2006年12月19日

新刊「親切なおばけ」出ました。

親切なおばけ
親切なおばけ
posted with 簡単リンクくん at 2006.12.19
若竹 七海作 / 杉田 比呂美絵
光文社 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。


新刊「親切なおばけ」発売されました。
イラストは杉田比呂美さん。かわいらしくていい感じですね。

読まれた方、また感想をトラックバックあるいはコメントで下さいね。
よろしくお願いします。

2006年07月20日

「猫島ハウスの騒動」

猫島ハウスの騒動
若竹 七海著
光文社 (2006.7)
この本は現在お取り扱いできません。


わーい、新刊出ました。
読まれた方、コメントやトラックバックをお願いしますねー


2006年06月22日

若竹七海新刊情報

ご無沙汰しました。久々の更新です。

久しく新刊が出ていなかった若竹七海さんですが、
新刊『民宿・猫島ハウスの騒動(仮)』 光文社より7月20日発売
という情報が入ってきました。

nineさん、いつもありがとうございます。
(ここの管理をお譲りしたいくらいいつも情報をいただいて・・・)

久々の新刊、若竹ファンには朗報です。楽しみです。

葉崎シリーズっぽいんでしょうか?
葉崎シリーズを読んでいない(汗)私には判断できませんが。
この機会に全部読み切ってしまおうっと。

他、若竹さんの最新情報をnineさんのところからどうぞ


2006年02月11日

「閉ざされた夏」文庫化

閉ざされた夏
閉ざされた夏
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.11
若竹 七海著
光文社 (2006.2)
通常24時間以内に発送します。


文庫が絶版になっていた「閉ざされた夏」、このたび光文社から再度
発売されました。「心のなかの冷たい何か」に続いての文庫化、
若竹さんの本がたくさん手に入りやすくなるのは嬉しいですね。

私は講談社文庫の、現在発売されていない分を持っていますが、
まだ読めていません。こちらのほうが装丁かわいいなあ、とちょっと残念。


2005年11月17日

キャラクター人気投票

新企画、キャラクター人気投票はじめました。

投票はこちらから。



「心のなかの冷たい何か」文庫化決定

遅くなりましたが、お知らせです。

「心のなかの冷たい何か」が文庫化されることになりました。
12月23日発売。創元推理文庫からです。
詳細はこちらに。
絶版になっていたんで入手困難でしたが、ようやく流通しますね。
楽しみですねえ。ほんまに。

復刊ドットコムで今から注文可能です。

nineさんから早々に情報いただきました。ありがとうございます。

2005年10月27日

若竹七海Wiki作りました。

若竹七海Wiki作ってみました。
ここで登場人物を整理して、相関図を作ってやろうと思い立ったのです。

しかしWikiははじめてなんで何がなにやら・・・試行錯誤中。
途中で更新投げ出してます。

えーっと、皆さんどなたでも参加できて、編集できるんですよ。
ちょっと面倒なんですけど、慣れたら簡単になってくるんで、
よかったら遊びにきてやってくださいませ。

若竹七海Wiki

Wikiの書き方(livedoor Wiki)

2005年09月01日

新企画、案

若竹七海ベスト本投票結果はすぐ下の記事です。↓↓↓
未読の方、どうぞお先に。

で、投票も終わったことですので、新しい企画を考えたいと思ってます。
その名も
「人物相関図を作ってみよう」

決めたのはタイトルだけであとは何も決まってません・・・

ブログでどうやって相関図を作るのか?
皆さんが気付いた情報をかき集めることはできる、
だがそれをどうやってまとめたらいいのか?

・・・どうしていいやら。しばらく、試行錯誤します。
また思いついたらアップしますけど、

なにかいい案あれば下さい。
「つうか、無理やろ」とかいう醒めた意見でもかまいません・・
よろしくお願いします。

若竹七海ベスト本投票 結果発表

ベスト本投票は8月31日まででした。
きりがないので早速締め切って、集計しちゃいました。
投票いただいた皆様、本当にありがとうございました。

最終的に1位になったのは・・・

1位(96点)

スクランブル


2位(88点)

ぼくのミステリな日常
若竹 七海著
東京創元社 (1996.12)
通常2??3日以内に発送します。


3位(43点)
悪いうさぎ
悪いうさぎ
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.23
若竹 七海
文芸春秋 (2004.7)
通常24時間以内に発送します。


4位(33点)

依頼人は死んだ
若竹 七海
文芸春秋 (2003.6)
通常2〜3日以内に発送します。



5位(32点)

