2006年12月01日

「愛国心」問答〜なぜ私は教育基本法の改定に「反対」するのか

先日、当ブログに『国家が国民に「愛国心」を涵養させるための教育を行うのはホンマに「当然なこと」なの?』と題した記事をアップしたところ、コメント欄にて複数の方達から反論・質問等のご意見を頂きました。このエントリでは当該コメント欄で私が行った返信投稿を整理したうえで、新規記事としてアップします。

<関連記事>

『なぜ、いま「愛国心」教育なのか−教育基本法「改悪」問題についての小話』
『日本国は断じて「将軍様マンセー」の国であるべきでは無い!−教育基本法「改悪」問題について』
『国家が国民に「愛国心」を涵養させるための教育を行うのはホンマに「当然なこと」なの?』


●教育基本法改定案には「愛国心」「国を愛する心」という言葉自体は入っていないのに、同法案が恰も「愛国心」を規定しているかのように言い立てるのは「妄想」なのではないか?−という指摘について。

教育基本法改定案第二条の五に「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと」とありますよ。(なお、民主党案には「日本を愛する心を涵養し・・」という文言が前文にあります。)

この条項が「愛国心」を養う教育を行うための規定であることは、これまでの国会審議での政府側答弁からも明らかでしょう。
つい先日も、伊吹文部科学大臣は次のような答弁をしたとの報道があります。<心と態度は一体>だそうです。


「心と態度は一体として指導 「愛国心」条項で文科相」(『東京新聞』06年11月28日)

「伊吹文明文部科学相は28日午前の参院教育基本法特別委員会で、政府改正案にある「我が国と郷土を愛する態度を養う」とのいわゆる「愛国心」条項の学校での指導の在り方について「心があるから態度に表れる。教える場合は一体として考えても構わない」と述べ、心と態度を一体的にとらえ、指導しても問題ないとの認識を示した。

同時に「第2次世界大戦前の日本政府の在り方や現在の自民党政権への評価はいろいろだ。内面に立ち入った部分を含む国を愛する『心』を規定するよりも『態度』とした。政治的な部分もあり、慎重に扱いたいということだ」と強調した。

「愛国心」に関する学習指導要領の見直しについて、文科省の銭谷真美初等中等教育局長は「指導要領見直しの中で伝統文化に関する学習の充実を具体的に検討することになる」と述べた。

公明党の鰐淵洋子氏への答弁。」


そもそも、改定案で<心>という言葉が<態度>に置き換えられのは、自民党の連立相手である公明党に配慮しただけのことです。もともと、政府・自民党はダイレクトに<愛国心>と表記したかったわけですね。

この条文が「愛国心」教育を規定するものと解することが「妄想」だとは、私には到底思えません。

・関連サイト
http://seijotcp.hp.infoseek.co.jp/edu0604.html


●「自分が生まれた国である日本を愛する」という感情自体は悪くないのではないか?なぜ教育基本法改定に疑問を呈するのか−という指摘について。

「自分が生まれた国である日本を愛したい」という思いは多くの人達が共有していると思いますし、その感情自体を私は否定するものではありません。
しかし、「国家(nation state)」というのはそういう「素朴」な思いだけでは動いている訳ではありませんし、法律というのもそういう思いを吐露するためにある訳では無いのも現実だと思います。

既に通知表等で「愛国心」を評価する動きが一部の自治体があったことが報じられています。
教育基本法改定後はそうした動きが一層加速するでしょう。改定後の教育基本法が根拠法となった学習指導要領が作成され、そこでは国家機関が考えるところの「我が国と郷土を愛する態度」−俗に言う「愛国心」の態度−とは何か?が規定されることになるのではないでしょうか。

つい先日も次のような報道がありました。


「「特定の思想を禁止」教育行政で伊吹文科相」(『東京新聞』06年11月24日)

「伊吹文明文部科学相は24日午後の参院教育基本法特別委員会で、教育行政について「教育は、法律の定めるところにより行うべきもの」と規定した政府の教基法改正案について「国会で決めた法律は、国民の意思で全体の意思だ。これと違うことを特定のイズム(思想)や特定の思想的背景を持ってやることを禁止しているのがこの条項だ」と述べ、法に基づく学習指導要領などの運用の在り方が法改正で明確になるとの認識を示した。」


