性側のキャラは、把握できませんでした。
面接の場面までしかなく、すぐそっちのサンプルシーンになってしまいましたので。

シナリオ、主人公の勘違いヤローぶりに耐えられるなら、まあテンポは悪くないのでは。

絵は、まあ綺麗です。

CV、高慢な社長夫人に、くわがたみほさん。
感情の読めないメイドさんに、伊藤瞳子さん。
おっとり人妻に、鳥瀬くるみさん。

ヒロインズナイトメア Vol.2 体験版体験記2

体験日:2008/12/03
by ぷちミルフィーユ
発売日:2008年11月30日

現代に置いて妖魔と闘う退魔師の少女、西洋風ファンタジーの女戦士、和風伝記モノのくの一、以上三人のヒロインが凌辱されちゃうストーリー。

この体験版は、そっちのシーンの断片ばかり三人分である。
キャラ紹介も何もなしに、いきなりそのシーンだけあっても、趣も何もなく何それ? の世界である。
一応、そうなるに至った状況説明の短い文章があることはあるのだが、唐突感が薄らぐほどのものでなし、今してる……というかされてる娘がどんな娘かという説明には、ほど遠い。

にしても、よくもまあ何の関連もない三人を寄せ集めたものである。
いくらダウンロード廉価ソフトとはいえ、こんな中途半端なごった煮めいたモノを、出されては興醒めもいいところ。

絵は、まあそれなり。

CV、少女退魔師に、本山美奈さん。
女戦士に、黒川百合さん。
くの一に、伊藤瞳子さん。

毎日がM! 体験版体験記2

体験日:2008/11/19
by アトリエかぐや Honky-Tonk Pumpkin 
発売日:2008年11月28日

とんでもなくMな主人公は、女子校に新任教師として赴任する。ところが、初日にさっそくイジメテ君体質を発揮! Sッ気の女学生に苛められる日々が始まるのでした。

だめだこりゃ……。女性に罵られる事に、軽蔑の眼差しを浴びることに快感を覚える方におすすめ。

主人公は、短小・包茎・早漏の三拍子に加えて「絶対M感」の持ち主という、超絶イジメテ君ですので、三歩歩けば、苛めっ娘に出会い、四歩目で苛められて、五歩目で勃起、六歩目で絶頂! で一回休み。気を取り直して歩き出すと、また三歩で苛めっ娘に! てな感じで、Mなイベント満載です。

キャラ、今の体験版で出てくるヒロインは、三人だけ。まあ、S娘ばかりですが、高飛車系・クール系・無邪気系と、描き分けてあります。
しかし、S娘だらけで、気の休まるところはありませんが……Mの方には、そのほうがいいのかも? どうも、この主人公は悦んでいるようだし、一応否定してるけど。

シナリオ、テンポは悪くないというか、Mイベント満載で、ロクにストーリーはありません。

絵は、結構いい感じです。

CV、高慢な女王様で委員長に、このかなみさん。
クール系女王様に、倉田まりやさん。
無邪気系のサド娘に、桃井いちごさん。
他、桜川未央さん、芹園みやさん、青葉りんごさんご出演。

カラフル!! 〜colorfull!!〜体験版第2弾体験記2

体験日:2008/11/18
by KLEIN
発売日:2008年11月21日

学園青春AVGだそうな。5年ぶりの故郷で、一人暮らしを始めた主人公は、超マンモス学園に、転入する事になる。
再会した幼馴染や新たなクラスメートと紡ぐ青春ストーリー。

今回の体験版で、一応女の子は出揃ったのかしらん。

以前の体験版で、キャラのたちは、いまいちと書きましたが……下方修正します。ほとんどたってません。

内気で初対面の人が苦手な幼馴染、苦手、苦手と何度も紹介されるわりに、そういうシーンがありません。ただ、苦手と書くよりも、一つ象徴的なエピソードを描くのが正道です。

元気系考えなし娘……、周囲の迷惑顧みず無闇矢鱈と跳ね回るそれでも微笑ましいと思わせるのは、彼女なりの心遣いがあること、それにフォロー役がいる事が条件です。
周囲の迷惑にまったく気づきもしないでは、独りよがりが過ぎます。フォロー役は、主人公が担うようですが、息が合っていません。

おっとり天然系お嬢様の生徒会長。周囲の人間が、彼女がお嬢様である事に、気後れして驚くシーンがあったのですが、彼女にとっては、そういう場面は慣れたものでしょう? ならば、その場を丸く収めるのも彼女の方から行うのが自然な流れです。
お互いに謝るような事体になるのでは、”お嬢様”の名が泣きます。

