しょうさんの雑記帳

とある分野のゲームの体験版をプレイしての感想を中心に書いてます。まれに発売予定のゲームの応援記事も載せます。
最近ではErogameScape -エロゲー批評空間-の方に短文感想を書いたりしてます。
Twitterアカウント:shousan_na

10年11月発売

触禍 〜処女を狙う黒い触手〜体験版体験記

体験日:2010/11/12
by Luserise
発売日:2010年11月26日

Lusterise 触禍


触手の妖魔による凌辱モノの第3弾。
今回の妖魔は、擬態を得意とする。退魔巫女姉妹の兄に取り付き、身近な様々な物に擬態し、油断している巫女たちに襲いかかる。
擬態触手快楽淫辱AVG。

キャラ、かなり一面的で単純。もっと可愛げのある所も見せても良さそうな。

シナリオ、怒涛の凌辱プレイが売り。今回は、相手が失禁して気を失うまで責めまくります。

絵、イマイチ。う〜ん、ここの所、絵が荒れてる気がしますが。

CV、ぶっきら棒な口調だが優しい姉に、三郷綾夢さん。
かつての領主の娘でお嬢様に、倉田まりやさん。
横暴でわがままな所のある妹に、ヒマリさん。
とってもフレンドリーな先生に、御苑生メイさん。

美脚隷嬢 優奈「脚もお尻もこんなに穢すなんて……絶対に許さない!」体験版体験記1

体験日:2010/11/11
by CROSSOVER
発売日:2010年11月26日

主人公は、お嬢様にお仕えする執事。代々その家に仕えてきた主人公は、何の疑問もなく誠心誠意お仕えしてきたのだが、些細なミスが重なった主人公を、解雇するとお嬢様が言い出した事から、主人公の自制心が切れてしまう。
ムチムチ下半身高飛車お嬢様快楽独占系AVG。

キャラ、ペラいし嘘くさい。
お嬢様に一方的に怒鳴り散らされている主人公を見て、理想的なお嬢様と執事の関係って、何それ? 冗談にも程がある。

シナリオ、執事の役割というのは本来……というような薀蓄はともかくとして、主人公の存在そのものがありえない。仕えるべき当のお嬢様を偶像視して妄想を膨らませるばかりで、実態を見てない。
というかどのキャラも相手の事を見ずに、自分勝手な想像でしゃべってるシーンが多い。

絵、いま二つ。濃い絵柄の割に間延びして見える。

CV、神経質で厳しい性格のお嬢様に、一色ヒカルさん。
軽いノリで気楽な性格のメイドさんに、富樫ケイさん。
明るい性格のテニス部の後輩で、民安ともえさん。
お嬢様と並ぶほどの名家の優しい娘に、都築なつるさん。

堕楽園 〜美しき新妻 初夜に散る〜体験版体験記3

体験日:2010/11/10
by アメノムラクモ
発売日:2010年11月19日

両親の反対を押し切って再会した幼馴染みと結婚した女子大学生。
その新婚初夜に、夫は突然の出張で留守。そこに夫の義兄を名乗る人物が訪ねてきて……。
凌辱AVG。

キャラ、シナリオ、この体験版ではそっちのシーンの一部抜粋のみなのでよくわからない。
義兄なる人物だけなく大学の友人たちをも巻き込んで、ヒロインに快楽を刻み込んでいく展開。
快楽に溺れかけながらも、自らの肉体・魅力を用いて反撃を試みようとするあたり、ちょっと今までのヒロインとは一味違うのでは?