けど、「我が国と郷土を愛する態度」だとか「愛国」の内実を国家機関なりが規定できるものなのでしょうか。

例えば、自民党員と共産党員とでは「愛国」といってもその思想的内実は異なるでしょう。また、この日本には「この国が好きだからこそ今の日本社会のあり方はおかしい」と考え、「日の丸・君が代」を法制化するような保守政権は倒そうと考えて運動する人達だっているわけですが、「そういうのは愛国とは言わん!」という政治的立場もあります。一方、「愛国なんてウゼエ」という思想を持っている人だっているでしょう。

われわれが暮らしている「日本国」という国家(nation state)は「立憲民主主義国家」です。現代の「立憲民主主義国家」とは先述したような多種多様な価値観の持ち主が「市民」として共存するために創造された国家です。伊吹大臣のように「国会で決めた法律は、国民の意思で全体の意思」として「法律」を拠り所に特定の価値観を押し付けたり、また排除することは、彼らが依拠すべき"はず"の立憲民主主義国家の原理に照らし合わても、おかしいと言わざるを得ません。

結局、法律に「国を愛する態度」云々を書き込むことは「内心の自由」に立ち入ることになります。

当ブログでも取り上げた教育勅語の制定の際の井上毅の「立憲主義政体においては君主は臣民の「内心の自由」に干渉してはならない」という原理原則論は、彼らの時代から一世紀近く経った今だからこそ、再認識されるべきなのではないでしょうか。 

もし皆さんの考える「愛国」は国家機関の規定する「我が国と郷土を愛する態度」とは違うとされ、それが理由で学校の通知表等の成績が下げられりしたら、どうでしょう?

個々の日本「国民」が素朴に「『ふるさと』としてのこの国」を想う気持ち、それは私にも理解できるつもりです。また、現行の教育基本法とて、個々の「国民」がそれぞれの「愛国」の情を持つことを禁じている訳では全然ありません。しかし、国家次元の法律という問題は、個々人の心情とは異なるレベルでの議論が必要なのでは無いでしょうか。


●「日の丸・君が代」に反対している人達がいるが、彼らは最終的にどのような方向性を志向しているのか?−との指摘について。

人もしくは団体それぞれでしょう。中には「日の丸・君が代に代わる新国旗・国歌」を制定しようという向きの人達もいます。

私自身は、少なくとも日本のような国では、そもそも法制化された「国旗・国歌」自体が不必要だと思っています。その理由は直近のエントリ「なぜ、いま「愛国心」教育なのか」の記述とも関連しますが、日本のような国では「国家(nation state)」を確立するための<手段>としての「国旗・国歌」の役割は終えつつあると思うからです。

まあ、現実問題としては、船籍を示す等の目的のための「国家の標識」としての「旗」は必要でしょうけど、公的儀式や教育現場等で「愛国心」を示す対象としての法制化された「国旗・国歌」はもう要らないと思っています。

ただ、私は別に「日の丸・君が代」が好きな人達はどうぞご自由に、とも思うんですね。 

例えばサッカーのワールドカップの時どに「日の丸」を掲げて盛り上がるサポーターとか居ますよね。
実は私も仲間とW杯の試合観戦する時には顔に「日の丸」のフェイスペイントしたことあるような人間なんですけど(笑)、別に彼らの圧倒的多数はゴリゴリの「国家主義者」とかではありませんよね。「日の丸」を通じて同じ日本代表を応援する「仲間」同士であることを自己確認するための「記号」として「日の丸」が機能していると思うんですね。

サッカーに限らず国際スポーツには<ナショナリズムの高揚装置>という側面があるので難しいところではありますが、こうした個々人がある「記号」に「素朴」な思いを抱く心理を否定するのはなかなか難しいと思うんです。(もっとも、その「記号」が別に「国旗」である必要も無いという気もするんですけどね。例えば、ラグビーでは日本代表は桜の花を用いていますし。五輪だって「選手団の旗&歌」さえあれば良い訳ですしね。)

ただ、私を含む庶民のそうした「素朴」な思いがナショナリズムの扇動に使われてきた歴史があります。そこは十二分に意識する必要があるでしょうし、今回の教育基本法改定の動きにも警戒が必要だと考えています。


●「思想・良心・内心の自由」とは「国家」あってこそのものではないのか?−との指摘について。

「思想・良心・内心の自由」のルーツは前国家的な権利でしょうね。ただ、私たちは「自然の状態」では生きていけないから、国家を創造する訳です。オーソドックスな「社会契約論」に立つならば、「国家に保証されてこその内心の自由」という理解は、おかしいと思いますね。学校の授業などで「自然権」という言葉を聞いたことはないでしょうか。

