蔵王龍岩祭“助け愛”救済作戦

蔵王龍岩祭“助け愛”救済作戦の活動報告blog

1/26 石巻ボランティアベース絆にペレットストーブ設置!

  • 2012年01月28日
しばらく、ご報告が止まってしまっていたこと、お詫び申し上げます。
 1/5以来、久しぶりに石巻に来た。
 今回は、石巻市の石ノ森記念館そばの『ボランティアベース絆』にペレットストーブを設置しに来た。
『ボランティアベース絆』は、震災当初から被災地で知り合った、高知は『四万十塾』の 代表 木村とーるさんの現在の基地。もとは、病院だったようだが、ここも津波でやられたらしく、所々ガラスが割れていたり、壊れていたりだった。とーるさん達がきれいに片付けて、いい雰囲気でした。ゆくゆくは喫茶スペースにしたいそう。たしかにいろんな人が訪れていた。
 今回は、山形県天童市にあるペレットストーブメーカー『山本製作所』のご好意により、新品2台無償レンタル!この間『阿部林業』さんから提供して頂いた2台と合わせると、計4台も集まった!
 ここから、またバイオマスの輪が広がって行くことを期待します!
今回関わって下さった、ボランティアベース絆の皆さん、NPO法人知音、阿部林業、山本製作所の皆さんありがとうございました!

                                         五十嵐康朗
IMG_3537
IMG_3539
IMG_3540
IMG_3541
IMG_3544
IMG_3545



11/12 東松島大曲市民センター やまがたそば提供。

  • 2011年11月13日
音茶屋店長、U16です。

久しぶりに、被災地にご飯を作りにいった。
なんやかんやで、被災地に行ったのは久しぶり。
どうなってる?そんな想いがほとんどだった、ぶっちゃけ。
IMG_0045


前日までの雨もからっと上がり、あたたかい日の出が、迎えてくれた。

今回は、壊滅的な被害を受けた大曲浜の近くの、大曲市民センター
週に一度は現地で、なんらかの活動を続けてる山大の村松教授の
とりはからいで、今回の炊飯活動となった。

あの日から8ヶ月。およそ240日目の朝日。

240回、寝て、起きての時間。

長いのか?短いのか?

メディアの中でも、確実に風化されて、僕もその一人であるが
多くの日本人は、普通の生活を送っている。今日。

高速を降り、東松島に入ると、普通に営業している
コンビニやスーパー。自転車や車の往来。

良かった。。。復興したんだ。。。
安易な印象が頭をかすめた。

市民センターに着くと先発隊の学生達や先生が準備を進めていた。
今回は、かき揚げそば500食。
ネギを楽に切れる電動ネギ切りマシンを手に入れた音茶屋。
そのままのネギを先渡しのはず。。。
あれっ!学生が頑張って包丁で切ってる。。。
『あっ!マシン有るよ!』と急いで近づくと
『電気ないんですよ。。。』

そうなんだ。。。。

改めて周囲を見渡すと、砂のような泥のような地面に、ポツンと立ってる
市民センター。

センター前の石像や石碑。柱時計や門柱などは、およそ、
あの日のままだ。

水道は、来ているが、飲み水には使えないとの事。

そういう事だった。
IMG_0061


この日は大曲地区の住民が集まり、久しぶりの再開会や
ちょっとしたイベントを行う復興際。

多くの人が集まり、賑わいを見せていた。
あちこちで、再会を喜ぶ歓声が聞こえていた。

乳母車にのった小さい子供、赤ちゃんも多く見られた。

子供達の顔には笑顔が溢れ、元気にお日様のもとで走りまわっている。
冗談まじりに話しかけてくれる、おばちゃん。

いままでの『炊き出し』には無い空気感が溢れていた。

みんな、頑張って、あの日の事を乗り越えようとしている!
そんな、人間のエネルギーを凄く心地よく感じれた時間だった。

おばぁさんが二人、お店の中でそばを食べてくれた。
180Gとちょっと量が多かったが残さず食べてくれた。

『あれから8ヶ月過ぎて、今、必要な事、物ってなんですか?』

率直に聞いてみた。

『私たちは、家をリフォームするぐらいで済んだのよ。
だから、仮設に暮らしてる人に比べたら、幸せと思わなくちゃ。。。
自分の家に暮らせるのだから。。。。
でも、、、仮設には、色々な支援や、イベントがあるけど
こうやって、ここでイベントするなんて事がないから
今日は、凄く楽しみにして来たのよ!回覧板をみて来たのよ!』

そう話してくれる、おばぁちゃんたちは、良く見ると、口紅をして
心無しか、お洒落してた気がする。。。

こういった、イベントをする事、続ける事が
とにかく重要で必要なんだという事を改めて感じた。

また、来ます!