絵、まあまあ。

CV、運命の変転に翻弄される学生新妻に、芹園みやさん。

Junk Seeker 体験版体験記2

体験日:2010/11/09 
by 
発売日:2010年11月19日


近未来、大規模なバイオハザードで様々な動物が巨大化・凶暴化、人間社会は崩壊した世界。
主人公は、そんな世界で変質した生物を狩って生計を立てている。
スラム街に迷い込んできた来た女性。彼女は廃墟となった研究所に行ったいう父を探しているという。
彼女の依頼を受け主人公は、研究所の廃墟を探索する。
近未来廃墟探索ゲーム。

キャラ、シナリオ、この体験版はRPG部の動作確認が主で、よく確認できていないのですが、キャラはありきたりで面白みがないし、シナリオもギャグが上滑りしてて寒いです。

システム、2Dダンジョンでしたが、キーボードの矢印キーだけでは移動できないのは、個人的には大問題。マウスクリックで一歩一歩と歩くのは面倒、左を探索して正面に戻って進んで今度は右……というのを、いちいち画面上のポインタを動かして狙いを合わせてクリックというのでは、面倒で仕方ない。
戦闘システムもイマイチわかりにくい。行動順が画面左下に出るのですが、今行動しようとしてるのが何なのか、把握しにくいです。

絵、イマイチ。

CV、父を探している世間知らずのお嬢様に、片倉ひなさん。
主人公の素直で可愛い妹に、芹園みやさん。
しょーもない悪ふざけが好きな取引相手に、平野響子さん。
アイテムを製作してくれる研究者に、草柳順子さん。
自警団に所属する口下手な女性に、三郷綾夢さん。
スラム街の飯屋の活発な看板娘に、御苑生メイさん。
もう一人の看板娘で大人しい性格に、東かりんさん。
自警団で事務を受け持つおっとりした女性に、鈴峰りおさん。

りぼる・さもなー Revolving Summoner 体験版体験記3

体験日:2010/11/08
by M de Pink
発売日:2010年11月12日

りぼる・さもなーを応援しています!


主人公は魔法使い。偉大なる師に恵まれたものの今一つパッとせず、共に学んだ幼馴染みとは、差が開くばかり。
王宮で行われた魔導師採用試験で良い所を見せようと、大掛りな召還に挑むも失敗。不完全に終わった召還は、魔法使いの少女の頭部のみを召還するに終わる。
しかしその少女は主人公たちの世界では珍しい光の属性の魔法使いであったため、少女を完全に召還する事を条件に、再試験の機会を得る。
不完全召還AVG。

キャラ、気の強い娘ばかり。それなりにデレるとこもありはしますけど。もう少しバランスを考えた方が良いと思う。

シナリオ、コメディとしての切れはイマイチですけど、まあ展開はそれなりに早いし、退屈って事はないかと。

システム、魔力を手っ取り早く上げるにはH! という訳で頭だけのヒロインとシュールなHが繰り広げられます。
次に体のどのパーツを召還するかで、Hのバリエーションが変わってきます。ユーモラスなんだか、グロテスクなんだか、Hなんだか訳のわかない世界。新たな趣味・趣向に目覚めるかも(笑)。

絵、まあまあ。

CV、気が強くわがままな異界の魔法使いの少女。でも勝手に頭だけ召還された身の上を思えば、むしろ思いやりのある良い娘に、唯香さん。
自信家で口の減らない勝気な幼馴染みに、桜城ちかさん。
何気に口の悪いお姫様に、水純なな歩さん。
国内随一の腕の護衛役で皆に恐れられるさばけた口調の女性に、榛名れんさん。
広範囲攻撃が得意な土の魔法使いに、狛乃ハルコさん。
姫を補佐する女官で強力な風の魔法使いに、宝井葵さん。
城内に入り込んでいる忠実で優秀な隣国の女スパイに、東かりんさん。
ほっそりとした見かけに拠らぬ隣国の女剣士に、計名さや香さん。

失われた未来を求めて 体験版体験記3

体験日:2010/11/07
by TRUMPLE
発売日:2010年11月26日


主人公は事実上一人暮らしの学生。研究者である両親は、ほとんど家に帰らず、仕事の同僚である隣家に主人公を預けっ放しの状態。
今では、一応自分の部屋はあるものの食事などはやはり隣家でとる生活が続いていた。

主人公と幼馴染みが所属する天文学会は、文科系の部活でありながら学内最強の戦力と頭脳を兼ね備えた曲者揃いの部活で、学園でも一目置かれていた。
その実力を生徒会に見込まれ、学園祭の進行の調節役を任される。
近づく学園祭に加えて、幽霊騒ぎや事故多発など学内は騒然としていた。
そんな時、爆発音の後に、全裸の状態で気を失った姿で見つかった転入生が、新たに天文学会に入部する。