先述した井上毅辺りはちゃんとそうした道理を分かっていたのでしょう。ただ、当時の日本には欧米的な近代主義が根付いていなかったから、天皇や「神話的世界」の権威を借りる形で、彼ら明治の政治指導者たちは急ごしらえで「近代国家」を創ろうとしました。そういう意味で、明治「近代」国家は近代性と前近代性という二面性を併せ持った政治社会でした。

ただ、私たちの生きている21世紀は彼らの時代から一世紀近くもも経っています。私たちは明治「近代」国家のその後の歴史的展開を踏まえ、21世紀にふさわしい「国家」というもののあり方を考えていくべきでしょうし、教育基本法の改定問題もそうした見地から議論されるべき問題であると考えます。


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 復党  [ なんでも。 ]   2006年12月02日 01:21
政治 再チャレンジって、この事だったのか・・・。  安倍晋三首相は27日夕の自民党役員会で、郵政民営化に反対し、同党を離党した無所属衆院議員1...
2. 国のゆくえ:新聞と週刊誌の記事  [ 雑木帖 ]   2006年12月02日 01:23
 小泉前首相の言う「カイカク」は安倍首相のもとでもどんどん進んでおり、やっとマスメディアが問題にし始めた「格差の急激な拡大」「階層の固定化」「弱肉強食」という議題すら搦め手から利用するような政策まで出されている。
3. 「教育再生会議」のいじめ問題への提言:机上の空論  [ S氏の時事問題 ]   2006年12月02日 01:27
いじめ「見ぬ振りも加害者」…教育再生会議が緊急提言  安倍首相直属の教育再生会議(野依良治座長)は29日午前、首相官邸で、首相も出席した総会を開き、「いじめ問題への緊急提言」をまとめた。提言は8項目で、いじめをした児童・生徒に出席停止など厳しい措置を取...
4. 中心に据[ス]べきは「当事者主権!」  [ いわいわブレーク ]   2006年12月02日 03:49
或いは、「各現場と市民を結ぼう!」 まえがき 高度科学文明の発達や情報伝達の広域化・高速化の発達と共に、専門特化が著しく進み、19世紀のように文明の全般にわたって深い理解を有することはどんなに賢い人にも不可能になった。 とはいえ、僕らは「消費者」としてだ....
5. 平沼氏は信念を半分だけ通した・・・  [ つらつら日暮らし ]   2006年12月02日 05:17
造反12人全員 復党願提出 平沼氏、誓約書提出せず(産経新聞) - goo ニュース さて、昨年の郵政民営化問題で自民党を離党したいわゆる郵政造反議員の内、無所属の平沼赳夫元経済産業相などの12名が復党したいと願っている一件で、動きがありました。 そこで、先に挙げた...
6. 姜尚中『愛国の作法』から  [ 花・髪切と思考の浮游空間 ]   2006年12月02日 06:26
「きまぐれな日々」のkojitakenさんをして以下のように語らしめた05年総選挙の結果に、平然としていることができたのはそれほど多くはなかったろう。周到に準備されたマスメディア戦略とそのもとでの世論操作によって自民党は大勝した。その後、多くのマスコミでは、自民...
7. 右派のみなさんは、思想信条の強制を当然視している  [ タカマサのきまぐれ時評 ]   2006年12月02日 07:49
■きのうから、かいている一連の文章のまとめ。■まぎれもない教育現象の一部なんだけど、本質をかんがえて、「国家/ナショナリズム論」に分類。■最初に、気色わるいぐらい、右派の認識の精髄を表現している、便利な文章があったので、転載。「世迷言」2006年09月23日付 ...
8. 戦後体制は、やっぱりネジまがっている  [ タカマサのきまぐれ時評 ]   2006年12月02日 07:52
■朝日の記事から。首相、英米メディアに「任期中に改憲」 9条含め意欲2006年11月01日01時31分(asahi.com) 安倍首相は31日、米CNNテレビと英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューに応じ、「自民党総裁としての自分の任期は3年で、2期までしか務められな...
9. 教育基本法改正案の与党単独可決  [ One And Only ]   2006年12月02日 08:48
11月15日、与党(自民、公明)は、教育基本法改正案を衆院教育基本法特別委員会で単独可決。 社説にて新聞各社が主張しており、いつもの事ながら、個性が出てます。