午後には、イベントも終了。

そのまま帰るのもなんだからと、教授の案内で
海沿いを回って、松島まで行く事にした。

公民館からおよそ車で5分。

景色に驚いた。
IMG_0074

ほとんど、あの日と変わらない光景がそこにはあった。

大きな瓦礫は撤去されていたようだが、
そのままの船。生活用品。もしかしたらこの下にまだ。。?
と考えてしまうくらいの様相だった。

IMG_0082

以前とは、景色も生態系も変わってしまった。海沿い。
防波堤が壊滅し、河口まで白波が迫っている。

田んぼは海となり、土盛りした道路から漏れた海水が今もなお
田んぼへと流れている。

IMG_0091


いったいどれだけのお金がかかるのか?
実際に可能なのか?
もう、元に戻す事は不可能なんじゃないか?
そう思う。


復興、復興と被災地は前へと進んでいる。
多くの、本当に多くの人の力で、少しずつ回復している印象は大いにあった。

でも、本当の復興ってなんだろうか?

元の状態に戻す努力が復興なんだろうか?

多くの力を使って、またあの田んぼや防波堤を元に戻す事が復興なんだろうか?

生活に必要で、必ず直さなければならないものなら
全力で建設すべきである。

でも、新しい、未来へと繋がる、形がそこで模索出来て
そういった、街、物、人が創れるなら
それが本当の復興なんだと感じた。

IMG_0098


僕に出来る事は、相も変わらず小さい。

でも、その小さい力のベクトルと動きを休めちゃいかん!と思いました。

齋藤 祐一郎










チームZERO ACTION の活動を経て(DAISEN MONDOチームの報告!)

  • 2011年07月17日

蔵王龍岩祭の同胞『チームZERO ACTION』の活動を鳥取米子からサポートし続ける心強い仲間『DAISEN MONDO』の活動報告書!
今年も、蔵王龍岩祭の前の週末8/20、21に開催予定!
http://www.daisen-mondo.com/



東電の株主総会をみてて お前らもういいかんげんにしてくれ!株主も被害者振りするのもいいかげん頭がわるすぎて、わぁぁぁ~ なにやってんだおまえら~復興大臣が何言ったあれ言ったってほんと思うな~。人の関わりが多いのも解るが、リーダーシップを突き通す能力が貧困すぎるんじゃないかって?俺は突き通しすぎて周りと空回りすることが多々あるんだけど、机の上での指示やそこらじゃ伝わる物もつたわるわけがない。
何かしようぜっていったて所詮は一人のシップから始まるもんだし、まっとうな話がつたわらなさすぎるんじゃないかって?みんながご存知のメディアの掟みたいなもんは「被害者と加害者」「政治的に正しい者と政治的に正しくないもの」の二元論である。それはメディアの宿命であり、その是非を言い立ててもしかたがない。それで、二元論的な考しかできない知性(そういうもの「知性」と呼べるとしたら)では「なまもの」は手に負えないってほんと思うしあたりきしゃりきのこんこんちき。

今起こってることは「なまもの」なんだって思っちゃいます。


そんななか、活動報告久々にします。

目に見えないものを活動趣旨とするチームZERO ACTIONの活動に参加してきました。

今回は石巻に支援物資・バスケットゴールの組み立て・宮戸へ支援物資(ちょうどホアグラから新鮮なお魚が宮城の基地におくられてきたのでナイスタイミング)なまものは素早く行動(笑)ほいで、ヘドロだし

石巻


バスケット

子供 宮戸


よーいドン

ヘドロだし


ヘドロだし2


で、今回は南相馬市でのお祭りに参加!蔵王音茶屋のキッチンバスでの炊き出し(芋煮めちゃくちゃおいしかった)

