広島バスは広島電鉄、広島交通、芸陽バス、中国JRバスとともに広島市内から広島空港に向かう空港連絡バスを運行しています。塗装は5社共通のものが使われています。なお、以前は京都と長崎に向かう高速バスを運行していましたが、どちらも1990年代に撤退しています。

2010
広島200か696
車番:2010
KL-RA552RBN
2004年式
まずは日デKL-RA+西工02MC。広島空港リムジンバスは各社様々な車種を導入しており、西工02MCは5社の中でもこの1台のみです。広島空港リムジンバスは広島駅新幹線口から空港への直行便と広島バスセンター発着でアストラムライン中筋駅を経由する便の2路線あり、後者の一部は平和大通りまで延長運行されています。

2012
広島200か1039
車番:2012
BKG-MS96JP
2007年式
日デは続かずふそう車に切り替わりました。エアロバスに続けて導入されたふそうエアロエース。広島バスの高速路線車ではエアロエースが最大派閥ですが、そもそも高速路線車は片手で足りる程度の台数しか在籍していません。なお、空港リムジンバスは吉島営業所観光課が担当しています。

2016
広島200か2322
車番:2016
QRG-RU1ESBJ
2017年式
ついに空港リムジンバスにもいすゞガーラが導入されました。もっとも、5社共通塗装なので、他社のガーラとは社名ロゴと車番程度しか見た目が変わりませんが…。空港リムジンバスは2000番台の車番が付番されています。