2017年04月25日

アニメ感想:スイートプリキュア♪ 2話「ガガ〜ン!早くもプリキュア解散の危機ニャ!」

 
※ネタバレあり。プリキュア感想ではありますが、簡易的です。

 響と奏が、仲の悪くなってしまったきっかけが描かれたのでした。
 双方責めることのできない事情で悪い方向に進んでしまう、そんなやるせなさ。
 きっかりと話が地続きとなっていることに、ちょっと不思議な感覚を覚えますね。一話完結じゃないのだなと。
 今後そのような展開になっていくのかとも思いますが、ひとまず今回はその点をまず感じたので。そりゃあ前回変身して二話に続きましたから、続いて当たり前なのですけども。

 一緒に学校の校門をくぐろうと、待ち合わせをしていた。しかし、会うことができなかった。そのことをきっかけに二人の仲はぎくしゃくするようになってしまったのだ。
 そういった理由が描かれたわけです。
 お互いに、ちゃんと相手を思って待っていたのに、少しの勘違いで仲が悪くなってしまった。悪気がなかろうとも、関係が悪い方向に向かってしまうこともある。それを柔らかくわかりやすい形で描いているのが見事だと思います。

 そりゃあ、指摘しようと思えば、書くことはできます。
 どうして都合良く、当時と同じように待ち合わせをしている小さな子供がいるのか、とか。待ち合わせをする場所に、どうしてそんなややこしい場所を選んだのかとか。
 でも重要なのはそういう所ではなくて、上記で筆者が示した「悪気がなかろうと、相手と仲違いしてしまう恐れがある」と言うことだと思うわけで。そのための展開としては、やはり巧い展開だなと思うのです。

 それできっと、ハミィとセイレーンの関係も、このようなボタンの掛け違いみたいな事があったのだろうなと想像するのでした。

 しかし、セイレーンはいらつくと頭の上に乗っている相手の毛を毟るのですね。
 ……なんて残酷なことをするのだろう。

 その他にも、プリキュアとしての今作の目的も響たちへ示されていましたね。人々がネガトーンによって不幸になることを、防がねばならないのです。
 ここで印象的だったのが、プリキュアという物が、既に認知されたものとして扱われているところでしょうか。「プリキュアになっちゃった」とか「プリキュアになれたのは嬉しい」といった発言がされている。『何それ!?』という扱い方がされていないのは、すごく不思議な心地がしました。



スイートプリキュア♪ Vol.1 [Blu-ray]

 ※上記以外の物でも良いので、リンク先より何か買っていただけると励みになります。



過去感想は下記より
アニメ感想:2017年春期まとめ



zassai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想 | 感想:映画・テレビ

2017年04月24日

アニメ感想:2017年春期まとめ

※ネタバレの可能性あり
 プリキュアの記事以外は簡易感想です。おまけみたいなものだと思ってください。あと、公開後の記事についても、予告なく加筆・訂正されることがあります。
 リンクが張ってあっても、曜日を過ぎないとご覧いただけないのでご注意ください。

・Go!プリンセスプリキュア :更新不定期
※振り返り見直し
 1〜3話まで
 4〜7話まで
 8〜10話まで
 11〜13話まで
 14〜17話まで
 18〜20話まで
 21〜23話まで
 24〜26話まで(おまけあり)
 27〜29話まで(おまけあり)

・キラキラ☆プリキュアアラモード :毎週金曜更新予定(なるべく前倒しにできるようにはします)
 1話「大好きたっぷり!キュアホイップできあがり!」
 2話「小さな天才キュアカスタード!」
 3話「叫べライオン!キュアジェラート!」
 4話「3人そろってレッツ・ラ・まぜまぜ!」
 5話「きまぐれお姉さまはキュアマカロン!」
 6話「これってラブ!?華麗なるキュアショコラ!」
 7話「ペコリン、ドーナツ作るペコ〜!」
 8話「キラパティ オープン…できません!」
 9話「キラパティがあなたの恋、叶えます!」
 10話「ゆかりVSあきら!嵐を呼ぶおつかい!」
 11話「決戦!プリキュアVSガミー集団!」
 12話「敵は…モテモテ転校生!?」
 映画プリキュアドリームスターズ!

