どうもアメザリです。

やるやるといっていたアーキタイプ関連のお話。
前回:ポケモンの構築をアーキタイプで分類できるかどうか

なんだかんだ考えてたら、
アグロ・コントロール・コンボで分けるのが結構分かりやすそうだったので、
この3つの分類のベースのお話。

ちなみにシングル63で話すよ! 

 


というわけで分類のお話。
この前、「1体のポケモンで何体倒すかで分類する」
っていう話をしたけど、まさにそれによる分類。

もちろん今からする分類は完全に、自分の分類のお話なのであしからず。
書くまでもないことですが、これが分類の正解!ってことは全くないです。





分類1 アグロ
サイクル系、役割論理、対面構築など

選出例:バシャサンダーナット
 メガバシャ ドットサンダードットナット
(ポケモン):(倒す匹数)
 バシャ  :  1
 サンダー :  1
 ナット  :  1

1体で1体持っていくことを目的にするPT
対策ベースで構築を考えていくと比較的これ系の構築になりやすい。

上の例では、若干バシャーモに比重がよっているにはよっているが、
基本的にはどれかがサポートにまわることは無いため多分比率はこんなもん





分類2 コントロール 
電磁波 ステロなど

選出例:ニンフィアサンダー(ギャラ)
 ニンフィア ドットサンダードットメガギャラ ドット
(ポケモン):(倒す匹数)
 ニンフィア:  1.5
 サンダー :  0.5
 メガギャラ:  1

1体のサポートにより、他のポケモンを動かしやすくする構築
メガゲンガー入りもこの分類だろう(メガゲンの場合はサポートしながら1体以上もってけるが)
他にはステロガブなど

サポート枠が最低限殴りに参加しながら、汎用性を削ってサポートできるようにしている構築というと分かりやすい
電磁波サンダーなんかは、単体性能だけ考えたら電磁波の枠を攻撃なり毒なりが考えられるが、単体性能を落としサポートにまわることでPT全体の性能を底上げする。

アグロとは違い、サポート以外の面子が複数匹相手を倒すのを狙える状況を作りやすく、1体やられたら終わりとなりづらく対戦に余裕が持ちやすいのが特徴か
 



分類3 コンボ
エース構築全般

選出例:ニャオバシャガル
 ニャオ ドットバシャーモ ドットメガガル
(ポケモン):(倒す匹数)
 ニャオ  :  0
 バシャ  :  0
 メガガル :  3

明確に完全サポートのいる構築
例には極端なのを出したが、
カバルカカイリューとかも同分類

やることが明確なため、プレイングに迷いは出づらいが、
逆に言えば対応力が低い(相手のポケモンを倒せないポケモンが1体以上いるため)

一応分類としては「完全なサポートがいる」という文章にはしているが、
攻撃技を一つも持たないということは少ないため、厳密にいうと多分文章が違う。
良い文言募集中






ちなみに分類はしたが、それぞれの相性関係はよくわからない。
コントロールがコンボには強そう感があり、コンボはアグロに強そうだが、
アグロがコントロールに強いかは知らない。

相性が見えない以上分類としては割と失敗な気しかしない。
ポケモンの場合、分類以上にタイプ相性で有利不利がでるゲームだろうので、
中々相性関係が見えづらいのが分類の難しいところですね。



まあまたやるかもですね。
他ルールで同じ事やって水増ししてもいいですけど、
新しい発見があってからやってみたいところ。