どうもザリガニです。

京都ローテオフ




・ローテオフ1週間前 

突如京都でローテオフがあることを知る。


ぼく「いってみてもいいかなぁ(冗談」

ひこさん(主催)「是非きてください!」

ぼく(まじかよ......)


適当なつぶやきをひろわれてしまったことにより、
ローテ勢でもないのにいきなりローテオフに参加することに

実際ローテ自体がシーズン1ぶりということで、
年数でいったら3年ぶりといった具合

申し込んだ瞬間は意気揚々であったが、
2時間後ぐらいには「これマジで参加するのか?」って感じであった。




・オフ前日

もっというと午後10時
ぼく「さて、明日の構築をつくるぞ!」

社畜と寝ることを繰り返す生活を行っていたせいで、
前日になっても構築が無いという自体に陥る。

というか前々日の土曜日も仕事だった。F○CK


クチートかガルーラかどちらかを使用しようと考え、
色々と考えた結果、サザンガルド+アローという形をとりやすそうなガルーラを選択
アローで全抜きという形はやはりわかりやすく、久しぶりでも使いやすそうという判断

その癖、使おうとしていた意地捨て身個体が何故か手持ちにいない事実もあり、
突如友人に助けを乞うなどというクソプを噛ましていた。

無事1時ぐらいには構築が完成する。





・オフ当日

6時起床
愛知県民の朝は早い 

実際はそこまで早く起きる必要もなかったが、早起きで三文のアドを狙う


京都までは遠いようで、大体1時間半ぐらいで着くのでわりと近い。
今の職場まで1時間10分ぐらいなのでちょっと長いぐらいである。 FU○K



京都駅で若干迷ったものの、出町で出待ちするようなこともなく蹴上へ到着


ぼく「しらないひとがいっぱいいるよぉ...」

ポケモンのオフは東京トリプルオフに1回だけ参加したことあるだけなので当たり前である。 

ましてや割と純正のトリプル勢であり、ローテ勢とはあまり面識が無い状態である。
なんで参加したんだ?

借りてきたオタクのような状態で、会場に着くまでまさにオタクという感じであった。





予選ブロックはDブロック

メンバーは対戦した順番に
シュガーさん、俺参上さん、サンガーさん、なかまささん、コウメさん


ぼく(やべぇ...誰もしらねぇブロック入っちゃった...)

(注:どこのブロックでも同じです)


相変わらず借りてきたオタクの状態で困っていたのですが、





俺参上さん「アメザリさんって、あのアメザリさんですか?」

ぼく「??? おそれらく多分そのアメザリさんです。」

俺参上さん「ブログを拝見したことあります!!!!」


ローテ初心者のアメザリとかいうカスとは違って、
有名ブロガーのアメザリさんは偉大であった

ぼくもあんな面白いブログが書けるようになりたい。




実際ブログ効果は未だに偉大だったらしく、
思った以上にアメザリの名は知られていたのであった。
有名ブロガーすげぇな!

その分こちら側がみなさんのことを知らなさすぎてすまねぇ...って感じだった



特にコウメさんは特に最新のポケモン記事(※6/27更新)であるメガゲンガーの記事も
しっかりと読んでいられたようで、メガゲン入り構築の相談を受ける。
正直こちらから何振ればいいのかわからねぇからすげぇありがたさを感じる。
と、同時に意外とすらすら出てくるアドバイスに
「そういやぼくポケモンプレイヤーだったな」という感覚を思い出す。





そして、肝心の予選の結果は〜〜〜????

