七つの詩的な遊戯

Zaroff企画「七つの詩的な遊戯」を開催しています。七人の作家が絵画、コラージュ、オブジェ、ぬいぐるみ、人形,彫金の各作品を展示・販売しています。各作家の詩的な側面を作品化した会となりました。(コラージュ作家の松島さんが本展のためにブレンドしてくれた青く澄んだブレンドティー7缶は早々に完売。)春らしく明るいファンタジックな本展をぜひ御高覧に御越し下さい。
(4月12日~24日まで。最終日は午後5時終了)
DSC_1188
伊豫田晃一










Opera








DSC_1204
影山多栄子





DSC_1198
桑原弘明





DSC_1205
ポオ エ ヤヨ










DSC_1207











DSC_1209











DSC_1197


まちゅまゆ








DSC_1189
松島智里










DSC_1190











DSC_1191






DSC_1192











DSC_1193











DSC_1194











DSC_1195






DSC_1196











DSC_1201
LIEN










DSC_1202











DSC_1203











DSC_1211
会場風景





DSC_1212






DSC_1213






DSC_1214















木村龍ワークショプ、木村龍式デッサン教室

4月1日、第2回木村龍ワークショップを開催致しました。
今回は木村龍式立体を平面に移しとる技法のワークショプです。
IMG_8755











IMG_8759











木村龍氏の次回のワークショップも本ブログで告知致しますので、御期待下さい。

Nature quote –Like a rolling stone

久しぶりに屋外に彫刻の新作を設置致しました。
DSC_1144











柳詩郎作「Nature quote –Like a rolling stone 」
流木に着色、石
2018年 
30万円

タイトルの通りですが、古代の武器の投石器にも見えます。素朴でダイナミックな作品で、サブカル疲れした方にも御勧め致します。

彫刻と素材–伝えたいかたち–一陽会の8作家

「彫刻と素材―伝えたいかたち―」vol3~一陽会の8作家~を開催しています。公募団体一陽会の彫刻部の有志による二年ぶり三回目のグループ展を開催しています。
今回も各出展作家ごとに異なる素材を使い、独自のスタイルの作品を展示・販売(一部非売)しています。素材感、色彩、造形のバリエーションの楽しい展示会となりました。毎年新国立美術館向けに大型の作品を制作されている作家の小品コレクションです。ぜひ御高覧に御越し下さい。
(4月5日(木)~10日(火)まで。最終日は午後6時で終了致します。)
※なお、本展に合わせて屋外に出展者の御紹介による彫刻作品を展示しております。
DSC_1165
北沢努

木、ブロンズ








DSC_1171


木、ブロンズ








DSC_1172


ブロンズ








DSC_1166
三好美奈子

石膏








DSC_1167
葛迫大祐










DSC_1168
染矢義之










DSC_1169











DSC_1170
伊丹修




DSC_1173
浜谷信彦




DSC_1174
衛守和佳子

木、陶








DSC_1175


木、陶








DSC_1176
岩壁善兵衛










DSC_1177
会場風景





DSC_1178






DSC_1179






DSC_1180














一陽会
http://www2.ucatv.ne.jp/~itiyokai.snow/

楽園

真鳥アキコ個展「楽園」を開催しています。Zaroff開廊初個展・2009年2月「Lumiere リュミエール - 光と少女」を務めた後、2014年2月「Lumiere リュミエール -眠れぬ森の少女たち」で切り絵の個展を開催し、Zaroffにて四年ぶり三度目の個展を開催しています。今回は花をテーマにペン画を18点、ペンに水彩色鉛筆の絵を5点、全て額付の小品で展示・販売しています。
始めて真鳥さんの絵を見てから十年程経ちましたが、真鳥さんの作風を支える人間性が全く変わらず、ぶれていない事に驚き、安堵します。液晶が体に合わないため、パソコン、携帯他IT全般に疎い真鳥さんの絵について「少し昔っぽい漫画のよう」と何人かのコレクター氏から言われましたが、延々と描き続けるような植物の描写に真鳥さんの心の奥底が見えます。ぜひ御高覧に御越し下さい。(3月29日~
4月3日まで。最終日は午後6時で終了)
DSC_1113











DSC_1114











DSC_1115











DSC_1115











DSC_1116











DSC_1117











DSC_1118











DSC_1119











DSC_1120











DSC_1121











DSC_1122











DSC_1123











DSC_1124











DSC_1125











DSC_1126











DSC_1127











DSC_1128











DSC_1129











DSC_1130











DSC_1131











DSC_1132











DSC_1133











DSC_1134











DSC_1135











DSC_1136











DSC_1137











DSC_1138











DSC_1139DSC_1140
会場風景









浅野サキ個展「plane +」

浅野サキ個展「plane +」を開催しています。筑波大学大学院博士後期課程に在学中の浅野さんの二度目の個展です。前回の個展より二年が経過し、成長の著しい個展となっています。各作品を前にした際に受ける直感的な印象の濃さ、実験的に筆を運びつつ、理論的に構成する思索の痕跡としてのまとめ方、(本人は前回に引き続き「色彩と線のポリフォニー」と語っていますが)色彩と線を支柱に展開する鮮やかな画中にふと具体的なモチーフが過ぎる茶目っ気といい、全体に気持ちの良い明るさを感じる楽しい個展となっています。ぜひ御高覧に御越し下さい。(3月22日(木)~27 日(火)まで開催。最終日は午後6時で終了致します。)
DSC_1084




