こんにちは。

スッキリ空間を目指す「ざっぱ」です。


長女は現在中学3年生

絶賛受験生でございます。

長女の志望先は

 第1志望 公立〇〇高校
 併願先(滑り止め) 私立B高校

でございます。

 
いまのところの目標は もちろん 公立〇〇高校合格!

でございます。

でも・・・

これで本当に良かったのかしら?

とは チラっと思いますのよ。


敬愛する人気ブロガー hanaさんから こんなコメントを頂いたのよ。

ざっぱさん、中学の塾代もですけれど、高校の予備校代も高いわよ(涙)

大学付属の私立に行った方が安かったんじゃないかって思ったよ~

確かに・・・それも一理ありますわね・・・

先輩方から 予備校代の高さについては 耳にしますわ。

長女の同級生等にも 大学付属の高校に進学する子もおりますわ。

私もチラっと考えましたわ。

でも 結局は 長女に強く勧めませんでしたわ。

理由はいくつかありますわ。


①長女の進路(大学・その先)が来まっていない。

 同僚の娘さん(長女と同い年)の将来の夢は 看護師だそうです。
 某大学の付属高校(看護コース)に進学予定と聞いております。
 内部進学で 某大学の看護学部にめざすそうです。
 とっても良い選択ですわね~

 でも 長女は今のところ 目指すべき将来像(職業)がございません。
 学びたい学部も特にはないそうですわ。
 高校時代に考えて欲しいところでございます。

 こんな状況ですので・・・
 たとえば 某△大学付属高校に進学した。
 高校2年になったころ 心理学を学びたい!と考えるようになった。
 でも 某△大学には 心理学部も心理学科もない・・・
 結局は外部受験することになった・・・

 ↑こういうパターンもありえますわよね。
 すべての学部を網羅する大学はございませんので
 ちょっと踏み切れなかったわ。


②長女の性格にあわない(と思われる)

 これはすべての付属高校に当てはまる事ではございませんが・・・
 中学からの進学者が多数派 
 高校からの進学者が少数派
 と言う付属高もありますわ。
 ちょっと人見知り傾向がある長女には 
 こういった環境は厳しいだろうと思っております。

 また これもすべての付属高校に当てはまる事ではございませんが・・・
 エスカレーター式=受験がない≒勉強で忙しいと言う事はない≒遊ぶ余裕がある
 ≒おしゃれJC おしゃれJKが多い?

 長女の小学校のころのお友達Cちゃんは エスカレーター式の私立中学に進学しましたわ。
 SNSに メイクしたり おしゃれしたりして
 小学校時代とは全く異なる姿をアップしているそうですわ。

 長女は人見知り傾向があり
 いわゆる真面目ちゃんですわ。
 馴染めるか・・・かなり心配ですわね。


③経済的負担が大きい

 予備校代&大学の受験費用を考えたら もしかしたら付属校に進学したら安いかもしれないわ。
 でも・・・
 もし・・・
 我が家の財政状況が悪化した場合
 予備校から 通信教材や手頃なネットアプリに切り替えてもらう事で 費用を抑えこむことも可能ですわ。
 でも・・・
 付属校に進学していた場合 転校してもらう事もできないわ。
 ますます逼迫するかもしれないわね。


④長女自身が特に望んでいない。

 長女が志望している公立〇〇高校。
 お友達のお兄さんやお姉さんも進学している高校。
 部活の先輩も進学している高校ですわ。
 長女にとってはイメージしやすい高校であり
 長女自身が 〇〇高校に行きたい!と言っております。
 それなのに 私が付属校のメリットをアピールして
 志望先を変えさせるのはどうかと思いましたのよ。
 いくら親子とはいえ 娘の人生の選択は娘自身でするものよね。



・・・と書いてきましたが

結局のところ

 ◎公立〇〇高校を志望(受験)した

◎大学付属の高校に進学した


どの選択が正しかったのか?なんて

ずっと先の将来にならないと分からないわ。

いえ 将来になったとしても 分からないかもしれないわね。

私 アラフィフですが

あの時 こうしていたらどうなっていたかしら?

と思う事は多々ありますわ。

(高校進学については そういった感慨はありません。
 私自身の高校の選択に関しては すごく満足しています。)


長女の選択が

長女の人生にとって

楽しいものになりますように。

それしかありませんわね。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村