December 06, 2005

1リットルの涙・第9話4

第9回〜今を生きる〜

亜也が電動車椅子を使うようになりました。
いまはかつてのように走ることはできないけれど、
電動車椅子で風を感じる亜也。
とても気持ちよさそう。

しかしまた陣内さんのナイスな演技が。
♪流れる季節の真ん中で〜と、
自分で合唱曲『3月9日』を歌いながら、
「なんかお経みたいな歌だな、これなぁ。」と。
陣内さん、正直に言いすぎですよ(笑)。

亜也は用語学校入学祝いとして
潮香から携帯電話をもらいます。

「今の私には、養護学校のコンクリートの壁が
 目の前に立ちふさがっているように見える。
 それでも季節は何も知らないような顔をして
 私の前を通り過ぎてゆく。」

自分で決めたこととはいえど、
友達もいない、しかも養護学校という初めての世界への不安が
とてつもなく大きかったことでしょう。
潮香は亜也と別れたあと思わず涙してしまいます。
親も子供とはなれて暮らすのは辛いのだろうなぁ。



養護学校でなるべく自分の足で歩きたい亜也でしたが、
「まわりと合わせることも大事。移動には電動車椅子を使うようにしたら?」と先生に言われます。
養護学校に移ってもこんなわがまま(?)も通らないんでしょうか。
ここも集団生活だから仕方ない面もあるんでしょうが・・・。
難しいところですね。


また遥斗もお父さんから
どのくらいの覚悟で亜也と関わっているのか。
 今が楽しければそれでいいというような
 自分勝手な気持ちではすまないんだ」
遥斗もこれまでは反抗ばかりしていた感じがあったけど、
亜也とのことについて真剣に考えるようになったみたいです。
病気の人とずっと関わっていくことの大変さは
想像を絶するものなのでしょう。


「亜也ねえ疲れてるみたい・・・。」
そんな様子を亜湖から聞いた遥斗は亜也と水族館に行きます。
そこで道を尋ねられた亜也は説明するが
なかなか聞き取ってもらえません。
そして帰りには雨に降られ、家族は大騒ぎします。

「麻生くんとは、もう住む世界が違っちゃったのかも・・・。」
亜也との関わりについて真剣に考えるときが来たようです。

亜也の病気は悪化していく一方のようで、
雨に濡れただけで肺炎などの合併症を
引き起こすかもしれないのだそう。
また構音障害も進行し始めています。
話を重ねるごとにどんどんと病気が重たくなっていくのが辛いです。
本当に辛いのは亜也なんですが・・・。


「私が健康であることにも何か意味があるのかな。
 亜也ねえの代わりに東高を卒業したい。」
亜湖は亜也の東高卒業の夢を
自分が東高に入って卒業することでかなえるため、
東高入試に向けて猛勉強します。
亜湖は本当に姉思いの優しい子だなぁと感じます。
そしてこの亜湖のセリフで、
自分も適当に生きていられないかも、と感じました。


最後にはついに遥斗が亜也への思いを打ち明けます。
「ずっと先のことなんて分からない。
 けど、今の気持ちは100%嘘じゃないって思う。
 いつかお前の役に立ちたい。
 だから住む世界が違うなんて思わない
俺、お前の事、好き・・・・・なのかも。多分・・・。」
「ありがと・・・。」
この告白は遥斗らしくてとてもよかったです。

ついに亜也と関わり続けていくことを決意した遥斗ですが、
次回以降でも亜也の病気は進行し、
つきつぎと難しい問題にぶち当たるようです・・・。

zarder_to_1112 at 23:46│Comments(0)TrackBack(9)clip!TV 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「1リットルの涙」第9回。  [ ナルのつれづれゆくブログ!! ]   December 07, 2005 00:09
「1リットルの涙」第9回。 〜今を生きる〜。 養護学校へ行き、 段々と症状が重くなる池内亜也(沢尻エリカ)。 色々ありながらも 麻生遥斗(錦戸亮)の告白はほのぼのして良かったです。 ・・・でも次週の予告で 別れの手紙を読んでる遥斗のシーンが・・・。 ...
2. 『1リットルの涙』第9回「今を生きる」感想  [ つれづれなる・・・日記? ]   December 07, 2005 00:09
寄宿舎生活が始まり、生活が変わりました。 それとともに、病気の進行も加速度を増したようです。
3. 生きる「意味」、背負う「責任」 【1リットルの涙 第9話】  [ The Natsu Style ]   December 07, 2005 00:10
亜也の病気と同じくらいに、「健康でいる事」も、「人と病気を代わってあげられないこと」も人間の運命の一つなんだなと感じた。病気の亜也だけではなく、健康な亜湖と遥斗が、今している事に対して何かしらの運命を感じ始めている。そんな感覚を受けました。
 1リットルの涙◆亜也(沢尻エリカ)は養護学校で寄宿生活を送ることになった。その初日、不安でいっぱいの亜也を、ルームメートの明日美(大西麻恵)ら生徒たちが明るい笑顔で迎える。一方、亜也の担当医の水野(藤木直人)は潮香(薬師丸ひろ子)に、亜也の病状が予想以上に進行し...
5. 1リットルの涙「今を生きる」  [ Thanksgiving Day ]   December 07, 2005 02:58
昨日の「1リットルの涙」はまた切なく涙が止まりませんでした。 そういう病気(脊髄小脳変性症)だってことはもちろん分かっているんですけど、どんどん症状が悪くなっていく亜也を見てると・・・言葉になりません。 このドラマを観た後は、他のテレビを観たり楽しい本を...
6. 第9話 「今を生きる」  [ ブログ ド ガジュマル (改装済) ]   December 07, 2005 08:56
もう9話、早いですねー残りあと2話ですか[:ムニョムニョ:] 寂しいなぁ〜 今日の亜矢ちゃんと遥斗君、大人っぽくなってた気がしました。 美しさに磨きがかかった[:星:]亜矢ちゃんかわいい[:ハート:] 今回の話はとてもしっとりと心に響きました[:結晶:] 映画のようで...
7. 1リットルの涙 第9話  できることあるのに、しないでボーっとするのは嫌だ  [ 文才がなくても描けるドラマ脚本術 ]   December 07, 2005 12:32
アロハ♪GOです! トラスト(信頼) 言葉は伝えようと、する気持ちと 受け取ろうする気持ちが大事! 相手が、聞こうという気持ちがあれば伝わる。 (トラスト=野ブタとリンクしてます。レビューはこちら ) このことが、ハルトの告白につながってるんです...
8. フジテレビ「1リットルの涙」第9話:今を生きる  [ 伊達でございます! ]   December 07, 2005 17:34
病気という現実を受け止める亜也、亜也との関わりを通じて、自らの“生”を一生懸命生きることになった遥斗と亜湖の姿。受けた感動の大きさは、前話以上でした。
9. 1リットルの涙第九話「今を生きる」  [ 私でもいいですか?新館 ]   December 09, 2005 18:24
「これが電動の車いすです。じゃあ、早速練習始めようか。」 「はい。」亜也(沢尻エリカ)の表情は硬かった。それを見つめる母・潮香(薬師丸ひろ子)。 電動車いすを操作する亜也??

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
My Recommend