備北交通に2009年以降に導入された小型車を取り上げます。ほとんどが日野ポンチョですが、2019年にトヨタハイエースが導入されました。

318
318-99
広島230い318
車番:318
BDG-HX6JLAE
2009年式
初導入となった日野ポンチョ。リエッセの仕様を引き継いでトップドアを採用しています。また、希望ナンバーで登録番号の数字と車番を合わせています。

323 (1)
323-99
広島230い323
車番:323
BDG-HX6JLAE
2010年式
三次市街地循環バス「くるるん」用として導入されたポンチョ。オリジナルカラーをまとい、毎日9時から16時まで1時間間隔で三次市街を走っています。なお、このあとしばらくポンチョの導入がありませんでした。

347 (2)
広島230い347
車番:347
SDG-HX9JLBE
2017年式
7年ぶりの導入となったポンチョ。庄原市内循環バス「ひまわりバス」用として導入されており、それまで本務車だったエアロミディMEを予備車に追いやりました。これらのコミュニティバスでも、ICカード「PASPY」は利用可能です。

351
広島230あ351
車番:351
2DG-HX9JLCE
2018年式
2018年3月に廃線となったJR三江線の廃止代替バスとして、ルート変更など変更がなされた作木線用に導入されたポンチョ。県境を越えて島根県邑南町と美郷町に乗り入れており、終点の道の駅大和GRで大和観光の川本美郷線に乗り継げます。なお、三江線の廃止代替バスという位置付けではありますが、既存のバス路線のルートを踏襲しているため、完全に三江線に沿って走っているわけではありません。そこで、三次駅-川の駅常清は君田交通の川の駅三次線が新たに運行されています。

353 (4)
353-99
広島230あ353
車番:353
2DG-HX9JLCE
2019年式
三次市街の北側を東西に走る畠敷線用に導入されたポンチョ。あまり本数は多くありませんが、市内線のような扱いになっています。

618 (1)
617-99
広島300あ981
車番:618
QDF-GDH223B
2019年式
※広島300あ979(617)
東城地区の始終線用に導入されたトヨタハイエース。リエッセを置き換えるにしては早いようなと思っていましたが、どうやらMaaSモデル事業の絡みで導入された模様です。PASPYを始めとしたICカードも使えます。