地鉄は大型車だけでなく中型車にも移籍車を導入しており、台数は多くないものの珍しい出元の移籍車が在籍しています。以前は西武バスのP-RM、大阪市営のU-RM,RRなども在籍していました。

102
富山230い102
U-MK218J
1993年式
元:京阪バス
京阪バスから移籍したふそうエアロミディ。前後引戸で逆T字窓にセーフティウィンドウ付きというのがいかにも京阪っぽいです。京阪からは日野ブルーリボンとレインボーRJも移籍しました。

113
富山230う113
KK-LR233J1改
2000年式
元:姫路市企業局
姫路市営バスから移籍したいすゞエルガミオ。姫路市営がバス事業から撤退することになった関係で、KK-としては早めに地方へ移籍しました。

119
富山230い119
KC-RM211GSN改
1997年式
元:西武バス
西武から移籍した日デKC-RM+富士重工8E。西武では少数派だった前中4枚折戸ワンステで、このタイプは関東自動車、新潟交通佐渡、伊豆箱根バス、近江鉄道にも移籍しました。

122 (1)
富山230い122
PB-RM360GAN
2005年式
元:丸建自動車
生え抜きに見えなくもありませんが、よく見るとデンソークーラーな日デPB-RM。埼玉県上尾市の丸建自動車からの移籍車で、導入から5年ほどで手放された車両をゲットしました。

123
富山230い123
PDG-JP820NAN
2010年式
元:サンプルカー
元はサンプルカーだった日デPDG-JPワンステ。パッと見では新車にも見えますが、地鉄では珍しい中型ロング、ノンステ一本化後に導入されたワンステ、しかも前乗り仕様と地鉄らしくない点が多いなうえ、車番が移籍車に付番される100番台であることから、移籍車であることは簡単にわかります。

7001 (2)
7001-99 (2)
富山地鉄北斗バス
富山230あ7001
KK-RM252GAN改
2001年式
元:姫路市企業局
富山地鉄北斗バスにも、姫路市営からの移籍車が在籍しています。まずは日デKK-RM+西工96MCノンステ。姫路市営のKK-RMはこの1台のみという貴重な存在です。

7002 (2)
富山地鉄北斗バス
富山230あ7002
KK-LR233J1改
2000年式
元:姫路市企業局
富山地鉄北斗バスにも姫路市営のエルガミオが移籍していますが、社名ロゴ程度以外は大きく変わらないようです。姫路市営のエルガミオは地鉄本体に3台、北斗バスに1台の計4台移籍しています。