、、、、2−3

まあ、、、、うん、、、、

まあ良いじゃんこの話はさ、、、、、



実際の反省としては、やはりローテ慣れしてないのが1点と、
ガルーラという選択が失敗だったのが2点  全部か?
特に”選出”という行為に慣れてないのはまいった







予選終わるかどうかぐらいで、
数少ない相互フォロワーのアロフィーさんとくらうんさんにコンタクトをとりつつ、
その他もぼちぼちとコンタクトをとりつつ、なんやかんやで対戦会は終了



れもんあめさんがめっちゃ強いということは分かった(学び
 





・2次会

明日が仕事であるが勢いだけで申し込んだ2次会

自分のブロックで2次会に参加する人がシュガーさんぐらいで、
端っこで黙ってお酒飲むオタクになる危機感を少しばかり感じる。



そんな若干の不安を抱えつつ2次会会場へ


IMG_2885

ぼく「?????????」

どうやら新撰組がコンセプトになってる感じの居酒屋らしく、
内装などにやばさを感じる。


やばさに流れを乱された自分は、うっかり端の位置に陣取ってしまい、
メロンパさんとでぃーちょさんらに囲まれるような形に

ぼく「やべぇ...にわかのぼくが面識の無い強者に囲まれてしまった...干される...」



なんていうことも当然なく、
メロンパさんの飲み会のプレイングスキルに助けられる。

というか自分がトリプル勢というのは一応断片的には知られていたようであった
何気にこの日一番感動したのは過去の自分の売名具合だったかもしれない


2次会であるが、非常にローテの話が飛び交い
ひたすら「なるほどなぁ」っていってた。



後はローブシンの真似など、「あぁ 飲み会だなぁ」って感じのことをしたり、

勢いビール瓶4、5本に相当するぐらいの量は乗せられて飲む事になる。


このぐらいで酔いはしないのだが、これが後に悲劇を生む事になる......



帰り際に「あれ?靴ちっちゃくね?」
って思ったら弥生さんと靴が丸被りしていたということもあった。
靴のKP2はおそらくあの場でもトップメタといえるのでは?






・帰宅編

流石に愛知の社畜に3次会に参加は不可能なので、2次会で帰宅へ
新幹線での帰宅の都合、アロフィーさんと一緒に帰宅

冷静に考えてあんだけ飲んで普通に何事も無く帰れる自分に感心しつつ、
とりあえず名古屋でアロフィーさんとお別れ










・惨事会

11時過ぎぐらいには家につき、
まあ会社で飲み会あったときぐらいなもんで、余裕やなと思っていたぼく


流石にお酒の飲み過ぎでお水が異常に美味しいなぁとごくごく飲んでいたのだが、

突然の腹痛が自分を襲う



それもそのはず、
思い返す事12時ごろ

運営「昼休憩にしてくださーい」

ぼく(うーん、買い忘れたし、別に食わなくてもいいかなぁ)


そう、昼を抜いたのである。



空きっ腹にビールをしこたま詰め込んだのであった。

ちゃんとした知識を持っている懸命な読者ならお気づきであると思うが、
これはかなり危険なことである。

内蔵にダメージがダイレクトに伝わり、出血を招くのだ。


確かに、ビール1杯目を調子良く飲んだ瞬間に、
何も無い空間にビールが流れ込んでいくのを感じ
(あっ、これやばいやつだ)
と感じたのだが、
(まあ余裕やろ)と調子に乗ったのがプレミで、

酔いはしないものの、着々と内蔵にダメージは蓄積されていたのであった。



後はもう惨事である。
眠いはずなのに、腹の痛みにより4時に起きるなどのやばさを発揮し、
その痛みは昼まで続いたのであった。



今回のオフの反省:昼ご飯は抜かない 









・ちゃんとした総括


正直あまりネタではなく、かなり不安が多い参加ではありましたが、
非常に楽しむことができたオフとなりました。
お誘いいただき、運営もしていただいたひこさん、およびその他の参加者に改めて感謝です。 

ただ、やはり対戦会としては決して満足いく結果では無いので、
次こそは(次があれば)もっとちゃんとした知識を持って対戦に臨みたいところです。 

というわけで、わかめくんは愛知ローテオフの開催楽しみにしておりますので運営頑張ってください。