10. 映画「蟻の兵隊」を見た  [ 王様の耳はロバの耳 ]   2006年12月02日 09:52
爺のブログに「関係性」と題したブログをTBして下さる方が居る 管理人氏の視点と視線に爺は共感を覚えるが専門的な経済や労働環境の様なエントリーが中心なので爺の世迷言をTB返しする機会が無い {/hiyoko_cloud/} 過日のTBに「蟻の兵隊」を見ての感想とその上映映画...
11. 【コメント返答(2)】文化の「無常」を受け止め、共生のための新たな社会変革を  [ 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 ]   2006年12月02日 10:29
2006.11.29.00:31ころ 虚構の上に立ついやしの「極右」か、現実の上
12. 政治のための政治  [ Impromptu Detour ]   2006年12月02日 12:01
郵政「造反組」、平沼氏抜き11人復党へ(Yahoo!ニュース)目先の私利・党利のための政略 - 自民党政治家生命のための政略 - 郵政造反組お互いの利害が一致しましたとさ。凸(-_-メ) 追記「民営化反対とは言っていない」復党4人が弁明会見(Yahoo!ニュース)一部抜粋〜復....
13. 教育改革国民会議って何?  [ DOMLOG (DOM戦車工房ブログ) ]   2006年12月02日 12:20
きっこのブログに書いてあったので、どれどれと覗いてみたら、確かに書いてある。 あんなこと、こんなこと・・・委員の意見だとはいえ 親が子を「飼い慣らせ」という意見まである。こんな連中が会議の委員?有識者? こんなふうだから教育基本法の改正案...
14. 教育基本法改正反対の署名活動  [ お玉おばさんでもわかる政治のお話 ]   2006年12月02日 13:22
お玉の事を「プロ市民」などと称してくださる方々がいらっしゃるようですが、お玉は今のところ地元の9条の会以外には本当にどこにも属しておりません。 でもお玉のブログを読まれた改憲派の方々が「プロ市民」と言ってくださってることに実はちょっと「あら、そんな風に見え...
15. 社会の規律のこと。家庭教育・学校教育・社会教育・企業教育。  [ 未来を信じ、未来に生きる。 ]   2006年12月02日 13:24
 基調報告   規律の問題ですね。あきらさんも僕も基本的に同じだと思っているのですよ。実は。  つまり、社会規範とは個人の社会性であり、個人の社会性が内心に留まれば道徳規範です。ゆえに、自らの道徳を表わした態度に社会性があれば社会規範だということで、そ...
16. 復党会見を見ていて笑いました  [ ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳 ]   2006年12月02日 14:15
復党の記者会見、どの議員も口を揃えて、「法案には反対したが、民営化自体には反対で
17. 「大学もどき」がどんどん消えてゆく  [ Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen ]   2006年12月02日 15:46
関西科学大の推薦内定者、25大学が受け入れ表明(朝日新聞) - goo ニュースについて。  学校法人奈良学園 (伊瀬哲也理事長) は文部科学省から「申請書類に虚偽がある」と指摘されたため,結果的に「関西科学大学 (仮称)」(奈良市) の開学を諦め,大学案内を送付してた約7...
18. 「正しい道徳」の結果がこれだ。道徳教育は要らない!  [ Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen ]   2006年12月02日 15:48
ホームレス連続襲撃、女性死亡 若い男数人目撃 愛知(朝日新聞) - goo ニュースについて。  あしたは祝日法では「勤労感謝の日」とされている。しかし,普通ならば土曜か月曜に移動するはずの祝日なのに,固定化されているのはなぜだろうか。それは春分の日や秋分の日や...
19. 教育再生井戸端会議  [ 秘書課村野瀬玲奈です ]   2006年12月02日 16:16
いじめ問題が深刻に語られている今、何かしなければと誰もが思いながら即効性のある処方箋はありません。そんな時、「いじめた生徒は出席停止に…教育再生会議が緊急提言へ」というニュースが流れてきました。教育再生会議って、教育現場で奮闘している先生、生きた教育 ..