・スイートプリキュア♪ :毎週火曜更新予定
 1話「ニャプニャプ〜!スイートプリキュア誕生ニャ♪」
 2話「ガガ〜ン!早くもプリキュア解散の危機ニャ!」
 3話「ジャジャ〜ン!響は音楽嫌いニャ?」

・冴えない彼女の育てかた♭ :毎週木曜更新予定
 1話「冴えない竜虎の相見えかた」
 2話「本気で本当な分岐点」

・サクラクエスト :毎週土曜更新予定
 1話「魔の山へ」
 2話「集いし五人の勇者たち」
 3話「マンドレイクの叫び」

・有頂天家族2 :毎週日曜更新予定
 1話「二代目の帰朝」
 2話「幻術師 天満屋」
 3話「欧羅巴の香り」



予定は下記。
 基本的にほぼ一週間遅れ位で書きます。最初は予定通り回せるか確認するので、予告なく変更される事もあります。続き物の作品がインターネットで配信されていて安心しました。
 あと、面白くないと「自分が」感じてしまう作品を、3ヶ月も見続けるのは体力的にきつくなってきたので、過去の作品を追っかけます。せっかくなので録画していたスイプリを見ます。ただ、がっつりと感想は書きません。あくまで簡易的なものを。
 リンクが張ってあっても、決まった曜日が過ぎないと参照できないのでご了承ください。
・日:有頂天家族2
・月:雑記
・火:スイートプリキュア♪
・水:自分の活動報告
・木:冴えない彼女の育てかた♭
・金:プリキュア
・土:サクラクエスト

zassai at 03:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想 | 感想:映画・テレビ

2017年4月24日の雑記

 落ち着きました。けど、なんか色々と大変そうです。
 とりあえず自分は金曜日に先輩に奢ってもらって、美味しい食事とお酒を楽しみましたとさ。
 で、まあ、土曜は疲れを取って、日曜は生協に母とカップヌードルやら買いに行ったわけです。そんな感じでした。

・22日
 今回は出羽桜酒造株式会社の「出羽桜 純米吟醸酒 つや姫 720ml」をいただきました。母が買ってくれたものです。
 吟醸香の香り豊かな一品。ただ、辛味と酒の味はなかなかに強い一品でした。ただ、すっきりと飲みやすく、食べ物の味を邪魔せず、口の中をクリアにしながら料理の味を楽しめます。食中酒として的確な一品でした。

zassai at 02:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2017年04月23日

アニメ感想:有頂天家族2 1話「二代目の帰朝」

 
※ネタバレあり

 原作は未読。

 さすがの面白さ。天狗の赤玉先生の二代目が日本へと帰ってきたという内容なわけです。
 この独特な雰囲気が堪らなく面白いわけです。言い回しとか、キャラクターの態度とか、この独特なやり取りが本当に洒落ている。

 今回は二代目が帰ってきて、そのことを知った赤玉先生が果たし状を届ける。そして、夜に二人は相見えることとなる。
 そこまでの流れがゆったりと丁寧に描かれていたわけです。
 内容としてはじっくりと、目まぐるしい場面を見せるわけでもなく描いているわけですが、独特な言い回しで退屈せず見ることができるのはさすがの一言でしょう。

 この世界観に、じっくりと浸りたいと思います。




有頂天家族2 Blu-ray BOX 上巻 [Blu-ray]

 ※上記以外の物でも良いので、リンク先より何か買っていただけると励みになります。



過去感想は下記より
アニメ感想:2017年春期まとめ


zassai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想 | 感想:映画・テレビ

2017年04月22日

アニメ感想:サクラクエスト 2話「集いし五人の勇者たち」

 
※ネタバレあり

 町興しに必要な人材が揃っている都合の良さは、ひとまず置いておくべきなのだと思います。
 問題は、これらの女性たちが何を成していくのかというところでしょう。

 今回は観光用のまんじゅう、「チュパカブラまんじゅう」を賞味期限切れの1週間以内に1000箱売るという、無理難題が課されました。それを成功させれば、東京へ戻って良いという。
 これ、こうやってずるずると東京へ戻るのが伸びていくという展開なのでしょうね。

 今回も、まんじゅう自体は美味しいという、今後の展開への布石が置かれているように思いました。
 食べ物が美味しいことを打ち出していけば、上手くいくと言う展開が描かれていくのかなと。

