zakkyaya

Seasons of translation

フリーランス翻訳者(エネルギー、環境、原子力を専門)。男の子2人との日々や仕事のことなど…

Freelance translator specializing in environment, energy, nuclear energy.
Mother of two sons.
16 1月

デスク下ヒーターを取り付けてみた

普段はリビングの隣の和室で仕事をしている。
床暖のあるリビングにノートパソコンを移動して、ぬくぬくとしたところで翻訳作業をしたいが、
ぜったいに効率が落ちると分かっているので、ここは自分を律して和室のデスクから動かないようにしている。

手は指先が出る手袋をしたり、マグカップを両手でくるんだりしているとだんだんと慣れてくるけれど、
足元の冷えはルームシューズを履いていても冷たいまま。これは相当こたえる…。

そこでアイリスオーヤマのデスク下ヒーターを取り付けてみた。
 
DSC_1413















設置はとても簡単で5分ほどで完了!

IMG_20150115_190249 



















フリースカバーが暖かい空気を逃さない。暖気がこもるかな?とも思ったけれど
ちょうどよい温度でぽかぽか心地よい。これは、もう、こたつである!
足先の冷えもだいぶ解消できたので、かなり満足(^^)



 
9 1月

手帳

今年の手帳を買うのをすっかり忘れていた。
それはもう大慌てで近所の文房具屋や雑貨屋をみたけれど、全然ない。
アマゾンならあるだろうーと思ってみてみたら、残りあとわずか。

フリーランスになってからずっと同じのを使っている。
薄いのと、日記代わりにいろいろ自由に書けるスペースが多いのが気に入っている。
シンプルだし、飽きもこない。 

 
コクヨのCampusダイアリー(A5)

末永く使いたいから、専用のカバーも買ってみた!

 
コクヨカバーノート システミック

全4色で、赤もかわいかったが、結局モノトーンを選ぶという…。 

今年はセミナーやイベントなど、仕事や勉強、趣味にかかわる予定を
たくさん書き込めるようにしたいな。 
8 1月

ぼそり

辞書を引いたときに意味の多い単語ほど、訳すのに時間がかかる。
そして、それはいつも同じ単語だったりする(主に動詞)。

英語の文章で繰り返し使われているが、それを日本語に訳すときに同じ言葉を使いたくははいのである。

たとえば、今やっている案件だけでも
identify
plan
highlight
serve
lead
drive
set
provide

などなど、実に悩ましい。

文書の内容によっても選択が大きく違ってくる。

毎回悩んでおきながら、なぜそのように訳したのかを書き記しておかないのはもったいない気がしてきた。
少し時間を作ってここにちょこちょこっと書いていこうかな。

ぼそり…。



 
6 1月

心穏やかな年初め

自営業だと自分でスケジュールを調整できるが、休みに入るためにすぱっと切り上げるタイミングが難しい。ましてや私が専門とするエネルギー・環境分野は、11月~3月までが忙しい時期なので、お正月をどう切り抜けるかがこれまで課題であった。

昨年末は、ちょうど持越しの大きな案件をいただいたところでむりやり早めに仕事納めにした(25日!)。
子どもたちと電車に乗っていろんなところに遊びに行ったり、いつもまじめに作らないおせちは1、2品増やして作った。3日連続で休んだのは、とても久しぶりだった。

IMG_20150101_211804


























独立してから4年が経過したけど、いい意味で初めてリセットできた気がする。
気持ちがとても落ち着いていて、自分の中の重い扉が開いた感じがしている。
やっぱり休息は大事なんだな~。

2015年の目標と心構え!
仕事ではもっとストイックにやりたいことを追求し、辞書環境を整備する。
本をたくさん読んで、貪欲に知識を蓄えて、心豊かになりたい。
日記でもブログでも「文章を書く」ことを練習しよう。
少なくとも週3日はウォーキング(散歩ではない!)に行く。

今年もよろしくお願いします。

IMG_20150101_220713







 
31 7月

夏休みの取り組み

久しぶりすぎる更新です。

4月に長男が一年生になり、彼だけでなく家族の環境も大きく変わりました。

わたしは小学校をフロリダのド田舎で過ごしたので、日本の小学校生活を経験していません。
小学校5年生の夏休みに、父と母の故郷で祖母が住んでいた札幌の小学校に2カ月ほど転入しましたが、ランドセルやうわばき入れなど使ったことがありません。

長男の小学校の入学準備は、わたしも初めてのことだらけで、大変だったけれど楽しかったです。

何より彼がたくさんの友だちと楽しく通っている姿を見ていて、張り合いがでます。
わたしの交友関係も広がり、仕事も順調で、あっという間に夏休みになっていました。

夏休みは思った以上に長い。
長男は学童、次男は保育園に行っていますが、小学校最初の夏休み、せっかくだから何かに取り組みたいと思い始めました。少しずつ、子どもたちとできること。わたしも一緒に考えることができること…。

そこで、わたしがこれまで観て心に残っている映画を息子たちと観るのはどうか?と思いつきました。
次男が小さいのでDVDですが。

小学校になって初めて映画館に行ったことを思い出したからです。
初めての映画は、フロリダの小さな映画館で見た『E.T.』。
渡米しておそらく3、4カ月後に観たはずなので、まだ英語はうまく話せなかったものの、内容を理解できたようで、号泣したのを覚えています。

E.T.のぬいぐるみを買ってもらったなー。クローゼットを開けっ放しにして、いつでもE.T.が入れるようにもしていたなー。

と考えていくうちに、ぜひ観てほしいと思う映画がいくつも浮かんできました。

さっそく『E.T.』のDVDを注文しました。実家にあるのはビデオだからね(笑)。

どんな感想を聞かせてくれるか、楽しみです。

(それと、長男がドリルをやる時間は、わたしも英文法のドリルをやることにしました!)
 
ギャラリー
  • デスク下ヒーターを取り付けてみた
  • デスク下ヒーターを取り付けてみた
  • 心穏やかな年初め
  • 心穏やかな年初め
  • ほんまつてんとうむしからの脱却
  • スチームでじわ~~
  • スチームでじわ~~
  • 私流「外ほん」
  • 私流「外ほん」