サンタクロースのせいにしよう
若竹 七海著
集英社 (1999.11)
通常2??3日以内に発送します。


6位(29点)

死んでも治らない
死んでも治らない


7位(19点)
古書店アゼリアの死体
古書店アゼリアの死体


8位(18点)
ヴィラ・マグノリアの殺人
ヴィラ・マグノリアの殺人


9位(15点)
オンライン書店ビーケーワン:クール・キャンデー 

10位(12点)
オンライン書店ビーケーワン:火天風神

11位(10点) 製造迷夢
12位(8点) 海神(ネプチューン)の晩餐
13位(6点) 心のなかの冷たい何か
14位(5点) プレゼント
15位(4点) 船上にて

いやあ、面白かったです、集計。
1位と2位が激戦を繰り広げてくれたので、最後までわからなかったんですが、
逆転しましたねえ。「スクランブル」。さすがです。
2位の「ぼくのミステリな日常」もほぼ1位と思ってもいいくらいでしたが。

あと、葉村晶シリーズが健闘しました。3,4位に入り込みました。
5位が、どちらかといえばさわやか(?)な「サンタクロースのせいにしよう」が
追い上げてきました。いやあ、いい追い上げでしたよ。

とにかく楽しませていただいて(私が一番喜んでいた)
改めて皆さんどうもありがとうございました。
これを機に「スクランブル」「ぼくミス」をひっさげて
若竹作品の普及にいそしみましょうね。(笑)

今後ともよろしくお願いしますの意味を込めて。
投票いただいた方のリストです。計19名。
ざれこ(管理人) 本を読む女。改訂版
deltaseaさん deltaseaのミステリライブラリ
ゆうきさん NEWTRAL ZONE
chiekoaさん + ChiekoaLibrary +
nineさん BOOKS AND DAYS
コロ助さん
四季さん Ciel Bleu
ふらっとさん +++ こんな一冊 +++
慮柳涼さん snowLilies日記
miyaさん ホンのひとりごと
sa-kiさん Breezy days
かなめさん kaname's * room
ナナナさん ナナナの読んだ本と日常。
taipeimonochromeさん taipeimonochrome ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂
take_14さん 猫は勘定にいれません
ひいろさん
オプトさん Viewpoint
マリさん book diary
七生子さん どこまで行ったらお茶の時間


2005年08月03日

若竹七海ベスト本投票

えーっと、My Best Books!さんのまねをしまして(ごめんなさい)
若竹七海さんの本のベストを決めてしまおうという企画。はじめてみます。

まずはこの記事に、皆さんからコメント及びトラックバックをしてもらい、
若竹さんの本で好きな本を1位〜3位まであげてもらって、

で、1位10点、2位5点、3位3点、で集計して、
若竹七海さんのベスト本を決めていこうと思います。

そして6月22日、ちょっとルール訂正します。
せっかくいただいたトラックバック数も集計しようと思います。
トラックバック1記事×1点で足すことにしました。

ということで、
気長に待ちますので、皆さんの投票およびトラックバックをお願いしますね。

※7月7日訂正 一応、締め切りを設けます。
平成17年8月31日までってことで、お願いします。(夏休みの宿題みたい・・)

※7月14日、1位が「スクランブル」から「ぼくのミステリな日常」になりました。
※7月25日、1位が「ぼくのミステリな日常」から「スクランブル」になりました。
※8月10日、1位が「スクランブル」から「ぼくのミステリな日常」になりました。

※8月3日、ソーシャルネットワーキングサイトミクシ
若竹七海コミュニティでも投票受付をはじめました。
順次反映させていきます。


8月10日現在
(投票者17名
ざれこ(管理人)、deltaseaさん、ゆうきさん、chiekoaさん、
nineさん、コロ助さん、四季さん、ふらっとさん、慮柳涼さん、miyaさん、
sa-kiさん、かなめさん、ナナナさん、taipeimonochromeさん、take_14さん、
ひいろさん、オプトさん)


1位(88点)

ぼくのミステリな日常
若竹 七海
東京創元社 (1996.12)
通常2〜3日以内に発送します。



2位(86点)

スクランブル
スクランブル
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.20
若竹 七海
集英社 (2000.7)
通常2〜3日以内に発送します。


3位(38点)
悪いうさぎ
悪いうさぎ
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.23
若竹 七海
文芸春秋 (2004.7)
通常24時間以内に発送します。


4位(29点)
死んでも治らない
若竹 七海
光文社 (2002.1)
通常2〜3日以内に発送します。


5位(27点)