 この、動画を撮っているシーンは居た堪れない気持ちになりましたね。
 こりゃあ売れるわけがないぞ、人が集まるわけがないぞ、という。



サクラクエスト (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 ※上記以外の物でも良いので、リンク先より何か買っていただけると励みになります。



過去感想は下記より
アニメ感想:2017年春期まとめ


zassai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想 | 感想:映画・テレビ

2017年04月21日

アニメ感想:キラキラ☆プリキュアアラモード 11話「決戦!プリキュアVSガミー集団!」

 
※ネタバレあり。
  筆者の方針は元々、「こう考えれば、楽しめるんじゃない?」という脳内補完をするのが原則です。今作でもそれをできる限り徹底していくつもりでいます。
  できない作品ももちろんありますが、極力。


 巧いなと、単純に思いました。さすが、と。面白いのはもちろんとして。
 今回の内容、すごく理性的に展開が整理されている印象を受けました。
 ここできっかけを与えるのに説得力を持たせられるのは、父親でなければ果たせないだろう、という。変な話、ここで父親以外のキャラクターがパワーアップのきっかけになっていたら、ここまで納得できる展開にはできなかったでしょう。追々書いていきます。

++あらすじ++
 遂に開催、スイーツフェスティバル。
 向かおうとするいちかに、父は話しかけてくる。しかしいちかはついてこないでと、突き放す。
 会場ではゆかりを除いた他のみんながいちかを待っている。ゆかりは店を手伝わないものの、ファン軍団というお客を引き連れてやってくる。
 今までに店を訪れてきた人物や、クラスメートが店を訪ねてくれて、大繁盛。いちかはスイーツを食べるだけでなく、スイーツを作ることもどんどん好きになっていくとみんなに言う。
 みんながスイーツを食べて幸せになるのが嬉しいと。

 そこに、いちかの父親が現れる。いちかの店を手伝おうとするのに、いちかは恥ずかしさからさっさと帰そうとする。
 大人がいないとと躊躇うという父に、長老が現れて挨拶する。
 そしていちかはつらい言葉を浴びせかけて、父親を帰してしまう。
 父は去年まで一緒にスイーツを食べていたのにと、悲しげに去る。

 そこに、水色の髪をした人物が何かをする。すると、フェスティバルの様子は一変してしまう。さらには、かつて倒したはずの悪い妖精たちが現れる。フェスティバルのスイーツから、次々キラキラルを奪ってしまう。
 父はケーキ屋で何かを購入している。
 いちかたちはスイーツを守るために、プリキュアへ変身する。
 ホイップが駆けつけたのは、父がいる場所。悪い妖精が襲いかかってくるのを、彼は空手でいなす。
 そこにガミーが現れる。どうしてこんなことをするのかと問うホイップに、彼は「キラキラルを集めれば自分たちの欲望が満たされると教わったからだ」と、意味深な発言をする。 

 プリキュアと悪い妖精との戦いは拮抗していた。そこに水色の髪をした人物がステッキを掲げる。
 するとガミーたちは合体し、力を増してしまう。
 プリキュアたちの力は通じず、追い詰められてしまう。その中で、いちかの父親が持つケーキが狙われてしまう。
彼は渡さないように抵抗したために、傷付いてしまう。
 そのケーキはショートケーキで、いちかに渡そうとしていた物だった。娘が、一緒にスイーツを作る友達ができたのは嬉しい。しかし、親だからつい構い過ぎてしまう。だからせめて、娘の好物のケーキを差し入れしたかったのだと。
 そうして、気を失ってしまう。いちかは形の崩れたショートケーキを一口口に含むと、涙を流す。
 すると、胸の辺りが光り出す。それはキラキラルの光だった。いちかはガミーに激昂する。「スイーツは食べたらなくなってしまうけれど、その思い出はずっと残る。だから、友達の、恋人の、家族の、みんなの思い出をメチャクチャにしないで」と。
 その涙により、光が伝播する。スイーツフェスティバルの参加者の胸の辺りがキラキラと。

 ペコリンはみんなに伝える。プリキュアへその思いを届けるようにと。その思いを元に、プリキュアたちは自らの新しい武器「キャンディロッド」を作り出す。キャンディロッドにより、「」を放ち、合体したガミーたちを浄化するのに成功する。
 すると、ガミーたちの体にあった黒い星が砕ける。彼らは操られていたのだった。
 世界は元の姿に戻る。

