タマスダレ(玉簾)/ヒガンバナ科/タマスダレ属
南米原産の帰化種 多年草 花期は6〜10月
クロッカス/アヤメ科/サフラン属
原産地は地中海周辺 花期は春だが秋に咲くものもいる 香辛料で有名なサフランは秋に咲く

かなり以前から、この白い花は「タマスダレ」だろうなとは思っていた。ブログに取り上げなかったのは「帰化している=雑草化している」という実感が持てなかったのと、雑草っぽく見えないという理由からだ。それに「クロッカス」との区別も今ひとつだったこともある。
2014年10月中旬撮影。

この2枚の写真と冒頭のものを比べると、花弁の幅が違う。同じ花かどうか迷う。

さて、「タマスダレ」と「クロッカス」の見分け方であるが、あくまでも素人判断であるから、その点はご注意願いたい。「食草」と「毒草」の区別を論じているわけではないので、その点では気楽であるが。

無料の画像サイトにあった「クロッカス」。「クロッカス」だと思う。画像が無料なのは嬉しいが、別の植物が紹介されている場合もあるのだ。

①秋に白い6弁の花が咲いていれば9割方「タマスダレ」と思っていいだろう。ほとんどの「クロッカス」は春咲である。仲間の「サフラン」は秋に咲くが、花の色は薄紫色である。
②「タマスダレ」も「クロッカス」も同じように葉が細いので見分けがつきにくいが、「クロッカス」の葉は中央がやや凹んでおり白いスジがある(下の写真参照)。
これも「クロッカス」。無料画像サイトから

③花も見分けがつきにくいが、花びらの形を見ると「クロッカス」は丸っこいが「タマスダレ」はそれより幅が狭く、先端が少し尖っている。花全体の形は「クロッカス」はチューリップのような筒状であるが、「タマスダレ」はそれよりも大きく開く。なので「クロッカス」の花弁は重なっているが、「タマスダレ」の花弁は重なっていない。「タマスダレ」の咲き始めはチューリップのような形で花弁が重なっていたりするが、やがて大きく開いてくる。
④「クロッカス」の雌しべは長く伸びる。
⑤「クロッカス」の草丈は大きくても15㎝ぐらいで、ほとんどは10㎝前後である。「タマスダレ」は20㎝以上になる。
⑥「クロッカス」の「茎」は地中にあり、地上にのびているのは「茎」ではないという。私にはよく分からん話である。「クロッカス」の「茎」は色が白っぽく、上部が細く下部が太い(写真参照)。一方「タマスダレ」の「茎」は緑色で、上から下まで同じ太さである。

写真:zassouneko