依頼人は死んだ
若竹 七海
文芸春秋 (2003.6)
通常2〜3日以内に発送します。



6位(19点)
オンライン書店ビーケーワン:サンタクロースのせいにしよう

7位(18点)
オンライン書店ビーケーワン:ヴィラ・マグノリアの殺人

8位(16点)
オンライン書店ビーケーワン:古書店アゼリアの死体

9位(15点)
オンライン書店ビーケーワン:クール・キャンデー 


10位(12点)
オンライン書店ビーケーワン:火天風神



2005年08月02日

若竹七海の記事

若竹七海さんの本が、アサヒコムで紹介されてました。

書店の店頭は謎だらけ? リブロ池袋本店

毎週土曜に男は書店にやってきた。まっすぐレジを目指し、五十円玉二十枚を千円札に両替してくれと言う。札を受け取ると、まっすぐ店を出て行く。

 作家の若竹七生さんが、書店のアルバイトだった時の実話をもとにした競作アンソロジー。立教大学生だった若竹さんがバイトしていたのは、池袋の某書店。


最近読んだばかりの「競作50円玉20枚の謎」が紹介されてました。
ここでバイトしてたのかなあ。
若竹七生になってるのはご愛嬌です。

2005年06月23日

「マレー半島すちゃらか紀行」

マレー半島すちゃらか紀行
若竹 七海
新潮社 (1998.10)
この本は現在お取り扱いできません。


作品概要(amazon)
ある時はオバケに悩まされて眠れぬ夜を過ごし、またある時はしつこいオヤジのナンパ攻勢に困惑、ジャングルではヒルの襲来に悲鳴をあげる。「なんで、こんなことにぃ!」―。でも、私たちは負けない…。3人の独身三十女が、寄る年波をものともせず、好奇心の暴走するままに南国・マレーシアをすちゃらか跳び歩き、見て聞いて食いまくった怒濤の16日間。パワー全開の爆笑珍道中記。


「英国ミステリ道中ひざくりげ 」

英国ミステリ道中ひざくりげ
若竹 七海 / 小山 正
光文社 (2002.7)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要(bk1より)
ミステリや小説を愛する愉快な夫婦が、ドイルやクリスティー、カーの故郷を歩き、優雅で知的なブリティッシュ・ミステリ&ノベルの世界を楽しく紹介する旅行記。詳細な英国各地の古書店ガイドつき。

「火天風神」

火天風神
火天風神
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.23
若竹 七海
新潮社 (2000.5)
この本は現在お取り扱いできません。


作品概要(amazon)
最大瞬間風速88メートル、未だかつて日本が経験したことのない大型台風が三浦半島を直撃した。電話も電気も不通、陸路も遮断され、孤立したリゾートマンション。猛る風と迸る雨は、心に台風の眼のごとき空白を抱える滞在客を見境なく襲う。立て続けに訪れる極限の恐怖。そして炎までも、彼らを舐め尽くすべく身じろぎを始めた―若竹ミステリの分岐点となった大パニックサスペンス。

現在入手困難みたいなんで復刊ドットコムにお願いしています。
投票よろしくお願いします。

トラックバックお待ちしております。

2005年06月17日

「血文字パズル」

血文字パズル
血文字パズル
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.17
有栖川 有栖
角川書店 (2003.3)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要(bk1)
火村と有栖の推理が冴える〈砕けた叫び〉。銘探偵メルカトル鮎が颯爽?登場〈氷山の一角〉。太田忠司の新探偵デビュー〈八神翁の遺産〉。若竹七海の鮮やかな青春ミステリ〈みたびのサマータイム〉。全編書き下ろし!

2005年06月14日

トラックバックピープル

トラックバックピープルまでつくってみました。

ぼくの若竹七海な日常

よかったら盛り上げてくださいね・・・

2005年05月27日

「競作五十円玉二十枚の謎」

競作五十円玉二十枚の謎
若竹 七海
東京創元社 (2000.11)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要(amazon.co.jp)
池袋の書店を土曜日ごとに訪れて五十円玉二十枚を千円札に両替する中年男の真意は? 若竹七海提出のリドル・ストーリーにプロアマ十三人が果敢に挑んだ、世にも珍しい競作アンソロジー。解答者/法月綸太郎、依井貴裕、倉知淳、高尾源三郎、谷英樹、矢多真沙香、榊京助、剣持鷹士、有栖川有栖、笠原卓、阿部陽一、黒崎緑、いしいひさいち