 いちかの父親が目を覚ますと、あおいたちはショートケーキを食べている。いちかは自分の作ったハリネズミタルトを父に渡す。父は感動して涙を流し、道場に飾るとまで言い出す。あおいたちはそれをにこやかに見守っている。
 水色の髪の人物は、キラキラルが人の心で輝きを増すことに興味を持ち、不穏な笑みを浮かべるのだった。
++++++++

 あらすじはこんな感じ。細部間違っていたら申し訳ありません。いやはや、改めて巧いと、そう思うわけです。
 妖精を操っていた黒幕をさらっと匂わせつつ、パワーアップまでの展開を自然に描く様は、流石としか。

 今まで出てきたキャラクターが一堂に会していました。今作におけるパワーアップがキラキラルを必要とするということが今回示されたことを考えると、あえて名前を出して描いてきた意味も見えてくるように思えます。
 つまり今後も、このようにスイーツを食べてもらって幸せになった人々から力をもらっていくということが考えられます。もちろん、それだけだとワンパターンになる恐れがあるので、何かしらの工夫はされるのかなとは思われますけども。

 ともかく今作がこれから何を為そうとしているかがわかる回でもあったでしょう。
 こんな初期にプリキュアという存在を認知させたことには、大きな意味があると考えて良いはずです。終盤へのカタルシスに向けた布石と考えて良さそうです。
 彼女たちはあくまで本人としてキラパティを経営しています。当然キラパティは今後も経営を続けるはずで、恐らくどんどんとこのいちご坂での地位を確立させていくのでしょう。
 そんな、スイーツによりみんなの幸せを生み出すキラパティという新鋭店。その店員たちの正体が、スイーツからキラキラルを奪う怪物から町を守っているプリキュアでもあるのです。
 正体がばれたとき、約束された感動がそこにあるように思います。正体をばらすかどうかは無論、現時点では言い切れないですけども。でもこの振りは、活かしていただきたいと個人的には思います。

 だいすけとみどりの仲が何気に進展してましたね……。積極的な野郎だ。思い出話に花が咲きってやつでしょうか。
 ともかく、前述の通り今まで出てきた人物が再登場しているのが印象的です。えみるにファン軍団、果てはいちかたちのクラスメートまで、一枚絵に詰め込まれている。意地でもモブキャラを作らないという気概すら窺えます。
 お店を経営するという設定から、当然お客様一人一人の顔を覚えるのが良いお店の条件と言えるでしょう。なのでこのようにキャラクター一人一人が誰かをはっきりとさせるのは自然であり、必要なことだと思います。すると、そのようにして築かれてきた関係、すなわちスイーツで築き上げた絆で、巨悪と立ち向かうという構図になる。
 いや本当、よく考えられています。正に結果に伴う展開の理性的な整理。……まあ筆者の妄想込み込みですが。

 上記のように考えると、今回のパワーアップが父という「既に築かれている絆への気付き」をきっかけに描かれているのが、かなり計算されたものだとわかります。
 言ってしまえば、お店の経営を始めたばかりの今の状況では、そこをきっかけにして築かれた関係性を元にして武器を作るのは、まだまだ無理があるのです。積み重ねが弱い。あくまでまだ「作るのもどんどん好きになっている」状態ですから。ここは、もっと後になって効いてくる要素でしょう。

 今作は武器を自分たちのイメージで作り出すのが面白いですね。スイーツ作りも自分たちでするし、変身のイメージもいちかによるものなのだから、当然武器も自分たちで作るのです。
 もたらされるのではなく、もたらされたものを元に自らで作り上げるのです。こういう風に書くと、なんとなく、今後今作で一貫されていく要素のような気がします。 

 理性的とか書いていますが、決して無機質ではないのが今回の良い点でしょう。
 特に、父と娘いちかの思い出描写は、父を元に回想されたときは上質なギャグに、いちかを元に回想されたときは涙を誘うシーンとして、今回の内容を彩っています。
 同じことを描写しているのに印象ががらりと変わる。ここに巧さがあると思います。 