20. 夕張市の姿は明日の日本の縮図なのだ!  [ らんきーブログ ]   2006年12月02日 19:11
「観光の街」への転換を図った夕張市は客足も伸びず、人件費だけがかさみとうとう財政破綻し、来春の累積赤字は約360億円になる見込みだそうです。 住民が何かの説明会で大声で怒っている場面をTVで見ました。夕張市といえば昔
21. 昨今のいじめ問題に想う...(番外編)  [ 布教師寮@Net ]   2006年12月02日 21:32
罰則を如何に教育に転化できるか...それが課題だと感じます。
22. 【コメント返答(3)】「大久保住民」さんへの答えに窮して、両さんに助けを求める?……の巻  [ 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 ]   2006年12月03日 01:41
2006.12.03.01:30ころ 前回のエントリーの最後でちょっとだけ触れま
23. 人間から「商品」へ  [ オギノフの肖像 ]   2006年12月03日 06:16
頭からちょっと「お怒りモード」で失礼! 日本経団連の会長だか怪鳥だか分からないけど、こんなことを抜かしてやがったよ。 朝日新聞2006年12月1日2面より、御手洗冨士夫キャノン会長の言葉を拝借。 「3年たったら正社員にしろと硬直的にすると、日本のコストは硬直的にな...
24. 人間から「商品」へ  [ オギノフの肖像 ]   2006年12月03日 06:16
頭からちょっと「お怒りモード」で失礼! 日本経団連の会長だか怪鳥だか分からないけど、こんなことを抜かしてやがったよ。 朝日新聞2006年12月1日2面より、御手洗冨士夫キャノン会長の言葉を拝借。 「3年たったら正社員にしろと硬直的にすると、日本のコストは硬直的にな...
25. 復党問題,いろんなからくりがあった  [ あれは,あれで良いのかなPART2 ]   2006年12月03日 10:34
復党問題について,今日も滑稽な記者会見がありました。 復党組4人が会見 「郵政民営化には反対していない」(朝日新聞) - goo ニュース 基本的には「公のいじめ」です ところで,復党問題に世の中がかなり揺れていますが,以前も書きましたとおり,これは「自民党広報」...
26. 教育基本法改悪反対CM  [ かめ? ]   2006年12月04日 15:23
保坂展人のどこどこ日記 投稿 教育基本法改悪の採決を止めるには(11/25) ここで、「教育基本法改悪に反対するテレビCMを流したらどうか」という投稿が紹介されていた(baisemoi_bulletさん、いいネタをありがとうございます) テレビのスポットCMはかなり莫大な量...
27. 日本おわたー  [ 滑稽本 ]   2006年12月05日 15:58
1.子どもへの方策 対象者 主体 家庭が行うこと [教育の原点で何をなすべきか] 学校が行うこと [IT時代の学校と教員の在り方 ??たかがIT、されどIT??] 地域が行うこと [子どものしつけは親がする、大人のしつけは誰がする] 幼児 ??高校生 共通 挨拶をしっかりする...
28. 造反議員11人復党へ  [ FREE TIME ]   2006年12月07日 00:38
久しぶりの政治ネタです(笑)
29. 私が教育基本法の改正(実は改悪)に反対する理由  [ アフガン・イラク・北朝鮮と日本 ]   2006年12月07日 23:20
 当ブログも最近は、旧サイトからの常連さんだけでなく、新人の方や、今まで反戦・市民運動に馴染みの無かった方も見てくれている様なので、『何故、私が教育基本法の改正(実は改悪)に執拗に反対するのか』という事について、改めて書いておきます。  何故、私が教育基本...
30. 教基法の慎重審議を求める緊急署名  [ 海紘の日々是雑感 ]   2006年12月12日 14:54
 何度かこのブログにも書いたように  私は教育基本法を変えることに反対しています。  衆議院に続いて、参議院でも強行採決
31. 国防シビリアン・コントロールの危機を憂う  [ DOMLOG (DOM戦車工房ブログ) ]   2007年01月10日 09:40
今朝の報道によれば、昨日昇格したばかりの防衛省大臣が、大臣を補佐する防衛参事官の人選をこれまでの防衛庁内務局職員(いわゆる背広組=文官)から、自衛隊員(制服組=武官)に変える意向を示したとあった。 あれあれ、もう早々とそんなことばかりを言...