DSC_1085















DSC_1086




DSC_1087















DSC_1088




DSC_1089















DSC_1090















DSC_1091















DSC_1092















DSC_1093















DSC_1094















DSC_1095















DSC_1096















DSC_1097




DSC_1098















DSC_1099
会場風景



DSC_1100




DSC_1101





有賀眞澄句会―虹のはふり

有賀眞澄氏主宰の句会をZaroffにて開催致します。
開催の概要は下記の通りです。奮って御参加下さい。

有賀眞澄句会―虹のはふり

4月4日午後4時より8時まで

一人三句御持参下さい。(ノート、紙など記載の仕方は自由)
定型、不定型問わず。季語不要の事。

定員7名

参加費一人2500円

要御予約
Zaroffまで 03-6322-9032

小堀令子個展

Zaroff企画「小堀令子個展」を開催しています。小堀さんの新作絵画(ペンと水彩またはペンと水彩、アクリル)を小品を中心に20点、展示・販売しています。今回弊廊で初めての小堀さんの個展になります。立軌会で出展する大作から本展のような小品まで、会場に応じてサイズだけでなく観覧者に語り掛ける声のトーン、ニュアンスまでさり気なく微調整する態度に作家本人のセンスの良さと矜持とが感じられます。
しばしば背景を埋めず白抜きのままにしておき、具体的なモチーフも見え隠れする細かい線の瑞々しいタッチで構成した面全体からは商業誌のコミック総体の潜在意識かと見まがう現代性が伺えます。そこに多様な色彩を温度のように横たえています。会期は3月8日(木)~20日(火)まで。(最終日は午後5時まで)ぜひ御高覧に御越し下さい。
DSC_1020


「何処へ」












DSC_1021




DSC_1022















DSC_1023















DSC_1024















DSC_1025















DSC_1026















DSC_1027















DSC_1028















DSC_1030





「Web」









DSC_1031



「それでも繰り返す」











DSC_1032















DSC_1033















DSC_1034



「サロメ」











DSC_1035















DSC_1036















DSC_1037















DSC_1038















DSC_1040















DSC_1041
会場風景



DSC_1042




DSC_1043





第2回木村龍ワークショップの御知らせ

木村龍第2回目のワークショップの御知らせです。

4月11日(水)木村龍氏によるワークショップを開催致します。
第2回;木村龍式デッサン教室
IMG_0418
「自画像」
画 木村龍









一回目;1時~4時半
二回目;5時~8時半

各会定員7名

参加費8,000円;参加費はワークショップの当日会場で現金で御支払い下さい。

鉛筆、白鉛筆、練り消しゴム、画版はこちらで用意致しますので手ぶらで御越し頂いて結構です。

絵画から出発し、アクセサリー、ボックスアート、創作人形と制作の幅を広げてきた木村龍氏による異色のデッサン教室です。三次元のモノを二次元に変換する技法を独特の理論で木村氏が伝授致します。
美大受験生が予備校で訓練するデッサンとは違い、初心者でも木村式デッサンを会得できる会です。

参加御希望の方は当店店頭か電話で、または下記メールアドレス宛に①参加御希望の時間帯と②お名前、③御住所、④電話番号、⑤メールアドレスを記載して御申し込み下さい。

天災・事故等やむを得ない場合を除き、キャンセルは当会の一週間前(7日前の午後1時まで)まで御受け致しますが、以後は参加・不参加に関わらず参加費を御支払い下さい。

奮って御参加下さい!

電話 03-6322-9032
メール gallery-zaroff@ac.auone-net.jp

辺境の夜明け

Zaroff企画・竹崎陽子×仙頭利通二人展「辺境の夜明け」を開催しています。福岡を中心に活動している二人の初の二人展です。仙頭さんのリズム感のあるユーモラスなフォルムを明朗な色彩で構成したアクリル画は全てソラマメをテーマとし、小品を中心に変形額の絵画も展示。竹崎さんの各々少々毒のある物語性のある銅版画は細かい描写で楽しませてくれます。2月25日~3月6日まで開催。(最終日は午後5時まで)ぜひ御高覧に御越し下さい。
DSC_0997
仙頭利通














DSC_0998















DSC_0999




DSC_1000















DSC_1001















DSC_1002
竹崎陽子














DSC_1003















DSC_1004















DSC_1005















DSC_1006















DSC_1007















DSC_1008















DSC_1009




DSC_1011















DSC_1012
会場風景



DSC_1013




DSC_1014




DSC_1015
竹崎陽子作品ポストカードセット



DSC_1016
仙頭利通作アクセサリー









記事検索
プロフィール

zaroff

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