キャラ、微妙。それなりに魅力的なキャラが揃っているのですが、どうも描ききれていないような。

シナリオ、展開は遅いし、ギャグの切れもイマイチ。タイトルから想像するに時間ループものっぽいのですけど……。
ただでさえ冗長になり易いループもので、この文章というのは、かなり苦しいものが。
ループものって名作もありますけど、逆に外した時の落差が大きいのですよね。後半の謎解きにそこまでのストレスを一気に晴らすようなカタルシスがあればいいのですけど。
張り巡らせた伏線を処理しきれず、混沌とした矛盾だらけのシロモノで終わらなければいいのですが。

絵、とっても綺麗。お肌の塗り、ちょっと照かりが強過ぎる傾向がありますが。
絵買いする価値あり?

CV、天文部の唯一の良心、優しい世話焼きタイプの幼馴染みに、有栖川みや美さん。
文武両道トラブル大歓迎の武闘派部長に、かわしまりのさん。
礼儀正しい控え目な後輩で謎の転校生に、青山ゆかりさん。
校内に独自の諜報網を持つ策士なお嬢様で先輩に、民安ともえさん。

ゆかりさんが大人しめの役をやっている♪ こういうのも結構好きです。

VenusBlood −EMPIRE−体験版体験記2

体験日:2010/11/04
by dualtail
発売日:2010年11月26日

応援中?


触手調教モノのシリーズ[VenusBlood]の第4作です。

大陸の傍らにある魔神の支配する島。長く続いた内乱が終わった魔神の帝国は、光の女神たちが支配する大陸へその目を向ける。
主人公は野心家の将軍、帝国の占領軍を率い女神たちに挑み、その力を自らに取り込んでいく。
地域制圧SLG+女神悪堕ち触手調教SLG。

キャラ、ん〜、かなり前作[DESIRE]とキャラが被ってます。典型的であまり面白みのないキャラですが、前作が楽しめた方なら今作でも安心でしょう。

シナリオ、どうも女神様の設定が、前作とは変わったようですね。もっと人間に近づいたようです。
元々人間ではないし肉体があるのかないのも定かでない女神が、肉欲に溺れるというのは、どうにも矛盾を感じていたので、最初から人間に近い存在として設定した方が確かに違和感がないです。

帝国側も先まで内戦が続いてた事もあって一枚岩とは行かず、新任の将軍である主人公は、背後にも敵を抱えた状態。戦略SLGとしても、結構本格派です。
ちょっと説明が多いですが、文章的にもなかなか読ませてくれます。

主人公はストイックなまでの野心家、女神を調教するときも快楽に溺れる事無く冷静に分析を続けます。それが良いか悪いかは好みですけど。

絵、……。 

CV、生真面目で短気な大地の戦女神に、香澄りょうさん。
落ち着いて慈悲深い光の女神に、紫苑みやびさん。
捉えどころない酒飲みの水の女神に、朝倉奏美さん。
元気で小さな鍛冶と発明の神に、榎津まおさん。
冷静で無口な智恵の風の女神に、沢代りずさん。
大いなるカリスマと憂いを帯びた闇の女神に、Yuki-Linさん。
跳ねっえりで短気な小さな魔族将軍に、渋谷ひめさん。
無口で冷酷な魔族将軍に、梅椿鬼さん。
独自の価値判断を持ち残酷で妖艶な踊り子で主人公の副官に、東かりんさん。

他の男の精液で孕んでもいいですか…?4 体験版体験記3

体験日:2010/11/01
by アトリエさくら
発売日:2010年11月26日
『他の男の精液で孕んでもいいですか…?4憧れていた先輩のむっちり美乳は僕のものではなかった ―知りたくなかった彼女の秘蜜―』は2010年11月26日に発売です。
正式なタイトルは、『他の男の精液で孕んでもいいですか…?4 憧れていた先輩のむっちり美乳は僕のものではなかった ――知りたくなかった彼女の秘密――』です。

