外国為替証拠金取引を証券会社で比較

FXを証券会社で比較・検討するポイント
1 手数料で比較
FXでは、手数料やスプレッドが小さいほど有利です。FXを扱う証券会社に迷ったら、まずは手数料が安い会社を選ぶのが一番です。少ない金額からFXを始めたい人には取扱通貨単位が少ない会社が向いています。
片道手数料:1回の取引にかかる手数料
スプレッド:買値と売値の価格差で事実上の手数料。FX会社によって異なり、低い方が良い。 月額口座維持費: 月額でかかる口座維持費。取引の有無に関わらず発生するが、最近は0円の会社が多い。 取扱通貨単位:1取引に必要な最低単位。1ドルが120円で10,000通貨単位の場合、1,200,000円が必要。




2 短期間にFXで儲けたいなら、デイトレード手数料で比較
FXでデイトレードが注目されている理由が、手数料の安さです。1日の変動が大きい通貨の取引に適して
います。
3 複数通貨でFX取引したいなら、取扱通貨ペアで比較
世界の基軸通貨である「米ドル」、注目度が急上昇中の「ユーロ」など、FX会社別に取引で使える通貨は異なりますので、慎重に比較しましょう。



4 FXを長期投資で稼ぐなら、スワップポイントで比較
金利の高い通貨の多い外FXなら、外貨を保有しているだけで高い金利を受け取ることも可能です。スワップポイントを狙うなら、金利の高いFX会社が有利です。
スワップポイント:通貨間の金利差調整分。日本円より金利の高い外貨購入で利益を得られます。 他にも信託保全、最大レバレッジ、マージンコールといった比較ポイントがあります。