どうもアメザリです。

「ダブルといえば守る」

見たいな話は未だに目にしたりするのですが、
じゃあどうして重要なのか?というのは、
あまり周知されてない用に感じます。

正確にいえば、結構説明してる記事はあるんですが、
「縛り関係が云々」とか言われてもよくわかんないですよね?

そんなこんなで、未だに「守る使うの難しそう」
というのがダブルバトルの壁になっているような気はします。

でも、「守る」という技の本質的な部分は、
シングルで使われる「守る」と大きな違いはありません。


というわけで、シングルでの「守る」を見てみましょう

なんてことないバシャーモとガルーラの対面
こちらバシャーモだったらまず何を選択するでしょうか?
バシャガル対面
そうですね、基本的には守るを選択すると思います。
「交代読みで叩き落とすじゃないの?」とか思った人は悔い改めてください。

S関係が初手では勝っていませんが、
守るを挟む事により加速で上をとり、ガルーラを倒すことができます。

「守ることにより、アドバンテージが稼げるから守る」 訳ですね



ではこの次のターンをガルーラ視点で見てみましょう
ガルバシャ対面
この状況、そのままいけばガルーラがやられてしまいます。
当然交代か、もしくは捨てを選択する場面ですが、
ちょっと守るについて考えてみましょう。

この状況、例えばガルーラが守ったらどうなるでしょうか?
言うまでもなくガルーラ側が状況が悪くなります。
先ほどと違い、守るによるアドバンテージは生まれません。

シングルでは、加速だったり食べ残し持ちだったり、
一部のポケモンに守るは採用されますが、
他のポケモンに採用されないのは、
「守ることにより、アドバンテージが稼げないから」
の一点につきるでしょう。



でも、この状況ひっくり返す方法があります。
ガルマリル
仲間を連れてくること

先ほどはガルーラがただやられるしかなかった状態でしたが、
バシャーモを倒すことができるマリルリ後輩を連れてきました。

この状況で、ガルーラが守るを選択した場合

バシャーモの馬鹿力 ガルーラこれを守る
マリルリの滝登り バシャーモ瀕死

と、ガルーラを生かしたままバシャーモを倒す事が出来ました。
「守る」によりアドバンテージが生まれました。

これがダブルバトルにおける守るの基本です。





「なるほど!守るって重要だな!
ダブルでは不利な状況で守るでひっくり返すんだな!」
って思った方、ちょっと早漏です。

ガルーラさんの人脈を活かして違う後輩を連れてきましょうか
ガルアロー
話題のファイアロー後輩を連れてきました。

この状況、ガルーラは守るを選択する必要はあるでしょうか?
全くその必要はありません。

この対面では

ファイアローのブレバ バシャーモ瀕死

で片付きますからね。


マリルリの例では、マリルリがバシャーモより遅いために、ガルーラが危険に晒されていましたが、
別にバシャーモより先に動いてバシャーモを倒せば守るは要らないのです。

そう、「守るによるアドバンテージが発生しない状況」 なのです。



ダブルにおける守るも、
あくまでアドバンテージを稼ぐ手段であり、
別段シングルと使い方が違う、という訳ではないのです。
ただちょっと守るが有効に使える場面が多いだけなんですね。








はい、まあ凄い噛み砕いた説明でしたが、
さっきまでは2-1のただただ手前が有利な状況でしたが、
ダブル例
実際のダブルバトルはこのようになるわけですね。

この場面だったらあなたはどうするでしょうか?
こちらからの条件設定とか答えを提示することはしませんが、
少しでもこの状況を「面白い」と感じて貰えたら幸いです。




まあ、ガルーラの猫騙しでこの場合解決するんですが。