体験日:2014/03/03
ALcot
発売日:2014年03月28日

ALcot『Clover Day's』応援中!

10年前、イギリスの養護施設にいた主人公は、日本の貿易商に養子として引き取られ日本で暮らすことになった。
日本語も満足に話せなかった主人公だったが、双子の妹たちに支えられ、親切なクラスメイトの女の子の助けもあって友達もできた。
そうしてできた仲良し幼馴染みたちだったが、今度は画家の双子の娘たちと別れる事になってしまう。
それから10年、海外へと引っ越していたその双子がこの街へと帰ってくる。
豊穣なる日々<クローバーデイズ>は、ここから始まる――

キャラ、とても可愛い萌えキャラです。メインだけで6キャラもいると、さすがに多少属性かぶっていますが、上手く描き分けています。ただ、どのキャラも微妙にウザい、微ウザ萌え?
[Clover Heart's]は、過去の精神的な葛藤を乗り越えて大人への一歩を踏み出すという少年・少女たちの成長物語でした。その続編である[Clover Day's]のキャラたちも、それなりの過去(トラウマ)持ちのようですので、最近のALcot路線とはだいぶ違う色合いの作品になりそうです。

シナリオ、会話は最近のALcotらしい感じで、パロも織り交ぜながらテンポ良く進みます。
しかし、全体のストーリー展開は、10年前の回想シーンが随所に入ってくる事もあって、かなりゆっくりです。仲間を思いやる優しさに溢れた暖かな関係を丁寧に描いてます。
意味不明な銃撃戦(笑)とかはなしで、綺麗にお話を纏めてくれれば、それなりに良い作品になりそう。

絵、仁村有志さん、ちこたむさん、鳴海ゆうさん、SDにあおなまさおさん。やっぱり可愛いです。
 
CV、素直で純情な甘えん坊の妹に、桐谷華さん。
クールな大人を目指すしっかり者の妹、でも背伸びしている様子が丸わかりのチョロイン系の妹に、黒須桐子さん。
口数が少なくマイペース不思議系・天才肌の絵描きの卵に、北見六花さん。
その双子の妹で家事万能のしっかりした娘、姉に心酔していてその他にはドライなボクっ娘に、北見六花さん。
優しく面倒見の良い幼馴染み、焦ると関西弁がでちゃう娘に、遠野そよぎさん。
意地っ張りで素直じゃないが人一番感傷的、主人公のライバルを自称する騒々しい残念系女子に、楠原ゆいさん。
読書家で控え目な性格の病弱なクラス委員長に、一ノ宮葵さん。
主人公たちの家のメイドさん、明るくお茶目な性格だが、怒らせると怖い絶対君主に、ひな葉月さん。
学園の養護教諭、適当な性格の自由人で、オヤジ趣味丸出しの言動が残念すぎる美人さんに、青山ゆかりさん。
主人公にしか見えない幼ない少女。見た目より遥かに大人びた事を言うが、基本は明るくお茶目な性格の娘に、藤崎ウサさん。