「閉ざされた夏」

閉ざされた夏
閉ざされた夏
posted with 簡単リンクくん at 2005. 5.27
若竹 七海
講談社 (1998.7)
この本は現在お取り扱いできません。


作品概要(amazon.co.jp)
夭逝した天才作家の文学記念館で次々と起こる放火騒ぎ。それは惨劇への序曲だった。謎を追い始めた若い学芸員とミステリ作家の兄妹の前に突然、旅行に出たはずの同僚が死体となってあらわれる。天才作家の過去と記念館設立の背後にはどんな秘密が隠されているのか。若者の感情と葛藤を、生き生きと描く。


2005年04月28日

作品の関連なんかについて

シリーズ別?に少しご紹介してみます。
といっても私も全部読んでいないので、あいまいなところもあります。
ご存知の方フォローをお願いします。

女探偵葉村晶が出てくるシリーズ
「プレゼント」(小林警部補と交互に主役になります。葉村晶はフリーター)
「依頼人は死んだ」(連作短編、葉村晶は探偵業)
「悪いうさぎ」(長編)

葉崎市を舞台にしたもの
「クール・キャンデー」
「ヴィラ・マグノリアの殺人」(以上、古本屋「鬼頭堂」が出てくる)
「古書店アゼリアの死体」

若竹七海が出てくるもの
「ぼくのミステリな日常」
「心のなかの冷たい何か」(ミステリな日常、後の若竹が主役)

彦坂夏見が出てくるもの(すべて連作短編)
「ぼくのミステリな日常」の1短編
(匿名作家の従姉妹、文芸部時代の思い出を語る)
「スクランブル」(「ぼくのミステリな日常」1短編の文芸部が主役)
「サンタクロースのせいにしよう」(主人公の友人として出てくる)
「死んでも治らない」(主人公の幼馴染)

※私にわからないところは、ソーシャルネットワーキングサイト
「mixi」の「若竹七海」コミュニティの記事、および
deltaseaのミステリライブラリを参照しました。
ありがとうございました。


「名探偵の饗宴」

名探偵の饗宴
名探偵の饗宴
posted with 簡単リンクくん at 2005. 4.28
山口 雅也
朝日新聞社 (1998.4)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要(bk1)
山口雅也、麻耶雄嵩、篠田真由美などの過去の名作ミステリ群へのオマージュを含んだ作品五篇と、若竹七海、今邑彩、松尾由美の女性作家による女探偵ミステリ三篇を収める。短篇ミステリの魅力をテーマ別アンソロジーの形で。

「青に捧げる悪夢」

青に捧げる悪夢
篠田 真由美 / 新津 きよみ / はやみね かおる / 若竹 七海 / 恩田 陸 / 近藤 史恵 / 岡本 賢一 / 小林 泰三 / 乙一 / 瀬川 ことび
角川書店 (2005.3)
通常24時間以内に発送します。


作品概要(bk1)
とびきりの謎、推理の極み…。恩田陸、小林泰三、篠田真由美ほか。超豪華なラインナップで贈る戦慄のミステリー・アンソロジー。角川スニーカー文庫の「ミステリ・アンソロジー」「ホラー・アンソロジー」より単行本化。

トラックバックお待ちしています。


2005年04月24日

「船上にて」

船上にて
船上にて
posted with 簡単リンクくん at 2005. 4.24
若竹 七海
講談社 (2001.6)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要(bk1より)
“ナポレオン3歳の時の頭蓋骨”がなくなり、ダイヤモンドの原石も盗まれた。意外な盲点とは――表題作「船上にて」。屋上から突き落とされたOLのダイイングメッセージの皮肉を描いた「優しい水」。5人が順繰りに出した手紙の謎に迫る「かさねことのは」など8編を収録。著者自らが選んだミステリー傑作短編集。

「遺品」

遺品
遺品
posted with 簡単リンクくん at 2005. 4.24
若竹 七海
角川書店 (1999.12)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要(amazon.co.jpより)
金沢市郊外、銀鱗荘ホテルに眠っていた今は亡き女優・曾根繭子にまつわるコレクション。その公開作業が進められる中、明らかになったのは、コレクションを収集した大林一郎の繭子への異様なまでの執着。繭子の使った割り箸、繭子の下着、繭子の…狂気的な品々に誘われ、やがてホテルには、繭子が書き残した戯曲を実演するかのような奇怪な出来事が次々と起こる。それは確実に終幕に向かって―。書き下ろし本格長編ホラー。