 父がいちかのことをかまおうとするのに対して、ゆかりは「親とはそういうものだ」と達観した様子でした。
 この発言が「手の掛からない子」であったゆかりからされているのは興味深い点です。いくら手が掛からなかろうとも、彼女の両親は一々世話を焼こうとしたということでしょうか。
 そうだとして、それをゆかり自身が自覚しているのだとしたら、それはとても素敵なことのように思います。彼女にとっても両親は、いちかの父親のような存在だと言うことですから。
 それとも、クラスメートからそのような相談を受けていたか。ただ、こちらはかんがえにくそうです。彼女は学校では高嶺の花ですから。
 とりあえず、ゆかりの両親が忘れ物は無いかとかで、世話を焼こうとして、「大丈夫」とやんわりかわす。彼女のそんな姿が容易に想像できたので、筆者はそちらの方向で受け取ることにします。

 インターネットの動画サイトで感想漁っているときに書かれていて驚いたのですが、なんと今回、初めて変身したときの相手と再戦しているそうです。
 筆者は気付けなかったですが、良い演出だと思います。気付かれなくても良いけど、気付いたら気付いたで洒落ているという。

 次回は水色の髪の少年がスポーツ万能な少年へと化けて、いちかたちの中学校へと潜入してくるようです。新展開となるわけですが、果たしてどうなるのかと言ったところ。楽しみです。



キラキラ☆プリキュアアラモード! Blu-ray Vol.1

 ※上記以外の物でも良いので、リンク先より何か買っていただけると励みになります。



過去感想は下記より
アニメ感想:2017年春期まとめ

zassai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想 | 感想:映画・テレビ

2017年04月20日

アニメ感想:冴えない彼女の育てかた♭ 1話「冴えない竜虎の相見えかた」

 
※ネタバレあり

 原作は未読。

 英梨々と詩羽の一年前の出会いが描かれた。
 お互い、本来はファンになっていた。心打たれていた。けれど、同じ男「倫也」を好きになったがために、意地の張り合いをする羽目になった。それが一年続いて、あろうことかその件の男倫也がゲーム作りに二人を誘ったというのだから、修羅場も修羅場。
 第三者からすれば、主人公は最低な男と言わざるを得ず、正に「えっ何聞こえなかった」の鈍感男としか言いようがないという。

 けれど、そうやってゲーム作りに集ったことがきっかけで、二人はお互いのサインをもらうことができたという。そんなお話だったわけです。過去を示しつつも、綺麗に一話にまとめきった良い回だったなと思います。
 何気に恵が感情は薄いながらも、良く気が付く優しい女性なのだと言うことが示されているのも、好印象だったなと。



冴えない彼女の育てかた♭ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

 ※上記以外の物でも良いので、リンク先より何か買っていただけると励みになります。



過去感想は下記より
アニメ感想:2017年春期まとめ


zassai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想 | 感想:映画・テレビ

2017年04月19日

創作活動:活動報告のまとめ・5

創作活動:活動報告のまとめ・4
2016年7月26日までの活動報告
2016年8月2日までの活動報告
2016年8月9日までの活動報告
2016年8月16日までの活動報告
2016年8月23日までの活動報告
2016年8月30日までの活動報告
2016年9月6日までの活動報告
2016年9月13日までの活動報告
2016年9月20日までの活動報告
2016年9月27日までの活動報告
2016年10月4日までの活動報告
2016年10月11日までの活動報告
2016年10月18日までの活動報告
2016年10月25日までの活動報告
2016年11月1日までの活動報告
2016年11月8日までの活動報告
2016年11月15日までの活動報告
2016年11月22日までの活動報告
2016年11月29日までの活動報告
2016年12月6日までの活動報告
2016年12月13日までの活動報告
2016年12月20日までの活動報告
2016年12月27日までの活動報告
2017年1月3日までの活動報告
2017年1月10日までの活動報告
2017年1月17日までの活動報告
2017年1月24日までの活動報告
2017年1月31日までの活動報告
2017年2月7日までの活動報告
2017年2月14日までの活動報告
2017年2月21日までの活動報告
2017年2月28日までの活動報告
2017年3月7日までの活動報告
2017年3月14日までの活動報告
2017年3月21日までの活動報告
2017年3月28日までの活動報告
2017年4月4日までの活動報告
2017年4月11日までの活動報告
2017年4月18日までの活動報告


zassai at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)創作 | 創作:その他

2017年4月18日までの活動報告

目標:
 少しでも書く。僅かでも書く。
主に下記を目標に。
・長編作成
 これは無理なので→キャラクターの第一声を全員分用意する。そして後々、キャラクター同士で何か話し合いをさせて、性格・喋り方等々を掴む。
 さっさと一話を書いて感覚を掴もうと思います。
・棚上げ(・なんか暗い話の長編を一本書く。)