キッチンバス


急遽出演の2日間の練習でのボンボクラ(社長ちげちょい・兄貴・大阪MASTER PEACEのごっちゃん・にひるくん・と、俺

下手糞すぎて笑えますが、思い出になったライブだったよ~

ぼんぼくら


ほいでチームZERO ACTION会長のヨシキの弾き語りLIVE

yosiki.jpg


太陽光発電

太陽光発電


いろいろな思いが混同する中 楽しかったな~

年配の方々がたくさんこられてて笑いもあった

おばさん

地元の高校生たちと!是非次回の祭りもつくっていこ~

みんなで


ほいで、東北を後にして名古屋の面構えのお手伝いに向かう。僕らは東北から、米子からも5人かけつけてくれました~

手伝い

心の店


名古屋に向かう道中にいろいろ考えることだらけで、自分自身。風通しのいい場所に一度当
たらなければと思いながら自分にできる事を今一度考えてた。

祭りってこういい事なのかってくらい、みなで創り上げてたって事だけは確かな祭り

ズナマ歌踊祭

ゲリラ~ボンゴメン(泣けた)

ゲリラ

「なまもの」の調理の仕方を体で感じた祭り

ズナマ前

" href="http://">

東北の震災から3ヶ月が過ぎ現地の状況は変化していく中で 米子に帰って今一度自分の立ってる場所を見渡している。もっともっとやれることはあるんだろうけど、おれはDAISEN MONDOに全精力を注ぎ込むのみ!もう地元だのなんなのいっていることに疑問をかんじつつ狭い日本で大暴れしたいね~ 

「なまもの」みんなで考えて一人一人の小さな力が今必要なことだけは確かな感じがするよ~

 
PS

兄貴は東北の東松島にて海の瓦礫作業に励んでる模様

リスペクト!



6/13南相馬イベント支援!

  • 2011年06月14日
音茶屋店長です。
先日、福島県は南相馬市で音楽祭をやってきました。。。
といっても、青根温泉を拠点とし
毎日、あれから、ずっと活動を続けている
同胞『TEAM ZERO ACTION』『兼子笑事』
が企画したイベントです!
蔵王で何度も会って話したり、色々な情報を交換しては
いたのですが。。。なかなか僕自身活動に参加出来ずにもどかしい
気持ちで居た訳です。。。

原発20K境界のすぐそばにビジネスホテル六角なる
ホテルがあります。

そこを拠点にして現地の方と協力し様々な支援活動をおこなっています。
その一つとして、僕らの本業である『音楽』『祭り』を
被災地で開催する!という第一歩なったわけであります。

付近に配るチラシには。。。
当日、山形名物の芋煮の炊き出し!
とか、事前に書いてあるそうで。。。。w

芋煮とケータリングバスを持って出動してきました!

もちろん!音響はコネクテック!
ステージの電源は TAGUCHIさんのソーラー発電!

これからの、未来のイベントの形です!


仙台を抜け、海側を通って南相馬に向かいました。
手元の放射能測定機もそれ程高い値は示さず。。。
ちょっと遅れて現地に到着。

行く途中の、未だ、復旧の兆しがない
田んぼ、畑の数々。。。

本来なら、青々と稲穂が実り始め
美しい東北の田園風景が広がっているはずです。

交差点そばに横たわる漁船の数々。
ひっくりかえったままの車。
積み上げられた、鉄、プラスチック、木材の
ごちゃ混ぜの瓦礫の山。
でこぼこの主要国道。

慣れてはいないけど。。。
珍しい景色じゃなくなってる自分がいます。。。
いったいいつになったら復興と呼べる日が来るのだろう。
現地に赴く度に、同じ気持ちになってしまいます。

今もこうしているこの瞬間に
作業に従事している、ボランティアの皆さん!
本当にご苦労様です!