主人公は一人暮らしの学生。そこへ通って世話を焼いてくれるのは、幼いときから一緒に育って来た従姉のお姉ちゃん。二人は、同じ学校の放送部の先輩後輩でもある。
そんな姉弟同然の二人の関係が、姉が校内放送のDJデビューし、人気を得た事によって変わる。
互いに思いを確かめ合った二人だったが……。
超・寝取られAVG。

キャラ、典型的ながら普通に描けている。
聞いたこともないライターさんだけど、なんか小慣れた印象。どっかで別名義で書いてるかも。

シナリオ、展開もまあテンプレート通り! でもまあ最低限の萌えは描けてるし、退屈ななりに読み易い。ちょうどギリギリで及第点って感じ。

絵、まあ普通に綺麗。

CV、しっかり者の世話焼き姉さんだけどやや天然でマイクを前にすると人格が変わる従妹に、御苑生メイさん。

星三つ……う〜ん、今までの三作と比べると、つい点が甘くなってるかも。

母乳が染み出る愛娘 愛美「お父さん、私のミルクたくさん搾ってほしいの……」体験版体験記2

体験日:2010/10/31
by オーバードーズ
発売日:2010年11月19日

『母乳が染み出る愛娘・愛美』


主人公は父娘二人暮らしのサラリーマン。早くに妻に先立たれ男手一つで育て上げた娘は、素直ないい娘に育ち、近頃では身の回りの世話も喜んでやってくれるようになった。
そんな親子の蜜月生活に思わぬ亀裂が生じる。
「胸が張って苦しいの……」娘は妊娠していなくても母乳が出てしまう体質を妻から受け継いでいたのだった。
娘溺愛+乳搾りAVG。

キャラ、なんか良い娘過ぎて白々しい。

シナリオ、日常シーンの会話のセンスの無さは絶望的なつまらなさ。
そっちのシーンでは、一つ一つの行為の描写をループさせる事を前提に書かれているので、淡白なものになってしまっている。
しかも行為毎に選択していくので、シーンがぶつ切りになって、感情移入もしにくいです。

システム、日常の会話の選択でヒロインの性癖が変化するらしいのですが、選択肢の内容が抽象的過ぎて選びにくい。選択の回数も多いようですし、もっと直感的にわかる選択肢を心がけるべき。

絵、まあまあ。でも、表情によっては学生には見えませんが。

CV、明るく素直ないい娘に、黒岩心々さん。
娘の担任で主人公に一目惚れし行動に出る教師に、ももぞの薫さん。
娘と同じ症状に悩むからかい癖の友達に、朝倉奏美さん。

完熟☆さくらん棒ッ! 〜ヒキオタ達の姉妹交換〜体験版体験記2

体験日:2010/10/31 
by BLUE TOPAZ
発売日:2010年11月12日

主人公は、引きこもりのオタ青年。モデルをやっている妹を訪ねてきた担任教師に、一目惚れし脱童貞を決意する。
その担任教師が実はオタク仲間の姉であり、その友人が自分の妹のファンである事を知った主人公は、互いの姉妹を提供しあう事を提案する。
29歳童貞大脱出AVG。

キャラ、サイテー……まあ、ここまで突き抜けてると逆に評価できるかも。
ヒロインたちのキャラもなんですが、主人公たちの自分勝手ぶりが、ホント呆れますね、ヒドイわ。

シナリオ、展開は抜きゲーにふさわしく結構早いです。主人公たちの勝手理論をやってて笑い飛ばせるなら、問題ないかと。
そっちのシーン、体験版では一部抜粋だったせいか、いささか性急で淡白な印象でしたけど、本編ではもっと濃厚かも。

絵、まあまあ、綺麗。でも、上手い分だけ険しい表情がきつくなり過ぎてる気もしますが。

CV、表裏二つの性格を使い分けきれていない単細胞で凶暴な性格のモデルで学生に、桃井いちごさん。
その担任教師で弟を心配する優しい性格で世間体を気にする心配性の女性に、御苑生メイさん。
プロフィール

しょうさん

EUROPA
はるるみなもに!
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
Twitter プロフィール
sho3_owari@yahoo.co.jp    @マークは全角にしてあります
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タユタマ2AS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