32. 改正教育基本法と武士と商人と恥の文化についての魂  [ 競馬の予備校(・皿・)y━&大人の笑学校 ]   2007年01月26日 05:23
2007/01/21読売新聞1、2面。 劇作家の山崎正和氏が改正教育基本法をテーマに『愛国心教育による愛すべき対象って何?』という話を書いている。 山崎氏によると、現代の複雑化した倫理問題や多元化した価値観のもとでは、学校教育による規範意識の育成は教師の質的技術...
33. アフィリエイト 階層表示  [ アフィリエイトしよう!アフィリエイト情報館 ]   2007年02月07日 23:54
アフィリエイト 階層表示 アフィリエイトサイトでもそのサイト内の自分がどの階層に...
34. 反軍兵士・反戦兵士  [ アッテンボローの雑記帳 ]   2007年02月09日 00:26
イラク戦争 従軍拒む日系現役将校 (東京新聞2月8日)米憲法を侵害  戦死者が三
35. 川島式 3時間で5万円入手する方法  [ 無料レポート通信 ]   2007年02月09日 08:19
TB失礼します。ネットで初めて稼ぐ方へ。ネット上で稼ぎたいが、初心者の方や、ネットビジネスを開始したが、未だ稼げていない方、これで確実に収入が入ります。私もやってみましたが、6万円以上、入手することが出来ました。(^^無料レポートの内容も分かりやすく、特にネ...
36. 一発逆転!FXで資産を10倍にする!  [ 在宅ワーク!毎月5万円を稼ぎ出すノウハウとは? ]   2007年02月10日 23:14
これからお話することは、信じられないかもしれませんが、まったくの実話です。たった5日間で、元本を2倍にした超攻撃的な投資手法です。緊急レポート定価9,800円を期間限定無料公開中!FXで1000%を達成したいならこちら!5万9700円相当の無料プレゼント...
37. 秘密屋ポイントサービスで堅実キャッシュバック  [ お役立ち?情報商材の紹介所 ]   2007年02月11日 15:26
秘密屋ポイントサービスでキャッシュバックをしよう!!秘密屋の最大の特徴であり魅力とは・・・ (1)誰でも簡単に自力で2??3万円稼げること (2)3ティアの紹介制度があること (3)まだ登録者数が3万人強しかいないこと(以前からある有名なポイントサ...
38. 国を愛する心を養う日  [ 津久井進の弁護士ノート(ブログ) ]   2007年02月11日 20:52
 今日は,建国記念の日です。  「国民の祝日に関する法律」によれば,建国記念の日は,必ずしも2月11日でなくてもよく,政令で定める日で良いとされています。  また,祝日の中で建国記念日だけが,特定されていない祝??
39. 公共機関を相手に毎日現金収入!月収60万円!  [ 公共機関を相手に毎日現金収入!月収60万円! ]   2007年02月26日 10:09
公共機関を相手にしてお仕事を行いませんか!! 今回は●●豪華特典●●付きです。 初心者でも簡単に参加でき、主婦に大人気です。 時間に束縛されずに、1日数十分で月収60万円が可能!! 毎日が現金収入!!最短15分であなたの銀行口座に振り込まれます。 紹介...
40. こんなのあります!無視したらもったいない゚(゚`∀´゚)゚!  [ 生活にうるおいを ]   2007年02月26日 11:14
★こんなに丁寧なマニュアル見たこと無い(*^o^*)!
41. 伊吹発言の何が問題か/人権メタボリック症候群  [ 情報学ブログ ]   2007年02月26日 21:41
伊吹文部科学大臣の発言が話題になっていますが、戦慄を覚えるニュースというのはこういうのを言うのでしょう。形式的な意味での失言というより、もっと深いところで大きな問題のある発言ではないかと思います。
42. おすすめ教材情報  [ おすすめ教材情報 ]   2007年02月27日 03:55
在宅副業希望の方へ 「あなたが得たいと思っただけのお金」を得ることは可能です。「自分の収入で決めるという選択」が目の前にあるとしたらあなたはどうしますか?
43. このビデオを見逃した人は他にいませんか?  [ 最新サイドビジネスガイド!毎月5万円を稼ぎ出すノウハウとは? ]   2007年03月03日 08:50
お知らせです。先日、参加費39万8千円の世界で最も有名なインターネットマーケターであるヤニクシルバーのビデオが無料.で公開されている事をお知らせしました。ところが、残念なことにそのビデオを見逃した方がたくさんいるみたいです。実際、先日まで公開されていたビデ...