イベント自体に話しを戻しますが

避難所の小学校隣接する体育館で
イベントは行われました。

愛知チーム、東京チーム、DAISENMONDOチーム
アコースティックなライブで進行して行きました。
お客さんは、ずばり、年配層がメイン!
若い?観客は主催、出演者です。

一言で感じた事を表すと
あたたかい。

手拍子や拍手。応援のかけ声など。。。。

気持ちのいい空間でした。

最後に出たのが地元の高校生のカバーバンド。
練習不足?でめちゃくちゃなライブでした。。が。。。
一番、響いたな〜。オレ的に。

地元の人が、そして関わる僕たちが、元気なるためのイベントです。
下手とか上手いとかじゃなくて。。
ここに住んでる、これからの若者が
このステージに立つ事が一番大事な事なんだと思います。
これからの未来の為に、今、僕らは動いてます。
なんか、こう、リアルな未来に触れた気がして。。。
いいライブの時間でしたよ!
頑張れ!高校生バンド!

とは言っても、、、
僕は、音茶屋バスの中で、芋煮係ですので
あまり、ライブは見れんかったけど。。。

でも、今迄で一番『美味しい!』って言われた日だったんじゃないかな?
途中、みんなお世辞じゃないのか?
みたいな勘ぐりが入るほど、大好評でした!
ありがとうございます!
やっぱ、今回もこっちが元気もらっちゃいました。

次回は、味噌ベースの福島芋煮と醤油ベースの山形芋煮の
対決をやりましょうw


あっと言う間に時間は過ぎ、、
帰りに、原発20km境界付近にある
ビジネスホテル六角に挨拶して
岐路につきました。
20キロ付近迄歩きましたが
足下を歩くアリがでかい。。。
2cmはありました。。。!?
これが、本来の姿なんだと信じたいです。

とにかく!
みんな!お疲れ様!!

しげちょい!いいイベントだったぞ!!!!
ありがとう。

IMG_2270


IMG_2282

IMG_2291

IMG_2293





5/14 石巻市狐崎浜漁港へ

  • 2011年05月16日
14日、石巻を拠点に支援活動をしている四万十塾の炊き出しに牛肉20kgを届けに、 石巻市狐崎浜漁港へ行ってきました。
今回の場所は初めてで牡鹿半島という所へ向かいました。
近くには金華山という島がありサバや牡蠣などの漁業が盛んな地域です。
道中、何カ所か漁港がありましたが、どれも倒壊し建物の骨組みだけが残っている状況でした。
漁港の周りの家屋や小屋なども倒壊したままで未だ手つかずの状態になっている場所もありました。

現地では朝早くから地元の漁師さんと四万十塾の方々が瓦礫撤去と炊き出しの準備をしていて
今回の炊き出しで地元の方々においしいものを食べてもらおう!!とのことで届けてきました。


震災から2ヶ月、改めて今回の震災の凄さに気付かされました。すこしでも早く普段の暮らしが一人でも多く出来るようにこれからも協力、支援していきたい!!

佐藤一成
ギャラリー
  • 1/26 石巻ボランティアベース絆にペレットストーブ設置!
  • 1/26 石巻ボランティアベース絆にペレットストーブ設置!
  • 1/26 石巻ボランティアベース絆にペレットストーブ設置!
  • 1/26 石巻ボランティアベース絆にペレットストーブ設置!
  • 1/26 石巻ボランティアベース絆にペレットストーブ設置!
  • 1/26 石巻ボランティアベース絆にペレットストーブ設置!
  • 11/12 東松島大曲市民センター やまがたそば提供。
  • 11/12 東松島大曲市民センター やまがたそば提供。
  • 11/12 東松島大曲市民センター やまがたそば提供。
  • 11/12 東松島大曲市民センター やまがたそば提供。
  • 11/12 東松島大曲市民センター やまがたそば提供。
  • 11/12 東松島大曲市民センター やまがたそば提供。
  • 6/13南相馬イベント支援!
  • 6/13南相馬イベント支援!
  • 6/13南相馬イベント支援!
  • 6/13南相馬イベント支援!
  • 5/13 東松島炊き出し
  • 5/13 東松島炊き出し
  • 5/13 東松島炊き出し
  • 2011.4.10~鳥取DAISEN MONDOチームの報告書
  • 2011.4.10~鳥取DAISEN MONDOチームの報告書
  • 2011.4.10~鳥取DAISEN MONDOチームの報告書
  • 2011.4.10~鳥取DAISEN MONDOチームの報告書
  • 2011.4.10~鳥取DAISEN MONDOチームの報告書
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
蔵王龍岩祭“助け愛”救済作戦