ツンデレ娘の描き方。ツンケンさせるのは良いのですが、その分、可愛げもさり気なく強調して置くものですが、どうもそれが上手くない。

シナリオのテンポは、まあ悪くないかな。

絵は、綺麗です。でも、なんかモブシーンのその他のキャラが妙に幼いのです。4、5頭身って何?
あと、驚きの表情がいまいち。

CV、内気な幼馴染に、草柳順子さん。
行動派元気娘に、金田まひるさん。
ツンケン・クールなクラスメイトに、小倉結衣さん。
おっとりお嬢様生徒会長に、ダイナマイト亜美さん。

前の体験版体験記

姦染3 〜首都崩壊〜体験版体験記1

体験日:2008/11/16
by SPEED
発売日:2008年11月21日

”姦染”のシリーズも3本目。今回の舞台は首都だそうな。
理性を麻痺させ、獣欲を増大させる未知のウィルスによる感染被害を描いた作品である。

感染者同士では、妙な協調性があって集団行動を取りたがる傾向があるので、逃げ遅れると集団レイプ・輪姦の餌食となる。
基本は体液による感染だけど、感染から発症まで異常に短いので、やられてる間にも、もう発症する早さ。

キャラ……たっていない訳でもないけど、いまいちリアリティが薄い、いや特にやり過ぎてる訳でもないですけど。なんというか魅力に欠ける。

シナリオですけど、もったりした感じ。遅い! のではないのですが、緊迫感が伝わらない。

で、肝心のシーンですけど、なんかピラニアが群で餌が喰ってる感じ。理性を麻痺させるウィルスですから、そうなるのも当然ですけど……ピラニアお好きですか?

絵、悪い意味で青年コミック風? 塗りも平面的ですし。

これも、なんでシリーズ化したのが謎ですね。う〜ん、こういうのお好きな方いるんですね。

CV、水泳部のエースで幼馴染に、民安ともえさん。
アルビノのヴァイオリニストで義妹に、計名さや香さん。
金髪ハーフの格闘娘に、川瀬ゆづきさん。
グレちゃった幼馴染に、春日アンさん。

絶対女子寮域! 体験版 体験記3

体験日:2008/11/15
by highsox
発売日:2008年11月28日
renbns


突然亡くなってしまった義理の父。まだ、学生の主人公には何の収入もなく、学費・生活費にも事欠く上に、義父と暮した思い出の家の相続税も圧し掛かってくる。
思い出の残る家をなんとしても手放したくない主人公は、義父の知り合いの女性の提案を受ける……。
それは、彼のことを女の子と勘違いした女性の孫息子との”お見合い”だった!
まだ、学生であることを理由に、なんとか結婚(!)は、回避するものの女性の経営する全寮制の女学園に転入するはめとなってしまうのであった。
女子寮でまきおこるドキわくえろす体験AVGだそうな。

キャラ、たってる方でしょう。
ツンケン意地悪娘でもとっても世話焼きさんとか、なかなかツボを押さえてます。
周囲に流されまくる主人公はどうかと思いますが、それでも譲れないもの(思い出、絆)を持っているのとないのでは、印象がずいぶん違うものです。

シナリオのテンポも悪くないです。ときおり、無茶なギャグが入りますが、まあ、アクセントって事で。

絵、いまいち。でも、振袖姿の主人公はなかなか可愛かったです……おかしな趣味に目覚めそうです。

CV、男嫌いでもお節介な理事長の娘に、計名さや香さん。
同居人の無口・無表情な小さな合気道少女に、奥山歩さん。
おっとり、巨乳な寮長さんに、楠鈴音さん。
無駄に熱い熱血風紀委員の後輩に、桜川未央さん。

ちぇいすと☆ちぇいすっ! 体験版体験記4

体験日:2008/11/02
by FOUNTAINHEAD
発売日:2008年11月28日

468x100-1


学校帰りに拾った生きた雛人形(?)は、な、なんと土地神様であった。天然娘の幼なじみに取憑いた姫神様がおっしゃるには、お祭り好きの神様の近侍たちが、逃げ出して街に下りてしまったのだとか。
かくして、本好きの文系少年の主人公は、逃げたキツネ・山鳥・ウサギを追いかけるはめとなる。

うぶな女の子にナンゾ(悪魔・淫魔・もののけ)が、取憑いてエロエロになってしまうお話は、数々あれどロクなのがなかったので、この作品もまったく期待してなかったんですけど。

