DSC_2341
広島バスは、広島県広島市に本社を置くバス事業者です。1950年に帝産オートの事業を引き継ぐ形で設立されました。1965年から1971年にかけて帝産広島バスという社名で営業したのち、1971年に帝産の傘下から広島電鉄の傘下へと移りました。しかし、独占禁止法の排除勧告により広電傘下を抜け、広島県に縁のある建設会社の増岡組の関連企業となりました。ただし、現在も広島電鉄は広島バスに資本参加しています。

路線は広島空港リムジンバスを除いて広島市内のみで、ほとんどの路線はJR山陽本線より南(瀬戸内海)側の市街地を運行しており、山側や郊外への路線が多い広電などの他社とは路線が差別化されています。営業所は大州、吉島、小河原に、車庫は向洋、井口、東浄にあります。

車両は基本的に大型車のみとなっています。1990年代半ばまでふそうと日デのシャーシに富士重工製の車体を架装しており、いわゆるふそう富士を多数導入していた珍しい事業者でした。日デのバス製造事業撤退後にいすゞの導入が始まり、現在はふそうといすゞの2メーカーを導入しています。

大型車①
大型車②
大型車③
大型車④
大型車⑤
大型移籍車①
大型移籍車②
大型移籍車③
大型移籍車④
高速路線車