羽後交通にじわじわ増えるリエッセですが、順当にPB-,BDG-のリエッセも移籍してきました。加えてポンチョも移籍してくるようになり、車両の小型化が進んでいます。

1186
1186-99
秋田200か1186
車番:336
KC-RX4JFAA
1998年式
元:朝日自動車→桐生朝日自動車
東武傘下で朝日自動車グループの桐生朝日自動車から移籍したリエッセ。大曲に配置され、大仙市コミュニティバスで使われています。大曲所属の小型車の多くは大仙市コミュニティバスで使われているため、横手や角館といった近隣の街には姿を見せません。

DSC_2556
秋田200か1235
車番:340
KK-RX4JFEA
1999年式
元:千葉交通
千葉交通から移籍したリエッセ。千葉交通のリエッセはもう1台移籍してきています。

1239-f1
1239-99
秋田200か1239
車番:341
KK-RX4JFEA
2001年式
元:西武バス
西武バスから移籍したリエッセ。西武時代は狭山市コミュニティバス「茶の花号」専用車で、塗装も特別なものになっていました。西武バスから羽後交通への移籍は、日デJPワンステ以来2例目となります。湯沢配置で、運用によっては横手に出てくることもあります。

1257
1257-99
秋田200か1257
BDG-HX6JLAE
2010年式
元:愛知つばめ交通
愛知県みよし市に本社を置く愛知つばめ交通から移籍したポンチョ。元はみよし市コミュニティバス「さんさんバス」で使われていた車で、ポンチョをポンチョで置き換えたため、ポンチョにしては早めの移籍となったようです。大曲に配置され、大仙市街を走る「大仙市循環バス」で使われています。羽後交通は前乗り前降りということで、コミュニティバスも同様に前乗り前降りなっています。

1258
1258-99
秋田200か1258
BDG-HX6JLAE
2010年式
元:愛知つばめ交通
愛知つばめ交通のポンチョは計2台移籍し、もう1台は由利本荘市循環バス「ごてんまり号」カラーとなりました。この車が由利本荘市循環バス赤い路線(ルート)専属となり、これまで使われていた生え抜きエアロミディMEを予備車に追いやりました。余談ですが、車体に描かれている「ごてんまり」とは、手毬に紐や飾りを付けた民芸品だそうです。個人的には、車体に花火が描かれているものだと前から思い込んでいました…

1264
秋田200か1264
車番:342
PB-RX6JFAA
2004年式
元:横浜市交通局
横浜市営から移籍したリエッセ。横浜市営から羽後交通への移籍は、エアロスターK(廃車済)とKK-RXに続いて3例目となりました。2台移籍しており、これが羽後交通初の乗合用PB-RXとなりました。前面の行灯は赤く塗りつぶしてしまいましたが、座席のモケットは横浜市営のままになっているようです。

1310
秋田200か1310
PB-RX6JFAA
2007年式
元:箱根登山バス
箱根登山バスから移籍したリエッセ。角館に配置されており、六郷や田沢湖、大曲への各路線で使われています。

1368 (2)
秋田200か1368
KK-RX4JFEA
2002年式
元:西武バス→西武観光バス
西武バスからリエッセがもう1台移籍してきました。こちらは埼玉県秩父地区の路線を運行する西武観光バスを経由しての移籍となっています。同じ西武中古のリエッセでも、行先表示機がLED式で、側面の行先表示機を取り外した代わりにサボ受けが設置されるなど、バリエーション作りに余念がないのは羽後交通らしいところです。

1387
秋田200か1387
BDG-RX6JFBJ
2011年式
元:白山タクシー
こちらも日野リエッセ… ではなく、いすゞジャーニーJです。岐阜県白川村の白山タクシーからの移籍車で、白山タクシーでは白川郷周辺のシャトルバスとして使われていました。横手に配置されています。

1393
秋田200か1393
PB-RX6JFAA
2005年式
元:東武バス
東武バスからPB-のリエッセが移籍してきました。東武ではイースト西柏に配置され、流山市のコミュニティバス「流山ぐりーんバス」専用車となっていた車です。横手に配置されています。