「八月の降霊会」

八月の降霊会
八月の降霊会
posted with 簡単リンクくん at 2005. 4.24
若竹 七海
角川書店 (2000.8)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要(amazon.co.jpより)
一通の手紙「降霊会のお知らせ」、すべてはそこから始まった。富士山麓の山荘に集められた一見何の接点もない人々。降霊会、それは単なる娯楽でしかないはずだった。しかし、霊媒師の口から出てきたのは、誰も知るはずのない招待客の秘された過去―。死体、人骨、異様さを増していく山荘。降霊会に絡んだ忌まわしき意図とは?招待客の点が線で結ばれた時、すべての謎が明らかになる。サスペンスフル本格ミステリー。


「海神(ネプチューン)の晩餐」

海神(ネプチューン)の晩餐
若竹 七海
講談社 (2000.1)
通常1〜3週間以内に発送します。


作品概要(amazon.co.jpより)
氷川丸一等船室から、タイタニック号沈没の際持ち出された謎の原稿が盗まれた。原稿に隠された暗号に気付いた高一郎の周りで、金髪美人の幽霊出現、死体消失、殺人未遂騒動など、次々と起こる怪事件。香港横浜バンクーバーまでの航海中の船上を舞台にくりひろげられる著者渾身の本格長編ミステリー。

「死んでも治らない」

死んでも治らない
若竹 七海
光文社 (2005.1)
通常24時間以内に発送します。


作品概要(amazon.co.jpより)
元警察官・大道寺圭は、一冊の本を書いた。警官時代に出会ったおバカな犯罪者たちのエピソードを綴ったもので、題して『死んでも治らない』。それが呼び水になり、さらなるまぬけな犯罪者たちからつきまとわれて……。大道寺は数々の珍事件・怪事件に巻き込まれてゆく。
 ブラックな笑いとほろ苦い後味。深い余韻を残す、コージー・ハードボイルドの逸品!

「古書店アゼリアの死体」

古書店アゼリアの死体
若竹 七海
光文社 (2003.9)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要(amazon.co.jpより)
勤め先は倒産、泊まったホテルは火事、怪しげな新興宗教には追いかけられ…。 不幸のどん底にいた相澤真琴は、葉崎市の海岸で溺死体に出合ってしまう。運良く古書店アゼリアの店番にありついた真琴だが、そこにも新たな死体が!事件の陰には、葉崎市の名門・前田家にまつわる秘密があった…。

笑いと驚きいっぱいのコージー・ミステリの大傑作!

「名探偵は密航中」

名探偵は密航中
若竹 七海
光文社 (2003.3)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要(amazon.co.jpより)
昭和五年七月、豪華客船・箱根丸は横濱港を出港、倫敦(ロンドン)へ向かった。出航早々、殺人事件の容疑者が乗船していることがわかり、大騒動に。その後も、男爵令嬢の逃亡騒ぎ、幽霊船の出現など、奇妙な事件ばかりが起こり……。じゃじゃ馬令嬢から意外な名探偵まで、魅力的な登場人物たちが大活躍。ミステリーの楽しみがギュッと詰まった、傑作オムニバス・ストーリー!


「ヴィラ・マグノリアの殺人」

ヴィラ・マグノリアの殺人
若竹 七海
光文社 (2002.9)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要(amazon.co.jpより)
海に臨むヴィラ・マグノリア。その空き家になった一棟で、死体が発見された。ヴィラの住人は一癖ある人ばかりで、担当刑事達は聞き込み一つにてんてこ舞い。捜査に手間取るうちに、ヴィラの住人が殺される第二の事件が発生!二つの事件のつながりはどこに?住人達の素顔も次第に明らかになって――。
 粒よりユーモアをちりばめたコージー・ミステリーの快作!

トラックバックお待ちしております。

「製造迷夢」

製造迷夢
製造迷夢
posted with 簡単リンクくん at 2005. 4.24
若竹 七海
徳間書店 (2000.11)
通常2〜3日以内に発送します。


作品概要
一条風太刑事と、「ものに触れば残像思念が読める」女性
美潮との、連作推理短編集。

トラックバックお待ちしております。


ベスト本1位


オンライン書店ビーケーワン:スクランブル
最新コメント(感謝)
BBS





投稿者リスト
Trackback People
Trackback People
blogpet
自己紹介
ざれこ
若竹七海氏ほか、ミステリ中心に濫読する独身負け犬女。
ブログ「本を読む女。改訂版」もあります。
ブログエッグ




著作紹介
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)