コメント一欄

1. Posted by 虎哲   2006年12月02日 10:10
はじめまして。TBありがとうございます。
教育基本法の改定部分「だけ」をみると、もっともだ、と同意する人も少なくありません。
しかし最近の情勢との関連で考えてみますと、おっしゃるような懸念は抱かざるを得ないですね。
格差社会の進展、防衛省設置への流れ、そして憲法改正をめぐる議論、という文脈の中におくと、この改正が持つ意味も見えてきます。
>「内心の自由」
国旗・国歌法にしても、最初は「強制するものではない」といいながら現場への徹底、そして教師への処分の根拠として使われています。今回の改正が実際の運用面でどう解釈されるのか、実は条文の中身よりそれが心配です。
2. Posted by kaetzchen   2006年12月02日 15:31
トラックバックをども。トラックバックが通らないので,コメントします(なぜか誰も書いてないし)。

私は「新人類」世代なのですけど(要するに一期校・二期校と共通一次を両方体験した),「アイコクシン」なんて考えたこともなかったなー(笑) 確かに中学や大学や大学院は国立だったし,国の奨学金で留学もさせてもらった。だけど,それは「ごく当たり前のこと」だと私は考えています。

なぜならば,旧ソ連を含む欧州の大学は,神学校(神学大学)を除けば,全て国立だからなのです。例外が英国にある貴族専用の寄宿・家庭教師大学ですね(笑) 逆に言うと大学入試は狭き門であり,文科系に関しては社会人入学の方が多かったりします。(続く)
3. Posted by kaetzchen   2006年12月02日 15:37
私は理科系なので確かに学費もかかるし(だから国費留学を狙った),若いうちに詰め込みを受けないとモノにならないことは嫌というほど知っています。当然,欧州の大学でも医学部を初めとする理科系は1浪してだめならば兵役に就き,一度社会に出てから,文科系の社会人入試を受けるというパターンが定着しています。つまり高等教育に関してはやはり「能力に応じて」が原則であるけど,「学費は当然タダ」なのも原則。フランスで授業料を取ろうとして学生が暴れたニュースは皆さんも記憶にあるでしょう。旧ソ連時代は生活費も出てましたから,現在ドイツで療養中のゴルビーも当然学生結婚でした。モスクワ大学法学部に入るということはそれだけで共産党幹部への道が開けていたからです。(続く)
4. Posted by kaetzchen   2006年12月02日 15:43
つまり,国家は次の世代を養育する「義務がある」のです。当然,国公立の学校で授業料や入学金や教材費を人民から奪い取るなど,論外にもはなはだしい。大学院へ上がる時に入学金や授業料があまりにも高騰していたので,1年社会人して学費を貯めた思い出は未だに「研究が1年遅れた」と悔やんでいます。教育基本法や憲法(基本法)に定められた用件を,戦後60年を過ぎてもこの国は未だに満たしていないのです。

もう一つ言うと「転々族」問題もあります。国家公務員(例えば航空自衛隊)が典型例なのですが転勤が多すぎて,子供たちが新しい土地や学校に慣れないという問題も出て来ます。そういう子供たちに果たして自然発生的な「愛国心」なんて目覚めるのだろうか,と考えたことは皆さんにはありませんか? 全んどが学校当局による強制的な洗脳ではないでしょうか。中高生の子供を持ってる方に特にお尋ねします。
5. Posted by まこと   2006年12月04日 08:30
虎哲さん、 kaetzchenさん、コメントありがとうございます。

>「アイコクシン」なんて考えたこともなかったなー(笑) 【kaetzchenさん)

というお気持ちは私にもよく分かります。
けど、今の「若者」には「『愛国心』の相対化」だとか「国民国家の『想像の共同体』性」だとか言う類の言説を展開するだけでは、「若者」のハートを捉えきれないと思うのですね。

「『若者』のナショナリズム」を例えばハーバーマス的な「憲法パトリオティズム」的方向性に持っていけないものだろうか・・・そんな事を私は考えています。
6. Posted by いたいけ   2007年01月25日 10:56
>その「記号」が別に「国旗」である必要も無いという気もするんですけどね。例えば、ラグビーでは日本代表は桜の花を用いていますし。五輪だって「選手団の旗&歌」さえあれば良い訳ですしね。

この言葉、外国の方々に目の前で言えますか?

特にイングランドとか。

7. Posted by まこと   2007年01月26日 06:02
>この言葉、外国の方々に目の前で言えますか?

言えますよ。
なぜなら、五輪はもともと「選手団の旗」を掲げるのは原則というのは事実ですから。
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事へのコメント
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)