結果:
 忙殺。忙殺。

・新作の構想
 ぶっちゃけ前の話の構想は棚上げになったので、妖怪物の執筆に注力しています。それについて色々と。
○舞台設定
 地図なんて書けないので、文章だけで一つの町の設定を書き上げました。決まっていないところは追々。
○キャラ設定
 主要キャラの設定は決めました。髪型とか容姿とかは、本編書きながら進めています。
○プロット
 一話と二話の物は書き上げました。他は構想程度に。


余談(備忘録):
 いくつか構想を抱えています。
 ・超能力物
 ・都市伝説物
  起源を妄想する奴
  それのエピソードゼロ的な話。
 ・「涙の痕にしあわせを」っていう題名の、養子の妹には涙の痕がいつまでも消えないのだという話。
  キャラの名前を決めたい。仕事中思いついたけど見事に忘れた。で、今思い出した。忘れないようにどっかにメモっておこう。
 ・4月生まれの女の子が生き急ぎすぎた話。あの桜の木のてっぺんにある花のように、死んでしまうんだとか何とかぐだぐだ言う話。早生まれの幼馴染みが居るから、尚のことそう思うみたいな。
 ぶっちゃけ面倒臭いのですべて同じ舞台設定でやります。ていうか色々連ねていく感じにしようと思っています。そういう設定を用意しようと思っています。それだけ。
 ・夜にコンビニへ行く。そのために、ある横断歩道を渡ることが堪らなく怖い。渡ってしまえば不思議と怖くなかった。そんなことを幼い妹に話してみれば、自分も怖いのだという。童心に返ったような心地と、安心感を覚える。

次回の目標:
 とにかく、今書き始めている長編を少しずつ進めます。それだけです。

zassai at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)創作 | 創作:その他

2017年04月18日

アニメ感想:スイートプリキュア♪ 1話「ニャプニャプ〜!スイートプリキュア誕生ニャ♪」

 
※ネタバレあり。プリキュア感想ではありますが、簡易的です。

 布石だらけの一話と言ったところ。
 というか、冒頭数分間、主役である主人公が登場しないというのは、なんとも冒険しているなと思います。

 ハミィが本来は「幸福(しあわせ)のメロディ」を歌わなければならないところを、マイナーランドのメフィストによって妨害された。何故かセイレーンが彼らに協力していたために、不幸のメロディが歌い上げられそうになる。
 アフロディテは音符を守るために、人間界へと飛ばす。かくして、響たちのいる人間界が音符探しの舞台となる。

 その展開を、本当にじっくりと描いているのが印象的でした。今後の展開も予想できる、一年間作品を描くことをしっかりと構えている作品だと感じます。
 特にセイレーンのやり取りは非常に印象的。彼女はハミィと同程度の力を持っている。にも拘わらず、メロディを歌う役目はハミィに与えられている。ここに、何か事情を感じさせる物があります。
 響と奏がケンカをするのと、ハミィに対してセイレーンがムキに直るのとが対比されているのも印象的です。響と奏は昔仲が良かったことが示されており、レコードと言った大切な思い出を共有する仲でもあります。なのに今は、仲が悪くなってしまっている。そこには、ちゃんとした事情があることも窺える。
 これ、つまりはハミィとセイレーンも昔仲が良くて、何かをきっかけに仲違いしている状況と言うことなのでしょう。
 ハミィがど天然なせいで気付いていないだけで。

 マイナーランドの敵が世界を不幸に染めようとしている点は、まだ目的が明かされていませんが、それは今後の楽しみという奴でしょう。
 二話では、響と奏の事情が明かされる模様。過去作がどういった作品か、存分に楽しみたいと思います。

 あと、デザインが本当に豪奢ですね。これ、シャレにならないほど動かすの大変なのではないでしょうか。フリルの部分とか、見るだけでぞっとします。制服まで、一筋縄ではいかない二段プリーツですよ。しかし非常に華やかで、見栄えがするなとも思う。このジレンマ。



スイートプリキュア♪ Vol.1 [Blu-ray]

 ※上記以外の物でも良いので、リンク先より何か買っていただけると励みになります。



過去感想は下記より
アニメ感想:2017年春期まとめ



zassai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感想 | 感想:映画・テレビ