ハレレ……、思ったよりは、ずいぶんとマシではないですか。人格の変化を際立たせるため、いささか極端な性格になってますけど、うん、許容範囲内。
ツンデレのツンケンの中の”照れ”とか、無表情少女の”恥じらい”とか、臆病娘の”テンパリ”とか、つぼを押さえるのが上手いです。

ストーリー・会話のテンポも悪くないし、結構こみいった背景があるらしいのに、上手く消化してます。

山鳥の精の「〜ですます。ピヨ」は、ないよな……とか思わなくないけど、まあ、遠野そよぎさんの「ピヨ」は、可愛いので許してしまおう。

絵は、とても可愛いし丁寧です。

CV、お人好しの行動系天然幼なじみに、波奈束風景さん。
勝気で真面目な委員長に、榊原ゆいさん。
男性恐怖症の引っ込み思案少女に、五行なずなさん。
無口な日米ハーフの文学少女に、遠野そよぎさん。
しっかり者の妹に、木村あやかさん。
問題の姫神様に、井村屋ほのかさん。
お淑やかな巫女さんに、松田理沙さん。

超外道勇者 TG体験版体験記2

体験日:2008/10/27
by Nomad
発売日:2008年11月28日

TG=エンターブレイン社発行の雑誌[TECH GIAN]です。

魔王を討伐した勇者様のその後の物語。
魔王が打ち倒された後も、抵抗を続ける魔王軍の残党。
そこで、勇者様が思いついたのは、美少女である魔王を辱めることで、魔王軍の戦意を削ごうと言う外道過ぎる計画であった。

前作、「外道勇者」の続編だそうな。

勇者様が外道になると、魔王や魔族が妙に生真面目なるのが笑えますねぇ。どっちが”悪”者なのやら。

キャラはまあ、ありがちで独自の魅力に欠けます。

シナリオに関しては、この体験版では、プレプロローグだけですんで、割愛。
凌辱シーンは、なかなか濃厚ですね。体が目当てとかいいつつも、きっちり精神まで犯す感じがいいです。

絵、別に下手って訳でもないだけどなぁ。どうも、この絵柄は好きになれない。
女の子のお肌の露出度が高過ぎるのが、原因かしら。隠してるからこそ、引っぺがしがいあるのに……。

CV、とっても真面目な魔王様に、芹園みやさん。
空魔軍のお子様将軍に、金田まひるさん。
蓬莱国のお姫様に、青川ナガレさん。
齢200歳を超えるロリっ娘魔女に、未来羽さん。
亡国の高慢姫に、倉田まりやさん。

今日からプリンス TG体験版体験記3

体験日:2008/10/27
by ビタミン
発売日:2008年11月28日

TG=エンターブレイン社発行の雑誌[TECH GIAN]です。

他国の姫様との多重婚によって繁栄を極めた夢のハーレム王国サプル。主人公は、そのサプル王国の貧民街でいかがわしい魔法具を商っている青年。
たまたま、サプル王国の王子とそっくりの外見を持つ彼に目をつけた敵国の工作員によって彼は、囚われの姫様救出のために、王子と入れ替わるように強要される。

王子様に成りすまして、お姫様を好き放題しちゃうAVG。

いやあ、長くなりましたねぇ。サプル王国の物語も。これで、何作目でしたっけ? えっと、7作目かな。

今回の体験版は、ヒロインの顔見せと、エッチシーンのさわりだけ。

明るく軽い雰囲気で、お姫様とエッチ三昧……は、今作でも踏襲されているようです。

絵は、そこそこ可愛いんですけど、雑ですかね。

CV、お淑やかなブラコン姫に、西中光さん。
囚われの冷酷・高慢姫に、丸井寧子さん。
大らかな騎士姫に、永野らびさん。
主人公に付き従う一途なドジっ娘妖精に、木下鈴さん。

ココロノ 体験版体験記1

体験日:2008/10/27
by Flying Shine 黒
発売日:2008年11月28日

今回の体験版では、ヒロインを紹介する短いエピソードと”ソッチ”のシーンがワンカット。

一見、普通の学園生活。でも、妙に影が差すと思いきや、”歪んだ学園群像AVG”だって? なるほど。

というわけで、ヒロインも良く言えば一途、悪く言えば病的な愛情を寄せてきます。
その”ヤンデレ”ぶりは、当然エッチの方に反映されてきます。独占欲満載に迫ってきたり、逆に主人公の行為の全てを受け入れようとしたり。

デレデレというよりドロドロな愛憎劇がお好きな方は、どうぞ。わらしは、ちょっと……。

絵も、好きでないな。巨乳属性ないんで、あの乳はありえないし。

CV、榎津まおさん、五十嵐ナナコさんがご出演。
livedoor プロフィール
EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